FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

週末イベントに参加♪ in XYZ・バスケット -2014年-

今年初参加のイベントです!



XYZ・バスケットは来月で終了してしまうからか、
参加家族とても多く感じました。
そして想像以上に小さいお子さんの参加が多く、
明らかに我が家は浮いた存在でした。

そんな会場の様子を察して、

娘は「恥ずかしいから大人の中に混じってみる。
   CAPも被らない。」と言い、

息子は「どうして僕だけ前に座るの!
    僕だけ子供の中に混じるのは嫌だ!!」

と姉弟間でもめ事からスタート。

イベントがスタートし隣で娘が解説してくれました。

マックスとアクセルのあるやり取りシーンで、
「このシーンはZIPPYのDVD(WFクラブの5月、12月プレゼント)、
 に入っているよ。」と娘。

本当かどうか私には思い出せません(^_^;)

Friendsのシーンは、
さんざん娘に付き合わされたので覚えています。
久しぶりに耳にして懐かしかった。

ギターの生演奏は、
XYZ・バスケットならではでとても良いです~
もと吹奏楽部の娘、
「走りながらギター弾いているのスゴイね!」と感心。

大きいから・・・と言いながらも
隣で喜んで見ている娘と、ブーたれている後姿の息子。
そんな様子を複雑な目でみる主人と私。

通常の週末イベントはXYZ・バスケットと共に卒業かな。

対象年齢が高いGO! GO! KidsやCAP kids、
イングリッシュ・カーニバルは続けたいと思うけど、
これもいつまで続くのか?

出来るようになった事が増えた分、
親子で一緒に関わる時間が確実に減りつつある。
そう思うと寂しさが込上げてなりません・・・

週末イベント、あとどれ位参加出来るのかしら(T_T)
スポンサーサイト



DWE CAP課題提出② -2014年1月-

年明けに送ったPre Graduation 1がパスしたので、
残り1課題を提出しました。

・Pre Graduation 2

これで卒業準備課題の提出は終わり。
(パスすればの話(^_^;)

結果を待つのみです。

2013年1月から始めた息子のDWEレッスン、
並行して録音課題を毎月3つずつ提出。
人とは違うハンデを持ちながら、
息子は本当に頑張ったと思います!!

1年365日はあっと言う間でした。

今回課題を郵便ポストへ投函し終わった後、
切手を貼り忘れた事に気が付きまして・・・
あちらこちらへご迷惑をかけてしまった私。

投函後、郵便所轄本局へ問い合わせ、
再度切手を貼りに郵便所轄本局まで足を運びました。

いつもなら絶対にしないポカミス。
最後の課題提出で柄にもなく興奮していた様子。

後は結果が出るのを待つのみです(*^_^*)

息子、自読への本格取組みスタート

息子は小4。
ディスレクシアと言う、
読み書きに困難さが表れる発達性の障害を持っています。

言語聴覚士さんの指導と日々の積み重ね、
読み書きについては識字訓練を始めた頃より、
随分とスムーズになりました。

読み書きに困難さを持っていますが、
本を読む(内容を楽しむ)事は大好きでよく読んでいます。
音読も平仮名が多いものであれば、上手に音読が出来るようになりました。

そんな息子の英語については今まで、

「見る、聞く、英語のまま理解する、
系統立てた英語の確認作業(CAP課題)」

を中心に行っていました。

読み書きについては前段階として、
フォネミック・アウェアネスで音素強化。
娘が小2の時にWFショッピングで購入したフォニクッスワークのお古の取組み。
ORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)のCDに合わせて読み聞かせ。
これら種蒔きにとどめていました。

目前に迫るDWEの卒業課題や中学生から始まる英語授業。
息子の日本語読み書き状況を考慮すると…

そろそろ、本格的に英文の自読練習&音読を始める時期だろうと、
読みの練習を始めました。

CDに合わせて見聞きしていたORTのStage1+からスタート。

以前耳にしていたから、所々覚えていたり、好きな話は暗唱したり。
1日1冊、表紙から裏表紙のセンテンス、
プラクティスWordまで「文字を目で見て、音読」しています。

フォネミック・アウェアネス、ライミングを探し確認して終了。

どんどん進めたいけど、息子の集中力を考えるとあまりガツガツ出来ず、
このパターン&少ない文書量をこなし、種蒔きの再確認で音素と文字の復習、
そこから文字に対して意識を持たせ記憶させる。
更に、文字数を増やした読みへ…繋げたい。

息子の様子を見ながら地道に進めます。

娘がDWEを卒業した後の課題はスピーキングでしたが、
息子が卒業した後の課題は英語の読み書きです。

春には5年生。
中学入学までに4技能のバランスを出来るだけ整えたいと思います。

中学英語の冬休み宿題

1月も後半に入りましたが、
冬休みの娘英語について振り返ります。

学校からの宿題プリントに取り組んでいる時の事、
「こんな英語おかしい!」と娘が言うので様子を見ると、
なるほど・・・文法的にはあっている、文法にあてる日本語が不自然。

娘のように幼児期から英語に触れる場合とは違い、
中学校で文字から主格や目的格、所有格を学ぶには、
このやり方はわかり易いんだよ。と説明しました。

本人に不満があろうが勉強しなければなりません。

娘に対しては英語の取組みから距離を取り、
学校の宿題や身の回りの片付けに対してあれやこれや言ってます。
小学生時代とはガラリとかわりました。

国語や英語で解らないと質問される時、
解らない言葉は辞書を引く、人から教わる事は忘れやすい。
自分で汗をかきなさい。と辞書を引かせています。

辞書を準備して下さいのお便りが来なかったので、
変だな、学校で貸出してくれているんだろうか?と呑気に思っていた私。

娘が知っている英単語、お友達は教科書で登場して覚えていきます。
知らない単語をお友達はどうしているのか聞いてみたら、
「教科書の後ろに書いてあって、みんなそれを使うんだよ。」と娘。

私の学生時代は辞書を引くのが当たり前だったのに、
中学校では何と辞書を使わないの?!

・・・驚きました。

宿題の内容をちらっと確認すると、
文法に頼らず、なんとなくの感覚で穴埋めを埋める娘。
これで英語を話すのだから話すプロセスってなんぞやと思えてなりません。

現在、過去、未来、話す時は無意識に使い分けしているのに、
宿題で自制の変化を書くのに苦労している。
同じ単語でも品詞が変わると文章の並びが変わる。
(品詞もよく解ってない・・・国語力不足です)

辞書を引かせて、一つ一つ確認させる。

勉強が好きで頭を使って効率よく覚えていくタイプではないので、
嫌々書きながら確認したり覚える作業をしております。

楽しむ英語としてはこちらは言われるまでもなく、
自主的にたくさん見聞きして過ごしています。

WorldEnglish.tv plusやYouTubeなどの動画コンテンツ。

娘のように文字からでなく耳から英語を入れるタイプには、
見て聞くだけで知識が蓄えられる手軽さだけに留まらず、
語彙強化にも繋がりそうです。

冬休みの娘英語は、
必死に汗をかく英語と楽しむ英語の2本立てで過ごしました。

宿題量は結構ありなかなか大変そうでした(^_^;)

DWEと小学生の付き合い方

我が家のDWE生活は長いのですが、
本格的にDWE生活を始めたのは娘が小学2年生、
息子が小学3年生とかなり遅め。

DWEと小学生の付き合い方のリアル話を求め、
こちらのブログを訪問して下さる方も多いようです。

小学生は忙しく学校での勉強、習い事、英語、
時間配分が難しく優先順位の低いものは後回しになりがちです。

幼少期はDWE続いていたけれど、
成長と共に押入れの肥やしになっている、
再スタートはどうしたら良いか。

続ける事の大変さ・・・身に沁みます。

Newsweekを立ち読みしていて共感した記事があり、

小さいうちは音と映像のリンク。
大きくなってから英語の知識を学ばせる。
小学校高学年の方が経験と知識を結び付け理解が進む。

小さい頃から急ぎ知識を教える必要はない。
理解出来ない=英語嫌いにしない為。

言語の習得は20年近く時間をかけるものだと、
紹介されていました。

この記事に我が家の子供たち該当します。

大きくなるまで音と映像をたくさん見聞きし、
英語を英語のまま理解出来るようになり、
そこから知識付けとしてCAPへ進んだ。

幼少期は英語に割く時間はたくさんあり、
取組みも親の主導で進め効果を上げる事は可能です。

どんなにその時点で効果を感じる事が出来ても、
幼少期→小学生と段階を上げて続ける事が出来なければ、
それ以上維持するのは難しい。

DWEと小学生の付き合い方、
DWE卒業生のその後の英語の付き合い方、
出来る限り書き綴っていきたいと思います(*^_^*)

DWEのBOOK11と12は難しい~

子供たちではなく私がです(^_^;)

3年ぶりにDWE卒業へ向けて取組み中ですが、
英文が読めた娘の取組みと息子の取組みは違います。

息子が大変だ・・・とは思いません。
文字に読みにくさがある事で損をしているなと感じる以上に、
実際は私の方がついて行くのが大変な状態。

今までじっくりとBOOK11や12のCDやDVDの内容などを聞く事がなかったのですが、
一緒に音と文字合わせをしていると、

「えっ?!英文ではこういっていたの?!」とか、
「この英文の抑揚はどうつけるんだっけ??」など、

耳だけで音を拾えきれていない自分に愕然とするのでした・・・。

息子と私の大きな違いは、
英語をしっかり聞き取れている&聞き取れていない
違和感のない発音が出来る&出来ない
などがあげられます。

日本語ばかりの生活を10年間していても、
生後3ヶ月から何らかの形で英語を耳にして育ち、
特に英語が好きでないのに(むしろ好きでないぐらい)
英語の音を聞き分けシャドーイングが出来る息子。

シャドーイングは遊びの中で強化してきました。

これは私が「やろう」と言った事でなく、

好きな物をただひたすら見て、後で口に出して(録画→再生)
そのうち見ながら口に出して(録画しながら再生)
自由自在にロールプレイングする。

娘も息子も面白い&楽しい遊びを自主的に行い、
身につけた能力だと思っています。

娘は憎たらしいぐらいにサラッと読みますし(CDのようです)、
息子は文字を追う事は難しいけど暗唱なら滑らかに出来ます。
気分にムラがあるのと集中力が勝負なので長時間は厳しいです。
(娘より息子の方が滑らかさでは上かも)

私はどちらにも当てはまりません。

娘も息子もDWEや英語に携わる時間が長かったからか、
あまり大変だとは感じないのですが、
私が同じように課題にチャレンジしたら果たしてサクサク進むのか?
おそらく難しいだろうと思います。

今更ですがBOOK11や12の難しさを感じている私です(>_<)

英語でサイエンスコースに参加

息子は組み立て&実験好きで、
小学校のクラブ活動では科学クラブに在籍しています。

先月体験レッスンを受けた英語教室で、
イベントでサイエンスコースを行うと教えてもらい、
子供たちの参加申し込みをしました。

娘は部活の演奏会が重なってしまいキャンセル・・・・
「慣れない場所、知らないお友達、全て英語、一人で参加」
どうするか息子に聞いたら、
「バスボム作りたいから参加する!」と言うので送り込みました。

バスボム

対象は小4~中3までとなっており所要時間は約90分。

こちらの英語教室に通っている生徒さんばかりでした。
息子と同学年、中2年生、息子と同学年で帰国子女(英語圏在住1年)、
そして息子の5名。

ネイティブの先生と日本人講師が1名で行われ、
親の見学は不可でした。

終了5分前に受付に迎えに行くと「もう少しお待ちください」、
との事で終わるまでその場で待機。
しばらくしてニコニコ元気で戻ってきた息子。

第一声が、

「すっごく楽しかった!!」に始まり、
「○○(娘の名前)も来れば良かったのに」
「○○がいると自分で答える前に先に話されちゃうけど、
 今日はいなかったから自分の力で話す事が出来た!」

とても前向きな感想を聞く事が出来ました。

慣れない場所、知らない友達と活動はマリンスクールで経験しており、
そこで培われたコミュニケーション力が役立っていると思いたい。

日本人講師の先生から(体験レッスンの先生ではなかった)、
「英語がよく出来るので驚きました」の感想も頂き、
息子の自信とやる気もパワーアップしたようです。

英語でも空手のように出稽古(他の道場で稽古する事)
をすることで刺激や気付きを受けのですね~

機会があればまた参加させてみたいと思います(*^_^*)

体に染みつく程の継続

子供たちにとっての英語の核はDWEで出来ています。

小さい時からずっとDWEを耳にして暮らし、
体に染みつくと言うか体の一部と言っても過言ではありません。

英語が好きな娘とあまり好きではない息子。
歌を歌い踊りが大好きな娘と歌うのも踊るのも好きでない息子。
文字が読める娘と読み書き困難を持つ息子。

対照的な二人でありますが、
体に染みつく程に耳にしてきたからそれぞれに効果が表れた、
と思っています。

これは空手の稽古も同じで、
同じ型を何度も反復するからこそ体が動きを覚える。

体を使う事も頭も使う事もどちらも五感を使い、似ています。

昔、マイケル・ジョーダンはいついかなる状態からでも
シュートを打てるように、得点ができる様に、
暗闇の中でシュート練習をしていたと聞いたことがあります。

体に染みつけるって努力と継続の成せる業です。

ずっとDWEをお休みしていたお友達が、
DWEを復帰し色々なお話が出来る楽しみが出来ました。

続けるって本当に大変な事ですが、
出来る事を少しずつ積み重ねていこうと、
今年も決意を新たに頑張ろうと思います。

こんな我が家を暖かく見守って頂けると嬉しいです。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ