FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

まだ字が読めない&書けない時期の下地作りどうする?

ディスレクシアの息子は、
文章を見て文字の仲間分けまでは出来るのですが、
口頭で長々と話す内容をそのまま文章に起こす事が難しい。

文章の基本は、
「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「~どのようにした」
これに基づいて言語科で書く訓練をしています。

言語科の宿題が短い日記になっているのですが、
「詳しく説明する」が追加されました。

上に書いたように口頭で説明が出来るのに、
「文章で説明する」事でパニック状態になっています。

文章は「だれが」「~どのようにした」で伝わる事。
次に「どこで」「何を」で解りやすく出来る(説明する)。
最後に「いつ」時間を詳しく伝える。

これを説明しても理解が進みませんでした・・・。

そこで閃いたのが「カード」です!

「だれが」 息子の名前、 娘の名前
「~どのようにした」 稽古をした。 勉強をした。

「どこで」 道場、 学校

「いつ」 今日、 昨日

と8枚のカードを作り、それぞれのカードのカテゴリー確認。
「だれ」「~した」「どこ」「いつ」
理解している事がしっかり確認出来ました。

カードを並べて短い文章を並べる事も出来ます。

これらの繋ぎ合わせと語彙のカテゴリー分け・・・
の部分がこれからの課題だと感じました。

日本の英語教育は、まだまだ「読み書き中心で」
単語を一つ一つ覚えて読んでゆかねばならない中学生たち。

小学校で英語授業が義務付けられたとはいえ、
フォネミック・アウェアネスを取り入れた授業もフォニックスもなく、
下地がないまま読み、書きへ突入のが現状かと思います。

もちろん、
中には情熱を持って生徒に英語の楽しさを伝える先生も
たくさんおられるでしょう。
残念ながら全ての先生がそうではないのです。

言語科の言語聴覚士の先生と相談しながら、
中学校で困らない程度に読み書きの土台作りに勤しんでいます。
スポンサーサイト



息子、Fun Phone TE 続けてます(3ヶ月目)

3月からFun Phone TE(テレフォン・イングリッシュ)のプログラム3を始め3ヶ月を迎えました。

随分とスムーズに話すように変わりました。

今までの会話は1センテンスが多かったのですが、
接続詞を使って説明を加えるように変わってきました!

Fun Phone TEのプログラム3はテーマに沿った、
台本を先生と読みあわせする・・・ような内容です。

DWEの中に組み込まれたセリフのアレンジだけでなく、
日常会話の中で使える言い回しを口にする事で、、
必要な時に自然と使えるような効果があるように感じます。

最後の質問も決められた質問の他、
先生により追加で質問をしてくれたりと、
フリー・カンバセーションへの架け橋になったり。

2ヶ月は同じテーマですが、
同じ事を週1の程よいペースで続けるので、
気持ちを切り替えて毎週取組んでいます。

6年生の冬頃まではFun Phone TEを続ける予定です。

DWEのCAPカラーを英検や児童英検に当てはめると・・・?

まず最初に・・・これは私の考えで、正しいとか間違っているとか、
そんな類いの話ではない事を申し上げておきます。

結論を言うと「当てはめる事は出来ません!」と思っています。

英検はその子が持っている知識を英語と言うツールで測る事が出来るもの。
児童英検は英語を英語のまま理解し、
英語でのコミュニケーションが取れる準備が出来ているかを測るもの。

以上が私の認識です。

必ずしもCAPカラーが英語力とイコールでない事は、
週末イベントで個性豊かなお子さんたちに出会う度に感じます。

・年齢的な問題
・CAPの取組み方
・CAPの習得度合

ご家庭でそれぞれDWEの取組み頻度や密度の違いなどを考えると、
当てはめる事は出来ないと思うのです。

イエローだから必ずしも英語力が高い事はありませんし、
ライトブルーだから英語力が低い事もありません。

息子を例に上げるとしたら、
2013年3月まではCAPカラーはライトブルーでした。
児童英検は特に対策をする事もなく検定を受け、
2011年6と2012年1月に100%、96%の達成率。

でもライトブルー。

月齢や英語環境の違いから、
CAPカラーは目安にはならない事例だと思います。

地道にひたすら続け、カラーにこだわるのではなく、
色に見合った力を付ける事。

英検や児童英検に、
思わずCAPカラーを当てはめてみたい親心は解るのですが、
本来の英語力を測るって難しいですよ。

早くも1年、WorldEnglish.tv plusのプレイタイム

WorldEnglish.tv plusのプレイタイムを利用して、
早くも1年が経ちました。

最初はこの有料サービスの認知度が低く、
人気の先生でも予約が簡単に取れたのですが・・・
1年を過ぎて争奪戦のような盛況ぶりです(^_^;)

1番最初のプレイタイムはiPhoneでチャレンジし、
映像のやり取りが上手くいかず。
でもお互いの姿は確認出来ていたので、

「夏のキャンプにはくるの?」
「キャンプには行けないけど、来週のCAP Kidsには参加するよ!」
「その日に行くから会えるね!」

など、毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)とは
違った映像のやり取りに大喜びの子供たち。

プレイタイムだけではなく動画コンテンツなども含め、
この1年間楽しく利用してきました。

プレイタイムのお知らせ広告やWFマガジンでの紹介記事、
みんなのプレイタイム7歳以上などにも登場し、
WorldEnglish.tv plusの楽しさをお伝え出来ていればいいなぁ~と。

この事がご縁となりDWEユーザーさんとの交流が広がったり、
私にもプラス効果の高い日々を送る事が出来ました。

気軽に利用を始めたWorldEnglish.tv plusですが、
我が家の習慣にすっかり浸透しています(*^_^*)

やっと児童英検ゴールド(*^_^*)

子供のリスニングを図る方法の一つとして、
児童英検は手軽にチャレンジ出来る物の一つだと思います。

娘が小2当時にその存在を知り、
受ける際の申し込みは受験料分の定額小為替を購入し、
協会へ申し込みをしました。
一般会場での受験しかなく受験場所も都内。

娘と一緒にちょっとしたお出かけを楽しんだものです。

息子の方はのんびりしていたうちに、
一般会場での受験でなく「自宅でオンライン受験」
が出来るように変わっていて・・・

しかもWFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)のホーム画面の下にある、
検定チャレンジから児童英検の申し込みをすると、
WFクラブ会員限定特典付きで申し込みが出来るのです!

2011年6月にbronzeを100%(45/45問)
2012年1月にsilverを96%(51/53問)

それぞれ受験。

2012年12月にgoldのお試し版をキャンペーンで試したところ、
ほぼ理解していたものの、ひっかけに見事引っかかったり、
ヤキモキしストレスが溜まりました。

特にネックが「単語が読めない事」でした!

息子は難読症と書字障害を持っているので、
読み書きの訓練は言語科の先生と連携し、
日本語に比重を置いて暮らしています。

英語の読みへ進める事が出来たら・・・goldはそれからで良い。
としばらく寝かせる事にしました。

ずっと耳にし続けたDWEと英語の種まきを終えて、
2013年1月にDWEのレッスンをスタートし終了。

英語の読みも少しずつ出来るようになってきて、
そろそろgoldをやってみようとチャレンジ。

2014年6月にゴールドを98%(49/50問)

娘の時は検定時に同席出来ずフルで問題を聞いていません。
今回息子と一緒に問題を聞いていましたが、

私は「どっちだろう??」と思う質問が4問ありました。
息子は「迷わず即決で」選んでいました。

単語を読んで正解の絵を選ぶ問題で、
読むまでの時間が足りずに1問選択が出来ませんでしたが、
それを除いて残りは正解。

英語を耳にしてきた時間や年齢的な事を考えると、
5年生でgold検定にチャレンジなんて何を今更・・・と思われそう(^_^;)

でも、ディスレクシアと言うハンデを持つ事を考えると、
このタイミングで受けた事が息子の自信に繋がったと実感しています。

「英語を聞き取って理解する力はしっかり身についている」

確認が取れた事が私もとても嬉しいです!

アメリカ・イギリス英語 音の聞き分けが出来ている?!

先日地上波放送していた、
「X-MEN ファースト・ジェネレーション」を見ている時の事。

チャールズ役の俳優ジェームズ・マカヴォイが、
話しているのを聞いた娘、

「この人のアクセントはイギリス英語だ!」

と言うので調べてみたら、
出身がスコットランドで国籍イギリスでした。

どうしてそう思ったのか聞いてみると、
can'tをキャントでなくカントと発音しているらしい。

私はセリフのスピードで英語を聞き取る事が出来ないので、
字幕をしっかり読んでいました。

だから娘の主張がその通りなのかは不明です(^_^;)

意識しなくても音の聞き分けが出来る事、
とっても羨ましく思います。

異なる国で教育を受ける大変さ

息子のお友達ハーフくんがカナダへ帰国しました。

日本へ一時帰国した際は日本語が話せない状態から、
1年3ヶ月の滞在で日本語が戻りました。

今はカナダの学校へ戻り、
「1年学校へ行かなかったら勉強が難しくなっている!」
と話しているそうです。

去年モーターショーに行った際に、
説明モードを英語に切り替えてもスラスラ読み、
書いてある事まで教えてくれたハーフくんを見て、

「英語圏で教育を受けるってこういう事なんだ~」

と思ったのと、

「日本語(母語)で教育を受ける大切さ」

を改めて感じた私。

子供たちには思考の基になる知識を日本語で
しっかり学んで欲しいと思っています。

今回ハーフくんが日本に慣れるまでを見て思ったのは、

「教育を受ける場所が変わると子供にかかるストレスが半端ない」

事でした。
日本国内での転校で考えばお解りのように、
環境になれるまでのストレスは計り知れません。

言語が教育システムが生活環境が国単位で変わってしまうのは、
食事がまともに取れないほど、取っても吐き戻してしまったり、
日本語ばかりに囲まれて本当に辛そうでした。

もう少し小さければ切り替えがスムーズだったり、
もう少し大きければ自分の持っている知識と、
他言語を置き換えて工夫し適応する事が出来そうです。

息子の年齢はこの切り替えが難しそう。

小さい時からあちこち国を移動して、
日本語も英語も堪能な芸能人がいらっしゃいますが、
学校生活で大変苦労した話を最近目にしました。

苦労なく適応する事もありはしますが、
子供に多大な負担をかけるケースがあるのもまた然り。

その話とお友達ハーフくんの話が重なり、
異なる国で教育を受ける大変さを考えてしまいました。

我が家の子供たちには日本語で学び、
様々な事に適応しいていけるような知識を身につけて、
それを英語を学ぶ肥やしにしてもらいたい。

そう思います。

子供の記憶力恐るべし!

娘が2歳前後の記憶があった事が判明!!

娘は1歳~2歳4ヶ月までの14ヶ月程、
幼児通信教育講座をやっていました。

私が忘れられない歌があり、
それを口ずさんだのを聞いた娘が、
「その歌知ってるよ」と。

「はんぶんこ」の歌で動物たちが食べ物を半分こして、
みんな仲良しだねと言うような歌です。

その当時の娘は「ほんぶんこ~、ほんぶんこ~」
と歌っていたのですが・・・

この歌を歌ってくれました。

その後、DWEのサンプルDVDへ興味が移り、
幼児通信教育講座はやめてしまいましたが、
余裕で10年以上経過しているのに、
歌を覚えていた事に度肝を抜かれました(^_^;)

息子はバブバブしていた当時から、
プレイ・アロングやシング・アロングの歌をたくさん耳にして、
暮らしています。

歌や踊りは好きではなく自主的にはありませんが、
歌ってみてと言うとしっかり歌えるDWEソング。

普段は思い出せなくても、
記憶の片隅に残っている情報量は意外に多いのかもしれません。

子供の記憶力は神秘に満ちています!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ