FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

話し言葉と文字はまるで違うのね・・・

息子がクリアしたと思われる「マジックe」。

特に読みにくい”there”と”those”は曲者で、
今までは英文を読む事がなかったから、
”There is ~.”とか”There are ~.” 
シリーズは読む事が出来ませんでした。

話がそれますが職場で、
「オータムとフォール、どちらかイギリス英語かアメリカ英語」
と言う話題になり、
「多分、オータムがイギリスでフォールはアメリカ」
と答えました。

自宅に帰ってから娘に聞いてみると、
「秋はfall、autumnは知らない」と言うので、
娘はfallって言葉しか知らないようです。

ここで話が戻るのですが、
気になって絵辞書で確認してみると両方記載されておりました。

息子には「絵辞典」を使っておらず、
私が見ていた事で興味を持ち傍に寄ってきたのです。
これはいい機会と思い、読めそうな単語を読んでもらい、
私がその場を離れた後も一人でページをめくっていました。

耳をダンボにして聞いていると、
”Oh! There're lots of fruit!”
と言いながらフルーツのページを見ています。
発話は出来るけど文字とリンクは難しい・・・

話し言葉と文字を操る事は違うんだと改めて思い知りました~
スポンサーサイト



cavity(虫歯)を知っている?

最近になって感じる娘の英語の奥深さ。

今日のTE(テレフォン・イングリッシュ)の中で”cavity”って言葉を話していたので、
どんな意味か娘に聞いたら「虫歯」と教えてもらいました。
私は知らない言葉です・・・

どうして”cavity”を知っているのか聞いてみると、
「本で読んだ」との答えでそのページも開いて見せてくれました。

このシリーズを読んでいたのは小3の頃、
しかも読んでいるのを目撃した事がないぐらい、
本棚に飾られているシリーズです(^_^;)

記憶と知識が結びついたのは、
今見ている海外ドラマ「ビクトリアス」だそう。

小さい時によく見ていた「シュレック」のセリフも、
「ビクトリアス」で同じセリフが登場し、
疑問に思っていた意味が解決したり。

小さい頃からの積み重ねが時間を経た今、
歯抜けのパズルを埋めるように?がり始めています。

学習をして覚える英語は全くダメな娘だから、
時間がかかりながらもこんな風に、
身につけるのが性格的に合うのかもしれません。

週末イベントに参加♪ in レインボー・マウンテンの追加公演

イングリッシュ・カーニバル(EC)の、
レインボー・マウンテン追加公演の最終回に行ってきました。

rm

ECはどれも素晴らしいものばかりですが、
PR映像やインタビューに参加した思い出が重なり、
個人的にも思い入れ深いECです。

このPG撮影の時にマーク先生やボーディ先生、
他の先生方と直接お話しをする機会がありました。
娘と英語の関わりもこの時に大きく変化。

娘は2010年度のDWE卒業生ですが、
震災の関係で2011年3月の卒業式が延期し、
2011年7月の卒業式に参加しました。

PG撮影時に卒業式に参加する話を娘が、
マーク先生とボーディ先生に伝えていたようで、
卒業式当日の会場フロアで1時間前に出会った時、
娘と息子に声をかけて下さりました。

日々たくさんのお子さんにお会いになる先生方、
顔を覚えるだけでも大変だと思うのですが、
名前まで憶えて下さっており、とても感激したのを、
今でもその時の様子を鮮明に思い出すことが出来ます。

今回は追加公演最終日の最終18:10部、
そして様々な意味で伝説に残るEC。

会場受付の時に前の部に参加したお友達から聞いて、
本当に本当に驚きました。

ボーディー先生とステイシー先生が、
ワールド・ファミリー・クラブ(WFクラブ)のステージに立つのは、
この日が最後。お二人とも退社さてしまうそうです・・・
シュリー先生も足の具合からEC参加は今期のみだとか(T_T)

先生方は最後の最後の公演を力強く熱演。

事情を聴いていたから、こちらはこぼれそうになる涙を
必死に堪えながら、そして思いっきり楽しみました!

子供たちはステイシー先生のサインを頂いていなかったので、
ステイシー先生に記念撮影とサインを頂きました。

rm1

この時にステイシー先生から、
「赤ちゃんが生まれた事、今日会場に赤ちゃんが来ている事、
 赤ちゃんはリリーさんが見ていてくれてる事」
子供たちに話してくれたそう。

ボーディ先生のところは長蛇の列で、
会場入場が遅いブロックだったため最後の挨拶は出来ず・・・・

川崎で行われた今期ECの時に応援に来られていた、
ボーディ先生にお会いし、
すっかり忘れているだろうと思っていたのに、
先生は娘と息子の事をまだ覚えて下さっていて、
子供たちは大喜びしていまいした。

こんなボーディ先生の人柄が、
みんな大好きで愛されているのだと思います!!

慣れ親しんだ先生方とお会い出来なくなるのは本当に寂しいけれど、
先生方の新しい冒険や友情やチャレンジを応援したいです。

最後の最後の舞台に立ち会えて本当に良かった。
心の底からそう思えてなりません~(T_T)

マジックe再び!

前回フォニックスワークを取り組んだ際、
マジックeが理解出来なかった息子。
今回の口答復習でようやくコツを掴んだようです。

普段聞いている英語の音(オン)にだけ注意がいき、
ABCソングで歌うアルファベットの名前、
何のためにあるのか気にならなかったらしい(^_^;)

マジックeの時はアルファベット読み。

この単純ルールがどうしても理解出来ない。
息子なりに「aiueo」がキーになる事は理解しているのですが、
アルファベット読みがしっくりこないようでした。

ケーキの絵をみて”cake”
テープの絵をみて”tape”

って言えるけど、文字で見てマジックeに当てはめるのに、
苦戦していました。ディスレクシアだから?
ただ単に理解が難しいから??

マジックeの時は「あいうえお」で読む。

「あいうえお」は本来の短母音ではなく、
息子言葉で「アルファベット読み」の事、
これでようやく読み方の違いに気が付けるように。

本当は長母音=アルファベット読み。

世間一般で大いに混乱を招く「あいうえお読み」ですが、
本人が理解してるならいいか・・・・

とりあえず一つ課題を乗り越えました(#^.^#)

発音の良さは娘より息子に軍配あり

お手本があり真似をするなら、
子供たちに及ばないながらも何とか真似が出来ますが、
どう頑張っても出来ない発音の最上位が、
映画・ミッション・インポッシブルシリーズで登場する、

"Ethan Hunt"
"agent Hunt"

難しいし、顔全体で発音しようとしているらしく、
何度やっても子供たちの爆笑を誘っています(T_T)

子供たちに敵わないと思うのは、
お手本がなくても問題なく発音しているところ。

歌やお話などは参考にするお手本があるから解るけど、
音源なしの初見読みや会話に関しては、
言葉をポンポンと話していく作業になるので、

「この単語はこう発音しなくっちゃ」

何て余裕はないはず。
無意識に発音しているのには太刀打ち出来ません。

娘が話すのは聞きなれているのですが、
最近ではテレフォン・イングリッシュ(TE)のフリー・カンバセーション中の会話、
早すぎて全く聞き取れない部分が増えた他、
私が知らない言い回しが多くなりました。

今まで聞くだけオンリーで無音だった息子が、
フォニックスのワークに取り組むようになり、
絵を見て単語を発音する機会が増えた事での発見は、
「娘よりも発音がいい」事。

それともう一つ発見。

シング・アロング(SA)のBalloonsの歌をCDで聞くと何となく、
喉の奥から出す”g”が付いているように聞こえます。

実はつい最近まで息子は聞こえたように歌っていたので、
”Yellow and gred and green and blue”
と歌っていたのですが、
フォニックスを始め単語を意識し始めたからか、
TEのBook本の歌詞を見ながら、
”Yellow and red and green and blue.”
と歌うようになりました。

そしてすごく上手!

大昔、DWEのアドバイザーさんから、
「姉弟でも赤ちゃんから英語を聞いている方が発音が良い」
と説明をうかがった覚えがありますが、
案外その通りかもしれません。

これからが楽しみ(*^_^*)

映画字幕の活用について

娘が年中ぐらいまでは日本語字幕表示でした。
それは「ひらがな」に興味を持ってくれたらいいなぁ
と言う親心から。

年長になると保育園のお友達からひらがなを教わり、
読むことが出来る様になり、この辺りから英文にも興味を・・・
と字幕を英語に切り替えました。

それは未だに続いています。

完全に音声のみで見ているのは毎週録画した、
「ビクトリアス」「おさるのジョージ」
「ペンギン大作戦」「チップとデールの大作戦」
「BBCどうぶつ図鑑」などで、
これらの番組は自分たちで何度も何度も見ています。

娘は音声のみで見る事が出来るけど、
息子はどうなのかイマイチよく解りません。
英文を気にかけてくれればいいと思いながら、
可能な限り英字幕を表示させています。

音で聞いたまま英語を覚えて、
別の映画DVDの字幕と結び付け、日常会話で使う娘ですが、
日本語の活字本も英語の活字本も読みません。
どちらも漫画ばかりです(T_T)

息子は文字をスラスラ読む事が出来ない特性を持っていますが、
実は本が好き。自宅にある日本語の本は息子用の比率が高いです。

必要か不要か解らない英字幕を活用しているか、
観察していると、たまにセリフと日本語訳が違う!
とクレームをつける事もあり。

活用出来ているのか?
活用出来ていないのか??
小心者の私は英字幕を消せずにいます(^_^;)

先日放送された、
情報7daysニュースキャスターの早期英語教育の特集
に思いがけず、たくさんの反響記事を目にして正直驚きました。

今までと変わらず地道にコツコツ英語子育て、
続けたいと思います!(^^)!

真打登場!!TEのBOOK3 LESSON5

7月~9月半ば頃までこれらのカードを意識して利用しました。

ka-do

レッスン課題をクリアするた為に覚えさせる事が、
勉強嫌いの私自身、非常に苦痛であるため、
一過性で覚えさせられ、すぐ忘れて役立たない弱い記憶よりも、
知らぬ間に定着し、使える様な強い記憶になるよう働きかけています。

もともと楽をしたい性分なので、
インプットにかなり時間を割いているだけだなのですが(^_^;)

息子のTE(テレフォン・イングリッシュ)で一番気にかけていたBOOK3 LESSON5へ突入。

このTEの為に息子にこれらのカードを取り入れたので、
一人でドキドキしながら先生と息子のやり取りを聞いていました。

しばらくぶりに聞く言葉たちですが、問題なく、
”質問を聞き取り、理解し、答える”が出来ていました!!
働きかけた甲斐があったと言うものです。

意識的に覚えようとしても頭で覚えようとする事は忘れがち、
無意識の記憶下へ体にメモリーする事が大切。

物の名前や動きのある言葉は、覚えさせようとしなくても、
日常的に目にする機会が多く、自然に覚えやすいもの。
一方、状況を説明するような言葉たちは、
意識を向けさせないと身に付けるのは難しい言葉。

言葉を覚え、理解し、使えるまでにするのはホント大変!

自主的にDWEのBOOK1を読んだ息子!

先月から取り組んでいるフォニックスの口述復習からか、
息子が英語本(DWE BOOK1)を自主的に読みました(@_@)
すごく驚きました!!

ディスレクシア(読み書き困難)を持っているので、
自分から読む、自分から文章を書くなど、
毎日の自宅訓練以外ではとんどすることはありません。

しかも英文です。

BOOKのStoryCDは小さい頃からかけ流してきたのもありますが、
スラスラ読みでなく、ゆっくり、ゆっくり読んでいたので、
目で文字を追っていたのが解りました!!

ものすごい変化です。

冬休み頃か年明けからCAPレッスンを始めたいと思っているので、
今までのかけ流しインプットとSBS(ステップ・バイ・ステップ)の映像効果で、
英語回路の整理整頓がうまく進むと良いのですが・・・・

親の思惑通りにいかないのが子供の得意技。
どんな様子を見せてくれるかとても楽しみ!

TBSで放送された早期英語教育についての特集&反響part5

DWEを卒業してから英語力をどう伸ばすか?
これは大きな課題です。

私が読み書きだけでも堪能であれば、
文法を教え学力の底上げを図る事が出来るのですが、
学生時代英語が苦手で文法はチンプンカンプン。

全体的な英語の底上げが出来ていません。
すでに娘のレベルだと近所にある英語教室では、
こちらが求めるような底上げは望めそうにありません。

帰国子女レベルの教室では学力&会話力が
ついて行けないのは目に見えています。

すでに娘と私で取り組む英語はゴールに近づきつつあり、
これからは娘自身で「英語の学び方」を模索するのかも。

英語でコミュニケーションを取れる喜びに感動し、
娘自身が高い英語力をつけたいと思えるよう、
世界に羽ばたいていけるよう働きかけをしつつ、
見守るしかなさそうです。

・卒業後から現在の取組み

[基礎]お気に入りの洋画やアニメを何種類も鑑賞
   車でのかけ流しシング・アロングCD
   車でのかけ流しBookストーリーCD
   車でのかけ流しお気に入り映画のサントラ

[応用]テレフォン・イングリッシュでフリーカンバセーション
   WF通販ショップで購入したリーディング用絵本の音読
   WF通販ショップで購入したリーディング用絵本の書写
 
[英語力試し]週末イベントCAP kidsのスピーチ
      週末イベントサマーキャンプ 
      DWEのPR活動など

今現在までを書き綴り改めて、
娘の英語力の根底はDWEで英語の基礎を固めた事にあると感じます。
DWEは本当によく出来た教材です。

またDWEは自宅で取り組む為、子供の性格や年齢によって、
親が働きかけを変える事が出来るのも良さも備えています。
子供だけにやらせるのではなく、親も一緒に楽しんで
親子&家族で思い出を作れる事も素晴らしい。

息子はまだCAPレッスンを行っていません。
娘との性格の違い、習い事、読み書き困難の特性を持っており、
これらを考慮してDWEで基礎固めをしている最中で、
まだまだ時間がかかりそう。
そう遠くない未来にDWEと息子の取組みを
リアルタイムで紹介する事になると思います。

DWEを卒業したらそれで英語は終わりでなく、
卒業後に英語とどうか関わっていくのかがとても大事。
娘にそれが伝わっていればすごく嬉しい。

そして娘の取組みをお話することで、
今現在DWEに取り組んでいる方の、
少しでもお役に立てるのならものすごく嬉しいです。

ここまで読んで下さった方、
一方的な私のつぶやきにお付き合い下さいまして、
本当にありがとうございました!

TBSで放送された早期英語教育についての特集&反響part4

DWEのCAPレッスンについて。

小学校に入り月に2回、学校へネイティブの先生が訪れ
英語の授業をしてくれる環境が加わりました。

その先生と会話が出来ていたようですし、
親と一緒に洋画を見ても英語音声で問題なく見ているし、
映画のセリフや英語の歌もすぐに覚えてしまう娘。

たくさんの課題を提出する大変そうなCAPレッスン、
やらなくてもDWE効果から英語でいろんな事が解るし・・・・
と、CAPレッスンをやらない方向でいた私。

娘がワールド・ファミリー・マガジンの卒業式の様子を見つけ、
「ミッキーの卒業式に出たい!」と言いだしたのです。

今まで楽をしてきたので、
よっこいしょと重い腰をあげる事になる出来事でした。
小2の冬です。

平日は時間が取れないので基礎のみ。
土日は応用のCAPレッスン。
レッスンはBook1冊を1ヶ月、毎月3課題提出。
これが取り組む前に決めた私と娘の約束事。

・高学年~DWE卒業

[基礎]お気に入りの洋画やアニメを何種類も鑑賞
   車でのかけ流しシング・アロングCD
   車でのかけ流しBookストーリーCD
   車でのかけ流しお気に入り映画のサントラ

[応用]CAPレッスン
   テレフォン・イングリッシュでBooklesson
   WF通販ショップで購入したリーディング用絵本の音読

[英語力試し]全国こども英語スピーチコンテスト(小3~)

今まで聞いていたDWEのシング・アロングや
ストーリーCDは体に染みついており、
全曲歌え、ストーリも自読出来る力が付いている状態で
ステップ・バイ・ステップでCAPレッスンを行いました。

「系統立て英語を学ぶ」
「映像を介して確認作業をすることでの基礎固め」

何となくのシュチュエーションがCAPレッスンのおかげで、
強固な物になったのだと思います。

DWEのカリキュラムは本当によく出来ています!!

気が付けばイエローCAPが、そして卒業課題Pass通知。
あっという間の出来事でした。

TBSで放送された早期英語教育についての特集&反響part3

楽しい保育園生活を卒園し、
机と椅子に座って先生が授業を教えて下さる、学校生活が始まりました。

学校生活に慣れるための1年を大切にし、英語の基礎は変えず、
応用に初めてテレフォン・イングリッシュ(TE)を加えました。

聞く事に長い時間をかけた後で発話を始める、
これはとってもいい事だと娘を見て感じました。
特に質問に答える形式の発話は、
相手の話が理解出来ないと答える事が出来ません。

耳だけが頼りのTEはまさにうってつけでした。

・小学生の低学年

[基礎]お気に入りの洋画やアニメを何種類も鑑賞
   車でのかけ流しシング・アロングCD
   車でのかけ流しBookストーリーCD
   車でのかけ流しお気に入り映画のサントラ

[応用]テレフォン・イングリッシュで歌(小1)
   テレフォン・イングリッシュでBooklesson(小1~)
   WF通販ショップで購入したフォニックスワーク(小2)
   WF通販ショップで購入したリーディング用絵本の音読(小2~)

[耳試し]児童英検を3色(小2)

[DWEのCAPレッスン]娘の申し出により小2冬スタート

[英語力試し]英検を受験(小3)
      全国こども英語スピーチコンテスト(小3~)

小学校に上がると同時に私の職場が遠くなり、
息子を保育園にお迎えし、娘を実家に迎えに行くと、
夜の8時近くになる平日。
応用を短時間でしたが出来る事からコツコツ進めました。

英語をたくさんインプットしての生活で、
どの程度の事が理解できるのか児童英検にチャレンジしたり、
読みと聞きの英語力を確かめたくて英検にもチャレンジ。
娘と一緒に私も英検を受けました。

過去問を解くだけで机上の勉強はなし、
その時までに身についた英語力を測るには、
どちらも有効な方法だと思います。

幼児期から英語子育てしてると、
小さいうちから読み書きを熱心に教えたり、
低年齢から英検にトライされていらっしゃる方がたくさんおられます。

日本でも他の国でも就学してから読み書きを学ぶので、
個人的には遅くてもいいんじゃないかな~と思います。
だから読み書きも英語の力だめしも、
学校生活になれた小2から始めました。

お子さんの性格やご家庭の考えも左右する問題ですが、
娘には上でご紹介した過程がピッタリとハマりました。

TBSで放送された早期英語教育についての特集&反響part2

そんな娘ですが親の予想に反して、
いつの間にか英語でコミュニケーションが取れるよう成長しました。

「小さい時から取り組んだから」
「もともと語学のセンスを持っている」

などの感想も頂きましたが、果たしてこの2つだけが理由になるのか?!
それだけではないと娘と息子を見ていて思います。

言葉を身につけるのは「環境」そして「時間」です。
DWEで日本にいながら英語環境を作りだし、
長い時間をかけ段階を踏みつつ自然に身につけた英語の基礎。

「DWEで英語の基礎をしっかり固め、英語の応用へうまくつなげられた事」

これがうまく連動できた結果なのだと考えます。

前置きが長くなりましたが、具体的に娘がDWEを使い、
どう英語の基礎固めをしたか分析整理してみようと思います。

・2歳半スタート~保育園入園(年小冬)まで

[基礎]プレイ・アロングDVD
   シング・アロングDVD
   車でのかけ流しシング・アロングCD
   たまにストレート・プレイDVD

[応用]WFクラブで頂くZippyの子供日&クリスマスpresentDVD
   洋画や子供用のアニメ

・保育園卒園まで

[基礎]WFクラブで頂くZippyの子供日&クリスマスpresentDVD
   車でのかけ流しシング・アロングCD
   車でのかけ流しBookストーリーCD
   車でのかけ流しお気に入り映画のサントラ
   
[応用]お気に入りの洋画やアニメを何種類も鑑賞

こんな毎日を過ごしてきました。
たくさん見て聞いての生活、ただただ毎日好きなものを見て聞いて。

大きくなった今もこの毎日は変わりません。

TBSで放送された早期英語教育についての特集&反響

TBSの情報7daysニュースキャスターの
早期英語教育の特集に取材協力をさせて頂きました。
思いがけずたくさんの反響を頂きとても驚いています。

DWEの教材の素晴らしさを再確認された、
ご家庭が多かったようでした(#^.^#)

様々な感想の中で、

「完成した姿を見れるのは凄いと思うが、
 それまでどんな様に取組をしたかを追って欲しい」

「英語を身に付けるために親がどう、
 サポートしていかなければならないか、
 両親に聞いて欲しかった」

と言う意見を拝見しました。

現在進行形で英語子育てに取組まれている生の声だと思います。
私も同じ立場ならどんな取組みをしてきたか、
とても気になるし、知りたいと思います。

英語を何故始めたのか、子供にとって英語は必要か・・・
から始まり、英語を身につけるためにどんな事をしているのか、
英語に対しての親の考え、子供の考え、
かなりたくさんの質問受け、お答えしました。

子供と英語に関わってきた私からすれば、
取組みや親のサポートってどんな様子かなどを、
少しだけでも流して欲しかった(T_T)

結果としては、子供たちのやる気にもつながり、
感謝を言葉にしつくせない程ありがたく、
良い記念にもなりましたが、唯一それだけが心残り。

そんな思いから別ブログでは綴った事のない、
今まで娘が経た過程を段階を分けて分析し、
何回かに分け書き綴ってみようと思います。

その前に我が家の英語環境のお話から。

ブログの★初めての方へにもありますが、
親は英語が得意ではありません。
英語が解らないけれど、洋画が大好きでよく鑑賞します。

娘の赤ちゃん時代は間接的にたまに英語を聞く程度、
2歳半にDWEで英語環境がスタートしました。

根が楽をしたい性分の私です。
課題をこなして卒業を目指すとか、
英語が話せるようになったらいいな何て気持ちもなく、
コミュニケーションが何とか取れればいいなとか、
話すことが出来なくても小さいうちに耳を慣らした方が
いいだろうと思った程度でした。

スタートした当時も今現在もDWEで家庭のみ英語環境で、
海外旅行にすら行ったことのない子供たち。
利用は毎週のテレフォン・イングリッシュ(TE)とたまの週末イベントのみ。
TEもイベントも娘がレッスンするまでほとんど利用せず。

会報誌でABCクラブやClasses for Kidsがあるのを
知っていますが、利用したことはありません。
他社の教室も同様に利用したことはありません。

日本の保育園で生活し卒園、日本の公立の小学校に通っています。
そんな環境で暮らしています。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ