FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

英語教室でどんな事をしているか

娘が通う英語教室には連絡帳があり、
レッスンの内容と本人の様子が記入されてきます。

連絡帳を介する教室と保護者のやり取りが一方通行にならず、
どんな取り組みをして頂いているのか良く解る事、
また家での様子をこちらもお伝えしたりと・・・
保育園に戻ったように楽しんでいる私です。

先日教室がお休みの時にどんな事をしているのか、
「使っているテキストで説明して」
と娘にお願いしてみました。

テキストではvocabularyとgrammarを主にやっているようです。

vocabularyで扱われる単語は、
私も知らない単語ばかりで娘もほとんど知らないものばかり。
娘なりに面白い単語の覚え方をしています。

同じような意味の単語でも微妙なニュアンスの違いがあり、
これらを自分が好きな物に当てはめて覚えています。
(例えば好きな漫画のキャラクターなど)

娘が解釈し結びつけたイメージの話を聞くたびに、
それが妙に説得力があり笑えます。

リスニングなどは講師との会話の他に「教育動画コンテンツ」なども利用、
聞き取った事の確認をしたり、内容の穴埋め宿題なども出されています。
リスニングなどは問題がなさそうです。

解らない事も進んで質問しているようなので、
こちらも安心して講師にお任せしています。

先日久しぶりにDWEのBook1を音読。

何となくの感覚で英語を使っている娘。
中学校で文法の学習&英語教室で文法を学び、
娘がどんな発見が出来るのか説明してもらいました。

ちなみに学校の授業と英語教室での学び方、
娘曰く全く違うそう。
(途中編入の為関係詞からスタートしました)

・be動詞
・3単元
・3単元のS
・aとanの違い
・省略のS
・コンマの意味
・大文字と小文字の違い

be動詞や3単元と言う言葉が娘の口から出たのが、
とても驚きました。小学生当時は知らなかったので。

小学2年生頃にLanguage artsのワークで、
文書の書き方の練習をしたのは忘却の彼方だった事も発覚。
(あの当時の労力は一体(^_^;)

教えてもらう事よりも人に教えようとする事で、
本人の中に気付きも生まれるだろうと思うのでこのシリーズ、
たまに試みてみようと思います。
スポンサーサイト



Want!の娘とDon't need!の親の仁義なき戦い

娘が主人に「wantとneedの違い、お父さん解る?」
と聞き、主人は「よく解らないよ」と答えていました(^_^;)

その会話を耳にして私が、
「○○(娘の名前)は何でもwantで話すけど、
 お母さんたちからすればdon't needだよ」
と娘に返したら、
「○○にとっては何でもneed!!!何だよ」と娘。

その違いを理解しているなら、
どうして娘はneedで主張しないのか??

こうして子と親の仁義なき戦いは果てしなく続くのです(笑)

英文法が自分の物になるまでの時間

TE(テレフォン・イングリッシュ)で初めてケン先生に当りました!

去年週末イベントでお会いした時に、
「TEは何曜日?」と尋ねられ「水曜日」と答えたら、
月曜と水曜日にいるから会えるといいねとケン先生。

今回初めて担当して頂きました。

先生により同じレッスンでも内容は様々。
マニュアル通りに滞りなくレッスンをする場合もあれば、
模範解答通りに言い直し、文法を押さえる先生もおられます。
模範解答を求めず子供の表現力を褒めて下さる先生も。

ケン先生は一つ一つの音を丁寧に発音して下さり、
息子は安心してレッスンを受けていました。
(でもスピードは速いです)

息子はBOOK11 LESSON1のレッスン。
移ろいやすい音程の息子は歌を避けているのですが、
先生が一つ一つの音を丁寧に発音して歌って下さるので、
安心して歌う事が出来たようです。

さすがケン先生、
一つ一つの単語をあれだけキレイに言い切れる。
とても滑舌よくて。
(子供が聞き取りやすいよう意識していると思います)

聞き取りやすさは先日のアクセントの話しと重なりますね。

娘の方はフリー・カンバセーションです。
こちらは中学校生活についてでした。

今更ですが会話の中で娘が、
better thanを使っているのを初めて耳にしました。

DWEを卒業しているから当たり前だろう!
と言われてしまうかもしれませんが・・・レッスンで出来ていても、
知って覚えていても、実際に使えるようになるのは別の話。

日本語だって見聞きして、
実際に口に出して使うまでかなりのタイムラグを要します。
難しい用法も国語の時間に勉強したこと、
自分の物になるまでの時間はかかります。

どちらも同じだと思います。

「いつから使っている?」と聞いてみても、
「さぁ?覚えてない」と娘。
息子が難しくない比較級を使っているのは知っています。
でもまだbetter thanを使う場面に遭遇していません。

英文法が自分の物になるまでの時間、
注意してよく観察していきたいと思います!

アクセントはネイティブアメリカン

娘が通い出した英語教室、たまに外国人講師のレッスンが入ります。

その講師から、何年アメリカで暮らしたのか質問され、
ずっと日本にいると答えた娘。
「(アクセントが)ネイティブアメリカンみたいだ」と言われたそう。

DWEを始めて半年ぐらいの時、
大手子供英会話教室の前で呼び込みをしていた、
外国人講師に声をかけられた娘。
当時は全く人見知りもしなかった為、暫く遊んでもらい、
「アメリカ英語のアクセントだけど、この子は何かやっているの?」
と言われた時以来です。

普段耳にする英語がアメリカ英語だから、アクセントはアメリカ英語。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の先生と
TE(テレフォン・イングリッシュ)をしている時、
先生のアクセントを聞き「⚪︎⚪︎の国」と何となく解る娘。
(そして何故か当たっています)

そう言えば、息子のお友達ハーフくんも小学校のALTと話した時、
「⚪︎⚪︎か××の国だ」とアクセントから当たりをつけていました。

私が標準語を聞いて、
この人の出身地は「⚪︎⚪︎県かな?××県かな?」
と思うのと同じ感覚なのだと思います。

歌を聞いて共感しているの?!

愛用のZEN(小3当時に購入した音楽プレーヤー)を
聞いていた娘が、

「タイトルが別れっぽい感じだと思って聞いていたら、
 やっぱりカップルが別れた歌だった。
 あんまりハッピーな歌がないなぁ~」

と呟いていました。

歌の内容まで聞き取っているのが解り、
ちゃんと共感しているんだ~と感動したのでした。
さすが思春期女子(笑)

娘にとって「楽しい英語」はまだまだ健在のようです。

DWE CAP課題 Pre Graduation1と2 パスしました!

DWE_CAP

ゆるい取組みでコツコツ10年続けた英語子育て、
Pre Graduation 1と2がPass!
いよいよ息子もDWE卒業へリーチです(^o^)/

極真空手に例えるなら、
茶帯1級で昇段審査を受けても良いと認められたのと同じ位置付け。
毎年9月に行われる卒業課題へ挑む資格が与えられた息子。
これから本格的にDWE卒業課題の作成仕込みに入ります。

空手稽古に課外活動のマリンスクール、
同時に短期間でDWE LessonとCAP課題提出。

DWEレッスン2013年1月~9月
CAP課題提出2013年1月~2014年1月

※取組みの様子はこのブログのカテゴリ
「ステップ・バイ・ステップ」「息子英語」をご覧ください

三つ巴の進行を息子は本当に頑張りました。

親子で挫折せずここまで来られた事がとても嬉しい!
終わりに近づいている寂しさもありますが・・・

もうひと踏ん張り頑張ります(T ^ T)

読み違え、bとdの識字はこれで解決!

ディスレクシア(失読症)の息子との音読。
ORTのStage1+(12冊)が終了しました。

その中での発見は声に出して読んだ時に、

・読み飛ばしても自分で気が付ける
・混乱を招くアルファベットの識字が自分で出来る

などの大きな進化でした!

これは言語科の先生からも、
「声に出して読んだ時、変だぞ?あれ??と、
 自分で気が付けるようになりましたね」
と言われるようになっています。

日本語の方は自分で読みたい本を選び、
読んでいる息子のため自主トレーニング中です。

英語の方も息子なりに工夫していて、
識字に迷う時は絵からイメージして短時間で判断。

”bib と did”

英語が読める大半の方は、
これを見て何の迷いもなく読めると思います。 

でも息子のように発達障害を持っていると、
これは一筋縄ではいかない困難さを伴います。

息子が頭にこのイラストを浮かべ
bとdの識字をしていると教えてくれました。

b

d

息子の発達障害の特性を知った時に、
どうしたら文字の形を覚えやすいだろう?

と考えた時にこれは良さそうと選んだのが、
こちらの絵本。絵と文字が一体化していて、
息子がすんなり受け入れる事の出来た文字でした。

2年前にアルファベット導入編として取組みました。

絵の文字を指でなぞったり、文字の音をリンクしたり、
うるさくない程度に時々確認してみたり・・・

昨日、今日、明日と短期間で結果が出る事でなく
時間をかけて取り組んだ事が、役立っている!と感じられ
とても嬉しいです。

「知っていますか」は何て言う?

息子が「ゆずって英語で何ていうの」と聞いてきたので、
WFクラブの先生にお会いした時に聞いてみたらと答えた私。

そうしたら「知っていますか?って何て言うの」、
とまた息子が聞いてきた。
逆に「知ってる?って○○だったら何て言う」と逆質問。
”Do you know ”と答えました。

このやり取りで感じるのは息子のディスレクシアの特性。

テレビを見て初めて聞く言葉について、
話しの前後から意味の推測が難しかったり、
始めてみる熟語を文章の前後から意味の推測が難しかったり。

自分の中での回路が開かれているものは問題ないのですが、
新しく触れた語彙についての推測が難しい。

文字の読み取りに時間がかかりながらも、
気に入った漫画を見つけ読むスピードの強化中。

北斗の拳や花の慶次は漫画ながら難しい熟語も多く、
最初は大変そうにしていましたが、
「読みたい気持ち」に促されて3ターン目に入りました。

時間を見つけて自主的に毎日読んでいます。

ディスレクシアは脳の働きが複雑で集中と疲労を多く感じます。
息子の場合、許容範囲を超えると脳が低血糖に陥り、
体の動きが鈍くなったりするので油断が出来ません。

読み書きと集中力と疲労のバランスが難しいのですが、
慣れの部分もあるそうなので続けさせています。

話がそれてしまいましたが、
特に意識せず英語で話をする時には感じませんが、
日本語→英語での言いかえになってしまうと上手くリンクしない。

意味の推測が出来る様になってくれば変わるものなのか・・・
気になるので要注意&要観察しようと思います。

娘英語のこれから

2003年2歳半でDWEを購入。
SBS(ステップ・バイ・ステップ)でレッスン開始したのが小2。
2010年9月卒業課題提出でDWE卒業が小4。

親が英語を話せない。英語力もない。
オンライン英会話やインターや英語教室の利用なし。
海外滞在経験なし。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の
週末イベントや小学校に上がってから始めたTE(テレフォン・イングリッシュ)利用だけで、
英語を話せるようになった娘。

DWE卒業後も取組みは続けてきましたが、
英語を国語のように学ぶ事は大きな課題で…
中学校ではこの部分を期待していました。

中学校で学習としての英語を学び、
そこから娘が身につけた英語力の強化を望みましたが、
学校での英語の授業は母娘共に望むような内容とは程遠く、
時間だけが過ぎていき焦る毎日。

昨年の秋頃から教室探しをしました。

娘の持つ英語力の洗い出しが出来て、
娘が望む英語の学習、英語力の向上が出来る教室。

先月からお世話になり始めました。

クラスでは息子と同じ学年の帰国子女、娘の1学年上の中2で文法がよく出来る子。
共に私立学校に通っているそうです。

年齢も英語環境もバラバラの中、娘が突出しているのは「会話力」。
通い始めだからか、今のところ楽しく通っている娘。
途中からクラス編入しているので、ついて行くのは大変かもしれませんが、
学校とは違い、学年毎でないクラス編成(能力別)。
個々の得意分野が違うのを肌で感じ、それが良い刺激になっているようです。

母娘で英語に携わり10年。

娘が自分で決めた事ではありますが、ようやく英語を外注に出せました。

正直なところ、娘英語の伸びしろを増やす事、私にはどうする事も出来なくて…
娘に対して「お母さんが英語出来なくてごめんね」など申し訳なさへの
プレッシャー&重圧から、情けなくも解放されました。

自分で決めて行動し、どんどん親から離れ行く娘。春からは中2になります。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ