FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

DWE CAPレッスン blue終了

1月からスタートしたDWEレッスンのblueが終わりました。

娘と一緒にDWEレッスンに取り組んだのは4年前の事、
こんなレッスンやったかな?と思う事がしばしば。
BOOK3の中でライミングのレッスンがあったんですね。
すっかり忘れてしまっています(^_^;)

ライミングは大事と思っているけど、
自分で工夫し家庭内でうまく取り入れる事が難しい。

息子の好きなものを組合わせライミング本を作ったり、
DWEレッスンを始める前までに、
聞く事と平行してライミングにも時間を割いてきました。

まだ英文を読む事は初めていないので、
ライミング効果は不明です。
「聞く事と聞こえた事を瞬時におうむ返し」
はしっかり出来ています。

Right Light Checkの様子を見ていると、
聞いて、呼吸もせず、すぐにチェックをしてしまいます。
こちらはちゃんと正解を選べているか確認したいのに、
そんな猶予を与えてくれません。

聞き取りに関してすごいなぁと感心するのは、
質問の中の聞こえにくい複数形や微妙なニュアンスの質問。

私の場合よく聞いて、考える間があり答えを選択するのですが、
息子は特に意識せず、注意を払う事もなく、聞こえている。
そんな感じ。

こればっかりは幼少期から英語を聞き続けてきた、
子供たちに太刀打ち出来ない事。

とうとう息子にも勝てなくなったか・・・

うれしいような、悲しいような、胸中複雑な私。

そして、1月に提出したオーディオ課題の結果が戻ってきました!
年齢も高いからチェックも厳しいかもしれない・・・
とドキドキしていましたが無事にpassしていました。

今月も3課題を提出する予定です(^^)
スポンサーサイト



中学英語への橋渡し

幼少期からDWEをかけ流し、小2でDWEレッスンを始め、小4でDWEを卒業。
小学校に入ってからDWEかけ流しの他、フォニックス、ORTを使用し音読多読。
毎週のTEの他、小学校での英語&国際理解の時間で会話使用。

何となくで英語を身につけた荒削りの娘の英語力。

年明けから中学英語への橋渡しをあれこれ模索してきました。
聞く、話す、読むに比べ圧倒的に劣る書く力。
「英文法の基礎固め」を何とかしたい!

これに対応する為に書写を取り入れてはいますが、
「書き写しながら文の構成や成り立ちに気がついて欲しい」
と思う親の思惑を裏切り「面倒で大変、つまらない」と豪語してくれます(T_T)

中途半端な英語力を持っているのが実に厄介。

確実に文法力をつけ学習面でも実践面でも強固な英語力を付けるために、
どこかの英語教室で高い月謝を払うか?
通信教育を利用するのも一つの手段だろうか?

英語教室も娘の持っている力に合わせ設定可能な公文か、
高校受験対策も兼ねられるZ会などを候補と考えたけれど結局×に。
世の中コツコツ反復に勝るものはない!!と思いますが、
コツコツ反復が最善の手段にならない娘のような子供もいるのです。

調べてみて発見したのがこちら。

Gra
Essential Grammar in Use: With Answers,
A Self-Study Reference and Practice Book
for Elementary Students of English

娘が進めていくのに難しくなく、簡単過ぎず、
英語の感覚のまま文法を理解することが可能。
イラストも豊富でお勉強って感じがしないのも好印象。

文法を英語のまま理解しておけば、学校での日本語的な文法を学んでも、
相互理解しつつ英語的な発想を残しておけそうです。
DWEで身につけた「英語を英語のまま理解」が活かせます♪

娘と中身を確認して「これなら面白そう」、そして現在取り組んでいます。

驚きなのが娘自ら「あっ勉強しなきゃ」と言いながら自主的取り組んでいるのです。
自分で問題を解き、回答をチェックし、間違いしっかり確認しています。
この反応には主人も私も驚いています!!

娘が寝た後に私も勉強の為、娘がやったページの確認をしいているのですが、
用法で取り上げられる文章が英語的な発想で面白い。
読んでいるときは「あーなるほど」なのですが、自分で同じ文章は決して書けない。

言葉を学ぶ難しさを難しいと感じず、楽しいと感じられる事。
これが娘の物選びの基準なのかもしれません(*^_^*)

子供の興味が理解出来るか

子供が何を考えどんなものに興味を持つかは、
親の関心事の一つではないかと思う。

娘と私は周りからクローンだと言われるほど、
外見や性格や行動パターンだけでなく、趣味興味までも合致している。
そんな訳で物心ついたころから、娘が何を考え行動するか
手に取るようによく解る。

一方息子は未知の存在だ。

「強いもの・大きいもの」が好きなのは解るけど、
似たような物の中から的確に息子が欲するものを選び出す事が出来ない。
9年も一緒に生活しているのに。

北斗の拳で言えば「ラオウとファルコ」、
武将なら「呂布、本田忠勝、カッコよさで趙雲」
ガンダムのMSなら「サザビー、ズゴッグ(赤)、カッコよさで百式」
トランスフォーマーなら、
「オプティマス、ショックウエーブ、カッコよさで1の飛行変形するメガトロン」
恐竜では「ティラノサウルスよりトリケラトプス」
ジョジョの奇妙な冒険では
「初代ジョナサン」でディオでもジョセフでもない。

「強く・大きなもの」と「カッコよさ」も厳密に言うと違う。
強く・大きなものは絶対的な憧れで、カッコよさはそれ以上にはならない。
また、圧倒的に正義好きで悪いものはあまり好まない。

ジョジョの奇妙な冒険の中にある、
「おまえは今まで食ったパンの枚数を覚えているのか」
悪役のディオが放つ名台詞だ。

このセリフを聞いても心に響かない息子と
異常なまでにジョジョにハマり出した娘。

良し悪しに関係なく強烈な個性に惹かれる娘の感性と、
良い子ちゃんで世の中渡ろうとする息子の感性。
この違いって世の中を生き抜くパワーの根源かもしれない。

空手に置き換えると解りやすい。

娘は空手の組手でもボヤヤヤ~ンとしているが、
相手の痛い一撃が入るとスイッチが入り好戦的になる。

息子はもともと器用に物事をこなすタイプで、
いまいち煮え切らない組手スタイル、もちろん手を抜いているわけでなく、
真面目に取り組んでいるのは解ります。

「絶対的な強さに憧れている」、でも自らそうなろうとは思わない。

何故そう思わないのか主人と話し合ってみた結論は、
「良し悪し関係ない強烈な個性への憧れ」
これに尽きるのかもね・・・になった。

もうすぐ4年生、見た目は新1年生の息子。
生まれ持っての性格のまま変わらずか?
成長と共に環境で変わってくるものなのか??

興味を理解して、意識を変換させるか。
これから高学年を迎える男の子の子育て課題です(^_^;)

お気に入り番組の数々

我が家は子供たちに殆どゲームをさせません。
その変わり、習い事のない日の夕方~夜にかけては、
テレビ(録画多し)をたくさん見ています。

これは英語環境の一環と考えているので、
1日、1~2時間程でしょうか。

-アニメ-

・おさるのジョージ
・ペンギンズ
・リトルチャロ
・chatcat
・チップとデールの大作戦
・ティモンとプンバの大冒険
・リトル・アインシュタイン

-ドラマ-

・アイ・カーリー
・ビクトリアス
・テラノバ

-ドキュメンタリー-

・BBCどうぶつ図鑑
・魅惑のアクアリウム
・サバイバルゲーム
・怪しい伝説
・怪物魚を追え

-映画-

その時々でチョイス

音声は全て英語で録画ですが、
とにかく映像をたくさん見て聞いています。
DWEの映像は幼少期に活用しましたが、
現在は車で移動中にDWEかけ流しのみとなりました。

宿題をしている時はMP3形式に落とした音楽を聴きながら、
取り組んでいる娘。息子は今のところ音無し。
テレビを介してばかりなのが気になりますが、
音をたくさん聞いて過ごす毎日です。

LEGO MINDSTORMS に目覚める息子

息子とロボットの出会いは保育園年中の夏、
映画館で「トランスフォーマー」を観たことに始まります。

変形するオプティマスたちの保有と、
映画の視聴だけでは満足できなくなり、
「レゴのロボットがやりたい」と言いだしました。

保育園時代はCREATOR、学校入学後はTECHNIC、
変わったものではSuper Star Destroyerなど組み上げ、
「もっと難しいものを、動かせるものを、ロボットでやりたい」
息子がそう思うのも無理のない事。

前々から主人と話し合ってはいたものの、
もうちょっと先の話しだろうと思っていたら、
急に現実の話になってしまいました(>_<)

レゴ マインドストームはレゴ社がMIT(マサチューセッツ工科大学)
と共同開発し発売したもので、組み立てたロボットをプログラミングで
動かす事が出来る、息子からみたら夢のような代物です。

先日テレビでリトアニアの学校教育が紹介され、
教育用のマインドストームを授業に取り入れているのを知りました。
資源を保有しない国家がITを国家産業にするための人材育成として、
小学校4年生から教育部門で行っているのだそう。

日本の公立学校では当然ながらこんな教育は望めない。

望めないなら自分たちで・・・と言う事になるのですが、
その手の教室に通わせるには予算的に我が家は厳しい!
かけられる予算も必然的に限られてしまいます。

まずは手軽な体験をさせてみたいと思い情報収集中。
4年生を目途に息子の要望に応えたいと思います。

息子には最強の空手家になって欲しいのですが、
親が望むのとは違う方向へ進んでしまうな~
と思う今日この頃(^_^;)

単語スペルの覚え方

娘は英文読みは出来ますが書きはあまり出来ません。
私が英文法をダメな事が原因です(-_-;)

好きなものは苦労せず覚えてしまう反面、
学問要素を真面目にコツコツ取り組むタイプではなく、
単語は読めてもスペルがうろ覚えな娘。

スペルを書いて覚えたらと言っても難しそうなので、
「インベンティブ・スペリング」を教えてみました。
インベンティブ・スペリングとは自分で発音し、
聞こえた音のとおりに文字を書く方法です。

フォネミック・アウェアネスとも関わってくるのですが、
幼少期からDWEで耳を鍛えてきたからこそ出来る方法でもあります!

うまく娘が中学英語と付き合っていけるよう、
あれこれ模索中です。

「中学生になったら英語とどう関わりを持つか」

自分の好きなものが英語であれば英語で見聞きする、
これはおそらく変わらない環境。

理想としては学習要素をうまく取り入れつつ、
更なる英語力&使える英語力の強化を目指す事。

実行が難しいです(^_^;)

TEでのフリーカンバセーション

去年の夏からTE(テレフォン・イングリッシュ)のフリーカンバセーションに取り組んでいる娘。
慣れるまで話すテーマを毎回同じにしていました。
そして今現在もほぼ同じが続いています(^_^;)

今回の先生はユニークな方で、
「いつも同じテーマが多いから違うのにしてみようよ」
と提案してくれたのです。

どんな内容をTEでやっているのか、
履歴をみてレッスンして下さっているのですね(^^)

私からの提案はダメでも先生なら仕方がないと思ったのか、
娘が話し出したのは「レ・ミゼラブル」の話、
映画を観た感想でした。

そこから話しが発展して劇中の歌を歌ったり、
いつもとは違うレッスンになりました(*^_^*)

ミュージカルがお好きな先生だったらしく、
「ウィキッド」「マンマ・ミーア」「オペラ座の怪人」
などの話しをしていたようです。

親の趣味に付き合って小さな頃から一緒に見ていましたが、
まさかこんな風に役立つとは夢にも思いませんでした。

違ったテーマで話をすることの楽しさに、
気が付いてくれたらいいな~と思います!

DWE CAP課題提出 -2013年1月-

1月は3課題提出。

・Pre Lesson1
・Review 1
・Pre Lesson2

空手と言語科との両立に加え、
文字を介しての部分にハンデを持っているため、
テープ録音は慌ただしいスケジュールで敢行。
まだまだ課題がやさしいから、
何とかなったかな~と言う感じ(^_^;)

録音された自分の声を聴くのは息子には新鮮だった様子。
この調子で来月も録音課題にチャレンジ出来たらいいなぁ

1月の土日からCAPレッスンを始め、
いま現在でBook3 Lesson3までが終了しました。

引き続き平日は空手、言語科、タブレット通信の自宅学習、
おうち英語は平日にLet’s go phonics3をのんびり取組み中。
そして土日にワールド・ファミリー・クラブのCAPレッスン。

勉強やコツコツ系が好きでない親子ですが、
DWEのCAPレッスンは約2年間と腹をくくり取組む覚悟です!

課題提出できて良かった\(^o^)/

週末イベントに参加♪ in XYZ・バスケット

ev

今年初のイベント参加は「 XYZ・バスケット」
時期的なのか参加家族を少なく感じました。

1月から息子のCAPレッスンがスタートし、
イベントへ参加する良さを実感しています(^^)

日常的に聞かせる事に重点を置くだけの生活から、
CAPレッスンで聞く→答える(発話)を始め、
かけ流しで耳から入れた音を映像でリンクさせる。
リンクさせた事をイベントで体験する。

刺激ある反復になっていると思います!

今回のイベントの中に、
"picnic paradise 5miles"
のシーンが取り入れられていました。

CAPレッスンはBook3ですが、
TEでのBook4 Lesson6を終わらせ、
"picnic paradise 5miles"
は息子にとってまさにタイムリー♪

娘の方はイベント中楽しい気持ちはありつつも、
小さいお友達の中に混ざるのは恥ずかしい、
そんな気持ちが芽生え始めた様子でした。

家族そろって参加出来るのも残り僅か・・・
なのかもしれません(T_T)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ