FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

週末イベント クリスマス・イベントに参加♪ -2013年-

Xma_2013121

先月のプレイタイムの時に、
「クリスマス・イベントに参加するか質問され」、
先生とお会いできる日を楽しみにしていた子供たち。
お手紙を持参して参加してきました。

東京は混んでいるとは聞いていましたが、
5回目なのに大盛況!

メンバーは、クリア先生、ロン先生、アンドリュー先生。

顔馴染みの先生で子供たち喜んでいましたが、
会場の雰囲気に馴染めず「もう東京は来ない」と言いだして、
イベントが始まるまでモチベーションが下がっていました(^_^;)

イベントのノリが子供たちの好きなドリフのコントっぽく、
ゲラゲラと大笑いしていました。

息子の様子を見ていると、
歌を歌ったり、踊ったり、積極的に参加しておりました!!
踊りの最中、隣にいた娘が足を踏んでしまい、踏んだり踏み返したり・・・・
(息子は娘の足を踏めるけど、娘は息子に足を捌かれて踏めず怒りモード)
とても小学生と中学生とは思えないやり取りでした。

初の姉弟揃ってのイエローCAP参加!

娘がいなくても自分から話す姿も見られ、
アンドリュー先生からイベントスタート前にサインを頂き、
イベント終了後にまたサインを貰おうとしたら、
「もう書いちゃったよ」と先生、
「○○(娘の名前)と同じところに書いて」と息子が交渉し、
裏表2サインGetしていました。

Xma_201312

クリア先生からは新しいCAPが届くたびに、
「新しいCAPおめでとう」の言葉を頂きたいらしく、
図々しくもおめでとうを催促している息子。

ロン先生にもニコニコ話をしていました。

さて、帰ろうかと思ったところにマイク先生が登場し、
走って挨拶に向かった息子!!
リュックへしまったCAPとサインペンを持って走りよりました。

CAPにもう一度サインを集めなおそう?と思っているのか、
意欲的&積極的に話かけているのに驚き。

今までのモジモジくんが嘘みたいです。

今年はDWEレッスンの開始と終了、
CAPカラーも4色卒業と駆け足で過ぎた1年でした。

来年は更なる飛躍を目指して、
娘と息子と主人と私それぞれ頑張りたいと思います!

皆様良いお年をお迎え下さい。
そして来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます(*^_^*)
スポンサーサイト



そんな事が出来るようになったと感心した事

娘が小2の頃、

英文がどのように構成されているか気が付いて欲しくて、
SVO文型で娘の生活に密着した文章を何パターンか、
時制や三単現に加え時間や場所のおまけなど加え、

それらをチャンク毎にカットして、
現在形・過去形などの文章を組み替える取組みをしたことがあります。

今でこそ時制に注意を払って話をするようになりましたが、
この当時は本当にめちゃくちゃでした。

しばらくこの取組みは続けたのだけれど、
定着するほど気力が続かず挫折していまいました(^_^;)

先日の体験レッスン時にこのチャンクカード、
取り上げていたのでその話を書こうと思います。

4色のカテゴリーでチャンク分けされたカードが
5~7枚ずつ程で約30枚ほどあり、

主語、動詞、目的語、接続詞

などがあるようでした。

まずは「好きな事を選んで」の質問に、
好きなカードを選んだ娘。
「残りのカードを組み合わせて○○が好きですと並べて」
の質問にパパっと並べた娘。
さらに、先生が接続詞のカードらを指さし、
「その文に理由を付けて説明して」の問いかけに、
頷いた娘が文章をパパパっと並べ変えました。

このレッスンすごくスピーディーでした。
指示を理解しても私にはあんなに早く対応は出来ない自信があります。

最終的にそれらで長い文を作りだした娘、
いつの間にそんな事が出来るようになったんだろうと
とても感心したのでした。

文章で書くのは慣れておらず、複雑な単語綴りも解らない。
でもチャンクで区切られたものなら書く手間がなく、
並べるだけの作業で終わる。

簡単な文章しか書かない娘ですが、
携帯でのメッセージは英文で顔文字も外国人版で送ってきます。

親の知らぬ間に・・・と言う心境です。

英語教室巡り☆DWE歴10年息子の英語力

2003年夏にDWE生活をスタート、
2013年1月にSBS(ステップ・バイ・ステップ)をスタート、同年9月にSBSを終了。
DWEの卒業準備に突入した小4の息子。

姉とは違い「歌う、踊るがない」息子でしたが、
赤ちゃんの時から一緒にDWEソングを耳にし、
Zippyのお話を姉と一緒にごっこ遊びして育ちました。
(娘はココかバイオレット、息子はジョーイかマックス)

親に付きあって映画館へ通いだしたのも2歳3ヶ月。
英語が好きではない息子ですが特に、

「何を話しているのか解らないから見ない」
「日本語で見たい」

などと言う事もなく、ジブリやルパンは日本語。
ディズニーやドリームワークスや大人向け洋画は英語。
で見聞きし育ちました。

読み書きに困難さがあるので読み書きは日本語に力を、
長い英文は読めず、英検も受けていないので英語力は不明です。

そんな息子の未知の英語の能力を、
ずっと知りたいと思っていたので体験レッスンが楽しみで、
娘の体験レッスンより楽しみな私でした。

お教室に入る前にトイレへ向かおうとしたら、
「○○くん!久しぶり!!」と声をかけてくれたのは若い女性。
「??」と思っている息子が「会った事あるけど恰好が違う」と。

よくよくお話を聞くと、何と!
昨年まで子供たちが通う小学校に勤務した先生。
この先生がレベルチェックと体験レッスンをして下さいました。

体験レッスンを受けるリストを見て、
娘と息子だとすぐに解ったそうでした。

カウンセラーの方がアンケートに沿って質問し、
お教室の仕組み&レベルチェック&体験レッスン
それぞれ説明を受けました。

先にレベルチェックを受けたのは息子でした。
会話、読み、書き、質問に答えるなど10分程でした。
レベルチェックは親が同席出来ません。

息子が「書いた」と話したので、
何を書いたか聞くと「アルファベットの大文字小文字」
fがなかなか思い出せず、ジョージの絵本を思い出して、
「小さいfちゃんと書けた」と教えてくれました。

f

話すのも頭使ったけど面白かったと言うのが息子の感想。

レベルチェック後、カウンセラーの先生からさらに説明、
子供たちの英語力にあったクラスの説明と教科書の内容確認。
それらに基づき体験レッスンを受けてもらうとの事。

息子のレベルはESL3~4年生レベルとの事。
聞く、話すがとてもしっかり出来るそうです!!

娘のインパクトにかき消されがちの息子。
私に英語力がないため、息子の英語力の洗い出しが出来ず、

「息子の英語力はどの程度あるんだろう?」
「ちゃんと質問に答えられているんだろうか??」

と悶々としていたから、この結果はとてもうれしいものでした。

体験レッスンは親も同席出来るので、
どんなレッスンなのかしっかり観察してきました!!

息子のレッスンのテーマは「比較級」でした。

DWEのCAP課題で息子が比較級を理解しているのは知っています。
でも使っているのは見たことがありませんでした。

まず小さい○が登場、形や色などの質問に答えます。
確認させた後、大きな○が登場、同様に形や色などを答えます。

どちらが大きいか、どちらが小さいか、
文章をチャンク分けし、小さい○や大きな○を入れ替え答えたり、
応用としいて別のもの(今回は息子、娘、先生、主人、私)
を組み合わせて即興文を作ります。

ORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)から、
センテンスを入れ替えて応用するのを知ってはいたけど、
こういう事がすんなり出来る力、息子が身に付けていたのに感動!!

こういった働きかけは私には到底出来ません・・・
さすがはプロフェッショナルです。

話は前後し教科書の話しですが、
「かろうじて息子でも何とかなりそうだ」と思える内容でした。

今回改めて感じたのは、
まずは会話が出来る事が前提と言う教室はあまりないのだな~と言う事。

話せる事がゴールではなく、その先を見据えたカリキュラムや
話せる力を持った上に更にその先の読み書きを強化できるカリキュラム。
それらを兼ね備えているお教室だと感じました。

息子にも体験レッスン受けさせて良かったと思いました。

どの程度の英語力が息子にあるのかが解りました。
DWEもまだ卒業していない息子です。
まだまだ私と息子だけでやれる事があります!

強固な英語力を身につけるため、DWEの奥深さを楽しみたいと思います!!

英語教室巡り☆DWE歴10年娘の英語力

2003年夏にDWE生活をスタート、
2010年にDWEを卒業した現在中1の娘。

WFクラブのプログラムのみの生活でしたが、
その中のTE(テレフォン・イングリッシュ)に特に時間をかけて
TEでスピーキングを強化し、聞く話す事は出来る様になりました。

英語をコミュニケーションのツールとして使うようになり、
聞く、読む、話す、書くの4技能を考えると、
「聞く、話す」だけが突出している状態です。

先月あちらこちらで英語教室の体験レッスンを受けていました。

娘の持つ英語力の長所と短所の分析が出来て、
私には出来ない娘が望むような面白い教室を探しています。

その中で「ここは・・・!!」と思った教室の話し。

今年の春に娘が受けたTOEFLjuniorでbronzeという結果。
明確に話されている事を理解出来き、発言の直接的な言いかえが理解出来る。
非学問的な文章の段落構成は理解出来る事があるが、学問的なものでは困難がある。
複雑ではない非学問的な文章において推測する、基本的な情報を見つける事が出来る。

小学校時代のALT先生やWFクラブの先生方、
英語を操るママ友さんから「すごく話せる」とお墨付きを頂くのですが、
このTOEFLjuniorで娘の現状を洗い出す事が出来ました。
話せる事と4技能のバランスを取ることの難しさを感じたのでした。

いくつかか英語教室を回った中で、
娘が持つ4技能の洗い出しを冷静にチェックした教室がありました。

レベル確認のレッスンで、
会話、読み、書き、質問に答えるなどを行い、
娘のレベルはESL5~6年生レベルとの事。

そのクラスで使用する教科書を見せて頂きましたが、
「成程、これは娘には難しい!私も解りません!!」
と思う内容でした・・・さっぱり解らんな内容。

娘と私だけで行うのは無理ですが、

「しっかりと知識がある方の指導があるのであれば、
 これほど今の娘にピッタリのものはない!!」

と思ったのです。

体験レッスンを受ける際に、
英会話教室に通った事はありません、小さい時から英語を聞いたり、
映像を見たりはたくさんしてきました。とだけ伝えていたので、
娘の「聞く、話す」能力の高さにとても驚かれてました。

また、ここでも不思議な縁を引っ張る娘。
体験レッスンをして下さった先生が何と去年まで小学校にいた先生!!

直接接点はなかったのですが、去年娘がTV取材を受けた際、
学校でも撮影があった関係で学校の先生方もTVを見て下さったらしく、
「英語が出来るのは知っていたけど、まさかこんなに話せると思わなかった」
との事。娘も「あの先生が英語話せるとは思わなかった~」と。

世の中の狭さと言うか、ホント娘って色んな縁を引き当てると感心。
これって持って生れた能力と言うのか・・・自分の子供だけに不思議な子です。
人とのご縁がたくさんある人生がとても羨ましい。

英語に関しては「俺はよく解らん!」の主人ですが、
この教室の体験レッスンの印象はとても良かったようでした。
たくさんの情報にまみれていない分、客観的に判断出来たのではないかと思います。

次は、未知の英語能力を持つ息子の体験レッスン談へ続きます。

DWEのイエロー卒業\(^o^)/

息子宛にイエローCAPが届きました~!!

イエローCAP

娘イエローCAP、息子ライトブルーCAPが、
我が家のイベント参加定番スタイル。
2013年はCAPカラーに目まぐるしい変化のあった1年でした。

2013年1月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11月
ライトブルー→ブルー→グリーン→ライム→イエロー

娘の誕生日に合わせたかのように、息子のイエローCAPが。

2013年11月からTE(テレフォン・イングリッシュ)が新しくなったから?なのか、
届いたCAPとシールが娘時代(2010年春頃)とは少し違っていました。

CAPは型崩れしないよう、厚紙が挟まれていたり、材質の札がついていたり。
色合いや刺繍の大きさに加え、全体的に大きくなっています。

↓左が娘のCAP、右が息子のCAP
娘と息子CAP

シールは同じ絵柄だけど、バイオレットの大きさが違うのと、
小さいシールの数も違いました。
(もしかして、娘が気が付かず一つ貼らずに捨ててしまった?!)
バイオレットの大きさの関係で付属シールが変更になったか…謎です。

↓左が息子のMy Book、右が娘のMy Book
シール

DWEはまだまだ経過途中、もう一踏ん張り楽しみたいと思います。

皆さんから刺激を頂き、これからも精進する所存です。
こんな私たち親子ですが、今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

来年も頑張ります\(^o^)/

カナダ大使館 カナダ留学フェア

先月「カナダ留学フェア」へ行きました。

お友達ママさんからカナダの話を聞く事、
娘が大好きなWFクラブの先生も出身国がカナダ、
カナダ在住のブロ友さんがいる・・・など縁のあるお国です。

日本との生活や教育のなどの違い、
生活拠点をカナダに移したママ友さんの話しだけでなく、
日本を飛び出した留学生の話を聞いてみたかった。

留学するまで英語とどう関わってきたのか。
どうして留学しようと思ったのか。
留学して良かったと思う事。

生の体験談を直接聞いてみたくて足を運びました。

私たちがお話を伺ったのは、
中高一貫高出身、幼稚園から一貫出身の方たちで、
高校留学をされました。

印象的だったのは、
日本の学校では考えられない違いに驚いた話しを聞いた時。
私も初めて海外旅行へ行った時同じ事で驚きました。

日本は経済大国と言われているけど、
彼女たちと私が驚いた事への対応は非常に遅れています。
経済大国であるはずなのにどの人も同じように平等ではない社会。
礼儀正しいと言われているのに変だな~って感じます。

娘は「差別」って言葉に敏感です。

小4の頃、クラスの女子グループ化の始まり。
仲良しだったお友達が金髪ギャルに変身してしまったり。
地味ーズ&派手ーズでクラスが分裂し出した事。

着ている服や見た目を揶揄したり、友達同士の罵りあいが始まり、
そんな言い方は相手を傷つけるしおかしいと言うと無視される。
娘は孤立していじめを受けた時期がありました。

「人と違う風貌をしている事を認めずに一方的に否定される」

どこのグループにも入らず孤立して、
「良い事は良い、悪い事は悪い、そして私は私」で貫き過ごした娘。
担任の先生が「娘の正しさや強さや存在を認めてくれ励ましてくれ」
何とか乗り越えた4年生での出来事。

体験談を聞いた娘も衝撃を受けたようでした。

差別にも様々な種類があるけれど、
ほぼ同じ民族で暮らす日本社会での見た目が違う人たちへの扱い、
こんなにも違うのかって痛感しました。

日本の良いところ悪いところ、海外の良いところ悪いところ、
どの国にも良い事と悪い事はあります。

それらを含めて色々と話が聞けた事はとても貴重な経験でした。

最後に英語子育てをしているからならではの質問、
「どれぐらいで英語でのコミュニケーションが取れるようになったか」
については「半年ぐらい」ってお答えでした。

語学学校のセミナーの先生も話していましたが、
中学からの英語で現地に行くと何を話しているか全く解らず、
相手の言っている事が解り出すのに3ヶ月、
使えるようにだと半年ぐらいはかかるとの事。

私は3ヶ月以上聞いているのですが、
日常で使う必要に迫られないからか現状変わらず暮らしています・・・

思い切って行って良かったカナダ大使館。
収穫の多いイベントでした(*^_^*)

英字幕だけで映画の内容を理解する難しさ

TE(テレフォン・イングリッシュ)の先生と
吹奏楽部でドラムを叩く流れからマペッツのアニマルを教えてもらい、
娘が「ザ・マペッツ」を見たいと言うのでレンタルしました。

娘がひらがなを読めるようになったタイミングで、
主人不在の時は、音声:英語 字幕:英語 で見るが
定着している子供たち。

内容的にお父さんは見ないと判断したようで、
主人がいたけれど英語音声の英語字幕で見ていました。

「内容が全く解らん」と主人が言うのでWikipediaをググり簡単に内容を説明。
そうしたら娘が細部を補足してきました!

音声だけで私もところどころ拾っていましたが、
ググってあらすじを読んでみて「成程、あの音はこう言っていたか~」
と理解できるレベル。

何で細かいところを知っているのか娘に聞いてみると、
「だって話しているよ」と娘。
もう頭が上がりません・・・
娘の話しだとザ・マペッツは簡単な英語だそう。

まぁ、子供向きだしね(^_^;)

blu-ray返却後に息子が「マペッツまた見たい」と言ったので、
感想をもらさなかった息子も面白かったみたい。

言葉が解る事で色んな知識を得られるのだなぁ~
とTEをしていて感じます。

先日のTEはマル先生で、
「Marieも子供たちがこれだけ話せるようになってうれしいね、
 涙ぐんでるじゃん」と声をかけられました。

涙声だったのは、
「マル先生のトークを隣で聞いていて面白かったから。
 だから涙声だったのよ」と言いたかったけど伝えられなかった。
言葉のキャッチボール上手に出来ない私。

英字幕を読んで内容を追うも難しいし、
聞いて答えるのも難しい。
難しい事だらけです(>_<)

英検3級は一つの目安

早期英語の世界では身近に感じる英検3級。
でも世間一般では英検3級取得って凄い事みたい。
それは先日のやり取りでも感じました。

娘と英語の関係をよく知る知人から、
「息子は英検を受けていないのか」と質問をされました。

今までに記事にしたように息子はディスレクシア(失読症)、
知的な遅れがないのに読み書きに困難が現れる、
発達性の学習障害を持っています。

脳の識字機能の働きが複雑で、
文字の見え方の刺激を強く受けてしまい識字に時間がかかります。

公立の小学校へ通う息子の学習基本ベースは日本語です。
識字にかかる時間と心身の負担軽減の為、
読み書きは日本語で言語聴覚士さんの訓練を受けています。

一方で聞く話す事に関しては、
日本語も英語も問題なく息子の中に確立しています。

違う言語がある環境にいる事について、
言語聴覚士さんへ質問をしたら、

「聞く話す事は問題がないので、
 英語の取組みを進めても問題はない。
 むしろ、中学に上がって英文に触れるより
 少しずつ慣らした方が良い。」

とアドバイスをもらっているので、
英語の音に触れる環境はそのままに、
ORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)で
CDに合わせてページをめくり絵本を眺める事を続けています。

自分で読みたいと言う時は止めませんが、
娘の時のように英語絵本の音読などはさせていません。

そのような事情から息子にとって負担の大きい英検受験は
今のところ考えていません。

で、ここからは仮定の話。

もし息子に何も問題がなかったとしたら・・・
英検3級にチャレンジする力はありそうだなと思います。

理由は、
・世の中の事が少し理解出来ている事。
・3級相当の英語を英語のまま理解する力がついている事。
・絵からの質問に対して短いながらも自分なりに意見をまとめ話す事が出来る事。

この3つの力は身についていると思うので、
もし読みが出来るなら良い結果が生れそうなのだけどなぁ~

世間一般からみると英検3級は英語力習得の一つの目安になりそうです。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ