FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWE CAP課題提出 -2013年9月-

9月は3課題提出。

・Book 9 Telephone
・Pre Sing Along!4
・Sing Along!4

1月からDWEのレッスンを始め、
ようやくBook12 Lesson5が終了、DWEレッスンが全て終わりました!

言語科、空手の稽古、マリンスクール・・・
並行しての取組みで時間を確保することが難しかった。

何事もそうですが「時間を作るぞ!」と決めて、
無理やり実行しないと時間の確保は難しい。

時間がないから・・・を理由にしていたら、
何もしない間に半年、一年と過ぎてしまいます。
短期間だからこそ自分に鞭が打てました。

息子が1歳で仕事を始め、2歳でフルタイム勤務へ。
英語にかける時間はあまりありませんでしたが、
娘も息子も英語がすぐ傍にある環境ではありました。

例えば、毎日の公立保育園の送り迎えの車内で、
シング・アロングやストーリーCDを聞いていました。

最近の車のようにたくさんの音源を落とす事が出来なかったけど、
小学校入学までにDWEのソングやお話を楽しみました。

娘の言葉を借りるなら、
「覚えさせられた事はない。自然に頭の中にあった。」
その通りなんだろうと思います。

歌ったり踊ったりの動作で現れる娘とは真逆で、
息子にはそれがありませんでした。

英語に興味を持っている様子もなく、
英語でトランスフォーマーがやっていれば見る。
英語でジュラシックパークがやっていれば見る。

日本で暮らす日本人で「国語は苦手」な人はいても、
「日本語が苦手」と言う人はあまりいないのではないかと思います。

息子と英語の関係は、
「英語は好きじゃない」でも「英語を使うのが苦手」とは思わない。
そんな感じではないかと思っています。

DWEを始めたのは息子が生後3ヶ月、
英語を耳にする生活を続けて2013年1月にDWEレッスンスタート。

DWEレッスンを通じて、
息子が知っている事&理解が出来る事の確認作業は終わりました。

残りのCAP課題を作成しつつ、「卒業までに身につけたい力」、
この辺りのテコ入れをしたいと思います!

今月も課題提出できて良かった\(^o^)/
スポンサーサイト



やっぱりすごい、Step by Step!

去年の夏にTE(テレフォン・イングリッシュ)のBookLessonを始めた息子、
始めた当時は先生からの言い直しが度々入りました。

久しぶりにお会いした先生とのレッスンで、
去年は言い直しが多かったけれど今年はなし!

前回の時は「センテンスで答えられる練習を・・・」
とアドバイスをもらい、無理に覚えさせたくない気持ちから、
どうしたものかと悩んだりもしたけれど自然に任せました。

ステップ・バイ・ステップでCAP課題をしている効果、
ちゃんと出ています(*^_^*)

ステップ・バイ・ステップは系統立て英語を理解出来るよう、
細かくカリキュラムが組まれています。

たくさん音入れをしたごちゃごちゃの頭の中を、
整理整頓してくれるのでぶつ切り単語発話から少しずつセンテンスで
答えられるように作られていると実感。
本当によく出来ています!

子供と私にとってステップ・バイ・ステップは先生のようなものです。

息子の会話でMe tooをよく聞いていましたが、
Me neitherの使い分けがようやく始まりました。

我が家の進度はとてもスローモーですが、
来年はどんな事が出来るようになっているかとても楽しみです!

DWEのライム修了\(^o^)/

息子宛にライムCAPが届きました~!!

ライムCAP

今月あたまにチャレンジしたTelephoneCAPのライム、
パスをして・・・帽子が届きました。
このCAPに見合った実力が息子に伴っていると思いたい(^_^;)

DWEレッスンもイエローに突入し、
もう少しでBOOK12が終わりそうです。

DWE熱がアツい!

この9月はDWEユーザーにとって特別な月、
年に一度の卒業課題にチャレンジ出来る特別な一ヶ月です。

夏休みが終わる前後から「DWE卒業」についての話題、
あちこちのブログで話題になっています(*^_^*)
卒業話題から新たな出会いが生まれたり・・・

ゆるいDWE生活を続けて10年が過ぎ、
ブログがきっかけで大先輩DWEユーザーさんや
同じ様に取組みに励むDWEユーザーさんたちとの出会い。

こんな私たち親子に暖かく手を差し伸べて下さって、
「私はとても恵まれている」と実感&感謝の気持ちに満たされている、
今日この頃です。

皆さん、どうもありがとうございます(*^_^*)

DWEの取組みは息子中心になっている我が家。

娘が特殊なのか、DWE教材との付き合い方が良かったのか、
正直よく解りません。娘が辿った道を3年遅れで歩いている息子。
英語をツールとして確立出来るよう親子で頑張っています。

昨日のTE(テレフォン・イングリッシュ)でテレフォンCAPにチャレンジしPASSを頂きました。
息子は歌が上手でなく指定曲を歌わなければならい、
テレフォンCAPの歌を歌うのはいつも辛そうです(^_^;)

周囲のDWE熱を原動力に我が家のペースで走ろうと思います!

中学英語開始までに終わらせておいて良かったと思う事

幼少期から英語子育てしてきて良かったなと思えるのは、
中学入学までに、

「英語の聞き取りが無意識に出来る耳」
「英語でコミュニケーションが取れる事」

などの部分で一段落をつけられた事です。

先日記事にしましたが娘の小4当時のテープを聞き、
小5、小6、現在の様子、それぞれ段階的に見てみると、
成長と共に聞く話すなどに違いがはっきりと表れていました。

それが良かったと思える事。

春に中学生になり、
学習として英語を学ぶようになってから私が願うのは、

「学習としての英語を身付けつつ強固な英語力を・・・」

に切り替わっています。
けれど実際のところ取組みが出来ていないのが現実です。

中学生は小学生以上に時間がない事と、
何と言っても親の思い通りにスケジュール管理が出来無い事。
当然と言えば当然の事ですが実感しています(>_<)

楽になった事と言えば親が意識的に英語を聞かせなくても、
勝手に英語を見聞きしている事ぐらい。
でも偏りのある娯楽部分しか伸びていないと思います。

英語でも楽しめると言う事を素直に喜ぶべきなのか・・・(^_^;)

娘が辿った足取りをベースに息子への働きかけ、
中学入学までの限られた時間をうまく使い一段落をつける事
それを目標に頑張りたいと思います!

娘のDWE卒業テープを電子データ化に

友人とのDWE卒業テープに携わる話に触発されて、
3年前(当時小4)に録音した卒業テープを電子データ化。
格闘しました・・・・何とか形に落ちつきました。

久しぶりに聞いたその声は高くとても可愛らしく、
現在のドスの聞いた低声の娘とは思えません。
こんな頃があったんだ~と懐かしい気持ちで一杯です!

3年を経て息子が卒業に向けてCAP課題に取り組み中。

息子もいつか卒業テープを作れるように、
娘のテープを聞きながら頑張ろうと思うのでした(*^_^*)

びっくり仰天!自主的に勉強してる?!

子供たちが宿題をする際、
辞書アプリ&調べもの活用としてiPadを使用させています。
WiFiモデルのため完全自宅使用にしてます。

ベアフットのワールドアトラスもお気に入りで、
最初は日本語で楽しんだ後、今は英語モードに変わりました。
(息子に英語にしてくれと頼まれた)

教育教材の一環としてのiPad。

そして、宿題が終わって時間が余った時はYou Tubeを見てもいい
と言うのが我が家のルールになっています。

この状態から更にプラスしているのがWFクラブの有料会員サービス、
WorldEnglish.tv plusです。
小さい子にオススメ!の動画コンテンツや、大きい子にオススメ!の動画コンテンツ、
耳を鍛える為に音声だけで楽しむラジオ形式のものもあり、
お楽しみ満載となっています。

料理好きな娘(2012年CAPキッズのスピーチでも話をしていました)が、
アビー先生の動画を真剣に視聴しています。

ただ見聞きしているだけなのかと思っていると、
所々メモ(英語)を取っているのに気が付きました!!
これこそ本来の学習姿(T_T)

今後これがどのように役立つかは不明です。

新着動画がアップされていないか帰宅後チェックするほど、
かなり入れ込んでいる娘。

この情熱を学習面にも注ぎ込んでくれたら、
高校受験の心配とか一気に払拭出来るのですが・・・
やれやれです(^_^;)

「みんなのプレイタイム!」にいます♪

最新号ワールド・ファミリー・マガジン、
で紹介されているWorldEnglish.tv plusの
「みんなのプレイタイム!」の動画に娘が登場しています。

最初は姉弟で・・・と言うお話でしたが、
息子はマリンスクールの南伊豆自然教室で不在。
私も仕事で不在でしたので、
部活が休みで自宅待機だった娘が一人で対応。

滞りなくプレイタイムを終了したようでした。

出来上がった動画を確認するまで、
どんなやり取りをしたのか全く解らずで冷や汗ものでしたが、
初めてお会いしたマック先生とのお話、
「楽しかったよ~」と娘。

(余談ですがWFマガジンには姉弟で登場しています)

WorldEnglish.tv plusのみんなのプレイタイム!を覗いたら、
コメントを頂いており娘と母で喜んでおります。
その場でお礼のコメントを付ける訳にもいかず・・・・

このブログに訪問されておられるとは思いませんが、
この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

コメントを頂きまして、
どうもありがとうございます!
1年、3年、5年、10年・・・20年と、
DWEと楽しくお付き合いを続けられたらいいな~と思っています。
ゆっくりペースでDWEを続ける母娘ですが、
暖かい励ましの言葉を胸に刻みこれからも精進します!
本当にありがとうございました

プレイタイム

ああ苦戦中学英語・・・英単語へ日本語意味をあてる難しさ

夏休みの英語宿題では娘、
英単語の日本語意味を書き込むプリントに苦戦していました。

名詞などは問題ありませんが、
形容詞や文の前後でニュアンスが変わる単語たちです。

娘の場合「話し言葉」での解釈で意味を把握してきたため、
crazy=行動がぶっ飛んでいるイメージが強く、
学校で習った「熱狂的な踊り」crazy danceのイラスト、
(男の子が盆踊りで一生懸命踊っていて異常な様子や行動はない)
には釈然としないようでした。

助動詞も前後に何がくるかでニュアンスが変わるから、
文章全体を見ないと意味が書き込めない様子。
小さいマス目に書き込めるだけ書き込んでいました・・・・

(学校で習った意味だけで良いと伝えましたが(^_^;)

学校では同じような意味合いでも、
授業で習った文法で答えを書かなければ○はもらえません。
ニュアンスがどうだと言っても○にはならないのです。

「学校で習う英語とコミュニケーションツールとしての英語」

娘にとっては不本意な事ではあるとは思いますが、
こういう事も勉強の一つと気持ちを切り替えて、
勉学に励んで欲しいな~と思うのでした。

中学校で学ぶ英語と幼少期からの環境で学び取る英語、
両方バランスよく身につけるって難しい!!

特別展マンモスYUKAとナイトズーラシア2013

マンモスYUKAが発見されたニュースを聞いた時、
いつか実物を見てみたい・・・と思った夢がようやく叶いました。

YUKA

「マンモスはゾウとは比べものにならないぐらい大きい」

とずっと思っていましたが、
展示された化石や説明パネルを見てビックリ。
いまのゾウたちと左程代わりない大きさでした。
また、アジアゾウの先祖に近いらしく、
当然ながら骨格もアジアゾウと似ています。

自称動物好きの私ですが、
アフリカゾウとアジアゾウの違いと言えば、
生息地、性質、耳の大きさが違う。
ぐらいしか思いつかなかったのですが、
比較展示を見ると細かい違いが紹介され、
なかなか勉強になりました。

牙や骨や歯などに触れるコーナーに、
体毛に触れるコーナーがあり触ってみました。
体毛(外毛)はゴワゴワした繊維質ぽい感じ。
なかなかインパクトのあるさわり心地です。

展示されているYUKAは正面・側面・おしり側と
3方から見る事が出来るようになっており、
側面はたくさんの人が群がっていました。
正面とおしり側から見てみるとYUKAの保存状態の良さに
衝撃を受けずにいられませんでした。

残るのが難しいとされる脳も残った状態で
こちらの展示はありませんでしたが、
脳を摘出するためにカットした後の残る頭蓋骨の展示はありました。

世紀の大発見とはまさにこういう事を言うのだと思います。

同じ様にケサイの展示もありましたが、
こちらは人気がなくちょっとさびしいものがありました。

ケサイの外観も今のサイとあまり変わりないようです。
違うのは体毛がある事で良く目を凝らしてみると、
角にも体毛らしきものが確認できました。

どちらも凄いけど生々しさを感じます。

同日夜に「ナイトズーラシア2013」へも行ってきました。

午前中に大昔のゾウを夜は現代のゾウを観察。
ズーラシアにはインドゾウが飼育されています。
改めて見るとマンモスに似ていると感心しました。

飼育員さんがインドゾウの牙を見せてくれました、
実際に持ってみるとずっしり重く、
見た目は荒いのに化石の牙とは違いとても滑らか。

飼育員さんにYUKAを見てきた感想と
実際にインドゾウを見てマンモスの共通点や
象牙の質感などの話をしたら、
まだ行っていないんですよ~と羨ましそうな顔をされてしまいました。

ゾウの生態に詳しい関係者がYUKAを見たら、
私なんかとは違う目線で色々観察が出来て楽しいだろうな。

飼育員さんと話をしている間に、
日が落ち始めだんだんナイトっぽくなってくると、
普段とは違う動物園の様子に息子は大興奮。

気になる所へどんどん一人で進んでいくので、
追いかけていくのが少々大変ではありましたが、
どちらもタップリ2時間半あれこれじっくり観察し、
中々出来ない体験が満喫できた一日でした。

マンモスハウス

お気に入りはこの「マンモスハウス」!
始め人間ギャートルズみたいでした(^^)

LとRの聞き分け

あっと言う間に過ぎ去った8月。
夏休みは駆け足で過ぎ去りもう8月末から学校でした。

マリンスクールの合宿前の水泳教室、合宿、OB会、
溜め込んだ夏休みの宿題に追われれて・・・
DWEのCAP課題がほとんど進まなかった8月。

久しぶりに息子とCAP課題の取組み。

自宅不在の時間が多く英語を聞かない珍しい月でしたが、
英語の音を忘れる心配があるような年齢でもなく、
「やるのめんどくさい~」と言いながら1レッスン終えました。

Right Light Checkで”rockかlock”を答える質問。

どんな質問なのか私がイラストを確認する前に質問が流れてしまい、
息子が「ピロリロリーン♪」と答えを選んでおりました。

即答でした。

考えるまでもなく聞こえたとおりの音を選べています。
一方私は準備万端で臨まないと相変わらず反応出来ません。

このお休み中に、
お盆休み前に提出した録音課題の結果が届きました。
前倒しで取り組んでおいて良かったと心底思います(^_^;)

課題と一緒にワールド・ファミリー・マガジンも届き、
11月からTE(テレフォン・イングリッシュ)のレッスン内容が変更になるようですね~
まだ流し読みなのでしっかり把握しておかねば。

もう9月!今年も残り3ヶ月!!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ