FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWEのグリーン卒業\(^o^)/

息子宛にグリーンCAPが届きました~!!

CAPG

今月初旬にチャレンジしたグリーンCAPの課題Book6 Telephoneを
パスして・・・帽子が届きました。

6月は2課題を仕上げたのですが、
先月の音声トラブルはどうもカセットテープに問題があったみたい。
同じパックの物を使ったらやっぱり宇宙人声で再生されてしまい。
別パックのカセットで録音したら問題なく再生されました。

やれやれです。

娘の時は歌で苦労することがなかったのですが、
息子は歌が上手でないのでちょっと大変。

今月はお泊りが2回もありDWEレッスンよりも、
オーディオCAP課題を作る事がメインになりました。
スポンサーサイト



オーディオ課題の結果が届きました

年明けから始めたDWEレッスンはBook9へ、
課題提出はBook6まで終了しました。

年齢が年齢ですし今のところ問題なくPASSしています。
心配していたCAPMATEでの録音トラブルがあった課題も
無事再生できたようで安心しました~(^_^;)

CAPレッスンを始めてそろそろ半年。
始めた当時から今現在の息子を比べると、
「歌を歌う」「お気に入りシーンのセリフを話す」
など、よく口にするようになった事が大きな変化です。

娘は少し黙ってと言うぐらい歌を歌ったり真似をしたり、
間接的なアウトプットを自発的にするのですが、
息子にはありませんでした。

また真面目にSBS(ステップ・バイ・ステップ)に取り組んでいた娘とは対照的に、
SBSに出てくるお姉さんやアナウンサーの質問に対して、
可愛げのない突っ込みを英語で入れるのも、
息子ならではの行動。

今月はお泊りが2週連続であるため、
時間を見つけて課題録音進めています!

外国語を話すには・・・語学のセンス?それとも環境??

先日の運動会でママ友さんが、

「A先生が日本であれだけ話せるようになるには、
 語学のセンスがあるからだよ。」

と娘の事を話していたよと教えてくれました。
親子英語の中でも話題に上がる内容だと思います。

校庭で行った井戸端会議のメンバーは、

・一時帰国中のハーフくんママ
・日本在住で元英語講師のハーフくんママ
・日本でずっと暮らす私         

「環境で身に付くのなら、子供たちは話せるようになっていた。
 だから語学のセンスがないと話すようにならない」
と主張するママ友たちと、

「英語の好き嫌いがある姉弟だけど、どちらも話しは出来るから
 生活環境で身につくものだ」と主張する私。

まさに鶏が先か卵が先かの議論になりました(^_^;)

もしも生活環境が大きく作用しているとしたら、

・DSなどのゲームをさせない
・テレビが1台しかない
・自家用車もCDのみ

少し変わった家庭環境が関係しているのかも・・・
と思い当りました。

・ゲームはみんなで楽しむ
・テレビは家族みんなで同じ番組を見て笑う。
・親が運転しているのに子供だけテレビを見るのは何事だ

この話をしたら当たり前ながらものすごく驚かれました!
かなり時代を逆行している我が家。

語学センスは無いよりかあった方がいいと思うけど、
無いからダメだとか有るから大丈夫って問題ではなくて、
継続する努力なんだと思います。

じゃあ努力をしてきたのか?!と問いただされたら、
10年間ゆるく過ごしてきました・・・って感じだし。
そもそも私たち親子に努力とか根性って言葉は当てはまらない~

やっぱりうまく説明出来ない私でした(汗)

英語漬けホリデーだった運動会&初Skype体験

息子の運動会がありました。

いつもと同じ運動会とは違い今回は何故か英語漬け、
息子のお友達ハーフくんが来てくれました。

ハーフくん日本語がだいぶ戻ってきたと言っても、
言いたい言葉を日本語で話す事が思うように出来ず、
ストレスが溜まっているとママ友さんから聞きました。

部活が終わり午後から運動会に合流した娘が、
先日お話した外国人教師A先生が運動会へ遊びに来てくれたのを発見!
娘はイケイケタイプではなく、モジモジと引っ込んでいるタイプ。

今回も子供たちに囲まれたA先生を遠巻きに眺めていましたが、
「中々会えなくなってしまった」事、
「ハーフくんのストレス解消」の為に、
ハーフくんを連れA先生のところへ1年ぶりのご挨拶へ。

「普段は大人しいのに英語を話すと積極的な性格に切り替わる」

の例にもれず、娘もこのタイプ。
1年ぶりに会えて、鬱憤を晴らすかのように話していました。

ハーフくんママ友さんの紹介で新しくママ友さんが出来たのですが、
彼女は元英語講師で国際結婚をされ英語が堪能。
息子と同じクラスのママさんです。
小学校でA先生のお手伝いボランティア経験があります。

娘の事は知っていたそうですがお互い接点がなかったので・・・
意外なところから新たに接点ができました。
世の中面白いものです(*^_^*)

そのママさんがA先生と娘たちの所へ偵察に出た内容報告と、
どんな話をA先生としていたのかを娘から聞いてみて、
それぞれの内容がかみ合っていたのに驚きました。

A先生から、
「ネイティブの様に話せるようになっている、
 あと2、3年も続けていれば発音も今以上に良くなるよ」
とアドバイスをもらったそうです。

息子が出てくるまで校庭でずっと英語漬け、
ハーフくんと息子と娘で連れ立って遊びに行き更に英語漬け、
スカイプを知ってはいたけど我が家で利用した事がなく、
ハーフくんのパパさんと初スカイプで英語漬け。

このお休みは私には出来ない「英語漬けホリデー」となりました。

続 話せる程度から英会話までの道のり

話せる程度から英会話までの道のり・・・続きです。

英語でのコミュニケーションが取れている事が解り、
親の語りかけ代わりにTE(テレフォン・イングリッシュ)の
Book lesson始めました。

週1回約3~5分程度短い時間です。

聞かれた質問に答えだけでセンテンス通りに答えていなくても、
内容を聞き取りキーになる単語を言えれば良しとしました。

この頃は「英語は英語で説明した方がいい」と思っていたけど、
月齢が上がるにつれ「日本語で説明した方が理解が進む場合がある」
事に気が付きました。

たまたまテレビを付けた時に映ったBS TBS放送のCatChat。
この番組内の日本語と英語のバランスが絶妙で、
日本語での説明も無駄なく簡潔なのが気に入りました。

母語である日本語と聞き続けた英語をうまく結びつけ、
英語がそこそこ話せる→話せる程度に変わったのは、

「WFクラブのCAP課題」

何と言ってもこれに尽きると思います!!

WFクラブのCAP課題はとてもよく出来ていて、
片言で答えていた英語を少しずつセンテンスで答えられるよう、
自然に導いてくれる代物です。

プレイ・アロングを軸に、シング・アロングで骨組みを作り、
ステップ・バイ・ステップなどで形成し、聞く、話す、読む、
少し書くなど総合的な英語の基礎力を身に付ける事ができます。

でもここまでは一方的な問いかけに対して答えるだけでした。

さらに磨きをかけるのに役立ったのは、

「ファン・フォン・イングリッシュとTE(テレフォン・イングリッシュ)のフリー・カンバセーション」

Book lessonと違い会話の練習プログラムです。

卒業はしたけど実際の会話では敷居が高い・・・
と感じていた娘にはピッタリのTEのフリー・カンバセーション。
1年3ヶ月程長く続けました。

先生からの一方的な質問だけでなく最後に先生へ逆質問をします。
自分から質問をするのもこのTEのフリー・カンバセーションならではのもの。
こちらも週一回約5分程度の短い時間でした。

話せる程度→英会話へ近づけるにはやっぱり、

「フリー・カンバセーション」

知らない&見えない相手と電話だけでやり取りをするのって、
日本語でも難しい事だと思います。

・自分の耳と自分の言葉でコミュニケーションを図る
・表情やジェスチャーも使えず自分だけが頼り

週1回約10分前後を、今も続けています。

小学校での外国人講師たちと好きな漫画話で交流したり、
週に1回短時間の発話プログラムの積み重ねなど、
様々な要素がうまく混じりあって、

「話せる程度から英会話と呼べる」

結果へ繫がったのだと思います。

長々と思いつくまま書き綴ってしまいました。
ここまでお付き合い下さいました方、
本当にどうもありがとうございました(*^_^*)

話せる程度から英会話までの道のり

日本政府が英語教育を小学生低学年から必修にする事を
検討しているとか・・・

それに伴い本屋さんの英語コーナーも中学生以上からでなく、
幼児向け英語教材が増えた気がします。

我が家がDWEを購入した10年前からは比べものにならないほど、
町中の書店でも子供向けの英語教材を目にするようになりました。

今ほどブログやネットも賑わっておらず、
英語子育ての情報を探すのは本当に一苦労でした。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)会員サービスの
TE(テレフォン・イングリッシュ)で娘が、
先生とフリー・カンバセーションをしているのを横で眺めていて、
親が英語を話せない環境の中で娘が、

「話せる程度から英会話までの道のり」

どんな様子だったのかふと疑問に思い振り返ってみようと思いました。

効果的と思える「親の語りかけ」が出来ませんでした。
とくに語りかけをせず、DWE教材のかけ流しをしながら、
日本の保育園で日本語にどっぷり使った生活をしました。

たくさん体を動かして遊び、
たくさん日本の絵本の読み聞かせを保育園でして頂きました。

英語を意識?無意識??様子を見てもよく解らず、
とくに英語を嫌がる事もなく車でCDをかけ流す日々。
音源と絵本を合わせてめくる事もしないまま小学校へ入学。

小学校入学前後で、

「意味が解る&解らないを抜きにして英語を聞き取る事が出来る」

感じ。
聞いて理解する→少し話せる程度にレベルが上がったのは、
小学2年生前後だったと思います。

国際理解の先生が英語を話す他、
娘が2年生の時外国人教師導入のモデル校としてA先生が来校されました。

娘「A先生にお父さんかお母さんが英語話せるの?って聞かれた」
娘「だから(ここから英語)お父さんは話せないけどお母さんは話せる(また日本語)
  って答えたの」
私「お母さんも話せないよ」
娘「そうだね、でもお父さんよりはマシだよ」

娘と話したのが2年生の夏ぐらいと記憶しています。
この当時の娘は既に周囲とは違ったのでしょう。
そして娘が、
「英語でコミュニケーションを取っているんだ!DWEすごい!!」
と発見と感動した瞬間でもありました。

月に2回来校されるA先生との出会いが、
少し話せる→そこそこ話せるレベルへ引き上げてくれました。
・・・ちなみにこの頃はTEを活用していません(^_^;)

長くなりそうなので今日はここまで、話せる程度へ話は続きます。

ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
もうしばらくお付き合い頂ければ幸いです。

DWEを使って英語が話せるようになるの?

よく質問されます(^_^;)

親が英語を話せない&WFクラブの会員サービスのみで
少なくとも娘(DWE卒業生)は英語が話せるようになりました。

話す事に関して娘は私の手から離れており、
現在は息子がもっとしっかり話せるようDWEレッスンに取組み中。

娘は小2冬のスタート、息子は小3冬にスタートで、
よそのお宅に比べると非常にスロースタート言えます。

小さい頃から英語を聞いて育ち、小学校へ上がるころには、
面白い英語番組や映画を見て「その場面を英語で再現」
「聞こえた英語をすぐオウム返し」「小学校の外国人講師と会話」
などが出来ていました。

DWEのかけ流しだけで既にいろいろな事が出来ていたから、
「教材のもとは取った」「大変そうなCAP課題はやらない」
「課題を送るが大変そう」「卒業もしなくていい」
と主人も私も思っていました。

とてもゆるいDWE生活と言えます(汗)

ゆるい10年目のDWE生活を過ごしていますが、
息子と一緒にDWEレッスンを娘が終了後3年ぶりに取組んでみて思うのは、

「DWEで話せるようになるor話せるようにならない」
「DWEを卒業して話せるor卒業しているのに話せない」

などの違いは何だろうと考えさせられる事。

既にDWEが完了してしまった娘と現在進行形の息子。
この対照的な子供たちがいるから強く感じます。

子供の性格や英語のセンスも多少の影響や、
娘と息子の性格、英語の好き嫌いに違いなどを考慮して。

DWE未完了の息子は最終的にどんな仕上がりになるか?

英語が話せるか話せないかのどちらに転ぶかは、
今現在の取組み方が左右すると思います、不確定要素だらけ。
みんな同じ教材を使っているのだから、
みんなが同じようにDWE効果を出せたらそれはすごい事。

息子を通してうまくDWE実況していけたらいいなと思います。

LとR 英語音の聞き分け&記録&再生の不思議と関心

息子と一緒にCAP課題に取り組みつつ、DWEのBook8へ突入中。

レッスンが終わる毎にprogress bookにシールを貼っていたのが、
progress book7~12へ切り替えた時に、
娘時代のままの状態だったのをみて「シールこのままでいい」
と息子が言いそのままにしています。

私は自分でシールを貼った方が達成感があると思うのに、
息子はシールを貼って完成している絵の方に興味があるみたい。

一応レッスンが終わる度に「ここにシールを貼るんだね」
と息子に話してはいるけれど本人はどうでもいい事らしい。

最後のBook12はミッキーの魔法使いの弟子のお話。

このページを見て貼ってあるシールを、
"bucket" "broom" "sorcerer" "bucket and broom" "broom"
と確認する息子。

この中の broom の音を息子が " r " で音を出していて、
単語の綴りがrかlかうろ覚えな私は、
娘にほうきと言ってもらうと"broom"と発音。

重い腰を上げて確認したら子供たち正解。

娘は文字も読めるし、音としても覚えている。
どちらからも理解が出来る。

失読症の息子が単語を見て「rとl」を確認し、
音を出しているとは考えにくいので、
DWE生活の中で耳にした"broom"で音を覚えたようだ。

息子につっこんで聞いてみると、
"broom"の音は" r "と答えたので音の聞き分けて出している
って事が解った。

娘は洋楽を聞きながら歌い、日本の漫画本を読んでいる。

息子はDWEレッスンの時に周囲がうるさく落ち着かない状態や、
日本語で話しかけられ、日本語で答えつつも、SBSの指示が聞き取れる。

私は静かな環境&意識して聞かないと音の聞き分け出来ない・・・

娘も息子も私とは違い、意識しなくても音が拾え、
記録も再生も自由自在でとても羨ましい。

おうち英語子育てから中学英語へ ”am”ってどんな意味よ?

娘の中学英語はアルファベットとローマ字から、
やっと英語の授業らしくなってきました!

どんな事を習ってくるのか英語のプリントを見るのが楽しみ。

英語の文法をガッチリ教える事もなく、
幼児から小学時代は聞く、話す、読むの生活だったため、
娘が英単語→日本語で書いてあるのを見るのは、
とても新鮮で面白い。

ローマ字(ヘボン式)を習った時は、
赤  aka 切手 kitte 写真 syashin など書いてありましたが、
よく見ると消しゴムで消した跡があり、

赤 red 切手 stamp 写真 picture photograph

と最初書いてしまったようで、娘に聞いてみたら
「間違えちゃった、ローマ字ややこしい」と話してました。

先日のプリントはとても驚きました。

「hello こんにちは」「I 私」しかし「am ~は」って書いてあるのです。
既に娘は寝てしまっていたので”am ”の意味を
授業でどう習ったのか聞く事が出来ませんでした・・・・。

朝聞いてみると、
「ぼーっとしてたら先生がどんどん話して書けなくて適当に書いた」
と娘。

文法をガッツリやっていないからなのか、
娘の学習能力の低さなのか・・・学校でbe動詞を教えてもらわないと(T_T)

会話の中ではbe動詞や一般動詞、時制、三単現S、
きちんと使い分けが出来ているのに「何となくの感覚」で使い分けている事実が発覚!
にしてもあまりのひどさに驚き&ガックリです。

幼児期から英語を学ぶってこういう事なのかもしれません。

塾での学力テスト結果 英語はどんな感じ?

娘が通っている個別指導塾では年5回学力テストが行われる。

受講していない教科も強制的に5教科テストされるため、
4月に行ったテストに「英語」も含まれていた。

個人成績表を見て意外な事に国語と英語の点数がほぼ同じ。

英語テスト内容は「アルファベットが正しくかけるか」
「アルファベットの並び」「ローマ字」「英語のきまり」
「挨拶」「語彙」などでした。

挨拶や語彙に関しては何も言う事がありませんが、
ローマ字はボロボロ&面白い発見をしました。

豆腐 toufu
書道 shyodo

娘が間違えるの解る気がします(^_^;)

アルファベットに関しては4本線の中に
「正しくかけているか」で判断されていました。

中学校の定期テストは教科書の中見を暗記したり、
単語の綴りが正しくかけるとか、熟語を書かせるなどだと思うので、
定期的に行われる塾の学力テストでそこそこ点数が取れていれば
今のところは良いのかもしれません。

英語教室に通って英語を話せるようになるの?

息子はまだあまり英語が話せません。

相手が話している事を理解し、単語で返したり、
短いセンテンスで返せる程度でまだまだ発展途上です。

そんな息子でもハーフくんのお友達からみると、
「英語が話せる」と思われてしまうほど、
普通の日本生活と日本の子供英語は馴染みがないようです。

マンションに大手英語教室があり、
そこへ通う小学校のお友達たちの話を聞くと納得。

小学校に月2回ほど外国人講師が来校し、
オールイングリッシュのアクティビティをしてくれるのですが、
みんな話についていけないと息子から聞きました。

英語教室での文字からと少しのかけ流しだけでは、
やはり机上の勉強要素が強いのですね。

英語が好きで得意だと言うお友達です。
息子は英語好きじゃないし得意とも思っていません。

子供も英語が好きで親も子供に英語が身に付くように、
英語教室に通わせているのに何だか勿体ないなぁ~
って気持ちでいっぱいになりました。

余計なお世話なのは解っています・・・。

英語教室のお友達と息子の違いは何だろう?と考えると、
「英語を英語のまま理解する回路」じゃないかと思います。

これは一部の人が持っている特殊能力ではなく、
生活環境と膨大な時間をかけて、
無意識に身に付く部分と意欲的に取組み身に付ける部分。
それぞれが絶妙に交わりあって英語の理解につながる。
どちらか一方だけの働きかけだけではバランス取れません。

変化は出てきてはいると思うけど、
まだまだ「お勉強ありき」な日本の英語事情。
周りはこんな感じ。

やっぱり町中にある大手英語教室に通うだけで、
英語を話すのは難しいのだろうなって思います。

そこへ通うお友達たちの姿を見かけるたび、
心中複雑な気持ちでいっぱいになります(>_<)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ