FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

昔の英語記録発見!(息子編)

息子はDWE生活開始当時ようやく完全に首が座り、
姉の様子を毎日眺めていたと思われます。

母子手帳の記録によると、
息子がトークアロング・カードを一人で通し、
音声を鳴らしたのが2004年5月27日で1歳1ヶ月の頃。
Noと聞くと首を振る、upとdownが解るなど書いてありました。

トークアロング・カードを通し音が鳴ると、
パチパチと一人で拍手していたのには、
とても驚いた記憶があります。

息子のCAPレポート課題の記録はDWE購入後の翌夏。
2004年8月頃の息子の様子は・・・・

【息子1歳4ヶ月頃】

Play Along!1:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来る曲名
Up and Down, We Like to Bounce, Open Your Hands and Close Them
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
Up and Down, We Like to Bounce, What's Inside?

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
なし

Play Along!2:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来る曲名
I'm Walking!, Hopping Bunny
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
なし

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
なし

Play Along!3:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来る曲名
Jingle, Jingle, Jingle!, Just Like Me
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
なし

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
なし

Sing Along! Blue:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来る曲名
The ABC Song, Clap Your Hands!
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
The ABC Song

歌を部分的に歌う
なし

Story DVD Blue :
繰り返し見る、指さしして笑う、反応がある、質問に答える、
絵本と合わせてDVDを見る

歩き始めたのも丁度この頃で、英語の反応に比べると、
真似をする事や体を動かす事はあまり出来なかった様子。
月齢の小さい子向きのPlay Along!1が、
この当時の息子にピッタリだったのがよく解ります。

毎日が駆け足だったから忘れてしまっていたけど、
娘も息子もこんな当時があり、今がある。

思わぬ発見で英語子育て原点回帰しました p(^^)q
スポンサーサイト



昔の英語記録を発見!(娘編)その2

続いてシング・アロング。

シング・アロングは購入当時から今現在も、
我が家の自家用車でのかけ流しCDとして健在しています。

娘が卒業したいと言いだし、
CAPレッスンを始めたのは小2の冬休み。
小さい頃からのかけ流し効果からか、
シング・アロングの歌は全曲歌えます(^^)

2003年7月~8月にかけての娘の様子。

Sing Along! Bule:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来きる曲名
The ABC Song, Pluto's Song, Clap Your Hands!
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
The ABC Song, Pluto's Song, Clap Your Hands!, What's in Your Basket?
Look! Where? Over There!, Balloons, Knock, Knock, Knock!
Mickey and His Friends

歌を部分的に歌う
The ABC Song, The Spelling Song, What's in Your Basket?
Look! Where? Over There!, Knock, Knock, Knock!

これは当時CAPレポート課題を提出する為に記録したもの。
私がめんどくさがりなので記録しただけに留まり、
提出はしておりません(^_^;)

成長と共に自然に英語を身に着けた娘、
この当時まさかこんなに突然変異するとは正直思いませんでした。

昔の英語記録を発見!(娘編)

こまめに英語記録を取らずにいた私。
部屋の片づけをしていたら、DWEを購入した当時の英語記録を発見しました!

2003年7月~8月にかけての娘の様子。

【娘2歳7ヶ月頃】

Play Along!1:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来きる曲名
Peekabbo!, We Like to Bounce, Open Your Hands and Close Them
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
The Bellybutton Song(1), Up and Down, Open Your Hands and Close Them

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
The Bellybutton Song(1), Up and Down, We Like to Bounce


Play Along!2:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来きる曲名
I'm Walking!, Wiggly Worm, Hopping Bunny
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
I'm Walking!, Hopping Bunny, I Like to Take a Bath

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
I'm Walking!, Hopping Bunny, I Like to Take a Bath


Play Along!3:

歌を聴きながら、DVDの真似をして子供が遊ぶ事が出来きる曲名
Jingle, Jingle, Jingle!, The Cup Song, Just Like Me
       
積極的にDVDの真似をして遊び始めたら
Jingle, Jingle, Jingle!, Sharing, What Can You Do With a Ball?

歌を聴きながら、おもちゃを使ったり体を動かして歌を部分的に歌う
Sharing, Rub-a-dub-dub!, Play Along With Me!

とても楽しみ遊んでいたのを思い出しました。
そしてその姿に主人も私も楽しませてもらいました。

記録を見つけ改めて思うのは、
娘の今があるのは「プレイ・アロング」のおかげです。
英語の核になっていると豪語してもいい!

ありがとうプレイ・アロング\(^o^)/

フォニックスワークようやく1冊目が終わった!

8月から始めたフォニックスワーク、
娘の時よりも空手稽古に時間を取られている事もあり、
進みが遅れていましたが・・・・
ようやく1冊目を終えました\(^o^)/

娘の時は単語の綴りや読みをかなり意識しましたが、
息子は、

・音を意識する
・イラストと言葉を結び付ける
・語彙を増やす
・単語からイラスト、イラストから単語を推測させる

などに意識を向けています。

そんな中、英語と日本語の音と文字に関して、
一部混乱があるのを発見しました。

英語だとbedと聞き取り、発音が出来るのに、
日本語だと”ベッド”か”ベット”どちらが正解なのか混乱。

英語にしても日本語にしても似た文字の識別は、
混乱を招きやすいようです。

じっくり見れば解るけど、一瞬の判断は苦手。
繰り返しの定着で短時間で思い出せるように、
形を覚えてもらうしかなさそう。

読みに関しては、
絵を指さして「この絵の言葉はどこに書いてある?」と質問し、
指さしで答えてもらいました。

日本語の文章と同じで「文字の形を見て解る」が大事。

ワーク1の最後のページは娘も参加し、
どちらが早く終わるか競争していました。

ワーク1

息子とワークの付き合い方が私も解りはじめ、
少しずつペースを上げられるようになってきました。
ペースを上げて2冊目に取組みます!

DWEに関しては毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)がBook2 Lessonへ進みました。

正しく答えるよりも質問を聞いて、
自分の言葉で答えられるように意識を置いています。

娘の時もTEは同じように進めていましたが、
その当時は正しく答えられなかったことが、
いつの間にか正しいセンテンスで答えられるようになりました。

成長と共に言葉は進化するのかもしれません。

発音の必要性と今後の強化方法について考える

今まで子供たちの発音について、
あまり重要視をしてきませんでした。

「コミュニケーションのツールとして使えればいい」

これを念頭に掲げて英語子育てに取り組んできたから、
聞き分ける音は重要視しているけれど、発音はかなりユルイです(^_^;)

iPhoneのsiriは子供たちの英語を聞き取って、
色々返してくれますが私の話す英語は、
ご丁寧にwebで検索しましょうか?と聞き返すsiri・・・・

音声認識機能って本当にスゴイ。

siriの英語聞き取りに関わらず、
音声認識機能は非常に便利だと感じます。
日本語の変換がまだまだおかしいぞ~と思うこともあるけど、
時間の経過と共に精度は向上するでしょう。

近い将来、『 キーボード入力<音声入力 』 が主流になるんだろうな~

息子はディスレクシアで、
知能的に全く問題がないのに読み書きに困難を抱えています。
一見しただけでは解りにくく周囲から理解されにくい。
学生生活→社会人として生活していくにしても、
読み書きは切っても切り離せない必要不可欠な技術。

そんな息子が将来、英作文をキーボード入力する姿を想像すると、
とても大変そうに入力する姿が浮かびます。

でも英語でスムーズな音声入力が可能なら、
息子の大変さを軽減し能力を伸ばす事が可能になるのでは?
そんな時代が近い将来到来する事を考えると、
発音も大切な要素の一つになりそうだ。

・・・・少し考えを改めました。

発音が出来ているか出来ていないのか、
子供たちからもsiriからもダメ出しされている私。

あれこれ予算をかける事が出来ないので、
発音強化の為にたくさん音を聞かせる事は続けてみようと思います。

英語子育てをやっていて良かったと思った瞬間

先日のサマーキャンプの時に、
『英語子育てをやっていて良かったと思った瞬間』
がありました。

先生と話しながら歩いていた娘、
ふと先生が海を見ながら

Let's go surfin' now

と口ずさんだ。
それを聞いた娘が、

Everybody's learning how
Come on and safari with me

つられて歌いだした。

(歌はビーチボーイズのSurfin Safari)

先生は、「この歌知ってるの~!!」と、
驚いた反面とても嬉しそうに娘と歌について話し出した。

二人がつながった瞬間を目の当たりにして、
私はとても嬉しかったし感動した。

その国で育てば当たり前に知っているであろう事を、
遠い異国の地で知っている人に出会ったら、
懐かしいし、嬉しい事だと思う。

職場の同僚が中国人なので同じ経験を日々している私。

・歴史が好きで中国史オタク
・カンフー映画が好き
・DWEで英語子育てをしている
・料理や文化風習
・過去の戦争、政治、経済の事

決して豊かでない知識を基に、
様々な視点から話をしてとても仲良しになった。
私の場合は日本語を介してだけど、
コミュニケーションを深めて見聞が広がった。

逆に私も、

・日本料理や日本人の行動
・日本の歴史教育
・保育園で習う子供の歌や子供の絵本について
・子育ての悩み
・DWE生活について

特に、日本人なら当たり前に知っている、
日本独自の文化風習について質問を受けます。

つくづく、言葉はコミュニケーションを深める為のツール・・・
なのだと感じます。発音などよりもお互いの意思疎通、
ハートの繫がりが大切です。

以前、ブログで書きましたが、
「なぜ小さいうちから英語を始めたのか?」
に繋がるのですが、

他の国の人と仲良くなる為の、
コミュニケーションツールとして英語が必要と思った。
生まれた国や言葉が違ったとしても、
共通で理解可能な言語を知っていたら、
そこからコミュニケーションが生まれる。

世の中たくさんの価値観がある事が解る。
だから小さいうちから英語を始めたのだ。

思いがけずその成果を垣間見ることが出来て、
英語やってきて良かった~と思えました。

国や人種を超え共通の話題を共有し、
お互いに喜びを感じる事が出来る。

これはとても素敵な事です♪
英語を介して娘にもこれが出来た・・・・
とてもとても嬉しかった\(^o^)/

キャンプ参加者の意識が高かった!

WFクラブのサマーキャンプに参加して二週間が過ぎました。
早いものです。

当たり前の事ですが「参加者の意識が高い」
と言うのをヒシヒシと感じました。

まずは挨拶で、
「何度目のキャンプですか?」と聞かれます。
こう質問されるのは子供たちが大きいから、
何度か参加しているんだろうと思われたからかしら?

どのご家族も、

・とても熱心に取り組まれている
・小さい時から参加している
・全国のWFクラブイベントに精通されている

そして、

・ご両親は英語を話せる方が多かった

極めつけはこれでした。

全国のWFクラブの会員さんはたくさんいらっしゃるはず。
その中でキャンプに参加される割合って、
ものすごく少人数のはずです!!

最初はその意識とレベルの高さに、
「こんな家族が参加してごめんなさい」
って気持ちでいっぱいでしたが、
お話を重ねるうちに皆さんとても良い方ばかりと解り、
緊張がほぐれていきました。

驚いたのは、
「3歳でも両親が話しかけを行えば英語の発話がある」と言う事。
当たり前の事ですが、言語を身に付けるには「環境」が
とても大切なのですね(*^_^*)

我が家の子供たちはかなり荒削りの環境で、
英語を身に付けていると思われるので、
整った環境で英語を身に付けるお子さんたちが、
これから続々と現れる筈です。
そう考えると何年後がとても楽しみですね。

凄い事になってしまいそうです\(^o^)/

英語を求める意識や環境について、
改めて考える機会となったサマーキャンプですが、
慣れていない事から起こる準備不足もたくさんありました。

特にお友達と住所交換がスムーズに出来なかった事が非常に心残り。
これは完全に私のチョンボでした(T_T)

また、キャンプ終了時のプレゼンテーションを逃してしまい、
既にプレゼンが終了していた娘に「聞けなくてゴメンね」と平謝り、
息子のプレゼンは罰ゲームかと思うような冷や汗もので・・・

人前で話をする、しかも英語で。
これは息子にとって相当のプレッシャーだったようでしたが、
良い経験をさせて頂けたと思います。

今思いかえしてみても「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」
と反省点ばかりが浮かんでしまいます。

キャンプの流れが解っていなかった今回。
次回は万全の状態で臨んでみたいです!!

WFクラブサマーキャンプに参加して

DWEを購入して9年が経ちました。

娘がDWEを卒業したにも関わらず、
WFクラブの大きなイベントのキャンプに参加したことがありません。
9年目にして初☆キャンプ参加の我が家でした(^_^;)

サマーキャンプのタイトルは、
『COCO'S SEA ADVENTURE』
海をテーマにしたアクティビティが盛りだくさんでした。

週末イベントは約1時間。
参加型のイベントに変化してはいるものの、
受動的なインプットの比率が高くなってしまいます。

キャンプは朝と昼と夜の3回アクティビティがある他、
フリータイムに遊びながら先生と会話を楽しむ事が出来て、
自宅では不可能な「英語漬け生活」でした。

☆朝のアクティビティ☆

朝食を済ませた後、
「先生から伝達された」場所と時間に集合。

この先生からの伝達が全て英語なので、
右から左に流れてしまう頼りない親に代わって、
毎回娘に確認してもらっていました(^_^;)

班ごとに連帯感を高めるパフォーマンスを行い、
「今日も一日頑張るぞ!!」
と気合をいれ始まります。

宿泊場所の近くにlighthouse(灯台)があり、
灯台周辺の大きな公園へハイキングに出かけました。
海に住む生き物の話を聞きながら、
夜のアクティビティで勉強した内容を意図的に復習。
子供たちも始めて知る単語に興味津々。
親も勉強になりました。

「コイル、コイル」と何度も先生が話すので、
コイルがどうしたんだろう??と首をかしげていたら、
「深い海にもコイルがある、それはこれですよ」
と写真を示してくれました。
私が聞こえた「コイル」は「coral(サンゴ)」でした。

DWEのお話や歌は子供たちと一緒にたくさん聞いているので、
先生が話をしていても解ります。
でも始めて聞く内容だと途端に耳がついて行きません。

子供たちに白目で見られてしまいました(T_T)

☆昼のアクティビティ☆

昼ごはんはレジャーシートを広げ、
広場でお弁当を頂きます。

お弁当を受け取る際にも先生と会話を楽しみ、
先生と会話を楽しみながら食事が出来る、
週末イベントとは違うDWEに取り組んでいるご家族と、
DWEトークが出来る!

暑さから思うように食事が喉を通らなかったけど、
とても楽しい時間でした。

昼ごはんの後はマイクロバスで海へ向かいました。

宿泊地周辺は岩場が多く、
泳ぐより「海辺の生き物探し」に適しています。
(息子は朝早くカニを探したり宿泊地の敷地を走り回っていました。)
マイクロバスで移動した先は広い砂浜の海岸。

まずは班対抗のリレーを行い、
その後は小学生と幼児グループに分かれ海の中で遊びました。
小学生グループは寄せてくる波をジャンプしたり、
大波に乗って浜辺に打ち上げられたり、
先生たちと体をたくさん動かしていました。

子供たちは、ただ話すよりも体を動かしながらの方が
リラックスしてお友達とも先生とも会話が弾むようです。
他のお子さんを見ても同じ様子でした。

楽しい事に取組みながら会話も楽しむ。
とても良いと思います(*^_^*)

幼児グループは先生やパパママと一緒に、
sandcastle作りを楽しんでいました。
おさるのジョージでsandcastleを作っているのをみて、
「作りたい!」と騒いでいた子供たちでしたが、
大波に乗ってばかりで陸に上がってくることはありませんでした。

元気な小学生パワーに付き合う先生方も大変そう(^_^;)

砂浜に上がり休憩を取りながらも、
子供たちの安全面に気を配り、大きな波がきたらすぐにダッシュする
先生方、本当にご苦労さまでした。

海に向かうマイクロバスの中で、
「海にすむ生き物」「海での遊び」先生から質問がありました。
「サンキャス、サンキャス」にまた首をひねりましたが、
「sandcastle(砂のお城)」だと何度か聞いて解り、
自分の聞き取り能力の低さにまたも愕然でした(T_T)

☆フリータイム☆

フリータイム前の解散時、先生から伝達があります。

「どこで何をするか、何時に集まるか、持ち物は何か」
「フリータイムを楽しむか先生とアクティビティをするか」

かなり長く話をされるので・・・親の集中力が途切れてしまいます。

子供たちにどうするか聞いてみると、
「プールで遊ぶ!!」と言うのでプールに入りびたりです。
プールに先生が現れて遊びながら話をしているようでした。

ハイキング→海→プールとずっと動き続ける子供たち。
驚く程にタフで元気でした。

☆夜のアクティビティ☆

夕食後もアクティビティがあります。

海の生き物の講義を聞いてワークブックで確かめる。
お勉強の要素が強いものでした。
家庭では親の英語力不足から取り組めない内容なので、
とてもありがたかった(*^_^*)

ウニを Sea urchin 浅瀬を Shallow

と言うのを初めて知りました。

色を塗って、カットして、ノリで貼り付ける。
出来上がりを先生に確認してもらう。
「上手にできたね」の言葉に大喜びの子供たち(^^)

ここで勉強した単語を日中のアクティビティの際に、
確認させる場面が何度もありました。

☆キャンプファイヤー☆

朝から夕方まで外で活動。
フリータイムも活動していたせいでBBQの頃は、
眠くて仕方のない子供たちでした。

私たち家族が所属した班は子供と大人分かれて食事をしたので、
子供だけで役割分担をして協力しながら肉や魚介を焼いていました。
当然ですが自分たちで焼かないと食事にありつけません(^_^;)
子供たち一生懸命でした!

大人も学校の事やDWEや英語の事、趣味の事など
子供から離れて情報交換が出来ました。

キャンプファイヤーで「焼きマシュマロ」が出来ると聞き、
眠くて仕方のなかった娘が覚醒。
前々から「焼きマシュマロ食べたい」と話しており、
キャンプでそれが出来る事を話していなかったので、
テンションが一気に上がった娘でした。

キャンプファイヤーは宿泊地からかなり離れた海辺で、
真っ暗でしたが星もものすごくよく見えてキレイ。

キャンプファイヤーを回りながら歌ったり、
いよいよ、お楽しみのマシュマロtime。

「マシュマロをまわしながら火であぶるのよ」

と先生から説明をうけるもなかなか難しく、
火がついて黒くなったりとうまく出来ない息子。
おかわりがもらえるので何度もチャレンジし、
最後は本当においしいそうな焼きマシュマロが完成\(^o^)/

サマーキャンプがどんな位置づけであるか、
深く考えずに参加した我が家。
自宅で取り組むだけでは補えない部分がサマーキャンプにはある。
深いな~

親の英語力のなさも痛感し、自分も英語話せるようになりたい、
相手に考えや思いを伝えたい、話せたらもっと楽しいだろうな・・・
と思う機会がたくさんありました!

思うだけではダメで行動に移さなきゃ!!
サマーキャンプまた参加したい!!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ