FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

興味を持つまで待ちぼうけ・・・な事もある

人間的な魅力を増やすため、
会話を楽しむ引き出し作りを増やす取組み
地道に続けています。

ようやく興味を持った”ミュージカル・CATS”がブームになっています!!

地元にCATSシアターが出来た時はまだ小3と年長・・・
興味を持ってくれませんでした(>_<)

きっかけはgleeのシーズン5でカートが歌ったメモリー。
You TubeでCATSのメモリーを聞かせその後は、
子供たちが自主的にCATSの動画探索し続けていた様子。

私のiPotですっかり歌も覚えてしまい、
特に娘のCATSを歌い踊る姿があまりにも不憫です・・・

子供たちから「CATSを観に連れて行ってくれ」と言われても、
そう簡単に「はい、そうですね」と答える訳にもいかず。

で、思い出したのが古い古いビデオ”HEY! MR PRODUCER!”。

HEY

有名ミュージカルの名シーンが盛り沢山の"HEY! MR PRODUCER!"は、
子供たちが生まれるずっと昔にネット交流していた北米在住者に送って頂いたもの。
あの当時はまだネット通販などなく海外版の入手が大変でした。
それに比べると今は本当に便利な時代です。

HEY! MR PRODUCER!は、
英の有名ミュージカルプロデューサーCameron Machintoshが、
英のAndrew Lloyd Webber、米のStephen Sondheim、
大舞台女優Julie Andrewsなどの豪華なメンバー他、
有名な役者数々を揃えたお宝的な代物です。

○○年ぶりに子供たちとビデオを見て、

映画レ・ミゼラブルに出演していた、
初代ジャンバルジャンColm Wilkinson。
ディズニー映画アラジンのジャスミンでおなじみ、
Lea Salongaが登場していたのに気が付きました。

知らないだけで他にも著名な役者さんが登場しているはずです(^_^;)

普段サントラで聴く曲が演技と合わさると魅入ってしまいます~
大事にしておいて良かった♪

知っている曲も知らない曲も、
お芝居を通じて知ることが出来て良かった♪♪

いつ、どこで、役に立つかも解りませんが、
会話の引き出しをいっぱいにして、
味のある大人に育って欲しいと思います!!
スポンサーサイト



CAP課題の思い出ばなし♪

現在、DWE卒業課題の結果を待ちぼうけ中。

日々の取組みは続けていますが、
結果がどうにもこうにも気にかかり・・・
落ち着かない毎日を過ごしいています(>_<)

CAP課題を提出する時は、息子と一緒にポストに投函し、
その帰りに「セブンイレブンの揚げ鳥を買う」のが儀式になっていました。
(我が家はずっとカセットテープに録音でした)

卒業課題は郵便局から発送したので、儀式は仕事の都合でその日に行えず、
翌日に息子と最後の「揚げ鳥」を買い儀式を終了しました。

仕事から帰って息子のCAP課題を作成し、
そのままポストに投函する準備を慌ただしく整えて。

娘が部活動をしてる中学校の側を通る際、吹奏楽部の練習する音が聞こえて、
「姉が練習してるね」と息子と話しながらポストへ向かいました。
・・・楽しくも切ない思い出になってしまったなぁ(T ^ T)

やるべき事はやったので、日々天命を待つのみです!

そろそろ結果が解る頃だと思うのですが、
WFクラブのウェブ・サイトがリニューアルして使い方に四苦八苦しています。
子供たちと一緒に覗いたら先生方の動画に釘づけでした。

さすがDWEっ子です(*^_^*)

外国の言葉を知ると言う事

親子で楽しみにしていたNHK連続ドラマ小説、
「花子とアン」は明日が先月終わり、先週末のスピンオフも終わり、
本当のおしまいになってしまいました。

使える英語を学ぶ側にとても印象的を残す言葉が多く登場。
特に、

「外国の言葉を知ると言う事は、
それだけ、多くの心の窓を持つと言うことです。」

と言う花子の言葉は心に響きました。

子供に英語が必要と思いDWEで丸11年。
何故必要かの部分、花子がラジオを通じて告げた、
上の言葉に尽きます(*^_^*)

とても奥深い言葉です。

英語力で子供たちに敵わない、
「多くの心の窓を持つ」必要がありそうだ・・・日々思う私です(^_^;)

娘が参加したスピーチコンテストの本大会、
私立修和女学校のモデルとなった、
東洋英和女学院国際社会部教授が審査員でした。

花子とアンに縁がある母娘のようです(笑)

公の英語スピーチコンテスト、結果!

以前記事にした英語スピーチコンテス本大会へ出陣。
残念ながら入賞ならずでした(>_<)

中学1~3年生の部の参加でしたが・・・
同世代とは思えない問題提示、意見、まとめられたスピーチばかり∑(゚Д゚)

公のスピーチコンテストは、
全国こども英語スピーチコンテスト以来です。

直近のスピーチはDWEのCAPキッズで、
こちらは「英語を話し思いを伝える」事に重きをおいていました。

一言でスピーチと言ってもスピーチは多様にあります。

今回のスピーチ。
予選を突破した際に出た評価シートでは、
発音とイントネーションは高得点でした。
(さすがDWEっ子)

一方、ネックと感じた項目は「間の取り方」「内容」でこれらは平均点。
(つまり英語に長く関わらないお子さんと変わらない)

内容については変更する事が出来ませんが、
「間の取り方」などは改善の余地と練習時間がありました。

また、数々の英語スピーチで活躍されてきた、
大先輩ママさんからのアドバイスを踏まえ、
それらを基に、

「英語でスピーチ」「スピーチとは何ぞや」「スピーチの練習」

などを英語のスピーチ指導が出来ない私なり考え、
娘と一緒に閲覧出来る同世代のスピーチ動画をたくさん見ました。

・他人のスピーチをたくさん聞く
・自分のスピーチを聞いてもらって感想を聞く

他人のスピーチをたくさん聞く事はスピーチ動画を活用。
スピーチの感想は娘が自分から動く事はしなかったため、
家の中だけでの感想をもらう・・・と言う事をしました。

毎回のスピーチ練習を録画し、感想を聞いた後(主に主人)
貰った感想の確認をする。

恥ずかしながら、
練習時間は参加者の中では誰よりも少なかったと思います(^_^;)

入賞者と娘との決定的な違いは、
「内容」と「スピーチの練習量」の2点でした。
スピーチを聞き、ものすごく練習してきたのが伝わりました。

娘らしい内容のスピーチを当日出来たと思います。
しかし発音やイントネーションだけではカバー仕切れなかった、
そして、

「スピーチへ賭ける情熱」

何よりもこれが足りなかった。
力及ばずな結果で当然だと思いました。

参加して良かったと思った事は、
娘が「○○について話せば良かった」とこぼした事。
同世代の意見を聞き、自分の体験を織り交ぜ思考し意見を持つ。
こういった刺激を受けた事が大きな収穫でした。

この経験を次の機会に活かしてくれたら親として嬉しい!!

我が家にしては珍しくこの行事、
主人も息子も不在でして、母娘だけの心細いものでした。

お忙しい中会場まで、
応援に駆けつけて下さったお友達の存在がとても心強かったです。
普段中々お会い出来ないけれど「共に支え合える仲間」がいる・・・
長年DWEで英語を続けてきた中での大きな喜びです。

スピーチに臨む際の大先輩ママさんのアドバイス然り。
会場まで応援に駆け付けて下さったお友達然り。
英語を通じて仲良くなったお友達からの応援&励まし然り。

たくさんの支えがあってこのチャレンジに臨めました。
深く感謝しております!本当にありがとうございました!!

こちらへご訪問下さる皆様方、
今後とも母娘息子共々どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)


聞き取れるレベルの違い

先日英語ニュースを見ていて、
「nightmare=悪夢」なのを初めて知りました。

一緒に見ていた娘に知ってるか聞いてみたら、
「知ってるよ、知らなかったの?!」と白目で見られてしまいました(>_<)

これによりティム・バートンの、
The Nightmare Before Christmasの意味も繋がりました。
まだまだカンが聞き取れた~と喜んでいる場合でない事を知りました。

子供たちが洋画を観る時、英語と英字幕習慣になってます。

最初は娘が英単語に目が向くように始め、
現在は識字に困難さを持つ、
息子の記憶に残る事を期待しての対策になっています。

私がDVDを観る時は日本語字幕を付けるので、
それを読んで息子が、意味が違う(自分とは)と言い、
息子なりの訳を付け直すが笑えたり感心したり。

聞いて日本語とリンクして語彙を増やしたり、
聞いて意味を自分なりに解釈したりと、
逞しく育っているなぁと感じる今日この頃。

英語の取組みをしていない訳ではないのですが、
のんびりモードで過ごす日々です。

Story Of My Life、gleeとOne Directionで違うらしい(^_^;)

gleeで歌われたStory Of My Lifeが気に入っている私。
カートとブレインが歌っているの素敵です。
歌だけに関しては娘、本家の1D(One Direction)の方が好みらしい。

理由を聞くと、
「1Dのイギリス英語の方がしっくりくるから」だそうだ。

娘と1Dを聞いてもgleeとの違いが解らない。
一緒に聞きながら違うところを全部上げて貰ったけど、
そのうち娘が面倒くさいのとイライラし始め断念。

自分でやろうにもその単語だけ音声切り出して、
いちいち聞き比べるなんて出来ません!

便利な耳だなぁ~と思うけど、
娘にとってみれば特別な事ではなくごく当たり前の事。
羨ましいなぁ~

私が聞く音源でイギリス英語なのはレ・ミゼラブル。
(ロンドン公演版)

先日これを聞いていて、初めてcanをカンと聞き取る事が出来ました!
言葉って音の洪水なので部分部分でしか拾えませんが、
意識を集中せずにたまたま拾えた音がとても嬉しかった。

娘に白目で見られてもめげずに頑張りたいと思います!!

子育てで難しいと思う事(2)

「子供が親の言う事を聞かない」や「子供に自我が出て大変だ」
と悩んでいるのをお友達から耳にします。

子供だって一人の人間。
納得が出来なければ親の言う事をきかないし、
そもそも聞かせようとも思いません。

また、自我は生まれ落ちた時からあるものです。
遠慮する必要のない赤ちゃん程、
激しく自我を主張するものでは無いでしょうか?

これに関係する話は以前、「子育てで難しいと思う事
でも書いていますが、我が家には今のところ縁のない悩みです。

しかし、大なり小なり、
子供を育てていると様々な悩みがひとそれぞれあるもの。

我が家で悩みと言うならば、

娘はどうやったら勉強(自ら好奇心を持ち学び励むか)をするか?
もう少し賢くなって欲しい悩みがありますし、

息子はディスレクシア(失読症と呼ばれる学習障害の一種)を抱え、
読み書き主体の学校教育と日本社会にどう適応させていくか?

と言うのが大きな悩みです。

子供たちは今時珍しいぐらいに素直だ…とは思いますが、
主張や自我の表現ははっきりしています。
こと娘に関してはかなり激しい方と言えます。

生まれ落ちた時から翻弄されたのでこちらも慣れてしまい、
そして、人の本質って変わらないと思う毎日。

個人や集団に迷惑をかける様な事はしませんが、
相手の行動が周囲に迷惑をかけている時や、
自分の行動を説明する時がものすごくストレート。
笑ってしまうぐらいに一途な命がけの主張をします。

息子は娘ほどの激しい主張はしませんが、シビアに周りを観察するタイプ。

外では!家での教えを素直に守り自らも行動しているので、
それらが守れないお友達にしっかり指摘しているそう(担任情報)

小さい時に「違う!そうじゃない!!」と、
全身全霊かけて訴えていた頃が面白く懐かしい。

成長と共に分別がつき羞恥心が生まれ、
外での行動の面白さが半減してしまったのが残念でなりません。

もう少し子供たちが成長したら、
新たな悩みが生れるのかもしれませんね(*^_^*)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ