FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

得意な事は何ですか?

「得意な事は何ですか?」この質問が苦手な私・・・
胸を張って自信をもって、

「○○が得意です!!」

と言えるものがないのです。
強いて言えるとしたら「そろばん」ぐらい。
それも6年続けた程度です。

小学時代からオリンピックを目指していた主人は、
その競技が嫌いだと言ってはいても、その競技を極めていると言えます。
素人が到底太刀打ち出来るレベルではありません。
30年を超えて習得したもので、すごく得意な事と呼べます。

今は長年の夢だった極真空手を、
子供たちと同じ道場生として活き活き稽古に勤しんでいます。
習得した競技の技術と比べれば空手はたった6年。
こちらは極めた黒帯の先輩方の足元には及びません。

体に習得させる事は時間と根気と忍耐が欠かせません。

私は、いわゆる学問的な特技ではなく、

「体を動かす事で身につける特殊運動能力が特技」

に、とても憧れています。
もちろん勉強が出来ます!も、素晴らしいと思うのですが、

「サッカーが得意です」「バスケットなら負けません」
「野球の練習は辛いけど甲子園を目指し今も続けています」

の方がより素晴らしく感じるのは私の価値観からくるものです。
ご了承下さい(^_^;)

体へひたすら反復運動と鍛錬を続け、
壁にぶつかってもがきながらもチャレンジ。

失敗や挫折を繰り返したその先にある栄光、
続ける事で養われ習得する。
全ての人が到達出来るわけでない境地。

だから子供たちには大人になっても、

「空手が得意です!!」と胸を張って自信を持って言える、
 大人に育って欲しいと切に思っています。

先日師範から極真会館の黒帯到達率の話しをお聞きしました。

「最終的に黒帯まで到達するのは50~100人のうち1人」

所属している支部は出入りがありながら、
おおよそ200人程度在籍しているようなので、
そう考えると黒帯(昇段)を目指すのは相当な覚悟が必要、
と改めて感じたのです。

黒帯の習得に才能などは必要がない。
強いて言うなら「続ける才能かな」とも師範は仰りました。

今まで進学の都合や他の習い事との重複から、
極真空手を退会していったお友達をたくさん見送ってきました。

いつまでにどうする・・・を明確する。

「○○が得意です」と子供が言えるようにするために、
親側も何故それを続ける事が子供にとって必要かと親子で話合う事、
そして続けさせる努力が必要。

子供が自分の意志で行動を始めるまでは、
子供だけにやらせっぱなしではなく、
親が率先して行動する姿を見せ続ける事が大事だし、
一緒に取組む姿勢が大切だと思います。

得意な事があると言えない私を反面教師にして、
子供たちには、

「○○が得意です!」

と胸を張って言える大人に育って欲しいと思います!
スポンサーサイト



アナと雪の女王

Frozen観ました(*^_^*)

お正月に劇場予告を観てから心待ちにしていた、
ディズニーのミュージカル映画です。

映画とミュージカルが大好きな私。

今までミュージカルを観た中で一番大好きなWiCKED。
そのエルファバを演じたIdina Menzelの歌を
耳にした時の衝撃は表現の言葉が見つかりません。

ディズニーの公開情報で激しく心惹かれた映画は、
高校生の時に劇場で観た「美女と野獣」以来でした。

ディズニーの要素が盛りだくさんで音楽も素晴らしく、
まさに王道の仕上がりでした。
blu-rayリリースされたら購入すると思います。

話しのテンポも良く、
小さいお子さんでも飽きずに最後まで鑑賞出来そうです♪

言葉の覚え方の違い

子供たちと私とでは、
言葉の覚え方が違うと感じる事が多くあります。

私は日本語と英語と両方使いながら、
目で見て耳で聞いて頭を使って覚ようとしていますが苦戦しています(>_<)

一方子供たちはと言うと、
目で見て耳で聞いて頭の片隅に残っているのが、
何かのきっかけで出て来た時に一致させている感じ。

そして使っている。

年齢が上がるにつれて聞き取れる情報量が増え、
私が聞き取れない言葉とその意味を教えてもらう事が増えました。

子供たちから教えてもらった言葉を、
テレビを見ている時に実際に聞き取れたりすると
喜んでしまう私です。

教えてもらった言葉の発見だけでなく、
自分で見つける回数を増やす事がなかなか難しい。
これが私の課題。

逆に「頭を使って効率よく覚える」的な事は、
苦手な様子の子供たち。
これが子供たちの課題です。

親子で得意不得意部分をカバーしつつ、
それぞれの苦手部分を減らせるように・・・が春からの目標です!

アナと雪の女王 Let It Go 熱唱してます♪

お正月に劇場でゼロ・グラビティを観た際に、
映画予告で Let It Go に遭遇しました。

歌声を聴いて衝撃が走ったのは言うまでもありません!
娘と一緒に顔を見合わせました!
劇場内で叫びそうになる衝動を必死に堪えました。

歌声がIdina Menzelだったのです!!

我が家にとってIdina Menzelの出会いはミュージカル「WiCKED」。
サントラ、動画とたくさん聞いて見て暮らしています。
あとは「魔法にかけられて」。

最近シーズン5の放送が始まったgleeにも、
出演されていたそうですがこちらは前作見ておらず、
時間を作って見ていこうと思っています。

アカデミー賞で取り上げられた事で、
日本のテレビで「Let It Go」たくさん目にするようになりました。
あのパワフルな歌声があちこちで耳に出来るのは、
本当にとても嬉しい(*^_^*)

我が家の子供たちも例にもれず、
自宅で「アナと雪の女王」各曲熱唱中です♪
耳で聞いてすぐ覚えてしまう。

歌と同じように歌える子供たちが羨ましい私です。

中学校では英語の読み方を教えてくれない

最近息子が、
「聞いて話せるから読んだり書いたりはしなくていい」
と言いだした。

自分で読む為に、
文字で表されている音の組み合わせ、
音の組み合わせのばらしの練習。

息子のように聞いて話す事は問題がないのに、
読み書きだけに困難さを持つ発達障害を抱えている場合、

「自分で言葉の法則を見つけられるようにする」

これがそこそこ出来るようになるには根気が必要で、
中学校へ入学するまでに一段落するといいなぁと思っています。

娘が中学校へ行くようになり感じたのは、
まだまだ「英語の読み書きの割合が高い」と言う事。
そして「読み方を教わる事もない」事。

とにかく出てくる単語をひたすら覚え、
覚えた単語をつなぎ合わせて本文を読んでいく、
このパターンらしい。

私自身もそう覚えてきた。

しかしこれを息子に当てはめると、
単語を覚えないと読めないやり方では発達障害の特性から、
英文を読むと言うのは非常に難しい事になる。

中学校でどんな事が出来ないと困るのか、、
困らない為の準備を今のうちにしておかなければいけない、
と説明しました。

息子には余計なお世話かもしれませんが、
いつかやっておいて良かったと思ってくれたらいいな。

息子、Fun Phone TEに初チャレンジ!

私の記憶が確かなら娘が小5の春頃登場した、
WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の
Fun Phone TE(テレフォン・イングリッシュ)のprogram3。
サバイバルBookLessonも終わったので、
こちらへ移行しました。

息子はディスレクシア(失読症)を持っており、
日本語も英語も他の国の言葉も、
文字の読み書きや識字スピードに困難さを持っています。

ゆっくりでも自分で読解出来るよう、
日本語での読み書き訓練を継続しています。

日本語が落ち着いてきたのを確認し、
中学からの英語学習に備え英語でも読解が出来るよう、
年明けから少しずつ取組み中です。

娘は読みながら先生とFun Phone TE program3をしましたが、
息子はスラスラ読みは出来ないので、
Fun Phone TE program3の練習を。

読んで覚える事も難しい為まずは耳で覚えさせました。
(娘に読んでもらった)

次はマーク先生役とダニー先生役交互でロールプレイング練習。
(これも娘に頼んだ)

これが出来るようになってから、
本文を追いながら言えているかどうかを確認。
(私がチェック)

息子のテンションを下げないよう、
それぞれの練習をウルトラマンの戦いよりも短く終わらせ、
正しく言える事よりも、

「話し言葉独自の言い回しや会話のテンポ」

を楽しめるよう気を付けました。

私のように親が英語を話せなくても、
子供に話す訓練&自信を付けさせるのにFun Phone TEのprogram3
とても適していると思います。

春から新しい取組みスタートです!

バイリンガルは「茶の間」で育つ! に登場しています(*^_^*)

2014年2月末にプレジデント社より出版された、
こちらの書籍に子供たち登場させて頂いております!

書籍

娘と息子、性格の違いなどから英語の吸収スピード、
それぞれの取組みに違いはありますが、
働きかけにさほど違いはありません。

DWEユーザーブログで「DWEの進め方」や、
リアルタイムで息子が取組んだ「ステップ・バイ・ステップ」
の様子をご紹介。

ステップ・バイ・ステップに取組む以前や取組み中とその後の
英語種まきは「息子英語」でご紹介。(現在DWE卒業準備真っ最中です)

DWE卒業生の娘の様子は「娘英語」でご紹介。

CAPキッズなどの様子は「動画&スピーチ」でご紹介。

ゆっくり時間をかけ、
自分たちのペースでコツコツと楽しんできました。

それぞれのご家庭に合わせて進められ、
確実に力をつける事が出来るDWEに長くお付き合いして頂いています。

まだまだDWEにお世話になります♪

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ