FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

ユーザーブログを始めて2年を迎えました

ディズニーの英語システム、
ユーザーブログを始め2年を迎えました。

DWE卒業生の娘英語の取組みついては、
幼児期→小学生→中学生での英語の関わり。
DWEで身につけた英語を土台に、
中学校での学習英語の他、もう一段レベルアップを目指した、
大人英語への取組みについての発信。

ブログを始めた当時はDWEで英語の土台作り中だった息子は、
2013年1月DWEレッスンをスタート、同年9月終了。
同様にCAP課題を毎月3課題提出し11月にイエローCAP取得。

気が付けば2年、早いものです。

小学生になってからのDWEとの付き合い方、
中学生になってからの進路を交えた英語との付き合い方、

少しでも役立つ情報を発信したいと思います!!

英語の先生や英語講師のように英語の知識なし、
親は英語が出来なくても取組める。

英語のアウトプット環境がテレフォン・イングリッシュや
週末イベントなどのWFクラブの会員サービスだけで。

親子で楽しみながら英語を英語のまま理解出来るDWE。
SBS(ステップ・バイ・ステップ)で体系的に英語を学べるDWE。

ブログを介して伝える事が出来るよう頑張ります。

変わらずお付き合い頂けるならばとてもうれしいです。
どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)

Marie(マリー)
スポンサーサイト



物事の着眼点がどこにあるか

先日のプレイタイムはお絵描きでなく、
仲間はずれ探しゲームを楽しみました♪

この様子を傍で聞いていて、
「質問を聞き取る」「内容の理解」「知識と結び付け質問に答える」
この3つがスムーズであるかを確認しました。

年齢も年齢だから・・・スムーズに対応は出来ていますが、

月齢的な部分で比べると、
中学生の娘に比べると、小学生の息子は、
短時間で相違点を見つけ、自分の意見をまとめ上手く伝える事は
少~し難しいように感じました。

月齢的な問題だから焦らず少しずつ力を付ける。
3年後に同じように成長すれば良しとする。

が目標でしょうか。

プレイタイム中で「仲間はずれの相違点」をどこに着眼するか、
姉息子で違うのにへぇ~~~と思った事が。

「娘は単純にシンプルに、息子は生体の詳細な特徴」で答えます!

どちらも正解です。
(模範解答では単純な方でした)

息子の着眼点や捉え方やっぱり面白いなぁ
この個性を大事に育てたいと改めて思いました!

ようやく、CAP・キッズのスピーチ練習のお礼が
もう一人の先生に伝えられました。

来月はプレイタイム2回利用出来るらしく、
今からとても待ち遠しい私です。

5年、10年、15年・・・先を見据えた取組み

先日のCAP Kidsのスピーチについて熱い感想を頂きました(*^_^*)

最終的にどんな力を付けるのか?
5年後に繋がる取組みはどんな事が必要か?

先を見据えた取組み、同じように我が家も続けてきました。

極真空手の師範が、
「今日の稽古が半年、1年、3年後の自分の為、
 身になっているように稽古をするんだ!」
と仰ります。

空手や英語に関わらず、

「すぐに結果が表れるものではない」

と言うのはどんな事でも共通した事だと思っています。

指導して下さる師範がそのような考えを持っておられ、
親である私も安心して稽古をお願い出来ると言うものです。

焦らずにその年齢で身に付けたいと思う事を、
子供にとって最善の方法とペースでただひたすら続ける。

「○年後はこうなっている・・・」

そんな保証がないのが辛いところです。
でも5年、10年、と時間の経過と共に形を成してきたなぁ~
と、最近の子供たちの様子を見て、
ようやく一息ついた心境。

娘は親の手を少しずつ離れて、
自分の意志で学習を始めるようになりました。

息子が小学生の間は、
まだまだ寄り添い一緒に取組む必要があります。
たくさん出来る事が残っていますし。

これから無限の可能性を秘めた小さいお子さん持つお母さんの話しは、
とても刺激になりました。

過去を振り返り、未来に思いをはせる今日この頃です♪

Let’s go phonics口述復習が終わりCTP絵本へ

3月にお話した計画に沿って進み、
Let’s go phonics1、2、3の各unitの
Listen and SpeakとLet's Readを口述復習が終わりました。

6月にCTPの絵本(Level1と2)の音読。

「DWEやORT以外で色々な表現に触れる&語彙を増やす」

に焦点を当てているので、声を出して音読する事よりも、

「絵や写真と文章を結び付ける&英単語の字面と音の結びつけ」

を重視しつつ、
とにかく簡単な英文をたくさん目にさせています。

仲良くさせて頂いているママさんから、
登録制の電子図書館を教えて頂いたので
こちらも利用しています(*^_^*)

息子用に生き物系(動物、魚、昆虫など)などの、
興味があるものをレベルに関係なく見ている息子です。

この電子図書館は読み上げ機能が付いているので、
息子のような読み書き困難の特性があっても、
子供だけで楽しめるので大助かり!

学校の宿題や習い事の関係で隙間時間で、
コツコツ進めています。

県の高校展2014、英語に力を入れている公立高校は?

毎年開催されているらしい、
「県の高校展2014」に先月行ってきました。

毎年入場規制がかかる程の賑わいと聞いていたので、
会場1時間前には現地についていたのですが、
既に長蛇の列!!

私の学生時代は学区が決まっていた公立高校。
それが撤廃された今の県立高校は様子が大きく違います。

娘の要望が叶いそうな高校がどのぐらいあるのか?

・自宅から通いやすい
・英語に力を入れている

学生や先生の話を聞き、
「ここは・・・」と思う学校が何校かありました。

まだ中2。
まだまだ時間はある・・・と思いつつ、
時間に余裕のあるこの時期だからこそ、
貪欲に過ごしたいと思います!!

話が変わりますが、
イギリスの幼児向け番組「テレタビーズ」が復活するそう。

この話をしたら目をキラ~ンと輝かせた娘でした(^_^;)

テレタビーズは友人宅で見たことがきっかけで、
娘(その当時1歳代)が大好きになった番組でした。

お風呂場でプリンのカップにお湯を注ぎ入れ、
「はびっしゃー!はびっしゃー!」と言ってウハハハハと大笑い、
(タビーカスタード!と言って真似をしていた)

日本語版をずーーーーっと見て育ち、
息子が2歳前後で買ったこのDVDで英語版に出会いました。

娘がディプシー、息子がポー、私がラーラ役になり、
親子でテレタビーズごっこもして遊びました。
(ティンキーウィンキー役の主人はほぼお休み)

DWEに関わらず幼少期の英語の関わりは、
本当に楽しい思い出ばかりです(*^_^*)

進路選択で英語が重要な位置づけになるとは思いもしなかったなぁ

幼児期から英語が身近にある環境で育ち、
英語力がそこそこ身についている公立中学に在籍するごく普通の娘。
親はずっと共稼ぎ、ごく普通のサラリーマン家庭。
貧乏ではないけれど、裕福でもない我が家。

子供にかけるお金は限られている家庭が、
幼少期から身に付けた英語力をどう進路に結び付けていくか、

英語との付き合い&進め方の一例として、
今後お話が出来ると良いなぁと思っています。

【動画あり】週末イベントCAP Kidsでのスピーチ2014年

今回スピーチ発表のテーマは"Foreign Countries"でした。

親たちが若かりし頃に、
海外旅行へ行った時の写真パネルが部屋に飾ってあり、
子供たちはこれを見て育ちました。

天文学者の宇宙飛行士になりたかった主人と
ディズニーワールドへ行きたかった私。
そして、2人ともイルカと泳ぎたかった。

思い出が詰まった写真パネルがそのまま
「子供たちの興味のある国や場所」になりました。

そんな思いのスピーチをしています。

息子は人前での初スピーチ。
緊張してダダダーと読んでます(>_<)

(英文はスラスラ読めないので原稿を持ってはいるけどほぼ暗唱です)

娘は発熱後、口内炎であまり口が動かせない、
喉が痛い、咳が出そうになるのを我慢しながらのスピーチでした(;^_^A

でも…どちらも頑張りました!





今回のCAP・キッズ第一部の参加でした。

スピーチのお友達が全部で6人おり、
我が家は5番目と6番目。
年々スピーチする人数が増えているようで・・・
第1部、2部、3部となると総勢18名?!

CAP・キッズに参加を始めた2011年頃より、
イベント参加の人数が増えたように思います。

CAP・キッズのような発表型の週末イベントは、
最初からあったわけではなく、
憧れのお姉さんご家族をはじめ、
WFクラブの先輩方が意見を上げて作られたのだそうです。

思いがたくさん詰まったCAP・キッズ。

憧れの大先輩お姉さんにお会いする事ができ、
直接スピーチを見て感想を頂けたのが何よりの収穫でした(*^_^*)

週末イベントに参加♪ in CAP Kids 2014年度(後編)

CAPkids2_2014

前々日に扁桃腺が腫れ上がり発熱した娘と、
初のスピーチにチャレンジする息子。

娘はイベント前日午後までスピーチの練習が出来ず、
口内炎の痛み、のどの痛み、咳込みと闘いながら当日を迎えました。

息子がスピーチにチャレンジすると言う事は、
「姉弟そろってイエローCAPだから・・・」
ライトブルーCAPの時間が長かった息子。
2人前に並ぶ姿を見て、親として感慨深いものがありました。

体調不良を抱え万全でないながらも、
無事にダブルスピーチ&イベント終える事が出来ました。

自分の思いを自分の言葉でお友達に伝える・・・
知らないお友達の前で緊張と戦いながら、頑張りました。
特に息子は空手の試合とは違う初めての緊張経験。

WFクラブの週末イベント参加率低下中の我が家にとって、
DWEへの関わり方の転機と思って私は臨みました。

ずっとDWEを続けてこの7月で11年を迎えました。

ここまで頑張ってこれたのは、数々の先輩DWEユーザーさん達がいらしたから。
特に憧れの大先輩DWEユーザーお姉さんの影響は励みになるものでした。

DWE購入当時についていた、CAP BOOKの付属CDを聞いた時の驚き。
「こんな風になれたらいいな」「いや、うちはこんな風になるのは無理だ」
そう思ったものです。

今回のCAP・キッズで、憧れのお姉さんがスペシャルゲストで参加されました。

お忙しいスケジュールの中、WFクラブのお手伝い。
「成長してもまだDWEと繋がってくれている」と知り、
とても心が暖かくなりました。

DWEの参加率って小さいお子さんが多いです。

特に今回は1番早い時間帯だったためか小さいお子さん多かった。
そして就学前のイエローCAPさんが多い事!!
今の若いDWEユーザーファミリーさんの気合の入れ方、
取組みに対しての熱意は素晴らしいなぁと感じます(^_^;)

その雰囲気が大きく広がる会場に子供たちに、
大きいし恥ずかしいから参加しない気持ちにつながります(>_<)

でも、お姉さんにお会いして、皆さんの前で話す声を聞き姿を拝見して、
「大きくなってもDWEは続けられるのだ」とものすごく勇気を頂いた私。

CAP・キッズに参加された小さいお子さんのご家族が、
中学生の娘を見て「大きくても続けられるんだ」同じ様に思ってくれ、
続けてくれたら嬉しいな…と図々しくも思ってしまいました。

先日、今回のCAP・キッズが最後のCAP・キッズになるかも・・・と、
スピーチ練習を見て下さった先生にお話ししたら、
熱い熱いメッセージが。
先生のお話しから気が付いた事もたくさんありました、
また、励ましもたくさん頂きました。

お姉さんにお会い出来た事と大好きな先生の言葉、
私も娘もズドーーーーーン!!!!!!と心に響きました。

今後、娘がどうするかはまだ解りませんが、
私としてはまだまだDWEに関わっていたいと思います。

DWE先輩方が線路を引いて下さり、それを辿る我が家です。

CAP・キッズとEC(イングリッシュ・カーニバル)が重なり、
去年した先生との約束を果たせない・・・と凹んでいた時、
憧れのお姉さんのお母様から、
「そのイベントにお手伝いに行く予定よ」ご連絡を頂きました。

これが前回話したビックサプライズになります。

お母様からいつも励みになるお話とアドバイスをたくさん頂き、
お嬢様に子供たちのスピーチを直接聞いてもらう機会に恵まれ、
暖かい励ましの言葉をたくさん頂きました。

DWEを通じてたくさんの偶然が織合わさって、
この結果に繋がった事、偶然だなんて簡単に片づけられません。

DWEの絆や繋がりって本当に宝物。
いつも色々な気付きをたくさんありがとう。

いつもご訪問下さる皆さん、
このブログを読んで下さった皆さん、

これからもどうぞ宜しくお願いします(*^_^*)

週末イベントに参加♪ in CAP Kids 2014年度(前編)

CAP KidsとEC(イングリッシュ・カーニバル)が重なり、
去年の約束を果たせそうもない・・・
話しは2013年度のCAP Kidsにさかのぼります。

約束と言うのは、
「今年もCAP・キッズに参加し、スピーチをする事」でした。

おそらく娘にとって最後のCAP・キッズになるだろうな・・・。
本人も次は出ないと宣言しており、約束の為に参加を決めました。
娘、約束は義理堅く守る性分です。

だから、
「当日先生方にスピーチを聞いてもらえない=約束を守れない」
この事実を告げた時はガックリとうなだれた娘でした。

こればかりは仕方がないし、
イベントの準備の関係上スピーチをやめるは無責任だから、
と気持ちを切り替えた娘。

そもそも、我が家がDWEとWFクラブのサービスだけで、
ここまで子供たちが英語を使えるようになったのは、
何と言っても大好きな先生の影響が大きいのです。

TV取材撮影の時、長い時間一緒に過ごし、
尻込みする娘に素敵な笑顔で接し続けてもらえたから。

そんな事情もあり、
今でも子供たちのやる気の源になっている先生。
当日は無理だけどスピーチの練習を聞いて頂きました。

(娘と息子ダブルスピーチです)

子供たちのスピーチを親身に聴き、質問も。
また、途中からもう一人の先生も参加して下さって、
場所は違えどCAP・キッズの会場の様でした。

当日先生方にお会い出来ないのは残念でしたが、
またもビックサプライズが舞い降りて・・・!!

ご連絡を頂いた時はもう、
「ぎょぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーっっ!!!!!」
と心拍数が跳ね上がったまま戻りませんでした。

これについては後編に続きます(*^_^*)

英語教室のオープンスクールへ参加

年明けに英語教室へ入校した娘。

6月にオープンスクール開催する案内があり、
参加をしてきました。
第一希望は通常のレッスンだったのですが、
私の仕事の都合で参加出来たのが、

「月に一度のネイティブレッスン」 でした。

英語の学習に関して、
しっかりしたカリキュラムと教える側の力量があれば、
日本人講師であろうがネイティブ講師であろうが、
どちらでも良いと思っています。

娘の得意不得意をしっかり把握し、
苦手な部分のフォローが的確にしてもらえる事。
連絡帳に出来る事や復習が必要な部分を
書き出してもらえるので読むのが楽しみになっている私。

ネイティブレッスンを見学する際に、
どの部分を一番楽しみにしていたか・・・・と言うと、
「他のお子さんの様子」が間近に見られる事でした。

メンバーは、
開講当時から在籍している小5の帰国子女女子(某有名私立小学校在学)
中2の男子(公立中学校)
高1の男子(私立?公立?不明)
それに中2女子の我が娘。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の週末イベントに
参加される先生方は、口を大きく開け動きを解りやすく、
マイクを通し、クリアな発音。
意識して話して下さっているのが伝わります。

今回のネイティブレッスン講師は、
優しげな先生ですが声が細く、口も大きく開かず、
ごくごく普通にお話されていました。

ネイティブレッスンではテーマに沿ったディスカッションを行います。

今回は garbage or trash がメインテーマ。

ホワイトボードにイラストを貼り付け、

recyclables burnables non-burnables

自宅にゴミ箱がいくつあるか、どんな種類かのお話をした後に、
女子チーム、男子チームでそれぞれのアイテムを書き出し。
アイテムの仲間分けをしました。

仲間に分けた物を、正しく分別出来ているか、
○○だったら問題ないが、△の時は○○扱いにはならない。
そんなやり取りを先生としていました。

reduce reuse recycle

の説明をした後に、
先生は○△のものはreduce。
×○のものはrecycle。

と先生からスタート、
次にイラストを各自手渡さそれが何に該当するか、
各自の意見を発表します。

住んでいる街をreduceしたらどんな風になるか、
またどんなreduceが可能かについてディスカッション。

考えて意見を述べる。
それに加え、
I threw out イラストの名前 on 曜日.
It is (reduce, reuse, recycle).
の言い回しを学んでいました。

さすがに高校生は、
発生を抑制、繰り返し使う、資源として再利用。
よく理解していました。

でも知識を自分の言葉で伝えるのは難しそうでした。
反対に物事の理解度の高さはさすがです。

中学男子はほぼお手上げ状態。

息子と同じ年の帰国子女は受け答えはバッチリ。
在米1年と聞いていますがその1年間で身についたとは思えない力量。
幼少期から積み重ねていると感じました。
(話しの内容はやはり小5です)

肝心の娘は小4社会で習ったはずなのに所々答えていた程度。
知識が不足しており自分の意見や提案が出し切れていなかった。
(^_^;)

先生との聞く話す能力については、
女子2人と男子2人とでは激しい高低差がありました。

ネイティブ講師と男子2人だけでは、
講師が助け舟を出してもおそらく難しいだろうと思います。
聞き取りはほぼ出来ていないようでした。

自分はどうなんだと言われたら、
聞き取りは出来ました、でも会話に加われと言われたら、
男子グループと左程違いはないと思われます。

(ちなみに英語に興味を持たない主人も聞き取れなかった)

DWEを家の中で細々と続け、週に一度のTE(テレフォン・イングリッシュ)を受け、
たまに週末イベントに参加してそろそろ11年。

幼少期から家庭だけで身に付けた英語力と、
中学校から英語を学んだであろうお子さんたち。
その能力差を垣間見て複雑な気持ちになりました。

娘にはDWEで身に付けた英語力を駆使し、
この教室でたくさんの刺激を受けて欲しいと思います。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ