FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

英語版漫画で国際交流中

子供たちが通う小学校では「国際交流」の授業があり、
今年は韓国人の先生が来校されている。
先生方はあまり日本語が話せず、
自国の文化を英語で説明してくれるそうです。

娘のクラスで一緒に給食を食べたらしく、
娘がハマっている「スラムダンク」の話題になり、
キャラは誰が好きか、どの話が好きか、
このセリフやこのシーンが好きだなど、
先生と大変盛り上がったそうだ。
(先生もスラダン好き)

続いてお正月に見た「映画レ・ミゼラブル」。
涙と鼻水で大変だった事、歌もお話も素晴らしかった事、
ミュージカルが大好きでマンマ・ミーアが特に好きな事、
ウィキッドはものすごく良かったetc・・・

先生もミュージカルが大変お好きらしく、
「ミュージカルの話ですっごく盛り上がったの~楽しかった」
と喜んで帰宅した娘。

普段学校の様子を自分から話す事はないので、
よほどうれしかったのだと思います。

生まれた国も言葉も年齢も違う人と、
共通の話題を持ち話が出来るように育ってくれて、
私もうれしい~\(^o^)/

スポンサーサイト



英語子育ての取組みは千差万別

今まで隠していた訳ではないのですが、
去年ある事がきっかけで、
我が家で英語子育てをしている事が公になりました。

その後、英語の話題をママ友たちとする機会に恵まれ、
英語子育ての取組みは本当に千差万別だと実感。

「子供の将来の為に英語が必要」
「自分が話す事が出来ないから、子供には自分のようになって欲しくない」

話を聞いていると「必要=英語を話せる」 と言う感じ。
話せるようになるために英語教室に通わせたり、
英語学童などを利用しているそうです。

自宅でかけ流しなど英語の音に触れる時間はなく、
英語の本の読書を辞書を交えてしたり、
教室や学童で英検対策をしてもらっているそう。

私の個人的には、英語は自宅で取り組んで、
教室や学童などは実地訓練と呼べるアウトプットの場。
その方が使える英語の力はつくのでは・・・と思っています。

説明が難しいなぁ(>_<)

英語版「漫画」にハマる娘

「話せるから賢いとは限らない」
この言葉はまさに娘の為に生まれた言葉。

小さい時から英語をたくさん聞いて、映像を介して理解し、
小学校に上がり系統だて英語の基礎を身に付けて、
英語での会話がそれなりに出来るようになりました。

日本語も英語も好きな歌や映画はすぐにコピー出来る、
恐ろしい程の記憶力を持つ娘ではありますが、
残念な事に好きな事でしかこの能力は働くことがなく、
幼少期からの環境+読み書き会話などでゆるぎない英語力を
身に付けたお子さん方とは、雲泥の差の我が娘であります(>_<)

中学生に上がったら学問としての英語を、
周りの賢いお友達たちが学び始めるので、
簡単に追い越される日もそう遠くないのだろうと思います。

日常生活でたくさん英語を聞き、吸収し、
会話の中でジャンジャン使う事は出来ますが、
見聞きするだけで総体的に英語力を上げる事は難しい。

話せるから賢いとは限らない・・・・のです。

親が英語がダメなので、費用をあまりかけずに、
てっとり早く語彙力を上げるためには、
活字をたくさん読むのが効果的なのだと考えていますが、
本人が本好きでないので自主的に率先しての読書は難しく、
苦肉の策で「漫画の英語版」をたくさん取り入れる事にしました。

今まではバイリンガル版を利用していましたが、
今回は完全なペーパーバックです。

漫画だしセリフも難しくなく、ゲラゲラ読んでいますが、
どうしても気になる単語だけは自主的に調べているのを発見!!

私のお古の高校生用英和辞典や携帯アプリの辞書、
漫画のための一念と低レベルな理由ではありますが・・・
自主学習をしている所は大きな変化と呼べるのではないでしょうか。

国語を勉強しても意味なんて調べている姿を見たことがないのに、
漫画に対する執念というか執着は本当に凄まじい。

短期間で効率的に学習に結びつく訳ではありませんが、
人それぞれに適切な方法があると思うので、
娘に関してはこれで良しとしてもいいのかな~と思ったり。

英語学力アップは遠く険しい道のりの私たち母娘。
娘の年明けスタートはこんな様子です(^_^;)

英文読みのスピード

娘は1分間に約250語の英文を読み進む事が出来ます。

膨大な時間英語を聞き、理解出来るようになる環境とは違い、
読み書きは訓練から技術を身に付けるものです。
ORT(オックスフォード・リーディング・ツリー)
を使い2語文からスタートしました。

ORTはレベル毎にセンテンスの語数やパターンが細かく設定されており、
小2の夏から小6の秋まで細々と音読継続し完読。
その後は音読と英文書写をこれまた細々継続中です。

ORTの音読は流石にうんざりしたようで、
私が自分の学習用に1998年に購入したDisney Magical Stories
を音読してもらう事にしました。

当然ながら問題なく読めます。

音読中に気が付いたのは、パターン化されたORTとは違い、
口の動きがちょっと違うと感じました。
おそらく、パターン化されたセンテンスではなく、
次々と違うセンテンスで書かれているから、
違和感を感じたのかもしれません。

読む為の訓練としてORTは本当に考えられている・・・・
と改めて感じたのと、お話を読む面白さを発見したのでした。

ORTはWF ショッピングで購入が出来ます♪

DWEレッスン Book1終了

年が明けたら始めようと思ったDWEレッスン、
Book1は土日で終了しました。
レッスンと言っても聞いて理解できるか、
私が確認作業をするだけの復習。

missing wordsはセンテンスでは答えられませんが、
意味を理解し答える事が出来ます。

Right Light Checkも引っかかりそうな言い回しに、
惑わされることなく質問を最後まで聞き、(聞き取る前に)
回答を正しく選んでいました。

Listen and repeatでは聞き取り、
同じセンテンスのおうむ返しが出来ていました。

今の息子は、

・自分で考えて答えるとき、
 センテンスで話す事はまだ出来ない。

・話し言葉の中で冠詞の音はチャンクとして聞こえてはいるが、
 英文読みに慣れていない為、冠詞まで意識が向かない。

娘もDWEレッスンを始めた時はこんな様子だったな~

DWEレッスンや月齢や時間の経過の中で、
自然に身についてくる部分だと思うので、
卒業課題を送る頃までに使えるようになれば良し。

TAC(トークアロング・カード)もBook1に出てくるものについては覚えているので、
時間をみて、CAP課題を録音しようと思います!

いよいよCAPレッスン始めました♪

年明けから息子のCAPレッスンを始めました。

・日々のインプットで聞き取りが十分に出来る
・学校生活にもなれ、系統立てた英語を学べる準備が出来た

が理由です。

日々のインプットの判断としては、
夏から始めたTE(テレフォン・イングリッシュ)のBOOKレッスンに対応出来る事。

系統立てた英語を学べる判断は、
英語で聞き取った内容を生活レベル(日本語)と
リンクさせ理解を深める事が出来る事。

などを感じられるようになった為、
そろそろ時期かなと判断。

DWE(ディズニーの英語システム)卒業はゴールではありません!

DWE卒業後のその先を見据えて、DWEを卒業するまでに何を身につけるか。
卒業後にどう英語と関わっていくかが大きな課題だと、
娘と取り組んできてヒシヒシ感じます。

姉弟で性格や環境が大きく違うため、
スローペースで進めて行くことになると思います。
目標は小学校卒業までに卒業課題提出&卒業式参加です。

平日は習い事や宿題で時間を取られてしまうので、
土日祝に集中して行います。

使える英語が身に付くよう息子と楽しく頑張ります!!

Let’s go phonics 3に突入!

今年の息子との英語は、
最後の3冊目は1と2の復習から始まりました。

pho3

驚いたのはCD音声から”gem”と聞き取り、
”gem”と書けた事。

この”g”の音はソフトgと呼ばれる音。
間違えるかなと思っていたのにきちんと書けました!
大好きなgiraffeにかけて判断したようです。

フォニックスを始める前の一昨年の年末に、
おさるのジョージの絵本でアルファベットの形を覚え、
アルファベットの形と音のリンクは息子なりに、
記憶しているようです。

f

読み書き困難を持っており、
読み書きの遅さのハンデを持っていますが、
日本語と同じく訓練をする事で、
自分の記憶から取り出しやすくする事が可能(^^)

息子と一緒に地道にコツコツと続けたいと思います!

思い出のDWE卒業式

ワールド・ファミリー・マガジンでも告知がありましたが、
ボーディ先生がWFを退社されてしまいます。

息子が卒業課題を出した時のコメントも頂けない、
ボーディ先生が卒業式に出席する事もないと思うと、
改めて寂しさがこみ上げます(T_T)

娘参加した2010年度DWE卒業式の写真を久しぶりに覗いてみました。

gr5

会場入ってすぐ、ご機嫌の娘。

gr1

席次が一番最初だったので緊張した様子の賞状授与。

gr2

靴下がずり落ちているのが娘らしい・・・(^_^;)

gr3

震災の関係で延期になった卒業式、
無事に卒業証書を頂くことが出来ました!

gr4

娘が卒業式を目指したきっかけのスペシャルゲストにはミッキーたちが登場しました。

4月で中学生になる娘と私の英語関わりは終わりに近づき、
今度は息子と英語関わりが増える年になると思います。
息子ともこんな日を迎えられるようになりたいものです。

スローペースな我が家ではありますが、
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ