FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

娘、英語教室の面談2015年冬

半年前に面談がありましたが、
4月からのクラス編成に向けて&学習の様子の面談でした。

テキストのunit毎にレッスンが進み、1unit終了ごとに小テストが基本。
娘のクラスはクラスメイト間でスタート時期がバラバラ、
テキストのやり直し部分が多くあり、この半年は同じクラスで継続。

4月から新しいクラスに上がる事になりました。

半年前の夏の面談で次のクラスのテキストを見せて頂いたのですが、
「本当にこれをやるの~?!」私にはどうする事も出来ない難しさ。
(今のテキストも私には十分難しいです(^_^;)
来月からテキスト+ワークが加わりレッスンは高度なものへ。

現クラスと次のクラスの違いは、

・月1回のネイティブレッスンがなくなる
・英語でのディスカッションが加わる
・テキスト内容が多岐にわたる

話しを聞いた限りではそんな感じ。

この半年間での様子に関しては、クラスが延長した関係で同じレッスンを受け、
その際のunitテストで前回出来なかったところ、出来るようになった事。
これが大きな進歩だそうで。

短期集中型で学ぶ形式でなく、
時間をかけて一つ一つ積み上げて学ぶ形式のレッスン。
苦手部分も引き続き苦手な部分も。
出来るようになったことも、出来るところは更に。
細やかに指導して貰えていると思いました。

クラスが変わると、
「ネイティブのレッスンが無くなってしまうのですが」
と申し訳なさそうに説明されました。

我が家は構いけれど何故そう聞かれたのか質問してみると、
やはりネイティブのレッスンに強いこだわりを持つご家庭が多くあるようです。

英語の学習指導は「日本人講師が良い」と個人的に思っています。
それは↑に書き出したような「日本人講師ならではの細やかな指導」
これが魅力的だから。

外国人の人と話すのは娘の趣味になっており、
先生が外国人=アウトプットの場・・・と私も求めていないので、
ネイティブレッスンが有る無しは問題ありません。

先日のレッスンは月1のネイティブレッスンで、
お友達がお休みだったため、
1時間ネイティブ先生と娘のマンツーマンレッスンだったと娘。

教室で外国人と1時間一緒に居ろと言われたら、
会話が出来ない私は地獄のような時間。
娘にとっては天国のような時間だったそうだ。

春からのレッスンしっかり喰らいついていけるかどうか、
私はドキドキ。

WFマガジン 「Living the Dream DWE卒業生インタビュー」に登場!

WFマガジンに子供たちが登場しています(*^_^*)

↓画像クリックすると拡大します
WFマガジン卒業生

実際にDWEで育った、
「子供たちの言葉がそのまま文章に」なっています!

と言うのも、
ブログで発信している事は全て本当の事だけど、
これは私目線で書いている事で、
子供たちが書いている訳でないからです。

親の言葉より、
実際に使って育った子供の言葉の方がより現実味があります。

私が考えていた以上の事を答えていたので、
色々な意味でとても驚かされました。
特に息子の「英語嫌い、面倒くさいなぁ」もそのまま載せて下さって良かった。

娘は英語が好き&楽しい。
好きな事や楽しい事をするのだから、英語が身につくのは至極当たり前。

でも、息子は違います。英語は嫌いで面倒くさいと話しました(^_^;)
卒業感想文にも書きましたが、息子と英語の関係は、
国語嫌いの日本人が日本語も苦手というわけではないのと同様。
そんな関係です。

全くタイプの違う姉弟だからこそ、
「言語は環境で身に付くものだ」と思わずにはいられません。

小さい頃からDWEと一緒に育った子供が、
どんな風に育ったか伝わればとても嬉しく思います(^^)

WFマガジン No.208 付録 卒業おめでとう特集号(*^_^*)

娘に続き、息子もDWE2014年度卒業感想文に登場。

卒業感想文

感想文は息子ではなく、私が書きました。

今まで書き綴っている事と感想は同じです。
取り立てて面白みはないと思いますが、
私が伝えたい事を指定の文字数でぎゅうぎゅう詰め込みました(^_^;)

冊子が届いて「本当に卒業なんだなぁ」・・・と、
今までの時間を思うと少し寂しくもあります。

今月は卒業式です♪

好きなものほど上手なれ!

好きなものほど上手なれ。
残念ながら空手ではなくミュージカルです。
しかし・・・空手の動きが思わぬところで役立っているなぁ!
と娘を見て心底思います。

「Jemimaになりたい!」

そう願い、独学で練習中の我が娘。
1日のうちどれぐらいCATSの事を考えているのか?
と思うぐらいの惚れ込みよう。

動きに関してはプロの役者にはかないませんが、
空手の稽古で培った身のこなし、回し蹴りや回転回し蹴りの足上げ、
柔軟性の数々の動きが活かせています。

ちなみにJemimaと言うのは、ミュージカルCATSに登場しているネコの事です。

心技体だけでなく、違う意味で空手が役立っています(^_^)v

家族それぞれお気に入りのネコは違い、

娘はJemima。

Jemima

息子はMistoffelees。

Mistoffelees

私はRum Tum Tugger。

RumTumTugger

とバラバラですが、お気に入りのシーンは、
Skimbleshanksと共通しています♪

疑惑が晴れた(^_^;)

娘が英語がらみでテレビに出た事を、空手道場関係者は知っています。

でも、師範も指導員も道場生も、
子供たちが実際に英語を話すところを見たことがないので、
普段の様子から「疑惑」を持たれていた感があります。

そして疑惑が晴れました(笑)
・・・・普段が普段なだけに仕方のない事ですが(^_^;)

今月から普段通う道場に外国人が入門し、
極真会館の理念の一つである、「国際交流」を図る機会が出来ました。

その道場生、母国での大学は英語講義だったため英語は困らないのですが、
日本に来日して3ヶ月、日本語はまだまだ苦労しているそう。

母国で他流派の空手を学ばれていたので、
比較的スムーズに稽古出来るものの、細かい指示を伝えるのが難しいらしく、
子供たちの出番となりました。

普段限られた所で使っていた子供たちの英語。

それはWFクラブでのTE(テレフォン・イングリッシュ)やプレイタイムや週末イベントだったり、
小学校での国際理解だったり、英語教室だったり。
英語が提供される場で相手が英語を話す先生と言う「特殊な受動的環境」です。

しかし、通常稽古を行う道場では英語の関わりがありません。

ある時、唐突に、そんな展開が訪れても、相手が英語を話す先生でなくても、

「英語が使える一般的な多国籍の人とコミュニケーションが取れる」

その様子を同じ稽古に参加していた主人から報告がありました。

なぜ小さいうちから英語を始めたのか

と言う 親の思い(エゴ)に繋がるのですが、
長年おうち英語をやってきて、

「本当の意味で英語をコミュニケーションのツールとして使える、
 やっとスタート位置に立たせる事が出来た」

望んだ成果が出たと心から思いました。

実際に、普通に日本で暮らして英語が役立つ事は、
そうある事ではないと思います。

子供たちがどんな生き方を選んでいくのかまだ解りませんが、
2人の将来の可能性を大きく広げられた事が嬉しい。

主人の理解、身内の理解、英語繫がりで出来たお友達たち、
共に喜び、励まし、いろんな気付きを与えてくれた事に本当に感謝したい(*^_^*)

子育ては一人では出来ません!!

まだまだ前途多難な問題もたくさん抱えていますが、
一歩一歩進んでいこうと思います。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ