FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

7月を振り返って

夏休みの宿題と息子の言語科、娘&息子の英語計画。
宿題は自主性に任せてチェックのみにし、
言語科の宿題の取組みと、英語の取組みを細々と続けてます。

『夏休みの宿題を8月22日までに終わらせて、
学校の支度を23日までに終わらせなければ、
保育園のお泊りOB会には参加させない!!』

と子供たちに伝えているので、
一生懸命宿題に取り組んでいる子供たちです。

朝のうちに宿題を終わらせて、
娘は友達とプールへ行ったり、
息子はペットショップに生き物を観に出かけたり、
子供たちなりに夏休みを楽しんでいるようです(*^_^*)

現在色黒の娘は「何人??」という風貌になってます。
息子もよく焼けてはいるけど娘には及びません。

娘の英語取組み。

今月中で終わらせたかったORTのStage9が全部終わらず、
残り1パック残っている状態です。
8月は残りの音読と書写の両方やらせる事にします。

息子の英語取組み。

自宅にあるFloppy's PhonicsをStage3まで読み聞かせ、
音源に合わせて暗唱したり、暗唱オンリーだったり、
音と文字の綴りを意識して探し出したり。
特に話し言葉の中にある音に注意し、
音素操作を始めたのは大きな進化でした。

DWEレッスンはTE(テレフォン・イングリッシュ)で
Book Lesson(ブック・レッスン)を開始、
TAC(トークアロング・カード)は今まで聞いてはいるけど、
本人の認識がなさそうなカードを選び出して、
確認作業を行いました。

Floppy's Phonicsで同じ繰り返しの文章を見ているからか、
少しづつ、英単語(文字レベル)の蓄積が始まったかな?
という感じで本格的に読む作業より、
音を聞いて文字と結びつける方に重点をおきたい。

明日からはいよいよフォニックスワークを始めるぞ♪

スポンサーサイト



英語を英語のまま理解する回路

職場のお隣の課のおばあちゃまが、
「孫が英語に興味を持っているのよ」と話を振ってきたので、
お話にお付き合いをしました。

どんな事でも子供が自主的に興味を持つことは、
とても素晴らしい事だし、応援もします。

話を聞く中で違和感をもったのは、
「黒はブラック、白はホワイト、色は英語で話すのよ」
とニコニコ顔で話してくれた時。
何でもパパさんが教えておられるそうです。

言葉でうまく表現する事が難しいのですが、
幼少期から英語子育てに関わる方なら、
私が感じた違和感を解って頂けると思います。

blackはblack、whiteはwhiteで黒でも白でもありません。

英語を英語のまま理解する回路や感覚って、
小さいうちであればあるだけ備わるものだと思います。
性格や興味や好奇心で習得レベルに違いはあれど、
全く無しよりはやった方が効果が表れるはず。

せっかく子供が興味を持っているのに、
さらに興味を持たせる方向性が違っていて、
勿体ない、残念な気持ちになりました。

私の価値観での意見だから、
余計なお世話なのはよく解っています・・・
でも勿体ない、残念だと思う気持ちは今も消えません。

英語を英語のまま理解する回路。

一部の人が持っている特殊能力ではなく、
生活環境があり膨大な時間をかけて、
無意識に身に付く部分と意欲的に取り組み身に着ける部分、
それぞれが絶妙に交わりあって理解につながる。
どちらか一方だけの働きかけはアンバランスでNG。

まだまだ二極化が続きそうな日本の英語事情。
いつ、この違和感はなくなるんだろう?
違和感がなくなる日はくるのか??

おそらくこの辺りに、
日本人が苦手な英語を克服するヒントが含まれてると思えてならない。
そう思うのは私だけでしょうか・・・?

Floppy’s Phonics WFセット(ステージ1+、2、3)

Floppys Phonics

Floppy’s Phonics WFセット(ステージ1+、2、3)

WF ショッピングで購入。

前作のはじめてのフォニックスより、
フォニックスをものすごく意識して作られています。
なのに不自然さを感じません。

ど素人の私でも何度も聞き、本文を見るたびに
「あっここも、ここにもある」「これはライミングだ」
と発見が絶えません。

文字が読めない息子でも、
音を聞いて文字とのリンク付けがに少しずつ、
出来るようになってきました。

小さい時から英語の音をたくさん聞いている
お子さんたちであれば、
自分で気が付くように作られているこの絵本、
とても楽しめると思います!

ORT Stage4+5セット、 Stage6+7セット、ORT Stage8+9セット

ORT4-5

ORT Stage4+5セット

ORT6-7

ORT Stage6+7セット

ORT8-9

ORT Stage8+9セット

WF ショッピングで購入。

娘が小学校2年生から始めた音読教材です。
英文がいきなりレベルアップせず、
自然にレベルアップされているので、
無理なく読み進めることが出来ます!

DWEを聞き込んだ就学児であれば、
いきなりStage3~ぐらいから始めても
問題ないと思います。

伏線があちこちに張り巡らされていて、
お話にぐんぐん引き込まれてしまいます♪

ORT はじめてのフォニックスStage1+、Stage2、Stage3(旧版)

ORT1
ORT2
ORT3

娘が小学校2年生時にWF ショッピングで購入。

フォニックスとライミングの要素が、
本文に盛り込まれていると紹介されてあり購入。
本文は短く、同じ繰り返しが何度も登場し、
話の内容も面白いものばかり。
ライミングはちょっと少ないかも・・・

Let’s go phonics セット
と同時進行で活用しました。

※現在、パッケージを変えて同じようなシリーズがでてるみたいです。
ORT Stage1+ はじめてパック1

Let’s go phonics セット

Let’s go phonics セット
フォニックス

娘が小学校2年生時にWF ショッピングで購入。

ずっと聞くだけの英語の関わりから、
文字を意識するためのフォニックスワークとして活用。
聞く、書く、読むがバランスよく盛り込まれており、
英語力のない私でも娘と一緒に取り組む事が出来ました。
言葉遊びのライミングも学べます。
おすすめ教材です♪

なぜ小さいうちから英語を始めたのか?

英語子育てをしいている事をママ友さんに、
内緒にしている訳ではないのですが、
自分から話す事もなくブログ上で書き綴っています。

昔ながらの友達は私が英語子育てしているのを知っているけど、
英語に関して価値観は人それぞれだから話題に上がることが
ほとんどありません。

娘の幼少時代、同じようにDWEを購入し
DWEライフを送っていたママ友さんも何人かいたけれど、
みんな挫折していなくなってしまったし・・・(T_T)

妖怪人間ベムのように闇に隠れて生きる~
みたいな英語子育てを地味~にしてきました。

自分から英語子育てをしている話題を振ったのは、
同じ職場の中国人の同僚だけ。
「他の国では英語をどう考えているのか?」
を知りたかったから。

先日、「なぜ小さいうちから英語を始めたのか?」
と質問をされる機会がありました。

他の国の人と仲良くなる為の、
コミュニケーションツールとして英語が必要と思った。

生まれた国や言葉が違ったとしても、
共通で理解可能な言語を知っていたら、
そこからコミュニケーションが生まれる。
世の中たくさんの価値観がある事が解る。

だから小さいうちから英語を始めました。

とお答えしました。

日本は国際化しているとは言っても四方を海に囲まれた島国。
国内で生活するだけなら日本語だけで十分かもしれない、
でも針の穴から世界を覗いていていたような大昔とは違います。

この先、子供たちがどんな事に興味を持って、
どんな選択をして生きていこうとするのか、
その選択に英語が役立つか役立たないかは未知の世界。

今のところ実生活で役立っているのは、
英語で洋画やアニメが見れる、洋楽をカラオケで歌える、
学校の英語の授業が解る・・・程度の英語力(^_^;)

子供たちがどんな生き方をするのか、
主人と私はとても楽しみにしています♪

Floppy's Phonicsの続きが欲しい~!!

1Stage6冊を1ヶ月かけて
Floppy's Phonicsの読み聞かせをしています。

Floppy’s Phonics WFセット(ステージ1+、2、3)

自宅にあるのはStage3までです。
息子から続きが読みたいとおねだりされました(^_^;)

ORTのシリーズは様々な購入ルートがありますが、
我が家は全てワールド・ファミリー ショッピングで購入。
会員割引10%とレッスンで貯めたレインボーポイントを利用し、
かなりお安く購入してきました。

WFのショッピングサイトをこまめにチェックしているけど、
Floppy's PhonicsのStage4~の取り扱いは現在のところないみたい。
続きの購入どうしようか迷っています・・・・・

WFさん、何とかなりませんか~?!

自ら音素を意識し始めた!!

息子へ読みにつなげる下地作りを5月から、
Floppy's Phonicsを使い現在Stage3に取組み中です。

ディスレクシアの息子は自力で読む事は難しく、
CDに合わせて暗唱はしているけれど、
文字としての英語の認識はありませんでした。

もう少しで3ヶ月を迎えますが、
ここへきてものすごく息子が進化しました!

裏表紙に紹介されているfocus phonicsが
どういう位置づけにあるのか自分で気が付いて、
音素と文字を急に意識し始めたのです!!

Stage3の”The Moon Jet"を例に上げると、
oo の音を聞き、本文の中にある単語を探し出します。
該当するのは、

moon, cool, zoom, boom, room,
roof, loop, soon, shoot, shoo, food

これを突然自分から探し出すようになりました。

例えば et で終わるライミングに、
頭をそれぞれ j や w や f を加えると、
jet wet feet と言葉が変わります。

音素に気が付いた事で音素操作も始まりました。
これが出来ると知らない単語もあたりをつけて
読むことが可能です。

フォニックスと似ているけど息子がやっているのは
『フォネミック・アウェアネス』。

話し言葉の音や音のグループに焦点をあてると言うもので、
これがしっかりできると、フォニックスに入って文字を教えられても
文字と音を結び付けるのに苦労しにくいそう。

息子の場合、学習面のリンク付けに時間がかかります。
一度理解するとそこから彼なりの応用がドドドーっと始まるので、
今回の進化は大きな進化となります。

日本語も同じように文字と音を結び付けることが難しいので、
話し言葉の音と音のグループに注意をはらって、
読み書きの学習しています。

英語も小さい光がようやく灯りました!!

来月からフォニックスのワークを始められそうです\(^o^)/

Let’s go phonics セット

【動画あり】スピーチにチャレンジ☆週末イベントCAP kidsのスピーチ

CAP kidsのイベント申し込みをした際、
娘からの要望でスピーチ発表を希望しました。

スピーチの要項がWFC(ワールド・ファミリー・クラブ)から届き、
原稿作成に取り掛ったのが開催の約1ヶ月前。
テーマは”My Favorite food”
今回は娘が自分の力で書き上げる事に初チャレンジしました。

我が家でスピーチ原稿を書く時の約束は、
「自分の言葉で思いを伝えよう」です。

自分の気持ちが入らないと、
思いが一方通行で相手が退屈してしまう。
お利口な内容である必要はなくて、
簡単な文章で相手が興味を持つような、
楽しいお話を書こう・・・。

日本語の作文すら支離滅裂な娘です・・・
これがまた前途多難な道のりでした。

最初、好きな食べ物についてスピーチしようとした娘でしたが、
好きなイチゴについて、なぜ、どうして、だから好きだ、
と思いを伝えるのに行き詰まりました・・・・
解んない!!と絶叫する娘に主人が助け船をだし、
提案したのが「マインドマップ」。

My Favorite foodを中心に
思いつくもの全て紙に書き出しました。
この作業を半日かけて行い、
日本語で文章を書き、文章の構成まで3日。
これを基に英作文に書き換えて3日。

平日、私が仕事から帰宅後
ギャーギャー喚き散らしながら、
弱音もはかず根性を見せた続けた娘の1週間。

原稿を提出し、戻ってきたもので練習。
練習と言っても1日1回音読するだけ、
CAP kidsの3日前ぐらいにようやくスイッチが入り、
何とか当日を迎えました。

イベント中は緊張する様子もなく楽しんでいましたが、
さすがにスピーチ本番は緊張したらしく、
無表情&小さい声でスピーチ開始。
遠くから主人が変顔をして娘を緊張をほぐしたおかげで、
後半は少し表情が柔らかくなりました。

そして、これが約1ヶ月の集大成です!



娘は料理を作ることが好きです。
料理に興味を持ったきっかけや好きになった出来事、
料理の体験談や今後の抱負をスピーチしました。

自分がやると決めた事は最後までやり切る娘の根性、
感動と成長を感じました\(^o^)/

TACでレッスンの核になる単語を確認中

現在、冬に始めたいと考えている
DWEレッスン下地を息子に作っています。

今週から始めたBook Lessonに並行して
TAC(トークアロング・カード)も少し取り入れ始めました。

物の名前や動きのある言葉は、
カードの絵を見えればほぼ答えられますが、
それ以外で今後必要になるだろう、
レッスンの核になるカードを確認中。

ka-do

日々のかけ流しでたくさん聞いている音であっても、
ディスレクシアを持っている息子は、
音と文字からの知識をうまく結び付けることができません。
娘とは違った働きかけが必要です。

まだ単語が読めない息子にもTACはとても役立つアイテム♪
コツコツ地道に働きかけたいと思います!

そろそろBooK Lessonを視野に入れてみよう!

息子が「英語はあんまり~」感を放出しているので、
まぁいいか~とこちらも大目に見てきた部分もあるのだけど、
TE(テレフォン・イングリッシュ)で歌だけ2曲歌うのももそろそろ限界。

3年生のこの夏、
Book Lessonを始める時期に達したようです。
夏休みが間近で何かを始めるのにはとても良い機会。
TEのBook Lessonを息子に開始させてみました。

CDかけ流しでそれなりにお話は覚えており、
練習した感じでは問題なさそう。
問題点を上げるとすれば、
本人のやる気姿勢&恥ずかしがらない
の2点でしょうか・・・(^_^;)

娘がBook Lessonを始めた時、
学校生活で培われた国語力とTEのBook Lessonとの
相乗効果で英語の発話力が飛躍的にアップしたように感じました。

息子にこれが当てはまるか解りませんが、
相乗効果を期待したいと思います!

初めての方へ

初めまして、こんにちは!
Marie(マリー)と申します。

ディズニーの英語システム(以下DWE)に出会ったのは、
もう遠い遠い昔の事です。

言葉をまともに話すことが出来なかった、
原人のような子供たちに与えてみたところ、
興味深々でDWE生活がスタート。

赤ちゃん→幼少期→小学生と時が流れ、
成長と共にDWEの関わりも変化してきました。

自宅で英語に触れる環境、子供に合わせた臨機応変な働きかけ。
英語子育ては本当に奥深いなと感じます。

最終的に原人がどんな進化を遂げるか、
思い描く事は出来ませんが、
英語をコミュニケーションのツールとして、
いずれ必要になるだろう武器の一つとして、
自然に身に着けてもらえたらうれしいです。

★改めまして家族紹介★

父: 洋画鑑賞が趣味だが学生時代から英語が苦手。
   率先した英語子育てへの関わりはWFクラブの週末イベントぐらい。
   母と子供たちの英語子育てに理解を示し、
   暖かく見守ってくれています。
  
母: 映画&ミュージカル鑑賞が趣味。
   学生時代英語が大嫌い。
   興味本位で受けた英検準2級にも不合格。
   DWEに出会い子供たちと英語を楽しく学び、
   特に何もせず英検準2級に合格。
   相変わらず英会話は出来ません。

娘: 2000年12月生まれ。
   喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。
   自分の感性にハマったものはすんなり取り込む
   能力を持つ。 
   DWE購入は2歳6ヶ月、レッスン開始は8歳。
   2010年9月卒業課題を応募し9歳でDWE卒業。
   第1回、2回全国こども英語スピーチコンテスト
   地区予選選出の実績あり。

息子:2003年4月生まれ。
   母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。
   自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。
   DWE購入は生後2ヶ月。
   日本語の発話は早く1歳頃から始まったが、
   英語の発話は小2を過ぎてから始まる。
   ディスレクシアである事が解り、
   姉とは違った英語の働きかけを受けながら、
   DWEレッスン開始を目指す。
2013年1月レッスン開始、終了は同年9月。
2014年9月DWE卒業課題で応募し11歳でDWE卒業。

賑やかを通り越しうるさいぐらいの4人家族ですが、
これからも宜しくお付き合い下さい!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ