FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWE CAP課題提出② -2013年11月-

前半に録音課題を2つ提出済みでパスの結果が届きました。
「来月のクリスマス・イベントに新しいCAPで参加したい」
と息子が言うので・・・

・TelephoneCAPイエロー

チャレンジしました。
今年2013年1月からDWEレッスンを始めて9月に終了。
正式にDWE卒業準備へ突入しました。

息子パスしました♪

娘がDWEのCAP課題(ステップ・バイ・ステップ(SBS))を始めた小2冬、

・TAC(トークアロング・カード)が単語&センテンス全て読める
・SA(シング・アロング)が全曲アカペラで歌える

が出来る状態でスタート。
覚えさせたり練習したりしないで暮らした幼年期、
楽しく過ごしたのが良かったのか上記が出来ました。

息子は読み書きに困難さを持つ発達障害があるため、
娘と1年遅れでスタート。

・TACの絵を見て殆どの単語が言える
・SAのイントロがあれば全ての歌が歌える

スタート時の姉弟の違いです。

・英語が好き&あまり好きでない
・文字がスラスラ読める&文字の読み書きに困難さがある

同じ教材を使っても取組みや進度に個人差はありますが、

・英語を聞いて理解する
・英語を使い自分の言葉で状況を伝える

どちらも共通して出来る様になっています。

DWEとのお付き合いは長いのですが、
DWEのCAP課題をする度に良く出来た教材だと感動します。

今月もトータル3課題提出できて良かった\(^o^)/

来年はいよいよプレ・グラジュエーションです!!
スポンサーサイト



比べても仕方ない・・・自分たちに見合う取組みをするしかない!

ブログやネットを通じて英語つながりのお友達もでき、
英語の幅が大きく広がった我が家。

ハイレベルな英語子育て&結果を出しておられる、
ご家庭の英語環境を見聞きすると、
正直とても焦ります。

雲の上の話を聞いているよう!

お話を聞いていると、当然の事ながら、
やるべき事をやった結果なのだと痛感します。

教材の吟味、教材の活用、年齢に応じてレベルの引き上げ、
外注に任せっぱなしでなく自宅でのフォロー。
常にアンテナを張り電波を受信し、
我が子に最適なものを一緒に取組んだ結果。

我が家はどう・・・?

と考えると、荒地の中からスタートし、
整地と種をまき、痩せた土でも作物育てられるぐらいの大地。
華麗な花は咲かないけれど、雑草に負けず力強く咲く
たんぽぽ畑ぐらいにはなったんじゃないかと思う。

と言うより思いたい(^_^;)

事ある毎に主人から、
子供たちは突然変異だ、いい加減認めたら?」
と言われてしまうけど、どうしてもこの言葉に納得が出来ない。

環境を整えて、時間をかけてインプットを続けて、
様々な日々の積み重ねを地道に続けて実を結ぶ。
英語環境にかける費用は湯水のように使えません。

我が家はDWE教材をフルセットで購入しましたが、
英語にかけられる予算はこれだけです。
それでも世間ではDWE購入=お金持ちに言われてしまいます。

教材は購入したけど、WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)で行っている、
宿泊系イベントなどには参加が出来ない状況です。
教材の良さを納得し、購入した以上の事は望めませんでした。

経済的にあれこれ予算を出せないながら、
「雑に育った割に予想を超えた結果が出た」
と主人は言いたいのかな・・・と考えるようになりました。

雲の上の話を聞き、ガツーーーンと一撃を受け、
一人ジタバタしている私。

開き直りではないけれど
我が家のレベルに見合う以上の結果が出ていると思い、
自分たちに親子に見合ったレベルで頑張ればいいや!
とようやく気持ちを切り替えました。

自分たちに見合う取組みで頑張ります!

TEブックに頼っていないと褒められたテレフォン・イングリッシュ♪

何事も模範解答を教えないのが我が家の決まりごと。

前回記事でも書きましたが、定型文を覚えただけで会話は難しく、
同じ内容でも会話の表現方法は様々あります。

TE(テレフォン・イングリッシュ)のBookLessonはTEブックの該当ページの文章が読めれば、
先生の質問に対して的確に答える事が出来ます。

ディスレクシア(失読症)を持つ息子は、読みが出来きた娘とは違い、
「該当ページの絵を見て、自分の知っている言葉だけで先生の質問に答える」
かなりサバイバルなTE(テレフォン・イングリッシュ)をしています。
そしてスムーズに話す為の訓練でもあります。

BookLessonもイエローに入り、内容も複雑になりました。


位置関係の説明は微妙です。
絵をどちらから見るかによって、前なのか後ろなのか、
位置関係の捉え方は変わります。

だから、息子が答えるのを傍で答えているの聞いていて、
「逆でも間違いではないけど・・・先生から訂正入るだろうな(^_^;)」
とドキドキしていたらスルーでした。

最後に先生が息子のレッスンについて、
「絵を見て自分の言葉で答えていた、TEブックに頼らずに偉い!」
と褒めて下さいました。

「通り一遍のレッスンでなく、
 息子がどうレッスンと向き合ったかを評価してくれた」

とても、とても、とって~~~も、うれしい事でした!!

先生からの言葉を息子へ伝えた後、

「スゴイね~!○○が話したことは先生に伝わっているよ!
 TEブックに頼らず、絵を見て自分の言葉で答えられる。
 だから恥ずかしがらず自信を持って話して大丈夫だよ!!」

息子「え~本当?!」とモジモジうれしそうでした。

まだまだ道のりは遠く険しいけれど、
この言葉を胸に刻み、打たれ弱い息子にエールを送り続けよう!!
と思うのでした。

DWE CAP課題提出 -2013年11月-

11月は取り急ぎ2課題提出。

・Review 11
・Review 12

今年1月からDWEレッスンを始めて終了。
現在はCAP課題仮・卒業準備中の息子。

出せる課題は全て出し尽くしてしまったので、
残すはTelephoneCAPイエローとなりました。

英語好きでない息子は課題を全て提出し、
終わらせたいと思っています。
でも課題が終わってしまうのは私が寂しい・・・・

問題なくレッスン出来るとは思うけど、
今月中に受けるかは考え中です。

娘の英語が学校のお友達と違うと感じたのが小2頃からだったのに比べ、
息子は興味を持たなかった事もあり、変化を感じたのは小3終わり頃。

2月に保育園時代のハーフくんお友達と再会した事、
この時日本語があまり話せなくなっていたハーフくんと、
英語でコミュニケーションを取れる事に気が付き、
「英語知っていて良かった」と思った事が大きな転機でした。

つい最近の小学校で市の水道局出前授業があった際、
水道局と国際協力機構と連帯して行われ、
市の水道局とアフリカ上水道の技術者の方々が来校し、
水をテーマに日本とアフリカの文化交流の機会でもありました。

ナイジェリア、リベリア、スーダン、南スーダン、ソマリア
の方々が現地での水はどのようなものか、
子供と水はどう付き合っているか、
安全な水を確保する為に・・・・などお話してくれたそうです。
(通訳付き)

班の活動では息子はナイジェリアの方が担当して下さり、
班で不思議に思った質問&答えの通訳が息子がしたらしい。

「英語解って良かった、話が出来て良かった」

私が帰宅して真っ先に話してくれたので、
通じ合えた事がとてもうれしかったのだと思います。

どうして子供たちに英語をやらせるのか、
「国と国が違っても共通の言語があれば通じ合える」
それを知って欲しいから・・・。

今月も課題提出できて良かった\(^o^)/

話す事の強化

英語子育ての多様化が盛んになった事から、
驚くぐらいに幼少期から英語を話せるお子さんが増えたと感じます。
とんでもなく凄い事だと思います!

両親共に英語は話せない、他社のオンラインレッスンもしない、
そんな子供たちの話す環境はWFクラブの
会員サービスに他なりません。

話す事は定型文を覚えただけでは成り立たず、
同じシュチュエーションでも答え方は本当に様々で、
この作業を長い時間をかけて記録させる膨大な時間。
そして訓練の場が必要。

膨大な記録時間→訓練→膨大な記録時間→訓練

・・・日々記録の日々です。

娘につられ息子もちょこちょこ話し出すようになりましたが、
相変わらずリラックスモードの時でないと発話しません。
訓練の場を整えるしかなさそうです。

訓練の場TE(テレフォン・イングリッシュ)では11月からBook11と12のレッスンが新たに加わりました!

内容を見た限りでBookのリーディング・レッスンの難易度を落とし、
Pre Graduation1と2へスムーズに移行させる働きがありそうです。
そして話す事の強化にも繋がりそう。

どんなレッスンに変わるのかドキドキしていましたが、
ようやく全容がはっきりしました。

話す事に関しては長い間放置してきたので、
点と点を結んでスムーズに話せる様に促していきたいと思います。

ちなみにDWE卒業生の娘にBookLessonの質問をすると、
必要なキーは入っているけれど模範解答とは違います。
表現力って人それぞれですね(*^_^*)

息子にも自分の言葉でスムーズに話せるようになってもらいたいな~

新しく追加されたTEのBookLesson11&12

11月から新しく追加されたTE(テレフォン・イングリッシュ)のBookLesson11&12。
今月の初TEで早速レッスンしました。

BookLesson10までと同じように、
質問と歌がセットになったレッスンです。
TEブックに書いてあるように、
内容が長くなっている・・・でも楽しくていいかも。

息子の隣に張り付いて聞いていて思いました。

そして、TEは昨夏のサマーキャンプでお世話になったフィル先生

9月のGOGOキッズで再会したばかりだったので、
先生を知っている安心感から息子も落ち着いてレッスン受けていました。
ベテランのフィル先生はTEも素敵です♪

レッスンの最後、
BookLessonの新しいのは先生初だった事。
そして息子が上手にレッスン出来た事。
娘と楽しく話が出来た事。
最後に手紙ありがとう、返事を送ったからね。

とフィル先生(*^_^*)

新しいレッスンで緊張していた息子にとって、
幸先の良いスタートが切れたと思います!

帰国子女でも英語を話せない

娘が小学校へ入学したての当時、
「帰国子女=英語がペラペラ」と言う固定観念を持っていました。

英語圏や非英語圏で生活をしても、
日本人学校に通うならば日本で教育を受けるのとあまり変わらない。
現地の学校やインターナショナルスクールで、
教育や学校生活を受けるからこそ、高い英語力が身につくのだと初めて知りました。
けっして楽な事ではないのだと・・・。

知ってはいたけど、「やっぱりそうなんだ~」と思ったのは、
ハーフくんのお兄ちゃんから聞いたお話。

小5まで日本の学校へ通い、その後カナダの現地校へ。
今年夏に帰国し、国際科のある高校へ帰国子女として編入。
(教育委員会から薦められた学校だそうです)

帰国子女が集められたクラスのはずが、
何故か英語を話せるのがクラスの2割程度・・・・
よくよく話を聞くと「日本人学校」へ通っていた子がほとんどだそう。

かつて、政府の移民政策で遠い異国の地に渡った日本人が、
現地に長く暮らしてもその土地の言葉が話せない。
言葉を覚えなくても子供たちが話せるので話す必要がない。
結果話す事が出来ない。
その国の学校に通った子供はその国の言葉が話せる。

生活の必要をせまられサバイバル的に身につけていかない限り、
いつまでも人は変われないものなのだと心底思いました。
(私を含め(^_^;)

英語子育ての世界でも身近な現実でも、
我が家の子供たちの立ち位置は中途半端。
話せるだけでは進学の強みにはならないと痛感しています。

娘の進路の事でブルーな気持ちが続いていたのですが、
ママ友さんと話をするなかで、
「日本の学校では、話せるって事がものすごい強みになるから、大丈夫」
と励ましてもらい気持ちが軽くなりました。

ハイレベルな帰国子女を対象にした学校。
帰国子女をうたうだけでまだまだ成長中の学校。
先生と生徒が良い信頼関係を築いている学校。
学校は多様にあります。

娘らしい良さを伸ばす事が出来て、
前向きにチャレンジする事を応援してくれる先生がいて、
英語や国際理解に力を入れていて、自宅から遠くもなく、
公立で・・・娘の学力で入れる学校が親の希望。

理想と現実は異なるものだからどうだろう?

さてハーフくんお兄ちゃん、
学校のオープンスクールで先生のアシスタントを任されているそう。
今年は日程があわず顔出しが出来ないのですが、
来年はオープンスクール行ってみたいと思います!

日本語と英語、どちらを話すのが楽か?

前々から聞いてみようと思っていた娘への質問。
「日本語と英語、どちらを話すのが楽か?」
娘の答えは「どっちも」でした。

息子の保育園時代の友達のハーフくんが帰国している話は、
何度か記事にしていると思います。
3人兄弟で末っ子くん(小4)です。

8月末にハーフくんのお姉ちゃんが帰国。
お姉ちゃん(小6)です。
1年生の春休みすぐにカナダの現地校へ入学。
英語全く話せない状態から1年半を経て、
自分から話しかけるようになったと聞いています。

日本で言うなら2、3、4、5年生半分まで現地校へ通った、
お姉ちゃんの言語思考は「英語の方が楽」なレベルへ。

日本に帰国してあまり話せなくなった日本語を話す事、
日本の公立小学校への編入と高学年特有のグループ付き合い・・・
英語で話したいのに話せないストレスが重なって、
昨晩「話ししてあげて~!!」とママ友さんから電話がかかってきた。

話がしたいのに思い切り話す事が出来ないストレス、
相当な物だと思います。
ガールズトークは1時間近く続きました。

ママ友さんの話しだと、
日本の5年生授業を受けるの大変だけれど、
それでも何とか必死についていく事は出来る。
最初はものすごく大変だけれどいずれは慣れてしまうそう。
(カナダでの体験談から)
でも話す事はとても難しい。
基本の思考が日本語か英語かで違う相手に合わせるのは大変。
「慣れ」と一言で片づけられるような話じゃないのよ。

とママ友さん。

そう考えると娘の「どっちも」って答え、
もう少し突っ込んで聞いてみたくなる。
きっと面倒くさがり詳しく話してはくれないと思いますが(^_^;)

人の脳の構造はまだ解明されていない部分が多く、
使われている機能もごく一部の箇所だと聞きます。
どんな働きをしいているのか一度専門家に詳しく調べてもらいたい。

そう思えてなりません。

話すって当たり前にしている事だけど、
どんなメカニズムで会話しているのか改めて考えると、
とても奥が深い事なんだと思いました。

英語子育てはワインのように熟成期間が必要

取組んだ成果が見えにくいのが英語子育て。
このまま進めた方がいいのか、方向転換した方がいいのか、
英語以外でも悩みが尽きる事のない毎日です。

特にディスレクシア(失読症)で読み書き困難さを持つ、
息子の読み聞かせ進み具合はワインのように人一倍熟成期間が必要。

娘の時はフォニックスを教える前に読める事ができ、
フォニックス&音読の組み合わせで進める事が出来ましたが、
息子はORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)の
CDかけ流し読み聞かせを続けています。

どちらの言語も聞く話す事に問題はなく、
毎日の生活の中で日本語も英語も好きな方の映像を見ています。

娘と息子の英語のごっこ遊びでは、
マーク先生とボーディ先生が出演されているレインボーマウンテンの他、
フレッド(You Tube動画)、フィニアスとファーブが多く登場します。

四六時中傍にいて一緒に聞いている訳でないので、
どちらを真似ているのか、どの場面なのか、
どちらをやっているのかよく解りません。

フレッドのヘリウム早送り英語もさっぱりだし、
カモノハシペリーもよく解りません。
でも子供たちが楽しんでごっこをしているのはよく解ります。

今回登場したのがCDかけ流し読み聞かせ中のORTでした。
WFショッピングを利用し娘が小2の頃から少しずつ集めたものです!

息子がヘン声で話出したのでいつものごっこ遊びと思ったら、
Wilma and Dadと聞こえました。

どうしてフィニアスにウィルマとダッドが出てくるのか聞いたら、
娘が「ORTの”Bull's-eye!”の文章を変えて話してるんだよ、
気が付かなかったの?!」と教えてくれました。

いつも一緒に聞いているのに気が付きませんでした。
定型フレーズしか記憶が出来ておらず応用が出来ない、
そして会話に繋がらない典型的な私。

DWEの歌も単語を入れ替えて歌うようになりました。
ORTの文章をアレンジするようにもなりました!

ORT読み聞かせがStage4に入ったところで気が付いた大きな変化です。
熟成期間をじっくりかけて進めたいと思います\(^o^)/

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ