FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

お誕生日おめでとうカードから感じる文化の違い

娘が「お誕生日おめでとうカード」を英語教室から頂いてきました。

カードと言ってもWFC(ワールド・ファミリー・クラブ)のような立派な作りではなく、
プリンターで印刷した用紙に、先生方がそれぞれメッセージを書いた
非常にシンプルな物です(^_^;)

でもそこに書いてあるそれぞれのメッセージに、
「文化の違い」を感じました。

日本人講師の先生とネイティブの先生では、
メッセージの書き方が違うのです。
誕生日の考え方の違いかなとも思います。

家族で気に入っているテレビ番組で、
16歳の誕生日は特別なサプライズを準備すると知りました。

何故16歳にサプライズなのかは不明ですが、
(今度娘に質問させよう!)
日本にはそんな文化はありませんし・・・。

誕生日、クリスマス、ハロウィン。

時間をかけて日本の文化の中に根付いてきましたが、
海外で暮らす友人たちの生活を見る限り、
やはり違いを感じます。

文化の違い、面白いなと感じます(*^_^*)

そして他の言語を学ぶ上でその国の文化を知る事。
子供たちの様子を見て、とても大事だと思います。

英語を英語のまま聞いて得られる情報量がたくさんあり、
洋画を見ていても字幕に起こせないようなジョークで笑ったり、
会話での表現のバリエーションも豊かに育ってます。

今年もいろいろな事がありました。
来年はどんな年になるかな~

皆様、良いお年をお迎えください。
そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

Marie(マリー)
スポンサーサイト



子供の記憶力恐るべし!(3) -はやぶさ2打ち上げ成功-

娘が小6、息子が小3になったばかりの春、
JAXAの一般開放デーに行った事があり、
その時に特別に見学を許されたある施設へ入りました。

施設へ入る際に、携帯、スマフォ、デジカメ、
映像録音が出来る物は電源オフ、
全てをひとまとめにし、指定の袋に入れ持ち歩き見学でした。

その施設で開発されていたのが、
今回打ち上げされていた「探索衛星の2号機」の他、
他にはヨーロッパから依頼された製品の製作とテスト試験、
などがありました。

はやぶさ2無事打ち上げのニュースを聞いて息子が、
「あの時の衛星は、はやぶさ2の事だったんだね」
と言いました。

何の事かこちらは「??」だったのですが、
一緒に聞いていた主人が↑の事を詳細に述べてくれ、
合点があいました。

興味のあるものについての記憶力はスゴイ!!

でも私が日々伝えるお願いはすぐ忘れてしまう息子です(^_^;)

本人の肉声と日本語吹替えの違和感

子供たちが日々訴える、
英語と日本語吹替えの違和感はたくさんあります。
特に今年公開したアナと雪の女王の日本語吹き替えや歌、
DWEで英語を英語のまま聞いて育った、
子供たちからの印象がよろしくありません。

私は子供たちほど敏感に感じることは出来ませんが、
TVでたまたま紹介していた「ベア・グリルス(Bear Grylls)」の吹替えが、
ベア本人の人柄と余りにもかけ離れていて、
家族内でも衝撃を通り越し、ブーイングの嵐(^_^;)

ベア

ベアは元イギリス軍特殊部隊出身。
家族を深く愛し、信仰深く、非常に謙虚な人となり。
番組(MAN vs. WILD)からはそんな印象を受けています。

吹き替えの声はベアとは違う野太い声、
「軍人=野太い声」のイメージは短絡過ぎてどうか・・・と。
地上最強と唄われるベア、そしてその人となり誤解されそうで
非常に残念でした(T_T)

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、

「書籍:世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え」

世界一素朴な疑問、宇宙一美しい答え.

の回答者として登場しているので、
世界的には有名なベア・グリルスと思います!

それにしても・・・・
本人の肉声と吹き替えの違和感、何とかならないものでしょうか?!

WFクラブ・ウェブ・サイトの記事「私たち親子はこうやって卒業しました!」に登場中(#^.^#)


WFクラブ・ウェブ・サイトの記事、
「私たち親子はこうやって卒業しました!」
にただ今登場しております。

WFCwebサイト_02

↑ 画像クリックすると拡大します

私が書いた原稿をもっとコンパクトにまとめて頂けました。

親が英語を話せなくても、仕事をしながら、時間がかかっても、
週末イベントやキャンプにたくさん参加しなくても、
CFK(Classes for Kids)やABCクラブ、インターや他の英語教室などの利用がなくても、

DWE教材とWFクラブで受けられるTE(テレフォン・イングリッシュ)などのサービスだけで、
十分力を付ける事が出来ました!!

「結果を早く求めずに続ける、結果は後からついてくるもの」

多くの方に伝わったらとても嬉しいです(#^.^#)

Bodhi先生との初TE\(^o^)/

DWE生活11年の我が家ですが、TE(テレフォン・イングリッシュ)を始めたのは7年前・・・(^_^;)

先日、7年目にして、ボーディ先生のTEに初めて当たりました!

声を聞いて「?!」、名前を聞いて確信!そして感嘆!!
子供たちも何事かと思うほど、私の舞い上がりっぷりでした(笑)

ボーディ先生とは子供たちが小さい頃の週末イベントで、
その後、WF広報さんからの依頼でお会いし、娘のDWE卒業式でお会いし、
EC(イングリッシュ・カーニバル)と短い間隔で立て続けてお会い出来た事が良かったのか、
たまにしかお会い出来ないけど、子供たちを覚えて下さっています。
会う毎に子供たち大喜び。そして大好きなWFクラブの先生(^^)

そんな背景もあり、息子には珍しいぐらいのTE執着ぶり。
電話子機をなかなか娘に渡しませんでした。

ボーディ先生とのTEは先月最後の週で、
昇級審査会が終わったばかりの空手ウィークでした。
ボーディ先生も空手経験があるらしく、
子供たち盛り上がって話していました。

(先に昇級審査会の話を息子がボーディ先生にしてしまい、
 娘が激怒するハプニングもありました・・・)

時期には少し早かったのですが、
今月誕生日の娘にバースデイソングのプレゼント。
いくつになっても「バースデイソングを歌ってもらえる」のは嬉しいらしく、
娘は満面の笑み。

最後に息子が今年DWE卒業した事をお伝えし、
お祝いの言葉を頂きました♪

11月末はビックサプライズで終わりました。

今月のプレイタイムはクリア先生と、
フリーカンバセーションを選ぶ事が出来たのでそちらで予約。

年甲斐もなく子供たちお絵描きプレイタイムがお気に入りで、
先生と雑談をしつつ絵を描いて大笑いしています。

が、昇級審査会の話をするとはりきっていました(*^_^*)

今までのフリーカンバはブランドン先生やボーディ先生。

お誕生日の話、クリスマス、お正月、
富士急ハイランド(何故かは解りませんが??)の話、
慌ただしくもゆっくりお話し出来て、
年内最後のプレイタイムを満喫する事が出来ました。

娘は12月生まれですが、WFCの先生方も12月お誕生多いですね。

今年も残り僅かとなりました。
イベント&サプライズ目白押しで駆け足で終わりそうな12月。

体調崩さぬよう過ごしたいと思います(*^_^*)

続ける or 続けない の分かれ目

先日の空手昇級審査会で思った事。

我が家が在籍する支部では昇級審査会が二部構成。

第一部が、白帯(無級)~青帯線(7級)

第二部が、黄帯(6級)以上と一般部(成人、壮年、女子、青少年で中学生以上)

※補足:幼年部は未就学児、少年部は小学生(女子は小4まで)、女子は小5~

第一部の人口はものすごく大人数であるのに対し、
第二部から人数が激減します。

黄色帯になった時「とても嬉しかった!」と書きましたが、
それと同じように「やっと第二部に上がる~」、
混み混みの昇級審査会ではなくなるのも嬉しいものでした。

青帯線の道場生が当然黄色帯になる訳ですが、
黄帯→黄帯線で人数が減り、黄色線→緑帯で人数が減り、
緑帯線→茶帯で人数が減り、茶色帯→茶帯線で更に減り・・・

まさにピラミッド型!!

特に中級者と呼ばれる黄帯(6級)と黄帯線(5級)、
この辺りでの退会者が多いように感じます。

少年部で主な理由として考えられるのは、

単純に「続けない」と辞めてしまう事と、
「習い事を1つに絞り込む」事。

黄帯、黄色線で退会するご家庭の様子から察します。

中級者になると言うのはある意味達成感の目安、
子供が「続けない」「サッカーに集中したい」と言い出した時、
親側も悩むのでしょう。

続けない、辞めたいと言われたら、
「とりあえず黄帯まで取れたから良いか」と思うのかもしれません。

真剣に打ち込むと子供自ら心に決めたら、
「本人の意思を一番に尊重しよう」と思うのかもしれません。

または、子供はどれも続けたいと思うけど、
「費用の兼ね合いでいくつか辞めさせる」親側の事情なのかもしれません。

私自身、ずっと継続して身に付けた人より得意な事がないので、
(強いて言えばそろばんぐらい・・・)
子供たちには「○○が得意です!」と胸を張って言える物、
もって欲しいと思っています。

空手の修行は生きていくうえで必要な、

自分に厳しく、他人に優しく、体の痛みや心の痛みを知る、
心を鍛えて強く、肉体と精神の鍛練だけでなく、
日本の文化や習慣、強いてはそれらを基に「社会貢献」

の要素が全て含まれています。

もし仮に子供たちが、
「○○に集中したい、だから空手辞めたい」と言っても、
「凄いね!○○をする事を応援するよ、でも空手も両立する事」
と言います。

心の底から「本当に○○をしたい!!」と思うなら、
簡単に諦めたりしないはず。
そして、子供の心の強さを信じたい。

続ける、続けないは「心の強さ」。
子供の年齢が低ければブレない親側の気持ちの強さが必要だし、
子供の年齢が上がってもブレない親側の気持ちが必要。

子供へ、一方的に押さえつけたり押し付けたりするのではなく、
「何故、どうしての部分」を親が自ら姿勢を見せる必要もある。
でないと子供だって納得しません。

親子間の信頼関係や絆がネックと申せましょう!

こんな事がピラミッド型と関係しているのかも。

続けるコツは習慣化

子供たちの習い事は極真空手です。

娘は小2、息子は年中、そして主人、
揃って2008年5月に入門しました。

6年と半年続いています(*^_^*)

子供たちが長く続けられた理由の1つに、

「稽古へ行くのが当たり前」=「習慣化」

これが出来たから今に繋がっている。

親から「稽古へ行け!!」と言われなくても、
雨の日も、風の日も、暑い日も寒い日も、
学校から帰ってきたらバスに乗って道場へ行く。

私だったら学校から帰ってきた時点で疲れているし、
そこから離れている所へ移動するのは辛い。
嫌だなぁ、めんどくさいなぁ・・・と(^_^;)

そう言う意味で子供たちは続けていて偉い!
でも本人たちにすれば至極当然で当たり前の事なのです。

そこまで習慣をつけるには、
それなりの時間と労力がやはり必要でした。

①初期:全て親が送り&迎えをした

仕事の都合で最初は週1の稽古のみ。

あまりにも稽古の進度が上がらず業を煮やした私。

平日の遅く私が送り&迎えが出来る稽古、
尚且つ子供たちが出られる稽古がありました。

「一般枠の夜19:30~21:00」

少年部の娘なら稽古出来て、
幼年部の息子でも兄弟と一緒なら稽古が可能でした。

職場を定時18:00で上がり車で約50分、
実家で道着を着て待機している娘をピックアップし、
その足で保育園へ息子をお迎え。
そして道場へ。

19:30から始まる稽古の10分前に滑り込んでいました。

この行軍は息子が保育園を卒園するまで続き、
毎週木曜日は時計を見つつ必死に仕事、
車を飛ばしていました。

息子が小学校へ上がってからは、
自宅で食事を済ませ、道着を着て母を待ち待機、
道場まで送っていく生活は、
この稽古枠がなくなるまで続きました。

②中期:行きは子供たちがバスで、帰りは車で迎え

通常の少年部は明るい時間に道場へ着く事が出来るので、
息子が小学校に上がったら、子供たちだけでバスで道場へ行き稽古。
帰りは職場から道場へ直行してピックアップ。

コインパーキングに車を止めて買い物をし時間をつぶし、
道場の出口で待っていました。

③後期:全て子供たちだけで

成長と共に子供たちだけで出来る事が増え、
子供たちだけでの行動が可能に。
いつの間にか私はお役ごめんになりました。

手が離れた事で自分の時間も持てるようになりましたが、
一緒に行動出来る時は一緒に行動。
おサルの親子だった頃が懐かしい。

何事も続けるコツは習慣化だと思います!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ