FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

疑惑が晴れた(^_^;)

娘が英語がらみでテレビに出た事を、空手道場関係者は知っています。

でも、師範も指導員も道場生も、
子供たちが実際に英語を話すところを見たことがないので、
普段の様子から「疑惑」を持たれていた感があります。

そして疑惑が晴れました(笑)
・・・・普段が普段なだけに仕方のない事ですが(^_^;)

今月から普段通う道場に外国人が入門し、
極真会館の理念の一つである、「国際交流」を図る機会が出来ました。

その道場生、母国での大学は英語講義だったため英語は困らないのですが、
日本に来日して3ヶ月、日本語はまだまだ苦労しているそう。

母国で他流派の空手を学ばれていたので、
比較的スムーズに稽古出来るものの、細かい指示を伝えるのが難しいらしく、
子供たちの出番となりました。

普段限られた所で使っていた子供たちの英語。

それはWFクラブでのTE(テレフォン・イングリッシュ)やプレイタイムや週末イベントだったり、
小学校での国際理解だったり、英語教室だったり。
英語が提供される場で相手が英語を話す先生と言う「特殊な受動的環境」です。

しかし、通常稽古を行う道場では英語の関わりがありません。

ある時、唐突に、そんな展開が訪れても、相手が英語を話す先生でなくても、

「英語が使える一般的な多国籍の人とコミュニケーションが取れる」

その様子を同じ稽古に参加していた主人から報告がありました。

なぜ小さいうちから英語を始めたのか

と言う 親の思い(エゴ)に繋がるのですが、
長年おうち英語をやってきて、

「本当の意味で英語をコミュニケーションのツールとして使える、
 やっとスタート位置に立たせる事が出来た」

望んだ成果が出たと心から思いました。

実際に、普通に日本で暮らして英語が役立つ事は、
そうある事ではないと思います。

子供たちがどんな生き方を選んでいくのかまだ解りませんが、
2人の将来の可能性を大きく広げられた事が嬉しい。

主人の理解、身内の理解、英語繫がりで出来たお友達たち、
共に喜び、励まし、いろんな気付きを与えてくれた事に本当に感謝したい(*^_^*)

子育ては一人では出来ません!!

まだまだ前途多難な問題もたくさん抱えていますが、
一歩一歩進んでいこうと思います。
スポンサーサイト



言葉のこと(英語)

子供たちが普段どの程度日常で英語を話すかと言うと、
英語を使う場でしか基本話しません。

自宅ではほぼ日本語。

日本で暮らしているし、学力の基本は日本語で。
最初からバイリンガルを望んでいた訳でなく、
グロービッシュ(世界英語)を望んでいたので、
コミュニケーションのツールとして必要最低限の英語力がついた。

だからこれ以上の力を親は望んではいません。
本人たちがこれ以上を望むのならもう本人の努力次第だなと(^_^;)

英語を話す場はどこかと言うと、

娘は英語教室の先生たちと。
レッスンは日本人講師が英語で行うので、
レッスン前の待ち時間(娘はこの為に教室へ早く到着する)、
レッスン後にそれぞれネイティブ先生と雑談をするのが楽しいそう。

息子は学校のALT先生と国際理解の先生と。

ALTは長くお世話になったA先生から変わり、
今年どんな先生なのか情報が上がってこないので不明。
国際理解の先生は毎年違う国から派遣され、
英語でのコミュニケーションになるけど、
どんな内容かは同じく不明。

子供たち共通の話す場としては、
毎週のTE(テレフォン・イングリッシュ)とプレイタイム。

子供たちがお気に入りのぬいぐるみで遊ぶ時、
ぬいぐるみたちが話します。

他には、親に不満を言ってくる時、小言に対しての呟きが英語。
感情の起伏時にポロッと出ます。

息子は長々と話す事はありませんが、
英語での呟き頻度は多く感じます。

先日、娘にCATSのblu-rayを購入した話をしましたが、
既にYou Tubeでたくさん情報を仕入れている娘。
テレビでCATSを一緒に見ている息子が娘へ質問します。

何故か最初から終わりまでずっと英語で質問。
娘も英語で答えていました。
最近そんな光景を目撃しました。

必要があれば使い分ける、そんな生活を送っています。

続 話せる程度から英会話までの道のり

話せる程度から英会話までの道のり・・・続きです。

英語でのコミュニケーションが取れている事が解り、
親の語りかけ代わりにTE(テレフォン・イングリッシュ)の
Book lesson始めました。

週1回約3~5分程度短い時間です。

聞かれた質問に答えだけでセンテンス通りに答えていなくても、
内容を聞き取りキーになる単語を言えれば良しとしました。

この頃は「英語は英語で説明した方がいい」と思っていたけど、
月齢が上がるにつれ「日本語で説明した方が理解が進む場合がある」
事に気が付きました。

たまたまテレビを付けた時に映ったBS TBS放送のCatChat。
この番組内の日本語と英語のバランスが絶妙で、
日本語での説明も無駄なく簡潔なのが気に入りました。

母語である日本語と聞き続けた英語をうまく結びつけ、
英語がそこそこ話せる→話せる程度に変わったのは、

「WFクラブのCAP課題」

何と言ってもこれに尽きると思います!!

WFクラブのCAP課題はとてもよく出来ていて、
片言で答えていた英語を少しずつセンテンスで答えられるよう、
自然に導いてくれる代物です。

プレイ・アロングを軸に、シング・アロングで骨組みを作り、
ステップ・バイ・ステップなどで形成し、聞く、話す、読む、
少し書くなど総合的な英語の基礎力を身に付ける事ができます。

でもここまでは一方的な問いかけに対して答えるだけでした。

さらに磨きをかけるのに役立ったのは、

「ファン・フォン・イングリッシュとTE(テレフォン・イングリッシュ)のフリー・カンバセーション」

Book lessonと違い会話の練習プログラムです。

卒業はしたけど実際の会話では敷居が高い・・・
と感じていた娘にはピッタリのTEのフリー・カンバセーション。
1年3ヶ月程長く続けました。

先生からの一方的な質問だけでなく最後に先生へ逆質問をします。
自分から質問をするのもこのTEのフリー・カンバセーションならではのもの。
こちらも週一回約5分程度の短い時間でした。

話せる程度→英会話へ近づけるにはやっぱり、

「フリー・カンバセーション」

知らない&見えない相手と電話だけでやり取りをするのって、
日本語でも難しい事だと思います。

・自分の耳と自分の言葉でコミュニケーションを図る
・表情やジェスチャーも使えず自分だけが頼り

週1回約10分前後を、今も続けています。

小学校での外国人講師たちと好きな漫画話で交流したり、
週に1回短時間の発話プログラムの積み重ねなど、
様々な要素がうまく混じりあって、

「話せる程度から英会話と呼べる」

結果へ繫がったのだと思います。

長々と思いつくまま書き綴ってしまいました。
ここまでお付き合い下さいました方、
本当にどうもありがとうございました(*^_^*)

話せる程度から英会話までの道のり

日本政府が英語教育を小学生低学年から必修にする事を
検討しているとか・・・

それに伴い本屋さんの英語コーナーも中学生以上からでなく、
幼児向け英語教材が増えた気がします。

我が家がDWEを購入した10年前からは比べものにならないほど、
町中の書店でも子供向けの英語教材を目にするようになりました。

今ほどブログやネットも賑わっておらず、
英語子育ての情報を探すのは本当に一苦労でした。

WFクラブ(ワールド・ファミリー・クラブ)会員サービスの
TE(テレフォン・イングリッシュ)で娘が、
先生とフリー・カンバセーションをしているのを横で眺めていて、
親が英語を話せない環境の中で娘が、

「話せる程度から英会話までの道のり」

どんな様子だったのかふと疑問に思い振り返ってみようと思いました。

効果的と思える「親の語りかけ」が出来ませんでした。
とくに語りかけをせず、DWE教材のかけ流しをしながら、
日本の保育園で日本語にどっぷり使った生活をしました。

たくさん体を動かして遊び、
たくさん日本の絵本の読み聞かせを保育園でして頂きました。

英語を意識?無意識??様子を見てもよく解らず、
とくに英語を嫌がる事もなく車でCDをかけ流す日々。
音源と絵本を合わせてめくる事もしないまま小学校へ入学。

小学校入学前後で、

「意味が解る&解らないを抜きにして英語を聞き取る事が出来る」

感じ。
聞いて理解する→少し話せる程度にレベルが上がったのは、
小学2年生前後だったと思います。

国際理解の先生が英語を話す他、
娘が2年生の時外国人教師導入のモデル校としてA先生が来校されました。

娘「A先生にお父さんかお母さんが英語話せるの?って聞かれた」
娘「だから(ここから英語)お父さんは話せないけどお母さんは話せる(また日本語)
  って答えたの」
私「お母さんも話せないよ」
娘「そうだね、でもお父さんよりはマシだよ」

娘と話したのが2年生の夏ぐらいと記憶しています。
この当時の娘は既に周囲とは違ったのでしょう。
そして娘が、
「英語でコミュニケーションを取っているんだ!DWEすごい!!」
と発見と感動した瞬間でもありました。

月に2回来校されるA先生との出会いが、
少し話せる→そこそこ話せるレベルへ引き上げてくれました。
・・・ちなみにこの頃はTEを活用していません(^_^;)

長くなりそうなので今日はここまで、話せる程度へ話は続きます。

ご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、
もうしばらくお付き合い頂ければ幸いです。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ