FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

週末イベントに参加♪ in ファン・ウィズ・ザップ

EV2013_04

息子の英語力応用の場として週末イベント参加しています。

今回は「ファン・ウィズ・ザップ」、
内容的にグリーンの要素が強いものでしたので、
息子のグリーンDWEレッスン復習にうってつけのものでした。

親子で離れて座っているので、息子の口が動いているのかチェック。
聞く機会は多くても意識的に歌う事があまりない、
”How Deep Is the Water””Donald's Dream”
SBS(ステップ・バイ・ステップ)で登場してきた歌の数々は口が動いている様子。

私が個人的に難しいと思う歌は”Donald's Dream”で、
この歌も登場していました。
オジサンの声に釣られ上手く歌えません(笑)

親が英語を話せず、WF(ワールド・ファミリー)で主催している各教室に通わず、
英語子育てをしている我が家でありがたいのは、
週末イベントで「音と語彙の補強」をしてくれる事。

去年の夏に参加したサマー・キャンプのアクティビティで、
「音と語彙の補強」をしてくれすごく感動したのですが、
週末イベントでも今年に入りそれが登場しています。

単語単体の音でなく、音を分解してゆっくり発音、
音への意識向けや音出しは私には出来ない事です。
すごくありがたい。

今年に入ってWFクラブ全体として随分変わったと感じます。
ボーディ先生が退社され、マーク先生も舞台を引退される・・・
WFクラブにとって今年は大きな過渡期なのかもしれませんね。

しかし、我が家でのDWE生活まだまだ続きます!!

スポンサーサイト



息子、TEの時センテンスで答え始めた!

TE(テレフォン・イングリッシュ)は英語の話せない私にとって、
子供たちの発話訓練に欠かせない位置づけになっています。

小学校へ入り聞くだけの英語から、
相手の話を聞き取りレスポンスを返す事が大事と考え、
「耳で集中して聞く」「単語だけでも良いから答えを返す」
事をさせてきました。

去年の夏休みからTEのBook lessonを始め9ヶ月、
DWEレッスンを始めて4ヶ月がたち、
TEのBook lesson中にセンテンスで答え始めました。

小さい頃からセンテンスで返す事に意識を向けさせると、
頭の中で覚えた英文を話そうとしがちになり、
不自然なチャンク分け英語が定着しそうな感じがして・・・・
何となく我が家は避けてきました。

娘を見ていて感じるのですが、
話す度に頭の中に英文がボッっと浮かぶのでは英会話は難しい。
荒療治でしたが「自分の力で答える習慣をつけた」事、
これは有効だったと思います。

日本語も最初は単語から、2語、3語と進み、
年齢や学校教育と共に長く複雑な会話が出来るようになります。
英語も続けていれば年齢と共に2語、3語へ進みます。

会話をするしないに関しては、
相手と話す&話さないの本人の意思によるので、
話そうと思うシュチュエーションがあれば会話をします。
これはもう場数に出会う事を祈るしかありません。

まだまだ息子の会話レベルは低~~~いものですが、
時間をかけて形になってくると思うので、
何年か先を楽しみにしたいと思います(*^_^*)

今更ですが「ハンナ・モンタナ」♪

時間のある春休みに、読書をさせたかった私。
でもスカパーのCSやBSでは面白い海外ドラマが盛りだくさん。
Harry Potter原書読書と平行してドラマをまとめ撮り。

娘が小2当時に見ていた「ハンナ・モンタナ」が、
日本語字幕版で放送中、そして率先し私が見ています!
このシリーズは映画版しか見たことがなかったので、
映画とは違うテレビシリーズは中々に新鮮です。

普段あまり日本語字幕を見る機会がないので、
話しているセリフと置き換えられた日本語を見て、
こんな訳が付くんだ~と感心する事が多くあります。

久しぶりに見るハンナのテレビ版に娘はウホウホ大笑い。
息子も一緒にウキャウキャと大笑い。

娘は映像で見たシュチュエーションを記憶し、
普段の会話の中で自然に取り入れていくのでしょう。
このところ息子の発話スピードが進化中。
読み書きは難しいけど、会話の様子を記憶して
必要な場面で使うようになってきました!

これからハンナは役立ってくれそうです(#^.^#)

録音課題とセンテンス読み

先月送った録音課題のシールが届きました。

毎月3課題提出しているので、毎月3枚のシールが届きます。
息子は「毎回シールが届くね!」と喜んでいますが、
課題を私が送っている事に気が付いていないようです(^_^;)

Pre Lessonは年明け当時、
「TAC(トークアロング・カード)の絵を見て、単語が言える」だけ、
センテンス部分は耳で音を覚えて録音していました。
現在4ヶ月を過ぎて、耳で音入れをしなくても、
センテンス部分が読めるようになりました。

小学4年生。
幼少期から日々DWEレッスンに取り組むのとは違い、
CAP課題は確認作業の位置づけです。
普通の小学4年生ではなく、
読み書きに困難さを伴うハンデがあります。

このバランスをうまく保ちつつ、
日々の取組みは娘の時と違い手間も時間も格段にかかります。
本人の集中度合にもよるので一緒に取り組む部分、
妥協する部分の落としどころに四苦八苦の日々。

そんな中少しずつ英文に目が向くようになったのは、
WFショッピングで購入したORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)
の読み聞かせ&裏表紙のpractice wordsのおかげだと思います。

大きな進化です!

娘、中学英語がスタート!

入学式、オリエンテーション、教科書と副教材の配布。
教科書を見てみると小学校と同じでオールカラー、
サイズもA4サイズでかなりの重量です。

一週間を過ぎてようやく授業がスタートしました。
娘曰く「美術以外は何だこれはって感じ、全部難しい。
英語は別の意味で何だこれはだった。」
塾のテストでも、
歯抜けになった箇所のアルファベットを答える問題があった、
と娘から聞いていましたが・・・
まずは学ぶ為に基本の文字からなのでしょうね(^_^;)

英語でコミュニケーションが取れる事と学習で英語を学ぶ事、
この両方をうまく育てる事の大切さを、
まだまだ学校教育は行き届いていないようです。

我が家が暮らす市町村では小学校から国際理解の時間と、
外国人講師(AET)の英語の時間がありました。
中学校も同じように日本人教師の英語授業と
外国人講師の英語授業があると説明会で話がありました。

第一回目の授業はどんな事をしてきたのか、
話を聞いてみると「挨拶」でした。
何より娘が一番驚いていたのは先生とみんなの発音。
そしてすごく遅く教科書を読んでいる事だったそう。

普段、親子英語で「聞く、話す、読む、書く」が、
日本語と同じように出来るお子さんの話をたくさん拝見する日常、
公立の中学校での様子を目の当たりにしてみると、
出来る事が普通だって感覚で生活しているこちらがマイノリティー。
よく主人に「英語の話しを自分たちの感覚でするな!」
と叱責されるのですが、中学校に入学してみてうちの方が特殊なんだと実感。

私立の英語授業はものすごく力を入れているようですが、
地元の公立中学校ってやはりどこも似たり寄ったりなのでしょうか。

勉強嫌いの娘もさすがにこれはと思ったらしく、
「Harry Potter読まなきゃダメだな~」
などと呟いておりました。

テストで100点を取る必要はないけど、
高校受験に備えて語数の多い文章の読み込みが必要。
中学英語との付き合い方、前途多難です(>_<)

ハリー・ポッター楽しんでいます♪

春休みの時間を使いHarry Potter原書と音合わせ中の娘。
聞きながら本を合わせて見ている様子を観察していると、
ところどころで笑っています。

長い話をかなりカットし映画が製作されており、
映画を見ていると「なぜこうなるのか?」と首をひねる箇所、
ハリー・ポッターの映画にはたくさん出てきます。
原作を読み娘はこの疑問が少しづつ解消してきた模様。

音声が早くない?ちゃんと聞こえるの??
と質問する私に「聞こえるよ」とサラリと流されてしまいました。
私が聞き取れないたくさんの音を問題なく聞きとっているようです。

You Tubeで面白動画を見ている時に聞いてみると、
私が聞こえている音と娘や息子が聞こえている音が違います。
歌詞カードや下に英語字幕があればついていけるけど、
この耳で聞き取る力だけはどうやっても敵いません(>_<)

相手が話している事が聞き取れる事、
聞き取って更に内容まで理解出来る事、
更に聞き取った事のレスポンスを返す事と、

文章を読む事、読み取った内容を理解する事、
理解した内容や意見を文章で表現する事。

時間をかけてDWEの英語環境から英語を理解した子供たちと、
中学生で英語を習い、読み書きや文法で英語を学習した私。
「言葉と学習」の溝はお互いにうまく埋める事が出来ません。

この4月から中学生になった娘が、
学習への溝を少しでも狭くしてくれる事を期待するばかり。

ハリポタがきっかけで長い話を少しずつでも
読んでくれるようになればいいなぁ~と思います!

そろばんは役に立つ?or役に立たない??

子供たちが「そろばん」に興味を持ち出して、
実家にあったそろばんを持ち帰ってきました。
5を使わない&繰り上がり&下がりのない計算をして遊んでいます。

実は私、珠算検定準2級という中途半端な級を持っています(^_^;)

私の両親は「読み書きそろばん」の時代を生きており、
社会人になる時にそろばんは絶対に役に立つと信じていました。
小学校入学と当時にそろばん塾へ通い、卒業するまでに3級を取りなさい
と言われた私は6年間嫌々そろばん塾へ通ったのです。

そろばんを習うと計算や暗算が強くなると言われますが、
はっきりいってそれはありません!
そろばんが出来なくても計算や暗算が早い人はたくさんいます!!

「読みパソコン英語」の時代、就職で役に立った事もなく、
実生活でも役立ったと思える事ありませんでした。

子供が生まれ、小学生に上がり、算数の宿題を見るようなると、
「自分がそろばんをやっていたおかげで算数がマシだった」
と感じるようになりました。

「九九を使える事」が大いに役立っていたのです。

九九を歌のように覚えていても、仕組みを理解しないと計算が出来ない。
足し算、引き算の繰り上がりや繰り下がりの筆算
掛け算、割り算の筆算・・・段階を踏むごとに九九が必要不可欠です。

算数が苦手な娘は九九を覚えていたけど、
完全に理解したのは5年生になってからでした(-_-;)
単位の変換もめちゃくちゃで教えるこちら側は悶絶したものです。
同じように算数が苦手でも私はここまでひどくなかった(笑)

いつもとは違う計算方法のそろばんに興味があるなら・・・・と
昔とった杵柄で教えてみました。これがまた教えるって難しい!

自分がどう教わって身につけたのか思い出せないけど、
30年ぶりにやってみても体が反応するのですね~
指が勝手に動くのです。理屈でなく条件反射です。

そんな訳でうまく教えられずに困っています(>_<)

そろばんは集中力と右脳を使うと見直されているようですね。
未だに頭で計算すると繰り上がり繰り下がり計算の怪しい私ですが、
そろばんを使うと一瞬で正解がはじき出せる。
頭でなく体で計算する事が出来る自分にちょっと驚きです。

どんなこともやって無駄な事はないと言うお話でした。

ハリー・ポッターを原書で読んでみよう

長らく眠らせた「Harry Potter」の一巻を開封。

haripota

内容が内容ですし、物事の分別が出来るようになってからと、
ハリー・ポッターを封印していましたが、
金曜ロードショーでハリー・ポッターを放送したのがきっかけで、
原書(でもUS版)を読んでみる事に。

娘はチャプター小説を何冊か読んでいますが、
今まで読んできたものとは格段に長さが違います。
映画を見たので大まかなストーリーが頭に入った状態。

もともと読書好き・・・ではないため、
まずは「CDに合わせて聞きながら目で文章を追う」
から始めたいと思います。

先に私が音に合わせて本文を追ってみた感想。
「早い上に聞き取りずらい」です。
文を追いながらでないとほぼ単語が拾えません(-_-;)

学習で着実に語彙を増やす事には不向きな性格の娘、
時間がかかるけど耳からの音入れが向いています。

中学生の生活はどのぐらい忙しいのか想像つきませんが、
ORT音読のように気長に進めてみたいと思います。

大人になった帰国子女

長い間海外に在住し、帰国後日本の企業にお勤めされている、
帰国子女の方にお会いしました。

生活&学校での言語(英語)が思考の基本ベースで、
これに日本語の微妙なニュアンスや独特の考え方、
言葉の裏と言うか婉曲的な物言いに、
特に苦労をする事が多いそうです。

どちらの言葉も苦労しているように見えないので、
今まで気が付かずにいたのですが・・・文章を拝見して気が付きました。
思い切って訪ねてみると「帰国子女」の答え。

年齢が低いうちは言葉をすぐに忘れてしまう。
年齢が低いうちは言葉をすぐに覚える事が出来る。

学習が始まると言葉を忘れにくくはなるけれど、
「生活言語で学習が進む」と「生活言語でない言葉を
実年齢レベルまで引き上げる」のは難しいのだと思いました。

そう考えると我が家の子供たちの英語レベル、
本当にお粗末です・・・(-_-;)

親子で取り組む最終的な目標をどこに設定するか?

これはもう限界が見えています~
今以上の事は出来そうもありません(T_T)

子供たちが明確な目標を持ち設定するか?

今のところ日本国内しか知らない為、
テレビでない本物の海外を肌で感じたら世界が変わるかも(*^_^*)

5カ国語を操った元上司が、
「その国で生活するなら、家庭内でもその国の言葉を話し、
 その国の料理を食べ、ニュースや新聞もその国で聞く読む事だ。」
と話していました。

母国語も母語もバランスよく丁度いい配分で・・・
理想と現実を考えるとため息ばかりです。

思いも寄らぬ事でお知り合いになったのも何かのご縁、
お互いの知識を補いつつ、情報交換が出来ればいいなと思います。

週末イベントに参加♪ in パペット・ショー

EV2013_3

息子がblueCAPを被って初のイベントでした。

年明けから久しぶりにDWEのレッスンを始めて、
週末イベントでは聞きなれているDWEソングの数々が
単語の置き換えられた応用として登場。
英語が苦手な私には出来ない使い方を、
イベントの中でたくさん働きかけてくれます。

我が家にとってのDWEのレッスンは、
今までの生活で身についている英語力と
気が付くべきところに無意識に注意が向いているかの確認、
英語のしくみを系統立て要点を確認し強化するのが、
DWEレッスンだと考えて取り組んでいます。

DWEのレッスンはよく出来たカリキュラムですが、
週末イベントは押えるべきポイントをコンパクトにまとめた上に、
応用として発展&補強となり本当に助かります。

この4月から息子は4年生、
まだまだ週末イベントお世話になります!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ