FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

続ける or 続けない の分かれ目

先日の空手昇級審査会で思った事。

我が家が在籍する支部では昇級審査会が二部構成。

第一部が、白帯(無級)~青帯線(7級)

第二部が、黄帯(6級)以上と一般部(成人、壮年、女子、青少年で中学生以上)

※補足:幼年部は未就学児、少年部は小学生(女子は小4まで)、女子は小5~

第一部の人口はものすごく大人数であるのに対し、
第二部から人数が激減します。

黄色帯になった時「とても嬉しかった!」と書きましたが、
それと同じように「やっと第二部に上がる~」、
混み混みの昇級審査会ではなくなるのも嬉しいものでした。

青帯線の道場生が当然黄色帯になる訳ですが、
黄帯→黄帯線で人数が減り、黄色線→緑帯で人数が減り、
緑帯線→茶帯で人数が減り、茶色帯→茶帯線で更に減り・・・

まさにピラミッド型!!

特に中級者と呼ばれる黄帯(6級)と黄帯線(5級)、
この辺りでの退会者が多いように感じます。

少年部で主な理由として考えられるのは、

単純に「続けない」と辞めてしまう事と、
「習い事を1つに絞り込む」事。

黄帯、黄色線で退会するご家庭の様子から察します。

中級者になると言うのはある意味達成感の目安、
子供が「続けない」「サッカーに集中したい」と言い出した時、
親側も悩むのでしょう。

続けない、辞めたいと言われたら、
「とりあえず黄帯まで取れたから良いか」と思うのかもしれません。

真剣に打ち込むと子供自ら心に決めたら、
「本人の意思を一番に尊重しよう」と思うのかもしれません。

または、子供はどれも続けたいと思うけど、
「費用の兼ね合いでいくつか辞めさせる」親側の事情なのかもしれません。

私自身、ずっと継続して身に付けた人より得意な事がないので、
(強いて言えばそろばんぐらい・・・)
子供たちには「○○が得意です!」と胸を張って言える物、
もって欲しいと思っています。

空手の修行は生きていくうえで必要な、

自分に厳しく、他人に優しく、体の痛みや心の痛みを知る、
心を鍛えて強く、肉体と精神の鍛練だけでなく、
日本の文化や習慣、強いてはそれらを基に「社会貢献」

の要素が全て含まれています。

もし仮に子供たちが、
「○○に集中したい、だから空手辞めたい」と言っても、
「凄いね!○○をする事を応援するよ、でも空手も両立する事」
と言います。

心の底から「本当に○○をしたい!!」と思うなら、
簡単に諦めたりしないはず。
そして、子供の心の強さを信じたい。

続ける、続けないは「心の強さ」。
子供の年齢が低ければブレない親側の気持ちの強さが必要だし、
子供の年齢が上がってもブレない親側の気持ちが必要。

子供へ、一方的に押さえつけたり押し付けたりするのではなく、
「何故、どうしての部分」を親が自ら姿勢を見せる必要もある。
でないと子供だって納得しません。

親子間の信頼関係や絆がネックと申せましょう!

こんな事がピラミッド型と関係しているのかも。
スポンサーサイト



特別展マンモスYUKAとナイトズーラシア2013

マンモスYUKAが発見されたニュースを聞いた時、
いつか実物を見てみたい・・・と思った夢がようやく叶いました。

YUKA

「マンモスはゾウとは比べものにならないぐらい大きい」

とずっと思っていましたが、
展示された化石や説明パネルを見てビックリ。
いまのゾウたちと左程代わりない大きさでした。
また、アジアゾウの先祖に近いらしく、
当然ながら骨格もアジアゾウと似ています。

自称動物好きの私ですが、
アフリカゾウとアジアゾウの違いと言えば、
生息地、性質、耳の大きさが違う。
ぐらいしか思いつかなかったのですが、
比較展示を見ると細かい違いが紹介され、
なかなか勉強になりました。

牙や骨や歯などに触れるコーナーに、
体毛に触れるコーナーがあり触ってみました。
体毛(外毛)はゴワゴワした繊維質ぽい感じ。
なかなかインパクトのあるさわり心地です。

展示されているYUKAは正面・側面・おしり側と
3方から見る事が出来るようになっており、
側面はたくさんの人が群がっていました。
正面とおしり側から見てみるとYUKAの保存状態の良さに
衝撃を受けずにいられませんでした。

残るのが難しいとされる脳も残った状態で
こちらの展示はありませんでしたが、
脳を摘出するためにカットした後の残る頭蓋骨の展示はありました。

世紀の大発見とはまさにこういう事を言うのだと思います。

同じ様にケサイの展示もありましたが、
こちらは人気がなくちょっとさびしいものがありました。

ケサイの外観も今のサイとあまり変わりないようです。
違うのは体毛がある事で良く目を凝らしてみると、
角にも体毛らしきものが確認できました。

どちらも凄いけど生々しさを感じます。

同日夜に「ナイトズーラシア2013」へも行ってきました。

午前中に大昔のゾウを夜は現代のゾウを観察。
ズーラシアにはインドゾウが飼育されています。
改めて見るとマンモスに似ていると感心しました。

飼育員さんがインドゾウの牙を見せてくれました、
実際に持ってみるとずっしり重く、
見た目は荒いのに化石の牙とは違いとても滑らか。

飼育員さんにYUKAを見てきた感想と
実際にインドゾウを見てマンモスの共通点や
象牙の質感などの話をしたら、
まだ行っていないんですよ~と羨ましそうな顔をされてしまいました。

ゾウの生態に詳しい関係者がYUKAを見たら、
私なんかとは違う目線で色々観察が出来て楽しいだろうな。

飼育員さんと話をしている間に、
日が落ち始めだんだんナイトっぽくなってくると、
普段とは違う動物園の様子に息子は大興奮。

気になる所へどんどん一人で進んでいくので、
追いかけていくのが少々大変ではありましたが、
どちらもタップリ2時間半あれこれじっくり観察し、
中々出来ない体験が満喫できた一日でした。

マンモスハウス

お気に入りはこの「マンモスハウス」!
始め人間ギャートルズみたいでした(^^)

LEGO MINDSTORMS に目覚める息子

息子とロボットの出会いは保育園年中の夏、
映画館で「トランスフォーマー」を観たことに始まります。

変形するオプティマスたちの保有と、
映画の視聴だけでは満足できなくなり、
「レゴのロボットがやりたい」と言いだしました。

保育園時代はCREATOR、学校入学後はTECHNIC、
変わったものではSuper Star Destroyerなど組み上げ、
「もっと難しいものを、動かせるものを、ロボットでやりたい」
息子がそう思うのも無理のない事。

前々から主人と話し合ってはいたものの、
もうちょっと先の話しだろうと思っていたら、
急に現実の話になってしまいました(>_<)

レゴ マインドストームはレゴ社がMIT(マサチューセッツ工科大学)
と共同開発し発売したもので、組み立てたロボットをプログラミングで
動かす事が出来る、息子からみたら夢のような代物です。

先日テレビでリトアニアの学校教育が紹介され、
教育用のマインドストームを授業に取り入れているのを知りました。
資源を保有しない国家がITを国家産業にするための人材育成として、
小学校4年生から教育部門で行っているのだそう。

日本の公立学校では当然ながらこんな教育は望めない。

望めないなら自分たちで・・・と言う事になるのですが、
その手の教室に通わせるには予算的に我が家は厳しい!
かけられる予算も必然的に限られてしまいます。

まずは手軽な体験をさせてみたいと思い情報収集中。
4年生を目途に息子の要望に応えたいと思います。

息子には最強の空手家になって欲しいのですが、
親が望むのとは違う方向へ進んでしまうな~
と思う今日この頃(^_^;)

久しぶりのシルバニア・UKグランドマンション!

またまた英語ネタではありません(^_^;)

GM

娘が持っているシルバニアのシリーズは、

・あかりの灯る大きなお家
・緑の丘のすてきなお家
・森のようちえん
・森の洋服屋さん
・UKグランドマンション

中でもUKグランドマンションは巨大で、
箱から出すのも片づけるのも大がかり&一苦労。

時間のある時しか遊べない代物のため、
普段は封印されていることが多いのですが、
先日行ったシルバニア森のキッチンで、
テンションが上がったらしく引っ張り出してきた娘。

黙々と作業を続け上手にディスプレイしてくれました。

何故か最初の手順がお人形さんを丸裸にし、
着替えをさせてからなのが・・・幼少期からの不思議な儀式。

こんな風にいつまでも娘と遊べたらいいな~と思います。

シルバニア森のキッチン

英語ネタではありません、私と娘の趣味話です(^_^;)

前々から行ってみたいと思っていた
「シルバニア森のキッチン」
近隣になくて二の足を踏んでいましたが、
先日、出先で偶然発見!

mori5

子供時代シルバニアを買ってもらなかった事もあり、
娘に便乗して年甲斐もなく楽しんでいる私(^_^;)
店内はシルバニア一色!

家具、食器、一部の料理が等身大に再現されていました。
娘と二人、「タンブラーが同じだ」「デザートカップが同じだ」
「トングやピザやバスケットも全部同じだ~」と感動。
そして、いたるところにシルバニアがディスプレイされています。

この手のお店はキャラクターがメインで、
料理は二の次じゃないのかと思っていたのですが、
予想に反して料理もオードブルビュッフェもおいしく、
とても大満足でした。

mori3

また行きたいです(^^)

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ