FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

本人の意思と大人の事情

娘は歌ったり踊ったりが大好き(^^)

当たり前ですが、それは自分好みの物ばかりです。
今回は本人の意思と大人の事情から、
好みでない物を歌う必要があり練習していました。

(好きなものは練習しなくてもすぐ覚えられます)

このご時世、誰もが知っている洋楽=レディ・ガガ
に白羽が当てられ課題曲は”Born This Way”。

要望は無事にクリアし一件落着しましたが、
その日の夜に一緒にお風呂に入っていた時に、
もう一度歌ってくれるようリクエストしたら、
「嫌だ!!」と全否定されてしまいました。

やっぱり好きでないのだな・・・再認識したのと、
「自分でやると決めたことはきっちりやり遂げる」
娘の根性に関心したのでした。

将来の夢は何かと聞かれても、
「お母さんみたいになりたい」と質問の意図とは違う、
とんちんかんな受け答えをし、一同の大爆笑を誘った娘。

娘、逞しく成長してます!
スポンサーサイト



TACでレッスンの核になる単語を確認中2

文字に興味を持たない&識字に困難を持つ息子に、
どの程度語彙力があるかをてっとり早く確認するには、
TAC(トークアロング・カード)とSing AlongのBookが役立ちます。

「買う、払う、売る、書く」

TAC2

これらのカードを加えてみました。
どれも売買の中で使われる言葉です。
日本語でも英語でもこれらの使い分けは理解出来ています。

writeはワークでよく登場しますが、
文字だけでは覚えにくい様子の為に追加しました。

現在取り組みをしている最中のフォニックスワーク、
"long a sound" での事。

お店の人にお金を払っている絵を見て”pay”と言えるのに、
絵がなく文字を選び出す問題では単語を見つけられません。

本人が持っている英語の語彙力を、
文字(読み)に結びつける事の難しさを感じました。

学校で魔のローマ字を習い、
アルファベットがとてもキレイに書けるようになり、
嬉しく思っていた矢先の出来事。

フォニックスワークが終わったら音源に合わせた読み聞かせを、
始めようかと思っていたけど、まずは書きなしで口述復習、
unit毎の関連性を発見させてみようかな~

息子が中学生までに試す事&身に付けた方が良い事が目白押しです。

中学英語のスタートラインに立つ心構え

某通信教育からDMが届きました。

その中に「中学英語のスタートラインに立つ自信がつく!」と銘打って、
小文字までカンペキ!アルファベットとか、
綴りの穴埋めパズルをやりながら、イメージとセットで単語綴りを覚える。
などの紹介がされていました。
そして、読み方のカタカナでのルビがついてあります…

中学英語は読み書きが核になっているんだな~
としみじみ感じました。

でもこんな覚え方してたら、
いつまでも英単語を覚え続けなければ自読が出来ないのは変わらのでは?

中学までの時間を英語特有の音と綴りに意識を向けた方が、
後々役に立つように思えてならないのは私だけでしょうか??

単語の読みが解らないと読めない・・・読解力より、
例え単語の意味が解らなくても、自分で音を出し、
音から自分の知識と結び付けたり、文の前後からイメージ出来たり、
読み進む力をつける事が大切だと思うのです。

これらに平行し紹介されているのが、
聞く力も無理なく身に付ける取組みとして、
パターン化されたリスニング教材。

パターン化されたフレーズを聞くよりも、
辛うじて聞く耳が鍛えられそうな時期に、英語特有の音が聞き分けられるよう、
働きかけた方がよさそうなのに・・・・
DMを読みながら残念な気持ちになりました。

大衆的な教育教材と環境で身に付ける英語の違いなのでしょう。

受験の為の英語と使える英語力。

両方の特性を把握し、必要に応じて切り分けと使い分けのが
これから必要になりそうだなと強く感じました。

お勉強が得意でない娘の中学校生活とても心配です(^_^;)

ORTのStage9を完読\(^o^)/

娘が小2から細々と続けた、
ORTの音読が約4年かけて終了ました\(^o^)/

幼児期から英語の読みをお子さんに教えているご家庭からすると、
とてつもなく遅い進度の我が家です。

音読に加え平行してStage1から書写を続けています。
現在Stage4に突入し、書き写す文章量が増えてきました。
それに対し娘からの文句の嵐なのですが・・・
いつか、「書写をやっていて良かった」と、思ってくれたらうれしい。

書写を初めてから簡単な文章であれば、
時間をかけずに書けるようにはなったように感じます(??)

毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)ではフリー・カンバセーションが定着。

始めたころは私もドキドキで、
傍で娘が何を話しているのか聞き耳を立てていましたが、
今は傍を離れられるようになりました。(慣れました)
約10分、先生との会話を楽しんでいるようです。

料理のレシピ話&食べ物の話、映画やYou Tubeの話が話題です。

見知らぬ人と会話だけで10分間、
話し続けるのはかなり気合がいると思います。
こういう娘の根性を見習いたいと思います(^^)

フォニックスワーク続けてます&先月の取組み

月末毎に英語取組みの記録を残そう・・・
と思いながら後手後手になっています(^_^;)

10月に入り、フォニックスワークも2冊目に突入。
1文字音からブレンド音に突入しました。

音の足し算ブレンド音は問題ないのですが・・・マジックeが曲者です。

ケーキの絵をみて”cake”と解り発音も出来るのに、
おしまいに”e”が付いてるから”エイ”と読む、
”ABC読みで音を出す法則”をなかなか覚えてもらえません。

息子の視覚的に捉えてすぐ理解できる能力は、
文字を介しての系統立てた法則を覚える事には不向き、
なのだと痛感します。

マジックeに出会うシュチュエーションを増やす→慣れる

を地道に続けるしかなさそう。
今月中に2冊目を終える事が目標です。

毎週のTEでBook Lessonを続けています。

どうも息子の中で、「完璧に正しく答えなければいけない」
と思い込んでいるらしく、頭の中の答えをうまくまとめられず、
イライラすることがしばしば見受けられます。

Book Lessonの中の歌も歌えているのに、
男の先生の場合、低い音域に合わせて歌ってしまうので、
高い声でしか歌えない息子は、合わせられない事に悲しくなってしまい、
悔しくて涙をこらえながら・・・取り組んでいます(^_^;)

前期の通知表、そして後期の始まり

あっという間に小学校の前期が終わり、
後期に入ってしまいました。

4月~10月初旬まではいつも以上に、
様々なことがありました(^_^;)
その辺の辺りはおいおい記事に出来れば・・・と思います。

我が家は共働きで子供に対して生活面の細かい部分まで、
親は手出しが出来ません。

「人に迷惑をかけず、自分の意見を持ち、
 困っているお友達がいたら助ける。」

人として取るべき行動さえ取れていれば、
成績の良し悪しは重要視しません。
生活全般を頑張っていればいいのです。

毎回気になるのは、子供たちの学校生活での様子。

担任の先生がどんな観察をされているのか、
それがとても気になります。

娘は多感で情緒不安定な部分がコントロール出来てきたようです。

授業中に教室から集団で出て行ってしまう一部の生徒、
担任の先生に暴言を吐く一部の生徒。
友達同志で罵倒に罵り合い・・・・
これらのトラブルがかなりのストレスになっているようでした。

自分を保ちつつ、ダメなものはNo!!と、
お友達に注意をしているようでした。

息子の方は学習面で「読む」事に困難を抱えています。

夏に買った「ポケット図鑑」「たたかう恐竜シリーズ」
「週刊少年ジャンプ」が愛読書となっています。

音読に関してはスラスラ読む事は出来ないので、
こちらからは特にさせてはいません。

学校の宿題も細かく指定があるわけでないので、
教科書の索引に載っている漢字の熟語を、
「お絵かきボード」に書き出して、
読めるか読めないかの確認をしています。

学校での漢字書き取りテストも、

「本人にどんなことが出来るのか、
 様子を見ながら対応して頂きました」

息子自身もどうしたら自分が楽に取り組めるのか、
工夫しながら学習に向き合っています。

夏休み前の面談で先生にお願いしたこと、
通知表を読んだ限りでは、対応して頂いているように感じました。

全体的な感想としては、
子供たちの頑張りと成長を感じられ、とても嬉しい~\(^o^)/
そして、あと半年で娘も小学校卒業です。

JALの飛行機整備場見学に参加しました!

お友達からのお誘いで、
JALの飛行機整備場見学に参加しました。

小学生以上を対象としているので、
こんな撮影&見学ブースもありました(^^)

ken1

ken2

ken

受付でセキュリティ検査を受け、
飛行場の機能や飛行機についての説明を受けます。
(説明は30分くらい)

飛行機についての説明終了後、整備場へ移動し、
運よく「ボーイング777」と呼ばれる機体の見学が出来ました。

土日祝だと場合により増便対応などで、
機体が出払いガラーンとした整備場しか見れない・・・
こともあるようです。

飛行場で見るのとは違いものすごく大きい!!

地面から機体を見上げる事がなかったので、
あまりの迫力に度肝を抜かれました!!

航空機事故の際、
緊急避難時に使用するスライダーが使えず、
乗客が搭乗ハッチから地面に飛び降りたと、TVで見たことがあるのですが、
地面から搭乗ハッチまでの高さはとても高く見えました。

係員さんに質問してみると「約5.5m」との事でした。

マンションの2Fより高いところからのジャンプ・・・
命と全身の骨折・・・どちらを取るか考えてしまいました。

整備工場内の見学は実物を見れるところが興味深く、
あっと言う間に終わってしまいました。

とても面白かったです!

イングリッシュ・カーニバル in 川崎

EC

TE(テレフォン・イングリッシュ)やCAP Kidsでのスピーチ、
この夏のサマーキャンプを通じて、
とても仲良くなった先生がいらっしゃいます。

イングリッシュ・カーニバルの会場でお会いし、
熱烈なハグで再会を喜んだ子供たち。
週末イベントや去年のPR撮影や卒業式を通じて、
顔見知りの先生方がたくさん増えました。

今期のイングリッシュ・カーニバルで25周年。
何と四半世紀を迎えたのですね(^^)

ディズニーの英語システムも時代と共に変化して、
今はミッキーのマジックペンなどの面白アイテムが登場し、
我が家はすっかり旧人類です・・・

肝心のショーですがとっても良かった。
夢があるって素晴らしい。
夢があるから人は実現する為に努力もする。

幼児期の夢はそれこそ「お花屋さん」だった娘が、
「あなたの夢は?」と聞かれ真剣に考える年頃になってしまいました。
成長と共に夢を持ち続けることは難しいのかもしれません。
情熱的に夢を語り、夢をつかもうとする
ロッキーのような大人になって欲しいものです。

毎回思うのですが、DWEで親しむ歌の数々に言葉を入れ替えて、
瞬間的に歌わせられてしまうのは本当に魔法のよう。

DWEで英語の時間を随分と積み重ねてきましたが、
しっかりと子供たちの頭に染みついています。
そして例のごとく会場で聞いた歌を覚えて帰ってきました。

積み重ね効果・・・本当にスゴイです\(^o^)/

先生からのお手紙返信が届いた♪

サマーキャンプ

夏のキャンプ後にお礼の手紙を先生方に送ったのですが、
そのお返事が届いていました!

サマーキャンプでは先生方からたくさんの刺激を頂き、
そのお礼と感謝をこめて、手紙を書き写真を同封しました。
準備担当は娘、送付担当は私。

初めての試みだったので、
お手紙に返事を頂いて娘は大喜びでした♪

手紙

WFクラブのこういう心遣いが子供のモチベーションになるし、
とても素晴らしいと思います(^^)

DWEが卒業できた理由

9月はDWE卒業課題提出の時期でした。

娘は2年前に提出し卒業しました。
現在はご縁があり、ワールド・ファミリーさんの広報活動に
参加させて頂いている我が家の娘。

DWEは常に生活の中に存在しましたが、
私自身が、「さあ、Lessonやろう!!」と言うタイプ
ではありませんでした・・・(^_^;)

WFクラブには正規購入した当時から入会していましたが、
週末イベントも今のような割引システムがなく、
たまに参加する程度。

毎週のTEに関しても娘が年中さん当時にチャレンジした
ライトブルーのテレフォンCAPのみで、
Lessonを開始した小2まで恥ずかしながら、
殆ど利用することがない体たらくぶり・・・

そんな親子が卒業したのだから本当に不思議。
何がきっかけになるかなんて、
人生何が起こるか解らないものです。

今回はその理由について考えてみました。

英語環境を整える事に関しては、
経済的にプリスクールや英語教室に通わせる事が出来ませんでした。
親が共働きの為保育園に通い、そのまま小学生に。
日本語オンリーで暮らす生活環境でした。

自宅や自家用車の中でDWEの歌やお話を見たり聞いたりの他、
洋画やアニメを見たり、洋楽を聞いたり・・・
意識して聞きかせると言うよりも、
「好きだから」と親子揃い好きな物を見て聞いていた。
それがたまたま英語だっただけの事。
そして、その事が幸運にも英語環境を整えられる事に直結した。

私と娘は感性が非常に似ていたので、
お互いに好きな映画や曲が酷似していた事も良かったのかもしれません。

好きなものに関わる中で、
他の国の文化風習や思想や価値観を共有できたら良いし、
コミュニケーションのツールとして、
日本語の他に他の国の人々と共有できる言語を持って欲しい、
と子供が生まれる前から思ってはいました。

小学校に入るまでの娘の様子は、
日本語も英語も関係ないように見えました。
話していることが解るようだし、
好きな洋楽も洋画のセリフもすぐに覚えてしまうし、
こんな様子を見て私も、
聞くことが出来れば英語に関してOKかな~と思っていました。

そして、小学校へ入学し、

・国語を習い言葉の仕組みや成り立ちを学び始めた
・国際理解の時間で多国籍の方々が英語を使い、
 文化風習や思想を教えてもらい、その価値観に触れた&興味を持った。
・英語時間でネイティブ先生のアクティビティ
・日本語と英語双方の娘が持つ知識の中で結びつけが始まった
・みんなは解らないけど自分は英語が解る

相手の話が解り一方的に聞くだけの環境でしたが、
小学校に上がったことで、
上記した5つの事が相乗効果となり、
娘の発話に大きくつながったようでした。

学校生活に慣れた2年生の夏頃に、
英語の文字であるアルファベット、フォニックスワーク、読み、
を自宅で取り組むようにしました。

早期英語子育てに取り組む方々には
信じられないぐらいのスロースターターな私たち親子。

そして、小2の冬休み。
WFクラブ会報誌を見ていた娘が「ミッキーの英語の卒業式に出たい」
と言いだしたのです。

親としては色々なことがそこそこ出来るし、
バイリンガルを目指すとか、海外留学などの高い目標がない事から、
DWEを卒業しなくても十分に英語の基は取れたと考えていました。

娘の発言にはヨッコラショと重い腰を上げさせられた出来事。

既に、
シング・アロング全曲が歌え、BOOK12冊も自読可能であった事から、
CAPレッスンは練習ではなく復習と確認作業となりました。

「幼児期にたくさんインプットを行い、
小学校に上がってからDWEのCAPレッスンで系統立て英語を学ぶ」

この進め方が娘にとってピッタリとハマり、
DWE卒業に繋がったのだと思います。

ずるずると書き綴ってしまいましたが、
毎年この時期になると思い返す事なので思いきって記事にしてみました。

最後まで読んで下さった方、
どうもありがとうございました!!

そして、卒業に向かって取り組まれている皆さん。
我が家もまだ息子が控えております。
共に頑張りましょう\(^o^)/

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ