FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWE、本格的なスタートは小学生からでした♪

小学生からDWE・・・でこのブログへ辿り着くようで、
今日はその話を。

未就学児までは子供たちが見聞きするだけのDWE生活。
幼少期にDWEレッスンをしない親子でした(^_^;)
見聞きするだけの生活でしたが、

「特に何もしなくても年中さん前後でライトブルーCAP」

パス出来ました。

だから早い時期からDWEレッスンをしなくても、
小学校入学までにプレイ・アロングの内容が、
しっかり理解が出来、尚且つ自分の物に出来ていればOKだと思います。

プレイ・アロングは「DWEで英語を身につける為の土台」です。

逆に言えば、これさえしっかり身に付けて、
英語を見聞きする環境を続けていれば、
小学生になってからの本格的スタートは遅くありません。

前提としてしつこいようですが、

・プレイ・アロングを自分の物に出来ている
・英語を見聞きする環境がある(1日 1~2時間程度)

小学生になるまでに身につけたいDWE本格的なスタートに必要な力です。

我が家は英語好きの娘が中2、英語嫌いの息子が小5。

英語嫌いの息子を基準としてDWEを捉えても、
上に挙げた2点は小学校入学時クリアしています。
(お勉強一切なしの見聞きするだけの生活)

これらを踏まえ小学校生活が落ち着いてから、

音素、文字、どの程度の語彙力があるかDWEのTAC(トークアロング・カード)チェック、
我が家流サバイバルなTE(テレフォン・イングリッシュ)のBook Lesson、
DWEレッスンとCAP課題提出、

姉弟それぞれのタイミングで、
小学生からDWEを本格的スタートさせてきました。

学校生活や習い事で時間的な制約もありますが、
幼少期に養った土台とDWEを小学生で本格的にスタートし、
体系的に英語を学んだ(触れた)事は、

「使える英語から、読み書きを含めた、
 総合的に英語力を伸ばすのに必要不可欠だ」

と、娘の通う英語教室で強く感じます。

DWE、小学生からの本格的スタートは英語の伸び率高いです!

もう遅いから・・・と思わずに自信をもって、
是非チャレンジして頂けたらと思います(*^_^*)
スポンサーサイト



CAP Kidsのスピーチ原稿作成

2013年のCAP Kids参加時、
ブランドン先生から「来年も参加してね、待ってるよ!」の
約束通り・・・今年も参加する予定でいます。

横浜に参加するのですが、
約束している先生方は当日EC(イングリッシュ・カーニバル)へ参加されるので、
お会いする事は出来なくなってしまいました(T_T)

(子供たちはこの事実を知らない・・・)

娘は小5が初参加でしたが、
その翌年小6からスピーチをしています。

小6当時のスピーチ作成は、
自分で話したい内容をまとめる事が非常に困難で、

マインドマップ→日本語作文→英語作文

かなりの時間と労力を割いて取り組んできました。
中1では話したいテーマや構成を一緒に決め、
自分で英作文を仕上げてもらいました。

そして今回は全て一人で取り組んでもらいました。

「テーマ」だけこちらが伝えて、
話したい項目を自分でまとめ(これは日本語)、
それを基に英語作文へ。

英語教室に通いだしてから、
意識的に「英語を書く」時間が増えて書く事は
私よりもスムーズに書き進めている娘。
「お母さん、その語順は変だよ」の突っ込みもあり、
嬉しい成長と発見もありました!

テーマ→項目まとめ などは、

早い年齢から出来るお子さんが多いのでしょうが、
娘のような感性で生きる&自分がやりたい事しかしない子供は、
本人が自分の力で出来るようになるまで待ち続ける、
耐え続ける時間が必要だと思いました。

CAP Kidsのスピーチだけでなく、
スピーチの場数を踏んでいる娘とは違い、
今回、息子に初めてスピーチさせてみます。

知らない人の前で自分の思いを伝える経験は、
出来るだけたくさんした方が良いと思っています。

自分の考えを簡潔に相手に伝えるって難しい。

職場で3分スピーチを当番制でするのですが、
これが近づいてくると「何を話そうか」私は頭を抱えます。

○○についてこう思う→どうしてそう思うか→だからこうしたい

などの意一連の流れ、何が言いたいのか解らないと思われないよう、
頭の中で順序立てて話をしますが、
実際に話をすると、知っている間柄なのに緊張して、
「スピーチしきれていない」自分に愕然としたり。

やはり人前で話す機会は場数を踏んだ方が良い、
と実体験から実感しています。

息子のスピーチは短い仕上がりになりましたが、
人前で話す緊張や恥ずかしさを克服して、
最後までやりきって欲しいと思います(*^_^*)

連続テレビ小説「花子とアン」でも英語(^_^;)

誰もが教育を受けられない時代があった。
学べる幸せや喜び、学ぶ姿勢。
英語が珍しい言葉だった時代に昔の人はどう学んだか。
親元を離れて学校に通う人の気概はどんなものか。

これらを娘に伝えたくて、
連続テレビ小説「花子とアン」を中2娘と見ています。

もともと「赤毛のアン」が好きな娘が、
更にこのドラマにのめり込んだのには訳があります。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の
ハンナ先生が出演されているのです(*^_^*)

ハンナ先生とは去年の週末イベントのサーカスで初めてお会いしました。

イベント帰り家族で夕食を食べていたら、
お仕事を終えたハンナ先生が同じお店に来店。
イベント会場を出たらイベント気分は終了。
先生もイベント会場を出て、仕事を終えられたらプライベートな時間。

いくらWFクラブ会員であっても、
プライベート時間中の先生に声かけするのは失礼…と思い、
変わらず食事をしていました。

そうしたら、ハンナ先生が子供たちに気が付いて声をかけて下さったのです!

仕事帰り。
ホッと一息くつろぎタイムであろう筈なのに(T_T)

それから半年程し、
イングリッシュ・カーニバルでハンナ先生に再びお会いしました。

WFクラブの先生方はあちこちのイベントで、
たくさんのお子さんやご家族にお会いするから、
そんなお店での出来事は忘れて当然の事。

ところが「レストランで会ったね!」と覚えていてくれたのです!!

「花子とアン」でハンナ先生を見たのと同じぐらい驚きました。

英語を取り巻く人との繋がり…DWE然り、
娘がお世話になっている英語教室然り、
特別な何かが!?と思わずにいられない私です。

あまちゃんも母娘のやり取りが他人事でなかったのですが、
このドラマも設定が他人事とは思えなく母娘でハマっています。

ドラマ冒頭でハンナ先生が歌を歌っており、
その歌声がとても素敵でした♪

娘は朝の放送を見てから登校するのが日課だそうです(笑)

EC_2013

DWE卒業課題 応募要項が届く!

2014年卒業課題の応募要項が届きました♪
20140515180949957_20140519102001562.jpg

卒業課題の応募資格に変わりはありせんが、
娘、2010年卒業時の応募要項の方が書体がレトロな感じです。

WFクラブの活用については・・・

CAP課題の提出は最低限しかしない我が家です。
週末イベントも今年に入ってからはあまり参加出来ていません。
でもTE(テレフォン・イングリッシュ)だけは年中さんから毎週続けている息子。

(ABCソングを2年近く歌い続けていたはず(^_^;)

2013年にDWEのレッスン&
CAP課題に取り組むまでの英語の土台作り。
レッスン終了後は、DWE卒業課題に取り組む土台作り&
DWE卒業後の英語力向上へ繫げる為の布石。

段階を踏んで少しずつ進めてきました。

いよいよここまで来たか~の気持ちで一杯です。
「さあ、行こうか」の気持ちで楽しみたいと思います(*^_^*)

親が求める英語教育は家庭で様々

親が求める英語教育は家庭で様々だと感じた出来事。

この4月、娘が通う英語教室に変化がありました。
新しく入ったお友達。
入れ替わりで辞めてしまったお友達。

辞めたお友達の退校理由を娘から聞いて、
う~ん成程と思った事がありました。

娘が通う英語教室は総合的な英語力を伸ばすカリキュラム。
だから短期間で成果が表れにくく、
時間をかけて力を付けるものと我が家は認識しています。

英検対策で通っていると「違うかも」と、
親側は思わってしまうのだろうなと感じました。

娘が入校の際我が家が求めたのは、

「娘が持つ英語力の洗い出しが出来る事と、
 洗い出した事が親の認識と一致しているか」 でした。

読む(学術レベルの語彙を増やす)、長い文章を書く&その指導、
などの底上げが私にはもう無理だと思うレベルで、
出来ない部分を英語教室側に求めています。

幼児期から英語に触れ環境で身につけるのと、
中学生以降から英語を学び4技能同時進行で英語を身につける。
親が求める英語教育は家庭で本当に様々です。

娘が通う英語教室には異なる環境で英語に取組んだ、
お子さんたちが通っています。

帰国子女のお子さんと娘は聞く話すが出来る幼児期スタート。
他のお子さんは中学生以降から4技能同時進行。

息子が望み、教室にお任せ出来る時期がきたら、
こちらの教室にお願いすると思いますが、
・・・それは当分先になりそうです。

今回の出来事で強く思いました。

越えられない壁・・・英文法を教えられない(>_<)

子供たちがまだ小さかった頃、

文法は親が教えられるけれど、
発音やリスニング力を身につける方が大変で、
聞く耳を作る事が大事だ・・・そう思っていました。

「我が家のような環境でも時間をかけさえすれば、
 発音やリスニング力はそこそこ身につける事が出来る」

DWE生活を長く子供たちと続け、
成長を見て、それは実証出来たと思っています。

一方で越えられない壁があります。

英文法です(>_<)

昔の私は「英文法は家でも出来る、親が教えられる」と思っていましたが、
今の私にとっては非常に難しい事だとはっきり解ります!

自分が理解していない事を人に教えるのは難しい。

中高6年間で習っただけでそのまま放置、
それらを正しく理解している訳でもないので、
人に教える事は到底出来ません。

例え独学で再勉強したとしても、
自分の趣味レベルでの語学向上なら、時に間違った解釈をしても
自己責任だからしかたない、もう一度勉強しよう!!
と思えます。

自分の程度が解るだけに、
間違った事を子供たちに教えそう&
上手く理解させる事が難しい気持ちが強く。
文法を教えられない私です。

この部分は英語教室の先生にお任せしており、
今のところ息子は通わず、娘だけ英語教室に通っています。

毎回のレッスン内容を連絡帳で確認したり、
宿題の添削、単元テストによる理解度。
間違えた問題の説明。
理解すべきポイント。
難しい足りない箇所の洗い出しと補足を細かく見て頂いています。

英文法と言うと構文だけに意識が向きがちですが、
それらを学ぶ為の土台も平行して学習していかないと、
理解が進みにくいものなのだなぁと感じます。

先生から知識のサポートを受け、
英文法の壁を少しずつ超えてもらいたいと思います!

むかし懐かしい ”LeapPad ”正しく楽しめるように♪

子供部屋にしまい込んでいる、
むかし懐かしい”LeapPad ”を所要で発掘。

Leap Pad本体

そのままリビングに置いておいたら息子が遊んでいました。

我が家がDWEを購入してすぐに、
ミッキー・リープパッドとレッツ・プレイが発売され、
欲しいなと思いつつも見送り。
日本版の「ココパット」を娘に購入、
英語ソフト(確かベルリッツ監修のもの)で遊びました。

その後、外国版の”LeapPad ”を購入し、
WFショッピングでソフトを少しずつ増やして・・・

恐竜好き息子に”Dinosaurs ”を探して購入。

これにハマって長く遊んでくれはしましたが、
恐竜の名前とか面白い音を出して大喜びするだけでした。
久しぶりに取り出してみると、

「お話を聞く」「英文を目で追う」

姿を目の当たりにしました!!

日本語の本も息子のペースで読書量が増え、
英語も文字に対して興味が変化した模様です。

うれしい発見でした(*^_^*)

デジタル書籍が増えて便利な世の中になりましたが、
やはり紙ベースが好きな私。

むかしの”LeapPad ”は、
本体使用で音源と本を連動させたり、
取り外して絵本としても使える所が良いなぁと思います。

まだまだ役に立ちそうです♪

TEでも会話を楽しめる引き出し作りを

当たり前の事ですが社会に出るにつれて、
年が近い人付き合いより、年の離れた人付き合いが増えます。
子供たちの将来を見越し、

「どんな世代の人とも会話を楽しめる引き出しをたくさん持っている人」

そんな人材を育てるのも親の役目の一つかな・・・と(^_^;)

そんな訳で、役立つか&役立たないかを抜きに、
大人向き、子供向き、新しいもの、古いもの関わらず、
親が面白い&感動したものを子供たちと共有して暮らしています。

先日のTE(テレフォン・イングリッシュ)で役立った事がありました。
(先生はメアリーベス先生)

フリー・カンバセーションで「FROZEN」を話していた娘、
Let It Goを歌っている舞台女優Idina Menzelについて熱く語り始め、
電話の向こうの先生とWiCKEDとかElphabaとか、
ものすごく興奮し盛り上がって話込んでいました。

(先生はご家族でBroadwayへ足を運び観劇されていたそうです)

娘が舞台に興味を持ち熱く語っていたので、
先生はとても珍しいと思ったそうです。

(こういう珍しさや意外性が先生方の記憶に残り、
 イベントでお会いした時に「あ~っ、あの時の!!」
 となる事が多い我が家)

劇団四季のミュージカルを小3夏に見て母娘で感動し、
すぐBroadway版のCDを聞き込んできた娘。
周りで話をしても通じるのは私ぐらい、
ようやく話が通じる人に出会え大喜びしていました(*^_^*)

舞台に興味をもっている娘の様子から、
親が舞台関係の仕事をしいているか質問されていたようでした。
主人の職種は伝えやすいのですが、
私の職種は説明が難しく「お母さんに直接聞いて下さい」、
と私に質問を振りました・・・説明が大変でした(汗)

年齢や性別、更に人種や言葉の垣根を越え、
こんな風に共通の話題を共有出来る瞬間を目の当たりにすると、
本当に嬉しいものです!!

学習の英語は大変そうにこなしている娘ですが、
楽しい体験をたくさん重ねて欲しい。

英語だけに関わらず、日本語も同様です。

そんな訳で子供たちが大好きで見ている
「ドリフのコント」もいつかは役立つかもしれません(笑)

おバカな話もお堅い話もたくさんの事に興味を持って、
会話の引き出しをいっぱいにして欲しいと思います。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ