FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

好きなものほど上手なれ!

好きなものほど上手なれ。
残念ながら空手ではなくミュージカルです。
しかし・・・空手の動きが思わぬところで役立っているなぁ!
と娘を見て心底思います。

「Jemimaになりたい!」

そう願い、独学で練習中の我が娘。
1日のうちどれぐらいCATSの事を考えているのか?
と思うぐらいの惚れ込みよう。

動きに関してはプロの役者にはかないませんが、
空手の稽古で培った身のこなし、回し蹴りや回転回し蹴りの足上げ、
柔軟性の数々の動きが活かせています。

ちなみにJemimaと言うのは、ミュージカルCATSに登場しているネコの事です。

心技体だけでなく、違う意味で空手が役立っています(^_^)v

家族それぞれお気に入りのネコは違い、

娘はJemima。

Jemima

息子はMistoffelees。

Mistoffelees

私はRum Tum Tugger。

RumTumTugger

とバラバラですが、お気に入りのシーンは、
Skimbleshanksと共通しています♪
スポンサーサイト



疑惑が晴れた(^_^;)

娘が英語がらみでテレビに出た事を、空手道場関係者は知っています。

でも、師範も指導員も道場生も、
子供たちが実際に英語を話すところを見たことがないので、
普段の様子から「疑惑」を持たれていた感があります。

そして疑惑が晴れました(笑)
・・・・普段が普段なだけに仕方のない事ですが(^_^;)

今月から普段通う道場に外国人が入門し、
極真会館の理念の一つである、「国際交流」を図る機会が出来ました。

その道場生、母国での大学は英語講義だったため英語は困らないのですが、
日本に来日して3ヶ月、日本語はまだまだ苦労しているそう。

母国で他流派の空手を学ばれていたので、
比較的スムーズに稽古出来るものの、細かい指示を伝えるのが難しいらしく、
子供たちの出番となりました。

普段限られた所で使っていた子供たちの英語。

それはWFクラブでのTE(テレフォン・イングリッシュ)やプレイタイムや週末イベントだったり、
小学校での国際理解だったり、英語教室だったり。
英語が提供される場で相手が英語を話す先生と言う「特殊な受動的環境」です。

しかし、通常稽古を行う道場では英語の関わりがありません。

ある時、唐突に、そんな展開が訪れても、相手が英語を話す先生でなくても、

「英語が使える一般的な多国籍の人とコミュニケーションが取れる」

その様子を同じ稽古に参加していた主人から報告がありました。

なぜ小さいうちから英語を始めたのか

と言う 親の思い(エゴ)に繋がるのですが、
長年おうち英語をやってきて、

「本当の意味で英語をコミュニケーションのツールとして使える、
 やっとスタート位置に立たせる事が出来た」

望んだ成果が出たと心から思いました。

実際に、普通に日本で暮らして英語が役立つ事は、
そうある事ではないと思います。

子供たちがどんな生き方を選んでいくのかまだ解りませんが、
2人の将来の可能性を大きく広げられた事が嬉しい。

主人の理解、身内の理解、英語繫がりで出来たお友達たち、
共に喜び、励まし、いろんな気付きを与えてくれた事に本当に感謝したい(*^_^*)

子育ては一人では出来ません!!

まだまだ前途多難な問題もたくさん抱えていますが、
一歩一歩進んでいこうと思います。

DWEとPAの仕組みを知ろう 保存版 カラー別「英語習得内容」の早見表

古いWFマガジンを整理していたら、

DWEとPA(Play Along!)の仕組みを知ろう 保存版 カラー別「英語習得内容」の早見表

DWEとPAの仕組みを知ろう

が出てきました!

画像表示の操作に長けておらず、
ブログに大きく表示する事が出来ませんでした(^_^;)

今はこんな早見表が、
購入時にWFからユーザーに展開されているのかもしれませんが、
思わぬところから出てきて嬉しい私。

WFマガジン、大切に取っておいて良かった(*^_^*)

言葉のこと(日本語)

日本で暮らし、近所の公立学校へ通っている。
常に日本語で暮らしているので、
聞く、話す、読む、書くなど生活言語は日本語です。

息子はディスレクシア(失読症)と呼ばれる、
読み書きに困難さを伴う特性を持ちます。
どの言語であっても文字を識字する事に違いはないので、
どうしても読み書きに困難さが表れます。

聞く、話すなどは開かれたチャンネルであれば、
理解し使う事に問題はありません。

息子が持つチャンネルは今のところ日本語と英語です。

そんな息子の学校でのクラブ活動は、
「漫画イラストクラブ」。
それを知った時何てマニアックな物を・・・と、
息子には悪いけど少し残念な気持ちになったのでした(^_^;)

4年生は科学クラブに在籍したものの、
取組んだ実験が息子が期待していたような内容でなかったらしく、
今回は室内運動(バスケ、バレーボール)を希望し、
抽選で敗れ、漫画イラストクラブ。

息子は文字がビロ~ンと伸びて見えるものの、
読みにくさを抱えながらも本を読む事が多いです。

長いお話を読み進めるのではなく、コラム系の読み物が好み。
そのおかげで自然や生き物の知識が増えました。

漫画イラストクラブでの活動が終わりに近づきつつあり、
その活動の集大成として「絵本作り」をしています。
既に話は書きあがっていて、残りはイラストを仕上げるのみ。

途中経過のその作品を見てくれと言うので、
読ませてもらい涙の私でした。
息子が私(母親)に対してどう思っているのか、
心情を綴っているのを垣間見た気持ち。
(どれだけ子離れしていないんだ!と、主人に呆れられた)

文章と文章の繋ぎ方、言い回しの表現。
息子が持つ生物の知識が所々で垣間見られ、
ストーリー性がしっかり練られた内容でした。

これに関しては主人も驚いていました。

毎月1度、言語科で言語聴覚士の先生から
苦手箇所の識字と読み書き訓練を受けています。
そこでの宿題は「文章を書く」事なのですが、
頭に浮かぶ事を文章に起こす事が難しい息子です。

難しい作業(本人はやりたくない)の積み重ねを継続。
気分がのっている時や感動をまとめたい時など、
ひらがなが多い文章ではありますが「長くまとまりのある文章」
が書けるようになってきています!

英語を続けていて、
日本語がおかしくなるなどの弊害は今のところ感じません。
息子に限って言うのなら、早い時期から英語に触れさせた事で、
聞いて理解、話す事が出来るようになったのは、
自信に繋がると思います。

言葉のこと(英語)

子供たちが普段どの程度日常で英語を話すかと言うと、
英語を使う場でしか基本話しません。

自宅ではほぼ日本語。

日本で暮らしているし、学力の基本は日本語で。
最初からバイリンガルを望んでいた訳でなく、
グロービッシュ(世界英語)を望んでいたので、
コミュニケーションのツールとして必要最低限の英語力がついた。

だからこれ以上の力を親は望んではいません。
本人たちがこれ以上を望むのならもう本人の努力次第だなと(^_^;)

英語を話す場はどこかと言うと、

娘は英語教室の先生たちと。
レッスンは日本人講師が英語で行うので、
レッスン前の待ち時間(娘はこの為に教室へ早く到着する)、
レッスン後にそれぞれネイティブ先生と雑談をするのが楽しいそう。

息子は学校のALT先生と国際理解の先生と。

ALTは長くお世話になったA先生から変わり、
今年どんな先生なのか情報が上がってこないので不明。
国際理解の先生は毎年違う国から派遣され、
英語でのコミュニケーションになるけど、
どんな内容かは同じく不明。

子供たち共通の話す場としては、
毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)とプレイタイム。

子供たちがお気に入りのぬいぐるみで遊ぶ時、
ぬいぐるみたちが話します。

他には、親に不満を言ってくる時、小言に対しての呟きが英語。
感情の起伏時にポロッと出ます。

息子は長々と話す事はありませんが、
英語での呟き頻度は多く感じます。

先日、娘にCATSのblu-rayを購入した話をしましたが、
既にYou Tubeでたくさん情報を仕入れている娘。
テレビでCATSを一緒に見ている息子が娘へ質問します。

何故か最初から終わりまでずっと英語で質問。
娘も英語で答えていました。
最近そんな光景を目撃しました。

必要があれば使い分ける、そんな生活を送っています。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ