FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

子育てで難しいと思う事

志村どうぶつ園を見ていた娘が、
「犬にお手とかお座りを教えるより、
待てを教える方が大事なんだって!」と言うので、
「いつもお父さんやお母さんは君たちに何をさせている?」
と聞いてみた。

息子は「怒ってる」と。
娘は暫く考えて「…あっ、我慢させてる」と。

「我慢させる=忍耐力をつける」

子供を育てる上で我が家が妥協しない事の一つです。

言葉が解ろうが解るまいが、
子供たちの要望を我慢させる必要があると判断した時、
子供たちの要求を聞いた後、それら一つ一つを
「なぜ、どうして、○○だから必要がない」と
小さい頃から話しあってきました。

そんな様子を見て、実家の両親から
「まだ我慢させるのは可哀想だ。
 小さい子供にそんな事をいっても解らないから必要はない」
と言われもしたけど、私にすればそんな言い方は、
子供を馬鹿にしているし、1人の人間として扱っていないようで、
もの凄く抵抗がありました。

大人子供関係なく、お互いを尊重しあい、話合う事は大事だと。

挨拶やお礼はしっかりと!
自分がされたら嫌な事は人にするな!
弱い者いじめをするな!
自分の意見ははっきりと、相手の意見もしっかり聞く。
食事のマナーも美しく。

最低限、子供たちに身につけさせたいと思う事の中で
何よりも難しい躾は「我慢させる事」だと思っています。
スポンサーサイト



娘、英語教室の面談 2014年夏

娘が英語教室に通い始めて8ヶ月を迎えました。

秋からの新学期に向けて講師側の見解、
それを踏まえレッスンの進め方。
こちら側からの要望のすりあわせ面談がありました。

いつも連絡帳でやり取りしているので、
もう少し突っ込んだ深い話を約1時間程しました。

発音やリズム、会話の滑らかさは申し分ないそうです。

ネイティブ講師曰く、

現地の子と変わりない滑らかな自然な会話が出来る。
ただ、現地の子や帰国子女特有の間違えをする事が。
見聞きした事をそのまま使っているからで、
文法的な時制の対応が出来ない時がある。
その都度説明している。

例えば、「どんなだった?」と聞かれると、
”Boring!”や”I am so boring!”と答えます。

会話の中での現在と過去。-ingと-edの使い分け、
ごっちゃになっている・・・って事でした。

子供たちが話してるのを聞いていて、
ネイティブや英語話者が「??」と感じる部分、
私には解らないので、見つけ適切に指導して貰えてありがたい。

授業以外でも英語で会話を楽しんでいるので、
聞く話す力はこのまま伸ばしていきましょう!って事でした。

一方・・・娘が苦手とする学習英語。

娘が抱える課題は「文法の定着と語彙補強」です。

どんなに早い時期から英語を見聞きしていても、
いつかのタイミングで「読み書き文法」強敵3人衆に出会います。
避けて通る事は出来ません(>_<)

娘は出来るだけ学習をしない方向で・・・と言うタイプなので、
強敵3人衆に対しては、
中学生で1から英語を学ぶお友達と大差はありません。

かと言って、全く文法面が0と言う訳ではないので、
あまり危機感や必要性を感じないのが曲者です(T_T)

中学校や高校で習うことは何となくの感覚で身についていて、
簡単な文法を用い会話や英作文をするレベル。

これをもう一段階上げ違う次元に行くには、
常々「復習よ、復習!!」と娘に話していた私。

講師人からも同様に「復習」と「娘にあった復習の仕方」
の提案がありました。

DWEでは高校生までに学ぶ難しい文法事項を、
自然に理解出来ると唄っており、
確かに映像から体系的に文法事項の理解が可能です。

もちろん、高い理解力があるお子さんであればDWEだけで、
正しく文法事項に当てはめ、話したり書いたりを的確に、
「なぜ、どうして、こうなる」と解らない人に説明をし、
理解&納得させる事が出来るのかもしれません。

でも我が家はこのパターンとは違います(^_^;)

英会話だけの話なら私たち親が持つ能力の、
想像を遥か上回る能力を子供たちは身に付けたと思います。

私の考えと英語教室側の考えが一致しているので、

・おかしい英語を話していたら説明する
・文法の説明
・英作文の添削
・テストなどから本人の理解度と苦手箇所の分析
・それについてのアプローチ

引き続きお願いしてきました。

やるべき事を地道に、本人の意思で取組む年頃です。
時に刺激的な内容を時にドカンと投下して、
ヤキモキしながら遠巻きに見守りつつ。

中2娘のむすめ英語はそんな感じです。

興味深かった話し「英語脳を創るには何から始めるべきか・・・。」

英語脳・・・・と言う言葉に抵抗がありますが、
大変興味深い話を聞き、「はて?子供たちはどうだろう??」
と思った事がありました。

我が家の子供たちは日本語に囲まれた状態で生活し、
耳にする英語の音は1日平均1~2時間程。

英語で新しい音(単語)を聞いた時、
知っている音に結び付けて聞き分けているだろうとは思いますが、

それは日本語の音から結び付けているか?
それとも英語の音から結び付けているか??

またその言葉のカテゴリー分けはどうしているのだろう。

日本語カテゴリー?
英語カテゴリー??

育児雑誌や早期教育雑誌などで、

大人になってから英語を学ぶと、
脳内の言語を司る部分に日本語と英語が独立し、
日本語→英語、英語→日本語の変換作業が起こる。

幼少期から英語を耳にすると、
脳内の言語を司る部分に日本語と英語が共有し、
日本語は日本語のまま理解し、
英語は英語のまま理解が出来る。

と説明されているのを目にします。

真偽の程は定かではありませんが、
我が家に関して言うのなら「そうかもしれないな」です。

上に書き出した、
「音の結びつけや言葉のカテゴリー分け」については、
子供たちに聞いてもおそらく解らないだろうと思います。

話は戻ってタイトルの、
「英語脳を創るには何から始めるべきか・・・。」
ですが、下の4つが密接に関わっているようです。

○パスバンド

母語として使われる言語には、それぞれに固有のパスバンドがあり、
パスバンドとはその言語が多用する周波数帯。

○音韻カテゴリーの形成

母語として使う言語の周波数帯域が決まれば、
その次はその帯域をいかに効率よく分割して、
ことばとして使う音素のカテゴリーの確立。

○プロソディ知覚

音声言語は、呼気と声帯振動と構音器官の調節によって展開される。
この呼吸のリズムやブレス(息継ぎ)のタイミングによって、
単語や文といった区切りが生み出される。

○ Use it, or loose it.

どんなに身につけた知識や経験であっても使わなければ劣化する。
自然体得に必要な刺激の曝露(ばくろ)時間は5時間以上と言われる。
1日5時間以上英語に曝(さら)されることと、
上述したポイントに心を配ることで英語脳が創られていく。

子供たちの場合、
「パスバンドと音韻カテゴリー形成」が
どの程度まで出来ているのか不明です(^_^;)

コミュニケーションに必要な言葉の最低限は何とか?
新しく語彙を学ぶにあたっては見聞きする見本がなければ、
おそらく母語を頼りに音を結び付けるのではないかな??

と推測してます。

「プロソディ知覚」については、
難しい文章でなければ初見の文章を見て、
呼吸のリズムや息継ぎのタイミングは取れているように見受けます。

そして「身につけた知識や経験の劣化」について。

基本ベースはまだしも、新しい語彙の定着に関しては、
違う形で何度も何度も場数を踏むしかなさそうです。
同じ形式で繰り返すではなく、
あくまでも「違う形で何度も」にこだわる事がキーになりそう。

身につけた知識や経験の劣化については、
最近娘が始めた面白い取組みを別の機会にお話しようと思います♪

DWEはコストパフォーマンスが良い♪

DWE_2003

2003年7月に購入した我が家のDWEフルパッケージです。

娘が2歳半。
息子が生後2ヶ月。

その息子といまDWE卒業課題を作っています。
先月7月で丸11年を迎えました。

時が立つのは本当に早いものです。

我が家が購入した時、既にママ友数名が購入しており、
よく耳にするような「高いのによく買ったね」、
など言われる事もなく穏やかに過ごしました。

新しくお友達になったママ友に、
「DWEをやっている」と取り立て話す必要もなく、
穏やかに、自宅で地味に続けてきました。

ワールド・ファミリーの広報さんからお話を頂き、
様々な活動に参加するようになるまで、
我が家がDWEを使っている事は知らないママ友ばかりでした。

・共働きで保育園育ち
・かけ流し
・親が英語を話せない

あまり週末イベントに参加もせず、
小学校へ上がるまでテレフォン・イングリッシュをほぼ利用なし。
ワールド・ファミリーが運営するABCクラブやCFK(Classes for Kids)などの利用なし。

そんな11年でした。

DWEを英語の基本とした環境で親が予期せぬ変貌を遂げた子供たち。

・・・・もしも、
大手の英語教室や子供英会話教室に週1回で通い、
与えられた課題をこなすだけだったとしたら、
今の様にはならなかっただろうな・・・・そう確信があります!!

そう考えるとDWEはコストパフォーマンスが良い♪

我が家が今まで支払った、
DWE教材・WFクラブ会員費・週末イベント&交通費・ORTなどの洋書やワーク。
ワークはコピーして、洋書は何度も読み返せますし、
年度毎に買い替える必要もありません。

DWE教材もSBS(ステップ・バイ・ステップ)が発売された時に追加購入しただけで、
どんなに心揺さぶられる教材が発売されても、
使いこなせないと思い自宅にある教材だけを使いました。

「自然な英語が身につく&長く使える教材である」

短期的な捉え方、長期的な捉え方など、
個々で感じ方が違うので一概にコストパフォーマンスが良い
と言い切れないのが難しいところでもありますね(^_^;)

一体、どういう耳の構造してるんだ?!(2)

海外ドラマ・gleeシーズン5、100話目での事、
エイプリル・ローズと言う女性が登場しました。

その歌声を聴いた娘が、

「歌声がWickedのグリンダに似ている」

と言うので調べてみたら、

何と、Kristin Chenowethでビンゴ!!

びっくり\(◎o◎)/

お正月映画館の劇場予告で、
アナと雪の女王のLet It Goを聴いた時、

「もしかしてエルファバ?Idina Menzel??」

娘と顔を見合わせましたが、
今回は音響設備の整った大音量の映画館でなく、
自宅でテレビ視聴でドラマを見ている最中。

フィニアスとファーブを見始めた頃にも似たような事が。

娘が持つ驚異の能力の一つ。
ガンダムの世界ならさしずめニュータイプ(^_^;)

Idina Menzelがレイチェルの母親役で出演していたのは知っていましたが、
Kristin Chenowethも出演していたとは・・・!!

glee、アメリカで社会現象起こしたのがよく解りました。

Wicked_01

嘘みたいに出来るようになる時期がくる!

子供たちが赤ちゃん時代、
同じ月齢のお友達が寝返りを打ったり、
ハイハイを始めるのが早かったり、
つかまり立ちや伝い歩き、歩き出すのが早かったり、
周りの様子や育児本と我が子を比べ、

「この月齢なら出来る筈なのに・・・」

と第一子の娘時代は気になって仕方なかった事、
たくさんありました。
母子手帳の月齢ページを見ると、

「何でこんな事で悩んでいたのか・・・」

と思える書き込みがたくさんあります(^_^;)

第二子の息子時代は、
出来る様になった時期、歯の生え始めの記録程度。
可哀想にあまり書き込みがありません。

「その子その子のペースがある」
「悩んだのが嘘みたいに出来るようになる時期が来る」

頭では理解していても、
経験してみないと本当に理解が出来ない事がある。

英語子育てに関しても同じ事が言えます。

我が家は「細々と続ける事」はしていますが、
幼少期からあれこれ取組んできたわけではありません。

幼少期からしっかりと取組みを行い、
出来る限り最善の環境を整えて、
的確な目標を立てて英語に取組んでいるご家庭とは違います、
当然ながら英語習得ペースも違います。

この辺りの理解が私も出来てきて、
他所のご家庭と自分たちを比べて焦っても仕方ない、
と思えるようになったのは割と最近です。

「昔出来なかった事が今は苦労なく出来る」

続けていればその子その子のペースで進化する。

いつの間に出来るようになっていたのか、
嬉しい発見でした(*^_^*)

子供の記憶力恐るべし!(2)

DWEを同じように聞いているはずなのに・・・
子供たちと私とは聞き取れる能力が違います。
そして記憶力も。

娘と二人で出かけていた時の事。

外国人が自転車に乗り母娘の傍を通り過ぎる時に、

「○○○!」と言いました。

一瞬の出来事でした。
周りに私たちしかおらず、こちらに言ったのは間違いありません。

私は「危ないよ、気を付けて!」と言ったのだと思いました。
娘は「Greetingsと言った」と言いました。

どんな意味か娘に聞いたら「こんにちはと同じ」と言います。

どうしてそう思うのかを聞いてみたら、
「テレビドラマや映画の中でよく言っている、
 あと、カンフーパンダ2でも言っていた」・・・と。

その話を家でしていたら、
息子も「Greetingsでしょ。言ってるよ!」
とカンフーパンダ2の該当シーンをTVでつけてくれました。

カンフーパンダの1と2は昔レンタルで1度見て気に入り、
DVDが欲しいとせがまれていましたがずっと放置。

最近CSで放送していたのを録画し、
音声英語だけでおそらく2~3回見てると思います。

(CSは字幕の録画が出来ません、英語音声だけで見てます)

英語音声だけでは私は音の洪水。
長いセリフになれば音を拾う事は出来ません。

でも子供たちは違います。

音をしっかり記憶し、
雑踏の中、自転車ですれ違う際でも聞き取れるのです。

この聞き取る力と記憶力に関しては、
年老いてゆく私の耳や脳みそでは太刀打ち出来ません(-_-;)

大人向けの「かけ流すだけで英語が系」の広告やCMを見ると、
本当に~??と、思わず突っ込みを入れてしまいたくなる私です。

子供の記憶力恐るべし!

聞いていないようで実は聞いている

今は色々な記録媒体にあふれていて、
音源かけ流しをいつどこでも出来る時代になりました。
良い時代ですね(*^_^*)

旧人類の我が家の幼少期時代は「車の中」でした。

その当時の車にはCDチェンジャーに5枚しかCDを入れられず、
最初はシング・アロングの1~4からスタート。

娘が年長さんに上がってからストーリー&ソングCDに変え、
半年でCD半分、次の半年で残りCD半分・・・
と1年間通しでかけ流しを続けてきました。

保育園の毎日の送り迎えの時間です。

娘はガーゼハンカチの匂いを嗅ぎながら耳を傾けたり、
歌ったりをよくしていました。
当然息子も同じ車内にいましたが聞いている感じが全くなく、
シング・アロングも歌う事はありませんでした。

だから、歌を覚えていて歌えるのを知った時は驚きました。

読書をしない娘にたまに音読を頼んでいます。

リクエストした本がミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セットのもので、
「ファン・アンド・アドベンチャー絵本は好きじゃないんだよ」と言うので、
DWEのBOOK12を読んでもらいました。

息子と夏休みに卒業課題を作ろうと思っているので、
息子が好きなBOOK12をリクエストしたのです。

息子は宿題をやりながらその声を耳にしていたようで、
「あれ?そこはそうだっけ??」と、ところどころ口を挟みます。

どっちが正しいのかその場で確認を取っておらず、
何ともいえないのですが、やっぱり息子は、
聞いていないようで聞いているんだなと思いました。

最近の音入れは娘の語彙増やしをメインにしているのですが、
息子の大人英語に繋がる語彙貯金になるといいなぁ

3年後ぐらいに効果が実感出来ますように!!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ