FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

違う言葉でもコミュニケーションが取れるって羨ましい

TE(テレフォン・イングリッシュ)で、
インターナショナルスクールに行っているの
とまた質問されていた娘。

会話の頻度は週1回のTEと月1回のプレイタイム。
年明けから外注で通っている英語教室で週2回。
英語を使う生活を送っています。

中学校での英語時間の鬱憤を晴らす為、
ネイティブの先生と話すのが楽しみだと話しています。
(待ち時間をつぶす楽しみだとか)

小さい子向けのクラスの一人の先生に、
「どこで話せるようになったのか」と聞かれて、
「ディズニーの英語システムです。知っていますか?」
と答えた娘。
そうしたらその先生ご存じでした。

話をする事で思わぬ繫がりがあるものだなぁと感じます。

私はこれが出来ないからかなり大損している・・・
と思えてなりません(>_<)
スポンサーサイト



息子もF1のチームラジオの聞き取りが出来るように♪

娘がF1のチームラジオの聞き取りが出来ると気が付いたのは、
小6頃の事でした。

そしてF1今シーズン開幕。

息子が聞き取り出来る事が判明しました!!

来月で小5。
聞き取りに関しては息子にも太刀打ち出来なくなりました。

地道に読み訓練を続けます(^^)

ネイティブレベルと言ってもらえた(*^_^*)

怪我の功名と言い切れない。
思わず「呼ばれた?!」と思った出来事。

以前お話した子供たちが長らくお世話になったALTの先生。
今日がお別れ式でした。

仕事中に息子発熱の為お迎えお願いしますの連絡があり、
早退して学校に向かったら帰宅しようとしている、
ALTの先生とばったり鉢合わせ!!

思わずALTの先生に声をかけました。

娘と息子=私が結びついてALTの先生、
子供たちの事をたくさん話して下さいました。

話をお聞きするなかで嬉しかったのは、
娘の発音と会話力がネイティブレベルだと褒めて下さった事。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の週末イベントや
TE(テレフォン・イングリッシュ)の時にも先生方から褒めて頂くのですが・・・やはり身内に褒めらると、
「身内ほど過大評価するかも」と素直に喜べない私。

子供たちがどの程度の事が出来るのか、
私の力で図ることが出来ないので諸手を挙げて喜ぶ事、
恥ずかしくて出来ません。

でも今回は別、素直にとても嬉しかった。
そして思わず呼ばれた?!と思えた出来事。

ALTの先生とお話するのは初めてだったので、
先生がNice to meet youと握手して下さった事。
これも実生活の中で私にとって初めての経験でした。

4月以降もまた来校してもらえるか質問したら、
来年度別の学校へ移るそうです。
残念(T_T)

不思議と子供たち、
人生の転機になる人たちとの繫がりが絶えない特技を持っているので、
今後もどこかでひょっこり出会うのではないかと思います!

子供が英語を使えると思った瞬間

お友達からWFマガジンで紹介されている、
「文部科学省が作成した小学校の外国語活動用教材」
と同じものを持っているとお聞きしました。

娘は2011年度に5年生で、
小学5年生から小学校でも英語授業が必修となった世代。
ずっとどんな内容か気になっていたのに、
子供たちが通う小学校にはこの教科書がありませんでした。

通学する小学校ではALTが独自に授業を行っています。

以前、息子(この時小2)の土曜参観で運よく見学し、
感動したのはもちろん得るものも多い内容でした。

娘は小2~小5まで同じALT。
息子は小1~小2まで同じALT。

1年間ALTが変わり、また同じALTに戻りました。

英語を英語のまま理解出来て、
聞こえたとおりにおうむ返しも出来ていたので、
世間一般でどの程度英語が使えるのか?
この当時は考えた事がなく日々暮らしていました。
(DWEもかけ流しだけでレッスンは未スタートでした)

小2からお世話になったこのALTの先生から、

「お父さんかお母さんが英語話せるの?」

と聞かれたたんだよと娘から聞いたのが小2。
この時「子供が英語を使えるんだ」と思った瞬間でした。

娘がこの話を私にしなかったとしたら、
おそらく子供たちは今の様になっていなかったと思います。
そして娘が話すきっかけになったのも確か。

何がきっかけになるか解らないものです。

このALTの先生はナチュラルスピードで話します。
オーストラリア?ニュージーランド系?の英語で、
ものすごく速く話すので私は何とか聞き取れる感じ。

小学校の土曜参観に娘が行くと、
このALTの先生とお話が始まるのですが・・・
2人で何を話しているのかさっぱり解りません。

外国語活動用教材はなかったけれど、
子供たちが良いALTに出会え本当に嬉しく思います。

平日の英語かけ流し時間の確保、どうしてきたかな??

DWEが続かない原因として、
「子供がDVDを見てくれなくなった」の次に多い、
「平日かけ流す時間がない」を目にします。

実は・・・
平日かけ流しの時間がとれない!!
と思った事がありません。

思うにこれは子供たちが幼少期に、
「英語の学習」をしていなかったからだと思います。

CAP課題に対して執着がなく、
その年齢であれば楽に取り組めるもの・・・
遊びの範疇でライトブルーCAPにチャレンジしたぐらい。

プレイ・アロングやシング・アロングを見て暮らし、
いつの間にか覚えていたのでテープに録音して送る。
そうしたらシールが届いた。

おうち英語と呼べないレベルでした(^_^;)

今のように「学習としての英語」がなく、
ただ好きな物を子供がたくさん見ているだけの生活は、
私にとってとても楽なものでした。

そんな生活を送りながらも、
娘は年中、息子は年長でライトブルーCAPの一発録音が出来ました。
ライトブルーCAPに必要な力が自然と身についていました。

特別な練習が必要なく、
普通に見聞きしているだけで4歳程度でライトブルーCAPの力が
身につけられると思っていいかも。

子供向けのアニメ、大人向けの洋画や洋楽
見たいものを親子で見て真似して暮らす生活。

これは幼少期から変わらず続いているので、
英語かけ流しの時間は平均2時間程度。

楽しいもの、見たいものしか見ない・・・事さえ抜きにしたら、
時間の確保は出来ていると思います。

反対に学習面に付随した語彙の強化などを考えると、
毎日15分あるかないか(>_<)

忙しい平日の時間確保は難しいと感じます。

話すだけでなく並行して読みの訓練も

冬休み明けから始めた息子の自読取組み。

空手稽古のない平日をメインに進めているので、

ORT はじめてのフォニックスStage1+(旧版)

Floppy’s Phonics Stage1+

ORT はじめてのフォニックスStage2(旧版)

Floppy’s Phonics Stage2

ORT はじめてのフォニックスStage3(旧版)

Floppy’s Phonics  Stage3

ORT1 ORT2

Floppys Phonics

とのんびりペースで計36冊が終わったところです。

識字に困難さを持つ息子に「スラスラ読み」は求めておらず、
「単語をたくさん目にして字面を記憶する」を念頭においています。

単語をたくさん目にする事を考えると、
当分はORT Stage3ぐらいの文書量が良さそうな感じです。

我が家にあるORT Stage3 18冊へ移る前に、
Let’s go phonics1、2、3の各unitの
Listen and speakとLet's Readを口述復習。

フォニックス

(WF ショッピングで購入、見る聞く書く読むのバランスが良いです)

その後CTP絵本とDWEのStorybook1~4(廃版の教材です)へ。

これが終わったらORT Stage3 18冊へ進もうと思います。

・音素と文字の関係を確かなものにしたい
・字面を記録する

この2つを柱に進めるつもりです。
夏休み頃までにORTへ戻ってこれるといいです。

土日はDWEのBook11、12を読んでいます。

Pre Graduation1と2はパスしましたが、
たまに教材のカード類を読ませたり・・・などもしています。
これらのカードを読むのに問題ありません。

録音してCAP提出してもいいのですが、
「もう録音はしない!!」と息子から申し渡されており、
無理強いは出来ずCAP課題はうち止め状態。

去年は毎月送っていたのが嘘のよう(^_^;)

DWEを使って英語が話せるようになるの?からその後

親が英語を話せない、英語の知識は中学レベル
文法の解析や難しい講釈も出来ない・・・・。

そんな親を持つ子供は、
インターナショナルスクールや他社のオンライン英会話を利用せず、
WFクラブの会員サービスのみで英語が話せるようになるのか?

去年書いた、DWEを使って英語が話せるようになるののその後です。

Pre Graduation課題まで終えた息子。

私が英語で語りかける事は難しいので、
週に1度のテレフォン・イングリッシュ(TE)を利用しています。

Book Lessonの際は練習などはあまりせず、
Bookの絵を見て耳で聞いた質問を、
自分なりの言葉で答える事を続けてきました。

その単元で抑えておくべき文法で答えたり、
違う表現でも何とか相手に伝わるように話したり、
サバイバルTEを続けてきました。

そろそろBook Lessonを卒業し、話す訓練へ移行時期かと思います。

娘の時も感じましたが、
話す事も負荷をかけなければ話せるようになりません。

特に小学生の高学年以上になってくると、
聞き取りは出来ても会話は無理と思い込んでしまったり、
言いたいことがすんなり出ず話す事をやめてしまったり。

息子はこの傾向が強そうだと感じます。

共通の話題があればコミュニケーションが確立出来るし、
知っている人となら安心して話が出来る・・・。
でも安心の土壌ではそれ以上の成長は望めません。

それなりに話せるようになっているので1年を目安に、
もう一段上を目指しレベルアップを図りたい!!

どう取組んでいくか、
その経過など後日お伝えしていけたらと思います!(^^)!

卒業の為or英語を身に付ける為 DWEに取組むのはどちらが目的?

DWE購入→DWE生活スタート→DWEレッスン→DWE卒業
どのご家庭も思い描く道なのではないでしょうか?

DWEに長く関わる生活をしていて思うのは、

DWE卒業するためにDWEに取組むのか?
英語を身に付ける為にDWEに取組むのか?

年々二極化している・・・と強く感じます。

オンライン英会話の普及、良質の動画コンテンツ。
ネットを介して情報交換の多様性。
低年齢のうちに英語を身につけてしまう、
スーパーキッズたちがたくさんいるのです。

DWEをいつ卒業するか・・・

小さいお子さんをお持ちの友人も、
「いつ卒業するか?!」の部分で悩んでいらっしゃいました。

私は自身はどうだったかと言うと、
「英語を身に付ける為にDWEを取組んでいる」で、
卒業への執着はありませんでした。

だから娘が卒業式に出たいと言い出すまでは、
卒業を考えた事がありませんでした。
(レッスンと課題提出が大変そうでずっと何もせず(^_^;)

歌もCDのように全曲歌え、英語も自読みができ、
CAP課題、プレ・グラジュエーション、卒業まで短期間で終わってしまった娘。
卒業まで大変だと感じる事がなくDWE卒業。

それから時が流れ、ご厚意で聞かせて頂いた、
娘と同じ年齢のお嬢さんがその当時吹き込んだ、
卒業課題テープの内容から感じたのは、

「DWE卒業課題テープを作ると言うのは、
 それまで身に付けた英語の集大成を披露する事」

なのだと強く強く思ったのでした。

娘の時あまり深く考えずに勢いで作った卒業課題テープ。
もっと親子でやれたことがあったんじゃないか?
もったいない事をしたなぁ~と反省。

その反省を生かしつつ、
いま息子と二人三脚で英語を取組んでいます。

息子にとってのベストのタイミングでDWE卒業を。
本質を見失わずその先へ繫げたい。

何故なら。

卒業するためにDWEをやっている訳じゃない、
英語を身に付けるためにDWEをやっているんですから!!

DVDは何歳まで見てくれるのか?

DWEは自宅でのインプットを掲げているため、

「子供が飽きてしまい、DWEのDVDを見てくれない」

どうしたらいいの?!系の悩みをたくさん見受けます。

ご本人にとってさぞ深刻な悩みであるのは、
痛い程よく解るのですが、
子供が成長するってそういう事だと私は思っています。

DWE卒業生の娘とDWE卒業までリーチの息子がそれぞれ、
シング・アロングDVDやストレート・プレイDVDを見たのは、
娘は4歳頃、息子は2歳頃と短い時間でした(^_^;)

娘は2歳半~保育園入園までの約1年半
息子は生後3ヶ月~保育園入園までの約1年半

集団生活が始まらない月齢であれば、
子供の興味がDWEから離れるような環境を遠ざける事は可能です。

しかし我が家の場合、
私がフルタイム勤務を始めたのがきっかけで、
外からの影響をたくさん受ける事になりました。

プリキュアやオシャレ魔女ラブandベリーが大好き
アンパンマンや仮面ライダー&戦隊ものが大好き

親が知って欲しくないな~と思う事を、
お構いなしに大好きになって育った子供たち。

集団生活が始まり子供たちの世界がそれぞれ広がった事で、
成長と共に興味が広がり市販の英語作品DVDへ移行。

他のキャラクターが大好きになり、
DWEから離れて行ったのか??と様子を見ても
そんな事はありませんでした。

子供たちの生活環境と似通った、
副教材のプレイ・アロングやZippyが登場するDVDをよく見ていました。

「自分が楽しいと思ったものしか見なくなる」

早かれ遅かれ皆そのようになるのだと思います。

DWEのCAP課題を進めていくうえでは、
核になっているシング・アロングやストレート・プレイ
DVDを子供に見せたい親心はとてもよく解ります。

子育てをしていれば、
親の望む通りに子供がならないのは周知の事実。
如何に子供の興味とDWEをうまくお付き合いさせるかが問題です。

我が家の場合、車での移動時間を利用しました。
車の中でのシング・アロングとストーリーCDのかけ流し。
小さい頃に見ていた映像が頭の中に再生出来るように。

もう1つは、週末イベントに参加した事。
(半年に1回ぐらいのペースでした)
普段車での移動が多かったので気分転換を兼ね公共交通機関を利用。

小さい子供を2人連れ荷物を抱えてのイベント参加を、
一人でこなしていたので大変でしたが、
「バスと電車を乗り継いで面白いところへ行ける」
と言うのは子供たちにとって大変魅力的な事の様でした。

見なくなったDVDを見せようとするよりも、
それぞれのご家庭にあったお付き合いを続ける工夫をする事が、
大切なのかもしれません(*^_^*)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ