FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

好きなものほど上手なれ!

好きなものほど上手なれ。
残念ながら空手ではなくミュージカルです。
しかし・・・空手の動きが思わぬところで役立っているなぁ!
と娘を見て心底思います。

「Jemimaになりたい!」

そう願い、独学で練習中の我が娘。
1日のうちどれぐらいCATSの事を考えているのか?
と思うぐらいの惚れ込みよう。

動きに関してはプロの役者にはかないませんが、
空手の稽古で培った身のこなし、回し蹴りや回転回し蹴りの足上げ、
柔軟性の数々の動きが活かせています。

ちなみにJemimaと言うのは、ミュージカルCATSに登場しているネコの事です。

心技体だけでなく、違う意味で空手が役立っています(^_^)v

家族それぞれお気に入りのネコは違い、

娘はJemima。

Jemima

息子はMistoffelees。

Mistoffelees

私はRum Tum Tugger。

RumTumTugger

とバラバラですが、お気に入りのシーンは、
Skimbleshanksと共通しています♪
スポンサーサイト



続けるコツは習慣化

子供たちの習い事は極真空手です。

娘は小2、息子は年中、そして主人、
揃って2008年5月に入門しました。

6年と半年続いています(*^_^*)

子供たちが長く続けられた理由の1つに、

「稽古へ行くのが当たり前」=「習慣化」

これが出来たから今に繋がっている。

親から「稽古へ行け!!」と言われなくても、
雨の日も、風の日も、暑い日も寒い日も、
学校から帰ってきたらバスに乗って道場へ行く。

私だったら学校から帰ってきた時点で疲れているし、
そこから離れている所へ移動するのは辛い。
嫌だなぁ、めんどくさいなぁ・・・と(^_^;)

そう言う意味で子供たちは続けていて偉い!
でも本人たちにすれば至極当然で当たり前の事なのです。

そこまで習慣をつけるには、
それなりの時間と労力がやはり必要でした。

①初期:全て親が送り&迎えをした

仕事の都合で最初は週1の稽古のみ。

あまりにも稽古の進度が上がらず業を煮やした私。

平日の遅く私が送り&迎えが出来る稽古、
尚且つ子供たちが出られる稽古がありました。

「一般枠の夜19:30~21:00」

少年部の娘なら稽古出来て、
幼年部の息子でも兄弟と一緒なら稽古が可能でした。

職場を定時18:00で上がり車で約50分、
実家で道着を着て待機している娘をピックアップし、
その足で保育園へ息子をお迎え。
そして道場へ。

19:30から始まる稽古の10分前に滑り込んでいました。

この行軍は息子が保育園を卒園するまで続き、
毎週木曜日は時計を見つつ必死に仕事、
車を飛ばしていました。

息子が小学校へ上がってからは、
自宅で食事を済ませ、道着を着て母を待ち待機、
道場まで送っていく生活は、
この稽古枠がなくなるまで続きました。

②中期:行きは子供たちがバスで、帰りは車で迎え

通常の少年部は明るい時間に道場へ着く事が出来るので、
息子が小学校に上がったら、子供たちだけでバスで道場へ行き稽古。
帰りは職場から道場へ直行してピックアップ。

コインパーキングに車を止めて買い物をし時間をつぶし、
道場の出口で待っていました。

③後期:全て子供たちだけで

成長と共に子供たちだけで出来る事が増え、
子供たちだけでの行動が可能に。
いつの間にか私はお役ごめんになりました。

手が離れた事で自分の時間も持てるようになりましたが、
一緒に行動出来る時は一緒に行動。
おサルの親子だった頃が懐かしい。

何事も続けるコツは習慣化だと思います!

得意な事は何ですか?

「得意な事は何ですか?」この質問が苦手な私・・・
胸を張って自信をもって、

「○○が得意です!!」

と言えるものがないのです。
強いて言えるとしたら「そろばん」ぐらい。
それも6年続けた程度です。

小学時代からオリンピックを目指していた主人は、
その競技が嫌いだと言ってはいても、その競技を極めていると言えます。
素人が到底太刀打ち出来るレベルではありません。
30年を超えて習得したもので、すごく得意な事と呼べます。

今は長年の夢だった極真空手を、
子供たちと同じ道場生として活き活き稽古に勤しんでいます。
習得した競技の技術と比べれば空手はたった6年。
こちらは極めた黒帯の先輩方の足元には及びません。

体に習得させる事は時間と根気と忍耐が欠かせません。

私は、いわゆる学問的な特技ではなく、

「体を動かす事で身につける特殊運動能力が特技」

に、とても憧れています。
もちろん勉強が出来ます!も、素晴らしいと思うのですが、

「サッカーが得意です」「バスケットなら負けません」
「野球の練習は辛いけど甲子園を目指し今も続けています」

の方がより素晴らしく感じるのは私の価値観からくるものです。
ご了承下さい(^_^;)

体へひたすら反復運動と鍛錬を続け、
壁にぶつかってもがきながらもチャレンジ。

失敗や挫折を繰り返したその先にある栄光、
続ける事で養われ習得する。
全ての人が到達出来るわけでない境地。

だから子供たちには大人になっても、

「空手が得意です!!」と胸を張って自信を持って言える、
 大人に育って欲しいと切に思っています。

先日師範から極真会館の黒帯到達率の話しをお聞きしました。

「最終的に黒帯まで到達するのは50~100人のうち1人」

所属している支部は出入りがありながら、
おおよそ200人程度在籍しているようなので、
そう考えると黒帯(昇段)を目指すのは相当な覚悟が必要、
と改めて感じたのです。

黒帯の習得に才能などは必要がない。
強いて言うなら「続ける才能かな」とも師範は仰りました。

今まで進学の都合や他の習い事との重複から、
極真空手を退会していったお友達をたくさん見送ってきました。

いつまでにどうする・・・を明確する。

「○○が得意です」と子供が言えるようにするために、
親側も何故それを続ける事が子供にとって必要かと親子で話合う事、
そして続けさせる努力が必要。

子供が自分の意志で行動を始めるまでは、
子供だけにやらせっぱなしではなく、
親が率先して行動する姿を見せ続ける事が大事だし、
一緒に取組む姿勢が大切だと思います。

得意な事があると言えない私を反面教師にして、
子供たちには、

「○○が得意です!」

と胸を張って言える大人に育って欲しいと思います!

逆算が出来ない(>_<)

我が家の娘は中学生ですが、
「予定とか計画とか準備&段取り」の発想なしで、
時間までに終わらすための逆算が出来ません。

帰宅したらお弁当箱を出す、明日の時間割と持ち物確認、
そして準備が理想なのに現実は・・・といったら、
今日明日ぐらいは何とか覚えられることも、
土日お休みが明けると忘れてしまいこちらに聞く始末。

「覚えてられないならメモを取れば」と言うと、
「時間割書くメモがない!」と言い、
「メモ用紙たくさん持ってるでしょう」と言うと、
「部活用のしかない!」と言い、
「部活用の1枚破いて使えばいいでしょ」と言うと、
「みんなメモなんて取らない!」と言う。

アナログ回線で応用が全く聞かない旧石器時代のPCの様です。

約束を守るとか期日の意識はあるのですが、
タイムリミットがきてから大慌てで取り組み始める。
事前に準備して忘れ物をしないタイプの私とは真逆で、
どうしたものかと困っています(>_<)

中学生はもっとしっかりしていると思うのに、
準備を計画的に進める事が出来ない娘に振り回され中。

本人の自主性に任せるために必要最低限の声掛けしかしませんが、
これが本当にストレスが溜まる!!

今月は吹奏楽部のコンクールがあるため、
土日祝に加え朝練がずっと続いているのですが、
7時からの練習に15分も遅れて自宅を出発。
(歩いて3分かからない距離)

親の私が小言を言うよりも、
「先輩から指導を受ける」方が効果があると思い、
お弁当の準備をするのみで耐えています(-_-;)

下っ端の1年生が先輩よりも遅く部活に行くなんて、
私には恐ろしくて出来なかったけど、
娘は「部活楽しい」と毎日元気に登校しています。

時間を逆算し、「○○には何を終わらせる」にはどうしたら良いのか、
娘がいつ自主的に取り組むようになるのか、
やる気にさせるのにどうすれば良いか。

悩みはつきません~

そろばんは役に立つ?or役に立たない??

子供たちが「そろばん」に興味を持ち出して、
実家にあったそろばんを持ち帰ってきました。
5を使わない&繰り上がり&下がりのない計算をして遊んでいます。

実は私、珠算検定準2級という中途半端な級を持っています(^_^;)

私の両親は「読み書きそろばん」の時代を生きており、
社会人になる時にそろばんは絶対に役に立つと信じていました。
小学校入学と当時にそろばん塾へ通い、卒業するまでに3級を取りなさい
と言われた私は6年間嫌々そろばん塾へ通ったのです。

そろばんを習うと計算や暗算が強くなると言われますが、
はっきりいってそれはありません!
そろばんが出来なくても計算や暗算が早い人はたくさんいます!!

「読みパソコン英語」の時代、就職で役に立った事もなく、
実生活でも役立ったと思える事ありませんでした。

子供が生まれ、小学生に上がり、算数の宿題を見るようなると、
「自分がそろばんをやっていたおかげで算数がマシだった」
と感じるようになりました。

「九九を使える事」が大いに役立っていたのです。

九九を歌のように覚えていても、仕組みを理解しないと計算が出来ない。
足し算、引き算の繰り上がりや繰り下がりの筆算
掛け算、割り算の筆算・・・段階を踏むごとに九九が必要不可欠です。

算数が苦手な娘は九九を覚えていたけど、
完全に理解したのは5年生になってからでした(-_-;)
単位の変換もめちゃくちゃで教えるこちら側は悶絶したものです。
同じように算数が苦手でも私はここまでひどくなかった(笑)

いつもとは違う計算方法のそろばんに興味があるなら・・・・と
昔とった杵柄で教えてみました。これがまた教えるって難しい!

自分がどう教わって身につけたのか思い出せないけど、
30年ぶりにやってみても体が反応するのですね~
指が勝手に動くのです。理屈でなく条件反射です。

そんな訳でうまく教えられずに困っています(>_<)

そろばんは集中力と右脳を使うと見直されているようですね。
未だに頭で計算すると繰り上がり繰り下がり計算の怪しい私ですが、
そろばんを使うと一瞬で正解がはじき出せる。
頭でなく体で計算する事が出来る自分にちょっと驚きです。

どんなこともやって無駄な事はないと言うお話でした。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ