FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWE卒業までの進度(2) -娘編-

SBS(ステップ・バイ・ステップ)のレッスンが駆け足だったので、
CAP課題提出も同じように駆け足でした。
毎月3課題提出を頑張りました(*^_^*)

【 CAP課題 】

★開始年齢 8歳(小2)

・2008年12月提出

The ABC Song
Pre Sing Along! 1
Sing Along! 1

・2009年1月提出

Pre Lesson 1
Pre Lesson 2
Pre Lesson 3

・2月提出

Review 1
Review 2
Review 3

・3月提出

Book 3 Telephone 【ブルー卒業】
Pre Sing Along! 2
Sing Along! 2

・4月提出(小4)

Pre Lesson 4
Pre Lesson 5
Pre Lesson 6

・5月提出

Review 4
Review 5
Review 6

・6月提出

Book 6 Telephone 【グリーン卒業】
Pre Sing Along! 3
Sing Along! 3

・7月提出

Pre Lesson 7
Pre Lesson 8
Pre Lesson 9

・8月提出

Review 7
Review 8
Review 9

・9月提出

Book 9 Telephone 【ライム卒業】
Pre Sing Along! 4
Sing Along! 4

・10月提出

Pre Lesson 10
Review 10
Pre Lesson 11

※11月なし

・12月提出

Review 11
Review 12

・2010年1月~3月

TE(テレフォン・イングリッシュ)のリーディング・レッスン。
Book11とBooK12の各レッスンを毎週のTEで1つずつ、
2010年1月~3月まで行いました。

これらが終わってからイエローCAPにチャレンジ。

・4月提出

Special Telephone 【イエロー卒業】
Pre Graduation 1
Pre Graduation 2

・5月提出

Pre Graduation 1
Pre Graduation 2

★終了年齢 9歳(小4)

Pre Graduation 1と2ですが、何故2回あるのかと言うと、

「ある単語の発音が出来ていないくて不合格」

年齢的な完成度を求められたのかは不明ですが、
この仕上がりで落ちるなら同じように落ちるご家庭が
たくさんいたのではないかと思います。

我が家はカセットテープに録音提出しているので、
バックアップのデータは何もありません。
返却時のコメントを読んでも該当部分の良し悪しを判断するすべがなく。

コメント通り、その単語を気を付けて再提出。

翌月は滞りなく合格しました。
後にも先にも不合格&ポンポンのシールを貰ったのは
これが最初で最後の事です。

ちなみに引っかかった単語は”thieves”でした。

【 卒業課題 】

・2010年9月提出

小4でDWE卒業しました。

Bookの音読は11を選びました。
ミッキー、グーフィー、チップ、デール、
それぞれの役になりきって読んでいました。

最初、Book11を選んだ時、
thievesが頭を過りましたが・・・本人は気にする様子もなく、
楽しく取り組んでいたのを覚えています。
今とは違い声もまだ幼さが残る可愛らしい声でした(*^_^*)

娘のDWE卒業までの進度はこんな感じです♪
スポンサーサイト



DWE卒業までの進度(1) -娘編-

このブログを始めたのは、
娘のDWE卒業課題が終わり随分経過してから。
だからそれまで行ってきたDWEの取組みはリアルタイムで書いてはいません。

息子のDWEが一区切りした事もあり、
娘のDWE卒業までの進度を記録を基に整理してみました。

DWEソングを全曲アカペラで歌え、
TAC(トークアロング・カード)も全部読める状態でのSBS(ステップ・バイ・ステップ)とCAP課題のスタート。

毎日歌を練習&毎日TACを何枚練習などは一切なく、
保育園への送り迎えの時間を使った、
日々のかけ流しで自然に身に付いたものです。

【 ステップ・バイ・ステップ 】 

★開始年齢 8歳(小2)

BOOK1 2008年12/14~12/20 

BOOK2 12/30~2009年1/12 

BOOK3 1/17~3/11

BOOK4 3/22~4/25

BOOK5 4/25~5/5

BOOK6 5/9~5/29

BOOK7 5/30~7/4

BOOK8 7/5~7/19

BOOK9 7/20~8/9

BOOK10 8/31~10/15

BOOK11 10/24~12/16

BOOK12 12/20~2010年2/28

★終了年齢 9歳(小3)

土日にレッスンを行い、月にBOOK1冊を終え、
1年で12冊と決めて進めたSBSですが、
こうやって書き出してみると「あら、違った(^_^;)」

空手も週1、2回の頃なのにのんびりSBSを進めていた事が判明・・・。

次回、CAP課題の記録へ続きます♪

映画の字幕は何歳頃から読めるのか?

「映画の字幕は何歳頃から読めるのか?」

と言う質問を職場の同僚からされました。

お友達とそのお子さんたち小5と小2を連れ、
アナと雪の女王を映画館で観た際に字幕しか時間が合わず字幕版で観たら、
小5は何とか、小2は日本語字幕のスピードについて行けず、
大変そうにしていた・・・って事でした。

おそらく、
先日観たトランスフォーマ -ロストエイジ- 
の時の私と同じように、映像を見つつ字幕を拾う、処理能力フル稼働状態。
リアルな映像の中に3DIMAXは文字が浮いている様に見え、
あちらを見てこちらを読み非常に疲れました・・・。

これに近いのではないのでしょうか。

子供向け映画は字幕を追わなくても何となく解るのですが、
大人向けの映画は映像を見つつ必死に字幕を拾います。

(子供たちは字幕不要、音声読みで鑑賞。羨ましい(^_^;)

同僚のお友達のお子さんは、
映像を見つつ日本語の文章を追うのでしょう。
日本語の文章を読みなれた大人には、
読みながら映画を見る事は左程苦にならないはず。

でも小学生(低学年)に、
同時並行処理は難しいのではないかと思いました。

それらを考えると、
小学生高学年以上からでないと、
スピーディーに字幕を読みつつ内容を楽めないのかも??

私自身はどうだったか、
小学生時代に字幕映画を観た記憶がないので、
何とも言えないのですが、
主人が小学生1年生の時に劇場公開した、
「スター・ウォーズ」を当時劇場で観た話を聞いた限りでは、

「漢字は解らないから飛ばし、ひらがなだけを読んでも楽しめた」

と内容は楽しめたそう。
今でも衝撃を残す映画と言っています。

話しが変わって我が家の子供たち。

物心付く頃から親に付きあい自宅で洋画を見ていました。
娘がひらがなを読みだす年中さんぐらいまでは、
英語音声、日本語字幕でした。

日本語の文字を読みだした事をきっかけに、
英語音声、英語字幕でDVDを見るように変えました。

特に英語がどうだとか、字幕がどうだとか、
言われた事はなく、

洋画やドリームワークス、ディズニーなどは英語で、
ジブリやルパン三世やガンダムなどは日本語で、

それぞれをたくさん楽しんで今に至ります。

娘は書字識字に問題はないのですが、
息子は違います。

それでも、
意味が解らないから日本語にしてとか、
文字がどうだ、とは言われたことがないので、
小さい頃から音声を聞いて楽しんでいたのだと思います!!

同僚から質問をされるまで思いもしなかった事。

結論として、
「映画の字幕は何歳頃から読めるのか?」には、

年齢や家庭の環境で変わるとしか答えられませんでした。

公の英語スピーチコンテスト、予選突破!!

娘、4年振りに公の英語スピーチコンテストに応募し、
予選を突破しました!!

娘が小3、小4当時に開催された
「全国こども英語スピーチコンテスト」以来、
公のスピーチコンテストの応募です。

(全国こども英語スピーチコンテストは、
 東日本大震災後から開催されておりません)

娘が小3当時このスピーチコンテストのCMをテレビで見て、
副賞のジンベイザメが見られる事だけに惹かれ応募。

しかもこの副賞は5年生以上が対象で、
3年生は該当しないといくらこちらが説明しても、

「そんなのやってみないと解らないよ、
 ジンベイザメが見たいから応募して!」

の一点張りで親としてはまた面倒くさい事を言い出した・・・と
しぶしぶ娘に付きあったのが事の始まり。

そして、私はスピーチの評価シートを頂けるのも魅力でした。

客観的に第三者から評価して頂けるのは、
親が日々思う「発音は?聞き取れるような英語なの?」
などのモヤモヤを大いに解消してくれました。

娘の出来る事が世間一般でどの程度だったのか、
よく解っていなかった私。

その当時の娘には悪いけど、
まさか地区予選に選ばれると想像もしなかった2009年。
知名度が上がり更に選考に残るのが難しかった2010年も地区予選出場。

会場で自分たちの知らない英語の世界を堪能しました!

この当時の記事を読み返してみると、
今も昔も私の考え方は変わっていません・・・(^_^;)

あの当時から娘なりのペースで成長し、
WF(ワールド・ファミリー)やWFクラブとは違う
第三者から評価して頂けた事は、
純粋にとても嬉しい出来事です。

小学生までは選出されただけで満足でしたが、
中学生となった今は違います。

今まで取組んできたこと。
友人たちからの暖かい励ましやアドバイスを胸に、
娘と一緒に挑みます!

頑張るぞっ!!

DWEを中古購入より正規購入して良かったと思う事

娘がDWEを卒業し、
息子が2014年9月DWE卒業課題を提出しました。

姉弟がDWE卒業まで辿り着いた今、
DWEを正規購入して良かったと思うのは何と言っても、

【 会員向けサービス WFクラブが利用出来た事 】

これに尽きると思います!!
(※中古購入だとWFクラブに入会できません)

子供に英語を身に付けさせるには、
どうしてもアウトプットの場が必要になります。

子供のアウトプット選択肢として上げるとしたら、

・オンライン講師(レッスンや英会話)
・インターやサタデースクール

などを想像するのではないでしょうか?

現地の子供に近いレベルを望むなら、
赤ちゃんから迷わずインターナショナルスクール。

しかし、これは非常にお金もかかるし、
日本語の発達に支障をきたさないように、
日本語と日本の生活を親が維持努力する必要があります。

オンライン講師の位置付けとしては、

・我が家のように親が話せない。
・(英語を使う)話せるような場数を増やしたい。
・英語を体系的に教えてもらいたい。

そういうご家庭にはありだと思います。

が!!!

DWE教材とWFクラブの利用で十分に賄えました。

・アウトプットに関わるWFクラブの先生の質は高い
・教材が連動している事で混乱なく英語の理解が進む。
・カリキュラムがしっかり練られているので体系的に英語を理解できる。
・理解した事をWFクラブのサービスで反復できる。
(例)テレフォン・イングリッシュ、週末イベントなど

教材=理解=アウトプットの場

これらのバランスが綿密に結びついており、
スムーズな英語の反復からたくさんのアウトプットへ、
短いセンテンス→センテンス→長いセンテンスへ

我が家のように親が英語で話す事が出来なくても、

「時間をかけて段階的に適切なサポートを続ける事で
 高い英語力を身に付ける事は可能である」

と、我が家の子供たちを見ていてそう感じます。

オンライン講師を利用する際に耳にする、

・良い先生と巡り合うのが難しい
・レッスン内容にばらつきがある
・レッスンの組み立てを親が考える必要がある
・子供の集中力が続かない

これらの心配がなく、
安心してアウトプットをWFクラブの先生に任せる事が出来ました。

また、子供たちのDWE生活とWFクラブで切り離せない、
たくさんのアウトプット準備に役立ったアイテムとしては、
プレイ・アロングやシング・アロングなどの他に、

5月と12月に送られてきた、

「WFクラブのこどもの日プレゼントのZippyのDVDシリーズ」

これも大いに役立ちました!!

DWE教材で耳にする英語を、
同じ年頃のZippyと仲間たちが実際に生活する場面で使うのを目の当たりにし、
幼少期の子供たちはZippyと同じ目線でたくさん楽しみました。
そして英語がより身近になりました。

家庭内でのアウトプット補助に大いに役立つアイテムでした。

教材をフルパッケージでまとめて購入し、
年齢毎にどう教材を使うのが良いか試行錯誤してきましたが、

(詳しくはブログのカテゴリ 「DWE進め方」 をご覧下さい)

中古購入では利用できないWFクラブのサービスをフル活用し、
自分たちのペースで漸くDWE卒業まで辿り着く事が出来ました。

DWE教材は発達心理学に基づいて作られているそうで、
子供の成長に合わせて少しずつ教材を追加購入する選択も、
今考えるとありだったのかもしれません。

DWE卒業後も活用出来るWFクラブのサービスが充実し、
DWEで身に付けた英語力に更に磨きをかけるよう、
今後も楽しみたいと思います(*^_^*)

DWE 卒業課題提出 -2014年9月-

息子、DWE卒業課題完成&提出!

2月にPre Graduation 1と2をパスし、
卒業課題に向けて準備をしてきました。

卒業課題は、

「今までDWEで身に付けた英語力を披露する場」

であると思っています。

・自己紹介
・TAC(トークアロング・カード)の質問と答え
・BooKの音読

自己紹介については、
CAPキッズのスピーチ経験が役立ったと思います。

TACについては、
カードを流してその場で答えてもらいました。
当然ながら娘と答え方が違いました。

Bookの音読について、
息子はディスレクシア(失読症)で文字の識字に困難さを抱え、
音読の発表は一筋縄でいくものではありませんでした。

日本語と同じく、

・読み飛ばし
・勝手読み(付けたし、置き換え)
・スラスラ読みが難しい

良くも悪くも息子の個性であるので、
その個性を活かす方向で録音を進めました。

現在、息子が持つ英語力を使い、
今までのDWEの関わりを思い返しながら、
思いを詰め込んだ卒業課題テープ。

息子にしか作れない課題に仕上がりました(*^_^*)

作り上げている最中はあまり感じなかったけれど、
全ての録音が終わり、最初から通しで聞いてみると、
その課題の奥深さと過酷さを感じます。

出来上がった達成感と同時に、
「とうとう終わっちゃった・・・」と言う、
寂しさもあります。

2013年1月にSBS(ステップ・バイ・ステップ)を取組み始めた頃が遠い遠い昔のようです。

娘、時事英語の取組み

英語を楽しむ→英語を学ぶ事がプラスされたむすめ英語。

前にお話した、
最近娘が始めた面白い取組み」について。

年齢に見合った語彙力を付ける必要を娘なりに感じており、
それをどのように取り組むのかがネックでした。

私は書いて覚えるのが効率が良い派なのですが、
娘は映像や音声をひと塊の記憶として覚えるタイプ。

そんな娘が編み出したのは「真似っこ」です。

毎朝見始めた海外ニュースコンテンツがあるのですが、
それを朝見て、夜は原文と解説を使い、
「そっくりそのまま真似」をするのです。

ニュースで取り上げられる時事関係の用語、
始めて耳にする知識であっても日本語での簡潔な説明があり、
私がくどくど説明する必要がないので助かっています。

耳にしない、知らない単語が圧倒的に多く、
娘にしては口が回らない、区切りがたどたどしい、
もどかしさのあるこの真似っこ。

本人は楽しみながら覚えられる方法だそうです(*^_^*)

幼少期から英語を聞きなれてると違うわ~
と感心するのは、

「難しい単語読みや区切りを動画で確認すると、
 次の真似っこがスムーズに出来るようになる事」

私は原文と音を追うのに必死なのですが、
娘は聞きたい部分だけ注意を払って確認しているらしく、
何とも器用だと感心しています。

目で見て聞いて、文字で確認する。
色々な覚え方があるなぁと娘から教えられたのでした。

DWE卒業課題のトークアロング・カード(TAC)について

この時期になると毎度検索キーワードに、
「卒業課題 カード 答え」
が引っかかるようになりました・・・(^_^;)

DWEの卒業課題は「今までDWEで身に付けた英語力の発表」です。

TE(テレフォン・イングリッシュ)のBookLessonのように模範解答がある訳ではないので、

「質問を聞き、自分の言葉で答えられるか」

を試されるのがDWE卒業課題の求めるところ。
取り立てて正解はなく、答えは無限にあるのが正解でしょうか。

常々「模範解答を教えない」と「話す事の強化

今までやってきた取組みを踏み台にして、
息子なりに答える事が出来ていたと思います。

DWE卒業課題完成(^^)♪

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ