FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

逆転の発想!DWE進め方一例

全ての方におすすめは出来ないのですが、
特に小学校に入ったお子さんへ英語の基礎回路を刺激する、
DWEの進め方をご紹介。

通常、TE(テレフォン・イングリッシュ)のBOOK LESSONを進める場合には、
CAPレッスンの復習としての位置づけが一般的かと思います。
あえてこれを逆に進めていきます。

「自分の耳で聞き取り、イラストとリンクさせ、
 自分の力で答えを伝える」

かなり荒っぽいやり方ですが、
電話を通すので相手の声だけが頼りです。
聞き取りやすい先生、聞き取りにくい先生もおられます。

そんなサバイバル状況を通じ、
親も子供がどの程度英語を理解しているのか、
とても見極めやすい。

小学生以上のお子さんでCAPレッスンを始める前、
もしくはCAPレッスンを長期お休みしていた場合、
有効な手段だと思います。

しっかり聞き取る力を身に着けた後に、
映像を介したSBS(ステップ・バイ・ステップ)を使ったCAPレッスンへ移行すると、
TEのBOOK LESSONの際には耳だけで判断し答えた内容を、
目で見て、理解と定着につなげることが出来ます。

この理解と定着に関しては、
月齢が高い小学生の方が向いていると思うのです。
何故なら学校で学習をしているから。
但し、英語のインプットが出来ているかがキーとなります。

小学生にはなったけど、何となくDWEのCAPレッスンは気が重い・・・
と二の足を踏んでいらっしゃる方は是非、
TEのBOOK LESSONをお試し下さい(*^_^*)
スポンサーサイト



週末イベントに参加♪ in クリスマスイベント

今年も楽しみに待っていたクリスマスイベント!
限られたイベントになるためか、
参加者の人数もいつもの倍ぐらいで大盛況。

クリスマスDVDやクリスマスソングを聞いているおかげが、
イベントで流れるクリスマスソングも楽しそうに歌っていました。

夏に参加したキャンプのように、
DWEで直接登場しない単語の補足がイベント中にありました。
我が家は親が英語が苦手でボキャブラリーの補足を
取り入れてもらえると非常にありがたいのです(^^)

子供たち二人「magic wand」の踊りがツボにハマったらしく、
自宅に帰った後も二人で歌いながら踊っていました(^_^;)

WFクラブのイベント、良いですね~

こうやってブログを書くようになり、
ブログを経由してDWEユーザーさんと交流を持てる感動や出会い、
たくさんあります。

DWEユーザーさんならだれでもご存じと思われる、
大先輩とDWEや英語の関わり方、子育てについてお話が出来たり、
同じようにDWEに取り組んでいらっしゃる近隣のブロガーさんと
お会いすることが出来たり。

子供たちと私だけの狭い英語子育てから、
非常に楽しく興味深い英語子育てにもなりました。

年内のイベントは追加公演のレインボーマウンテンを残すのみ。

お金持ちが集まる銀座で我が家には場違いですが、
PG撮影をした思い出の会場、しかもレインボーマウンテン大好きな子供たち。
夏のキャンプであったお友達に会えるかもしれないので、
今から参加が楽しみです♪

ch

チャンク分け効果?少しずつ英語が読めるように!

ディスレクシア、読み書き困難を持つ息子の英語取組みは、
Let’s go phonics1の口頭復習中。

読む事と書く事は私の想像以上に疲れるらしく、
要点を効率よく理解出来るよう取り組んでいます。

空手のある時は日本語。
空手のない日は英語。
毎日・・・とは行きませんが地道に続けているところです。

cat なら cとaとt もしくは、cとat
tent なら tとeとnとt もしくは、teとnt
ginger なら giとnとgとer もしくは、giとnとger か ginとger

目で見て単語を言ってから、
書いてある単語の音を何パターンかバラします。

息子の様子を見ていると一音よりも、
子音と母音をワンセットにする分け方の方が、
具合が良いようです、ローマ字効果かと思います(^^)

読みについては、

タコが6足のソックスを履いている絵を息子と確認し、
The octopus has six socks.
と私が読み、息子にキーになる単語を探させます。

息子は耳で聞いてはいても The や has 
などの英単語は理解していないので省きます。

知っている単語(物の名前や動きのある言葉)
に始めは重点をおきます。

最初は octopus 以外を隠して読んだ後、
次は socks 以外を隠して読み、
最後はチャンク分けです。

The octopus と has と  six socks.

チャンク分けに読んでから、
センテンス読みで終わります。

最終的に息子の力でチャンク分けが出来るよう、
働きかけています。

単語の音バラし、文章のチャンク分け、
日々色んなパターンを繰り返す中で、
息子が楽と感じる読み方のコツを少しずつでも、
身に付けてくれたらいいな~と思います。

Two bugs hug on a mug.
The ducks eats a nut.
The pup and cub are in the bug.
A buf and duck are in the sun.
The hand is on the head.
The jeans are on the hippo.
The house is on the hill.

絵と対になっている、
初歩の初歩程度の文章が読めるようになってきました。

キーになる単語、チャンク、サイトワード、
これを理解し、使いこなせるようになれば、
読みが少し楽になるのではないか?

焦らず時間をかけて進めていきたいです\(^o^)/

DWEのテレビCM動画が1000回超えを記録しました\(^o^)/



現在、娘がDWE(ディズニーの英語システム)の
テレビCMに出演させて頂いております。

(CS放送のキッズステーションチャンネルで放送中)

我が家がDWE生活を始めた際は、
周りに同年代のお友達が何人かいたのですが、
時間の経過と共にDWEを挫折するお友達が多く、
卒業まで漕ぎつけたのは娘のみ・・・

そんな背景から「ディズニーの英語システムやってるの」と、
話をするシュチュエーションもなく、自分から話をするのも
変なので公言する事はありませんでした。

でもこのテレビCM出演をきっかけに、CMを見たお宅から、
「実はうちもやっているのよ」と声をかけられることがあったり、
うれしい変化もありました。

世の中、何がきっかけになるか本当に解らないものです。

娘も息子もDWEに出会い、楽しく英語に触れる事ができ、
家庭内での英語環境だけで英語でのコミュニケーションが
取れるようになりました。

息子はまだCAPレッスンを始めていませんが、
楽しみながら家族でDWE生活を続けたいと思います!!

久しぶりのシルバニア・UKグランドマンション!

またまた英語ネタではありません(^_^;)

GM

娘が持っているシルバニアのシリーズは、

・あかりの灯る大きなお家
・緑の丘のすてきなお家
・森のようちえん
・森の洋服屋さん
・UKグランドマンション

中でもUKグランドマンションは巨大で、
箱から出すのも片づけるのも大がかり&一苦労。

時間のある時しか遊べない代物のため、
普段は封印されていることが多いのですが、
先日行ったシルバニア森のキッチンで、
テンションが上がったらしく引っ張り出してきた娘。

黙々と作業を続け上手にディスプレイしてくれました。

何故か最初の手順がお人形さんを丸裸にし、
着替えをさせてからなのが・・・幼少期からの不思議な儀式。

こんな風にいつまでも娘と遊べたらいいな~と思います。

シルバニア森のキッチン

英語ネタではありません、私と娘の趣味話です(^_^;)

前々から行ってみたいと思っていた
「シルバニア森のキッチン」
近隣になくて二の足を踏んでいましたが、
先日、出先で偶然発見!

mori5

子供時代シルバニアを買ってもらなかった事もあり、
娘に便乗して年甲斐もなく楽しんでいる私(^_^;)
店内はシルバニア一色!

家具、食器、一部の料理が等身大に再現されていました。
娘と二人、「タンブラーが同じだ」「デザートカップが同じだ」
「トングやピザやバスケットも全部同じだ~」と感動。
そして、いたるところにシルバニアがディスプレイされています。

この手のお店はキャラクターがメインで、
料理は二の次じゃないのかと思っていたのですが、
予想に反して料理もオードブルビュッフェもおいしく、
とても大満足でした。

mori3

また行きたいです(^^)

英語の歌を歌うって良い事かも

娘は小さい時からとにかく歌い&踊っていました。
DWEを始めた2歳半頃からめちゃくちゃな歌詞で、
本人は楽しそうに歌い踊っていたものです。

そして、未だに歌うのも踊るのも大好き。

8月から始めたTE(テレフォン・イングリッシュ)のフリーカンバセーションも、
先生としっかり会話が出来ています。
傍で聞いていて、どうしてあんな風に話せるのかとても不思議です。

息子は生まれた時からずーーーっと聞いて、
聞くだけで英語の発話がなく、
DWEソングを幼少期に歌った記憶がありません。

たまにハミングしてるのを小耳に挟むと、
恥ずかしそうにしてやめてしまっていました(T_T)
(歌は覚えていてゴニョゴニョ歌えはします)

恥ずかしいと感じずにジャンジャン言う娘と、
恥ずかしいからほとんど言わない息子。

この違いは小学生に入り顕著になったかな。

ビクトリアスやアイカーリーの歌が、
歌えるけど口の中からゴニョゴニョと聞こえ、
恥ずかしいからか?自信がないからからか??
クリアーな音には聞こえません。

本人の実力なのか、そうでないのかイマイチ不明。

小学校に上がり、英語の時間に外国人の先生とコミュニケーションを
取るようになったことで、発話量は格段に上がりました。

でも、娘が同じ頃は全国英語スピーチコンテストに出場したり、
色々と前向きに取り組んでいたし、歌は上手かった~
色々楽しませてくれた娘です。

何気なく聞いている時の発音自体は、
息子と娘で比べると息子の方がとてもクリアーなのに。
前向きな取り組み姿勢ではありません。

息子が歌を歌うのが恥ずかしいからなのか?
娘が英語の歌や音読を重ねた事で口の動きもスムーズになり、
慣れから歌もクリアーに歌うのか??

ナゾです。

意識的に息子と一緒に歌ってみようと思います!!

WorldEnglish.tvの利用始めました♪

ワールド・ファミリー会員向けサービス、
「WorldEnglish.tv」の利用を始めました。

常日頃、子供たちの英語取り組みにあれこれ干渉していますが、
私自身の英語力は本当に微々たるもの・・・・

文法も解らない、会話も出来ない、リスニングもイマイチ。
学校で受けた英語教育のなれの果てです(^_^;)

毎日コツコツ続けるのは難しいかもしれませんが、
地味にプラクティスは続けたいです。
コメントに書き込むのはまだまだ勇気がいりますが、
少しずつチャレンジしたいと思います!(^^)!

WorldEnglish.tv全体の感想ですが、
親だけでなく家族で楽しめるコンテンツがたくさんそろっています!
WFクラブの皆さん、おすすめですよ(*^_^*)

筆記体に興味を持ち出した!

娘が「つながり文字(筆記体の事)を覚えたい」と言いだしました。
と言うのも、ORT書写の文章量が増えたのが原因。

英語圏や非英語圏でも小学校高学年ぐらいから、
取り組んでいるのでしょうか?
不勉強のためこの辺りの記憶が定かでありません・・・

私自身は高校生で筆記体を書き始め、
スラスラ書くスマートさも良かったのですが、
どちらかと言うとブロック体が好きで、
未だブロック体派です。

自分の好みはともかく、娘がやりたいと言うので、
App Storeの良さげなアプリを使用させてます。

・大文字・小文字の単体
・単語

の2パターンで練習が可能です。

我が家は今現在タブレット式がないので、
もっぱら私のiPhoneが活躍中!!

来年、中学入学時に電子辞書を購入したいと思っているのですが、
タブレット式でも十分電子辞書の代用が出来るのかどうか。

春までじっくり検討したいと思います(*^_^*)

a dog と a two dogs の指摘

毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)は
Book Lessonを続けている息子。

息子が前々から 一匹の犬を ”a dog” と言い、
二匹の犬なら ”a two dogs”と言うのは知っていました。

娘の時も最初はそんな感じでしたが、
年齢と共に自然に使えるようになっていたので、
意味が解ればいいかな~と思っていたら、
今回のTEで先生から指摘されちゃいました。

先生からの指摘はとてもありがたい。

日本人の子供だって間違えながら日本語を覚えます、
確かに9歳だけど英語のレベルは外国人3歳未満の息子です。
本格的にメインプログラム(ステップ・バイ・ステップ)をスタートしていないし、
頭の片隅には入れておくけど、しばらくはこのままでいいかな~
と思いました。

9歳であれば文字を介して ”a dog”と ” two dogs”の違いに、
気が付くのでしょうが、この辺はディスレクシアの特性なのか。

文字を介してでなく、映像を介してならば理解ができるのか、
注意深く観察したいと思います!!

違和感がある「レフト・ターン」

主人が娘に飲み物を持ってきてと頼んだ時の事。

ドリンクバーがどこにあるか解らず、
キョロキョロする娘に、

「レフト・ターン!」

と言った。

娘も私も???顏で見つめると、
「左に曲がるんだよ」と言い直した主人。

娘から「 ”Turn left!”と言わないと解らないよ。
変な英語で言わないで。」の突っ込みを受けた。

そうか~
やっぱり違和感あるんだ~
としみじみ思ったのでした(^_^;)

フォニックスワーク2が終わりました!

10月末に Let’s go phonics2 が終わりました。

ワーク2

ゆっくりですがここまで進めてみて、
息子の頭の中での整理整頓が必要かなと感じていました。

息子から「もう一度、1と2をやりたい」と申し出があり、
前々から思っていたように、”書きなし”で口述復習、
unit毎の関連性を再確認を始めました。

・unitで扱う単語
・unitで習う赤字に注目する事
・赤字の音
・単語をばらす
・ばらした単語の音
・つなげて単語の発声

に加えて、

・unitまとめread設問の復習
・単語を探し出して指し示す
・チャンク分けを発声
・読めそうならチャンクをつなげ音読

今月はワークの1と2を復習していきます。
12月に入ったら3に進めるといいな(*^_^*)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ