FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

ユーザーブログを始めて1年を迎えました

ディズニーの英語システム、
ユーザーブログを始め1年を迎えました。

DWE卒業生の娘時代の取組みついては、
DWEで英語を身につけた回顧録とDWE広報活動などの様子。
DWE卒業後のスピーキング&学習英語についてを発信。

ブログを始めた当時はDWEで英語の土台作り中だった息子は、
2013年1月~DWEレッスンの取組み始め、教材内容の奥深さや、
プラスαの取組み等をリアルタイムで発信中。

気が付けば1年、早いものです。

ブログ上では独りよがりな発信になりがちで、
ご縁があり読んで下さる方々に不快な思いをさせてはいまいか・・・
とドキドキしたりしておりますが、
週末イベントで暖かい声かけを頂く機会に恵まれるようにもなりました。

本当にどうもありがとうございます!

長くDWE生活を続ける中で感じるのは、
英語の習得に語学のセンスはあまり重要ではないと言う事です。

DWEは日本にいながらもうまく英語環境を作り出せる教材。
お子さんに効果はきっと現れるはずです。
共に頑張りましょう!

これからも「楽しい英語環境の作り方」「興味に合わせた教材の組み合わせ」
などの実践的方法をジャンジャン発信したいと思います!!

変わらずお付き合い頂けるならばとてもうれしいです。
どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)

Marie(マリー)

スポンサーサイト



DWEのCAP課題がBook9終了

先月はお泊りであまり進まなかったDWEレッスン、
ようやくBook9が終わりました。

4、5歳でスタートする場合は何度もレッスンを繰り返し、
意味の理解と定着を根気よく続けるレッスンになると思いますが、
DWEレッスンのスタートが遅い我が家の場合は、
今までの多聴生活の中で英語を英語のまま理解できるか、
DWEレッスンを用いて確かめている感じです。

娘と取り組んだ2~3年前の私では気が付かなかった、
DWE教材の素晴らしさにたくさん関心をしています。

私自身少しだけ英語力がアップ(?)した事、
ディスレクシアを持つ息子の様子を観察しながら進めているので、
前回よりも濃い取組みだからなのかもしれません。

DWEの挫折はグリーンとライムを境に多いと聞きますが、
2回目を経験してみてその通りだと感じます。

特にライムの最後Book9は奥が深い。

後半の「たくさん、すこしだけ、少しもない」の基本と応用。
中学校の時にこれらの表現が名詞によって変わると習ったけど、
恥ずかしながらうろ覚えな私。

私がうろ覚えなこの部分をDWEでは自然に理解できるように作ってあります!

改めてそれに驚きました。
そしてこの辺りが挫折の壁なのかもしれないとも思いました。

未就学児が理解するには難易度が高いかも・・・・
少なくとも我が家の子供たちのその当時では無理だと思います。

そんな思いもありBook9は奥深いと感じました。

息子は音では知っているけど内容の理解が出来るのか、
SBS(ステップ・バイ・ステップ)で進めていくときちんと答えられていました。

もちろん直近で映像を介して音と結び付けただけなので、
自分自身の使える言葉として瞬間的に選べているのかは不明です。
この辺りもおいおい経過観察をしたいと思います。

前回記事にした、
ネズミが登場しそれぞれの家の距離感を確認するレッスンで
farとcloseを目と耳でリンクさせた息子。

ライムSBSの最後のレッスンで反対言葉を答えるレッスンがあり、
farと促されcloseと答えられていました。
DWEとは関係のないところで登場したら息子と私、
どちらが先に気が付くかドキドキ楽しみです。

とりあえず現段階ではOKとしておきます(*^_^*)

アクセントの違い&発音の違いに気が付いている?!

日本語と同じ様に英語でも、アクセントの位置で意味が変わったり、
同じ綴りなのに発音が変わる言葉があります。

恥ずかしながら音の違いを聞き分ける事も、
飛び交う英語の音の中でそれらを見つけ出せない私。
娘と一緒にキクタンリーディングをしていると、
そんな発見が実に多いのです。

produce transport present desert object subject

名詞や動詞でアクセントが違ったり、
アクセントの位置で意味が変わったり・・・実にややこしい。

娘や息子からすると耳から英語の音を入れる事、
普段の様子を見る限り無意識に出来ていると思われます。
(記憶に残るかは別として)

綴りは同じだけど発音が変わる
過去に記事を書いている因縁の”close ”が再登場!

おうちで英語を始め去年までスルーだったclose。
グロービッシュのアプリで勉強した際の私が不正解だった問題。
その時に娘に試したら正解を選べた娘。

私とcloseの因縁はまさにこの時から始まりました。

現在息子と一緒にDWEのCAP課題に取り組み中の私。
レッスン中に何とこのcloseが登場したのです!!

BOOK9のLesson2でActibityBookの33ページ、
ネズミが登場しそれぞれの家の距離感を確認するレッスンです。
息子は気が付いてるのか解りませんが、
指示通りに色を塗り、質問に答えていました。

娘の時に一緒にやっていたはずなのに、
私は音と意味のリンクが出来ておらず全くスルーだったのです。

自分での疑問や体験や経験を繰り返す事の中で
聞き取り理解がようやく出来たcloseに思わず感無量の瞬間でした(*^_^*)

音の聞き分けや発音で子供たち「どうしてお母さん解らないの?」と笑われても、
聞き取りで苦労しつつもどこかで繋がる時の達成感。
子供たちと大人の私では英語の学び方スタイルが違うので、
きっと理解出来ないだろうな~

子供たちの聞き取りと再生能力は本当に羨ましい。

さて、息子にとっては問題なくスルーしたこのレッスン。、
ちゃんと音を記憶しどこかで使えるかはまた別問題なので、
今後の様子を観察したいと思います!

WorldEnglish.tv plusのプレイタイム2回目

6月の際はPCの準備が出来ておらずiPhoneで対応し、
映像がうまく表示されずプレイタイムの満喫が難しかったのですが、
7月は先生と子供たちの映像がディスプレイに映りました。

無事に満喫です\(^o^)/

プレイタイム中の様子を言葉に表すのは難しいのですが、
例えるなら「先生側の画面まで飛び出しそうな笑いっぷり」
ものすごくはしゃいでいました。

今回は「何が入っているか当てるゲーム」にチャレンジ。

プレイ・アロングに接しているお子さんなら、
楽しく参加出来る内容でした。
発話はちょっと・・・と心配があっても、
ママが一緒に同席出来るから安心だと思います。

我が家は最初と最後の挨拶だけ私が同席し、
後は先生と子供たちでプレイタイムを進めています。

娘は1対1でも問題ありませんが、息子は1対1だと不安らしく、
姉と違い同席出来るこのスタイルが安心&お気に入り(^_^;)

週末イベントなどで英語を話せるママさん方が、
率先して先生たちに話しかけているのを拝見しては、
「あんな風に話せたらいいのになぁ」
と言う思いで何年も何年も過ごしています・・・

気にせず話せばいいのにと言われてしまいそうですが、
片言で単語を並べるだけの私が先生と話すとしたら、
うんと時間をかけなければならず、
他のご家族に迷惑をかけるのは目に見えています(>_<)

そんな訳で私もプレイタイムを受けてみたい。

今のところ1家族月1回のみ参加となっており、
子供優先で来月も利用したいと思います!

DWE CAP課題提出 -2013年7月-

7月は3課題提出。

・Pre Lesson 7
・Review 7
・Pre Lesson 9

1月からDWEのCAP課題を始め、
いま現在でBook10 Lesson2まで終了しました。

先月に引き続き今月も息子お泊りの予定があり、
後半慌ただしくなるまえにオーディオ課題に取組みました。

TE(テレフォン・イングリッシュ)でのBooklessonも気が付けばスタートして1年。
いつの間にかDWEのCAP課題が追い越してしまい、
現在Book7Lesson5に突入。

課題の復習(?)となっています。

平日は言語科の宿題と学校の宿題。
土日はDWEのCAP課題。
空手の稽古と多聴の毎日です。

ディスレクシア(失読症)の息子に役立つよう、
学習面でiPad miniを使用中。音声入力機能や辞書アプリ活用してます。

iPadでもYou Tubeが使える事に気が付いてしまい、
(今までは許可を出してはいなかった)
どう検索したのか解らないけれど、お友達のハーフくんから教えてもらった、
海外おもしろ動画を大笑いで見ています(^_^;)

娘がこれに参加すると大笑いを通り越して騒音です(-_-;)

息子がどの程度内容を理解しているのかは不明、
英語が早すぎて私は聞いても左から右に流れて頭に残りません(>_<)
娘と交代しながらそれらの動画を再現して遊ぶので、
聞き取り→再生の確認は出来ています。

多聴は幼児向けの知育アニメ「リトル・アインシュタイン」、
Eテレ放送の「リトル・チャロ」「ビクトリアス」「アイカーリー」
などを好んで見聞きしている息子。

英語の読みに関してディスレクシアが足を引っ張っていると感じます。
あまり読みにこだわらず息子のペースで、
DWEのCAP課題を続けて行きたいと思います!

今月も課題提出できて良かった\(^o^)/

子供の興味に合わせてドカンと投下!

この夏に劇団四季「ウィキッド」が公演されます!

wicked

小2当時の娘が初めて見たミュージカルです。
日本語で観劇しましたが内容に感動し、
すぐにBroadway版サントラを入手しました。

耳で聞いてそっくり覚える能力は好きな物だけ強力に発揮され
あっという間にBroadway版を覚えてしまった程。
娘の場合好きなシリーズのサントラは今も英語生活に役立っています。

一方興味が解りにくい息子。

2歳の時に恐竜博へ行った時、
実物の恐竜の足元に立ち踏みつぶされそうな写真が撮れるコーナーで
「踏まれる~!」と大泣きをしたのですが・・・
帰宅後に動く恐竜の映像として「映画ジュラシックパーク」を見せたら、
恐竜がどんなものかをリンクしてそれからずっと恐竜マニアです。

生活の中でどんなものに興味を持つか解りにくいけど、
興味を持ったものをいかに自然に英語と結び付けるかを試行錯誤してきました。

それぞれのときめき材料は
娘が音楽と漫画系、息子が生き物とマシーン系。

「興味に合わせてドカンと投下してきたな~」

とウィキッドのCMを見て思い出したのでした。

DWE(ディズニーの英語システム)で楽しく英語に触れながら、
そこから発展させて英語で好きな物を見つけられたから、
何とか英語子育てを続けてこられたのかもしれません!(^^)!

環境で覚える英単語と中学校で覚える英単語の違い

娘は生活環境で様々な言葉を覚えてきました。

中学校の授業で役立つ日が来るのか解らないようなものを含め、
どの程度言葉を知っているのか解りません。

中学校で覚える英単語は最初から難しいものが登場するのだと思いました。

娘が”nervous”と言う言葉を覚えたのは確か、
TE(テレフォン・イングリッシュ)の最中だったと思います。
でも中学校英語ではもう登場してきました!

ちょっと前まではアルファベットの大文字&小文字を
正しく書く事をやっていたのに随分飛躍したな~と感心。

同時に学習で言語を学ぶってこういう事なんだなと感じました。
中学生にもなれば難しい事でも簡単に理解が進む。

まだ総体的な英語力では娘に分がありそうですが、
学習面の理解で追い越されるのはそう遠い未来ではなさそう(^_^;)

今は語彙と英語を介しての知識強化の為、
短いコラムを見聞きする生活をしています。
英語子育て家庭における我が家の英語進度は非常にスローペース・・・

高校入試の時に勉強時間を割かなくてもいいように、
今のうちに出来る事を進めておきたいと改めて思いました!

Skypeオンライン英語アクティビティに参加しました!

WF(ワールド・ファミリー)が提供しているスマートフォンアプリ、
WorldEnglish.tv plusのプレイタイムでは、
Skypeを利用し先生と英語アクティビティに参加が出来るようになりました。
先生を選び予約を入れる事が可能です。

iPhoneアプリのSkypeを使ったのでちゃんと使えるかドキドキ、
予約時間にコールがかかってきました。

子供たちが参加したのは「指示通りに絵をかくアクティビティ」、
こちらの映像は先生に映ったのですがスマートフォンからだった為か先生の映像は映らず・・・
でも先生の映像はなくても声は聞こえたので、
指示通りに子供たちは絵を描いていました。

お話とアクティビティで約6分間程、
あっと言う間に終わってしまいましたが夢のような時間です。

大好きな先生に会いたくて週末イベントに申し込んでも、
違う先生の週末イベントだったりこちらは選ぶ事が出来ません。
プレイタイムであれば先生を選択する事が可能です。

プレイタイムであれば自宅付近で週末イベントが行われないご家庭でも、
場所や時間や移動の労力を選ばずに参加が可能です。

これらは大きなメリットだと思います。

デメリットとしては対象年齢が低い場合の参加は少し難しそう。


今のところプレイタイムは「月1回のみの利用(有料)」」ですが、
9月末まではお試し期間中のようです。

利用者のニーズに合わせて回数を増やせてもらえるといいな~
今回スマートフォンのskypeアプリを使ったのが原因で映像が映らなかったのかもしれないので
次はPCでのSkype環境を整えてチャレンジしたいと思います(*^_^*)

WorldEnglish.tv plusの新サービス・プレイタイム

今まではPC経由だったことが多く利用が遠のいていた
WorldEnglish.tvでしたが・・・・

アプリが配信され一部機能がスマホで簡単に対応できるように!

9月末まで月額利用料が無料になるので、
しばらく利用してみたいと思います。
※10月以降は月額525円(税込)

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)の会員向けサイトは、
どちらかと言えば小さい子が楽しめるコンテンツが多いのに対し、
WorldEnglish.tvの動画サイトはDWE(ディズニーの英語システム)
で英語に慣れ親しんだ小学生以上が楽しめるような
動画が充実しているように感じます。

そんな中で是非利用したいと思うのがSkype(スカイプ)を利用する
「プレイタイム」です!

今までWorldEnglish.tvでオンライン英会話が出来たらどんなに良いだろう
と思っていたのがようやく実現したのです。

まだまだ利用についての問題点はありそうですが、
どんなオンラインレッスンかドキドキしながら予約を入れました。

実際に取り組んだ感想は後日記事にしたいと思います!

【動画あり】週末イベントCAP Kidsでの娘スピーチ2013年

去年のCAP Kidsはずっと棒立ちで話していたスピーチでしたが、
今年のCAP Kidsはやや改善された棒立ちスピーチに。

吹奏楽部のコンクール練習で2日間しか練習が出来ず、
娘らしいのんびりペースで話しています。

スピーチの出来栄えについてはノーコメントですが(^_^;)
先生からの質疑応答はしっかり出来ていたと思います!

英会話は去年の夏からTE(テレフォン・イングリッシュ)のフリー・カンバセーションをスタート。
毎週10分前後話すようになり1年前よりは格段に進歩しました。
今のところオンライン英会話などは活用していません。

DWE歴10年になる娘のスピーチです。
ステージからの距離がありマイクの音がうまく拾えなかったので、
ご興味をお持ちの方は音量を大きくしてご視聴下さい。


週末イベントに参加♪ in CAP Kids 2013年度(後編)

イベント担当の先生がどちらかとても気になっていました。
自分のリスニング力の不確かさを知っているので(^_^;)

会場の入り口で迎えて下さったのはTE(テレフォン・イングリッシュ)の先生。
と言う事はTEの先生組が今回のCAP Kidsだな、
と思い会場へ入ったらなんとプレイタイムの先生もいらっしゃる!

去年のCAP Kidsと同じ先生方です。

こんな事もあるんだなぁって驚いたのとうれしいのと!
そして私以上にご満悦な娘に相変わらず緊張の息子。

グリーンの発表が終わるまでは傍に寄らず後ろで見守っていました。
「グリーンのお友達前に集まって」でブルブル震えながら立ち上がり前に向かいます。
見た目が幼く小さく見える息子、でもグリーンの中では明らかに年齢はビックです。

一人一人自己紹介がスタートし、いよいよ息子の順番。
名前年齢きちんとマイクに向かってきちんと話していました。
グリーンで取り組む発表はさすがに年の功なのか、
しっかり理解して楽しく取組めていたのでこちらも安心。

自分の番が終わってしまうとすっかりリラックスモードで参加です。

息子は学習障害の一種・失読症です。
その特性から日本語学習に重点をおいているので、
DWEのCAP課題は娘より遅くスタートしています。

同じ時期の娘がどんな様子だったかあまり覚えていませんが、
息子もCAP課題を始めてから発話が多くなりました。
(失読症は聞いて理解する事や話す事に問題ありません)

今回のイベント中でもその様子が垣間見られ、
先生が「外国のお友達がいる子はいるかな」と質問すれば
「カナダ人の友達がいるよ、名前は○○だよ」と英語で答えたり、
Canadianって単語を知っていたのにも驚きました。

私は教えた覚えがないのでどこかで覚えてきたのだと思います。
その他も質問に対して英語で答えているのを何度も耳にしました。
今日も一緒に歩いていて息子に少し接触してしまったので、
「エクスキューズミー」と何気なく言ったら、
教えていないのに”don't worry.”と答えたのでまたビックリ。

そんなの初歩の会話でしょうと思われてしまいますが、

「何処で覚えたのか解らない、自由に使える言葉を増やす事」

親バカだと思いますが、
こんな事がいずれスムーズな英会話に繋がるのだと思っています!

娘のスピーチに関しては+αの部分に成長を感じました

去年はスピーチで一杯一杯気味。
スピーチについての内容の質問もyesやnoだけで答えた他に、
短めの言葉だけで話し、たくさん話す事はしませんでした。

今年は質問以上の受け答えをしてかなり暴走気味でした(^_^;)

ところどころ間違えたりはしていたけど、
棒立ちだった去年に比べ、伸び伸びと普段の娘らしく話せていました。

スピーチは自分の言葉で相手に思いを伝える事。
楽しい事、うれしい事、嫌な事も知っている言葉で思いを伝える。
背伸びはしなくて良い、思いを伝える事が大切。

前回と同じく原稿も自分で下書きをして、
パソコンへの打ち込みと原稿提出は私がサポートしましたが、
来年はパソコンで原稿打ちまでやらせてみようと思います。

実はCAP Kids今年で娘は最後にしようと思っていました、
年齢的にも大きなお姉さんですし・・・
TEの先生に「来年もスピーチしてね」と話を振られ、
「うん、またやる!」と力強く約束した娘でした。

どのお友達もスピーチとても上手で、
一生懸命練習してきたのが伝わりました。

台本なしの先生からの質問に答える事に対しては、
毎回感じますがCAPカラーに関係なく本当に個人差がありますね。

・英語を話す時に明らかに英単語を思い出そうしている友達
・英語を話す時に日本語→英語に変換しているだろうお友達
・英語の聞き取りは出来るけど、アウトプットが伴わないお友達

それぞれの段階に合わせて取組みが思わず頭に浮かびました。
そして現在DWEのCAP課題に取り組み中の息子も・・・
皆が主役のCAP Kidsは本当にドラマですね(*^_^*)

娘と同じかそれに近いレベルにするために地道に取組みたいと思います!

週末イベントに参加♪ in CAP Kids 2013年度(前編)

大好きな先生に会えるかもしれない一心で、
CAP Kidsに参加すると決めた娘と初のグリーンCAPで参加の息子。

息子は今まで娘のおまけでライトブルーで参加していたので、
前に並んで歌を歌う事を知りブルーな気持ちで当日を迎えました。

直近のTE(テレフォン・イングリッシュ)の先生がCAP Kidsの先生で、
「日曜日のCAP Kidsでのスピーチ緊張している」と娘が話したところ、
「大丈夫だよきっと出来るから、当日応援するからね!」
「会場で会えるの楽しみにしているよ!」の励ましを頂き、
ちょっとモチベーションが上がった娘。

実は今回の原稿添削はその先生がして下さいました。
何と言う偶然でしょうか!!
(内容についての話はしていないのでそれ以上の話しはなし)

そして1時間後、WorldEnglish.tv plusのプレイタイム、
Skypeオンライン英語アクティビティを体験!
こちらは先生が指定出来るのでお世話になった先生で予約。

去年のサマーキャンプでは本当にお世話になり、
それから先生ラブの娘です。

「ビデオ通話だからお互いに姿が見れるね」

と楽しみにしていたのですが・・・iPhoneからのSkypeは私の設定不備で
上手くいかず、先生の姿は拝見出来ませんでした。

でも子供たちの映像は映ったらしく画面越しの再会に大喜びの子供たち!
(*^_^*)

アクティビティが終わった後のお別れ挨拶で、
「日曜日のCAP Kidsでのスピーチ緊張している」
と娘が話したら、
「日曜日に会えるね、楽しみにしているよ!」
と励ましを頂いてモチベーションが更に上がった娘。

リスニングに自信がない私は先生方の言葉に「?」でした。

と言うのも、イベント・インフォメーションを見ると、
TEの先生とプレイタイムの先生方の組は違うようなのです?
娘は「どちらも来ると言っている!」と主張するし・・・・

そんなやり取りをしたにも関わらず、
部活だ空手だと時間に追われていた息子不在の金曜深夜、
(息子は学校のお泊り校外学習だった)テレビを見てゴロゴロしていた
娘をつかまえ「スピーチの練習は如何に?」と問いただしたら、
「時間がないんだよ」と娘・・・・・何もやっていない。

突貫工事の練習に付きあう羽目になりました。
日曜日も部活があり会場入りまでほとんど練習出来ず(-_-;)

中間テストで大変な目に合ったと言うのに全く変わってない~

CAP Kidsがスタートしてさすがにまずいと焦っていたようだけど、
グリーンCAPで集団発表の息子の方が明らかに緊張していました。

前置きが長くなってしまったので、ドキドキハラハラの
CAP Kids参加中に感じた子供たちの成長の様子は後編へ続きます。

DWE CAP課題提出 -2013年6月-

6月は3課題提出。

・Book 6 Telephone
・Pre Sing Along!3
・Sing Along!3

1月からDWEレッスンを始め、
いま現在でBook9 Lesson1まで終了しました。

今月は2週連続して息子がお泊りだったため、
本人の疲労と集中力を考慮して2週分CAP課題をお休み。
1ヶ月あまり進まずでした。

決めた事をブレずに貫き通す事は必要な事だけど、
息子のためと思ってやっている事を本人の体調を気にせず、
強引に推し進めるのは違うだろうと思うので、
こんな月があっても良いでしょう(^^)

その変わり平日は多聴の日々。

毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)に加えWorldEnglish.tv plusのプレイタイム、
ORTのCD読み聞かせを細々と続けています。

先日のCAP Kidsで感じた数々の中で、

「小学生までにナチュラルスピードの英語が無意識で耳に入るようにする」
「小学生までに英語を聞き、英語のまま理解が可能にする」
「小学生までに英語が話せるようにする」

をしっかり押さえたいなと思いました。

日本語(母語)の基盤がしっかり整った中学生以上なら
英語の読み書きは中学生でも十分間に合うと思うから。
でも上に上げた3点を大きくなってから身に着けるのは至難の業。

忙しく過ぎた6月でしたが何はともあれ、

今月も課題提出できて良かった\(^o^)/

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ