FC2ブログ

プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

娘、英語教室の面談2015年冬

半年前に面談がありましたが、
4月からのクラス編成に向けて&学習の様子の面談でした。

テキストのunit毎にレッスンが進み、1unit終了ごとに小テストが基本。
娘のクラスはクラスメイト間でスタート時期がバラバラ、
テキストのやり直し部分が多くあり、この半年は同じクラスで継続。

4月から新しいクラスに上がる事になりました。

半年前の夏の面談で次のクラスのテキストを見せて頂いたのですが、
「本当にこれをやるの~?!」私にはどうする事も出来ない難しさ。
(今のテキストも私には十分難しいです(^_^;)
来月からテキスト+ワークが加わりレッスンは高度なものへ。

現クラスと次のクラスの違いは、

・月1回のネイティブレッスンがなくなる
・英語でのディスカッションが加わる
・テキスト内容が多岐にわたる

話しを聞いた限りではそんな感じ。

この半年間での様子に関しては、クラスが延長した関係で同じレッスンを受け、
その際のunitテストで前回出来なかったところ、出来るようになった事。
これが大きな進歩だそうで。

短期集中型で学ぶ形式でなく、
時間をかけて一つ一つ積み上げて学ぶ形式のレッスン。
苦手部分も引き続き苦手な部分も。
出来るようになったことも、出来るところは更に。
細やかに指導して貰えていると思いました。

クラスが変わると、
「ネイティブのレッスンが無くなってしまうのですが」
と申し訳なさそうに説明されました。

我が家は構いけれど何故そう聞かれたのか質問してみると、
やはりネイティブのレッスンに強いこだわりを持つご家庭が多くあるようです。

英語の学習指導は「日本人講師が良い」と個人的に思っています。
それは↑に書き出したような「日本人講師ならではの細やかな指導」
これが魅力的だから。

外国人の人と話すのは娘の趣味になっており、
先生が外国人=アウトプットの場・・・と私も求めていないので、
ネイティブレッスンが有る無しは問題ありません。

先日のレッスンは月1のネイティブレッスンで、
お友達がお休みだったため、
1時間ネイティブ先生と娘のマンツーマンレッスンだったと娘。

教室で外国人と1時間一緒に居ろと言われたら、
会話が出来ない私は地獄のような時間。
娘にとっては天国のような時間だったそうだ。

春からのレッスンしっかり喰らいついていけるかどうか、
私はドキドキ。
スポンサーサイト



公の英語スピーチコンテスト、結果!

以前記事にした英語スピーチコンテス本大会へ出陣。
残念ながら入賞ならずでした(>_<)

中学1~3年生の部の参加でしたが・・・
同世代とは思えない問題提示、意見、まとめられたスピーチばかり∑(゚Д゚)

公のスピーチコンテストは、
全国こども英語スピーチコンテスト以来です。

直近のスピーチはDWEのCAPキッズで、
こちらは「英語を話し思いを伝える」事に重きをおいていました。

一言でスピーチと言ってもスピーチは多様にあります。

今回のスピーチ。
予選を突破した際に出た評価シートでは、
発音とイントネーションは高得点でした。
(さすがDWEっ子)

一方、ネックと感じた項目は「間の取り方」「内容」でこれらは平均点。
(つまり英語に長く関わらないお子さんと変わらない)

内容については変更する事が出来ませんが、
「間の取り方」などは改善の余地と練習時間がありました。

また、数々の英語スピーチで活躍されてきた、
大先輩ママさんからのアドバイスを踏まえ、
それらを基に、

「英語でスピーチ」「スピーチとは何ぞや」「スピーチの練習」

などを英語のスピーチ指導が出来ない私なり考え、
娘と一緒に閲覧出来る同世代のスピーチ動画をたくさん見ました。

・他人のスピーチをたくさん聞く
・自分のスピーチを聞いてもらって感想を聞く

他人のスピーチをたくさん聞く事はスピーチ動画を活用。
スピーチの感想は娘が自分から動く事はしなかったため、
家の中だけでの感想をもらう・・・と言う事をしました。

毎回のスピーチ練習を録画し、感想を聞いた後(主に主人)
貰った感想の確認をする。

恥ずかしながら、
練習時間は参加者の中では誰よりも少なかったと思います(^_^;)

入賞者と娘との決定的な違いは、
「内容」と「スピーチの練習量」の2点でした。
スピーチを聞き、ものすごく練習してきたのが伝わりました。

娘らしい内容のスピーチを当日出来たと思います。
しかし発音やイントネーションだけではカバー仕切れなかった、
そして、

「スピーチへ賭ける情熱」

何よりもこれが足りなかった。
力及ばずな結果で当然だと思いました。

参加して良かったと思った事は、
娘が「○○について話せば良かった」とこぼした事。
同世代の意見を聞き、自分の体験を織り交ぜ思考し意見を持つ。
こういった刺激を受けた事が大きな収穫でした。

この経験を次の機会に活かしてくれたら親として嬉しい!!

我が家にしては珍しくこの行事、
主人も息子も不在でして、母娘だけの心細いものでした。

お忙しい中会場まで、
応援に駆けつけて下さったお友達の存在がとても心強かったです。
普段中々お会い出来ないけれど「共に支え合える仲間」がいる・・・
長年DWEで英語を続けてきた中での大きな喜びです。

スピーチに臨む際の大先輩ママさんのアドバイス然り。
会場まで応援に駆け付けて下さったお友達然り。
英語を通じて仲良くなったお友達からの応援&励まし然り。

たくさんの支えがあってこのチャレンジに臨めました。
深く感謝しております!本当にありがとうございました!!

こちらへご訪問下さる皆様方、
今後とも母娘息子共々どうぞ宜しくお願い致します(*^_^*)


DWE卒業までの進度(2) -娘編-

SBS(ステップ・バイ・ステップ)のレッスンが駆け足だったので、
CAP課題提出も同じように駆け足でした。
毎月3課題提出を頑張りました(*^_^*)

【 CAP課題 】

★開始年齢 8歳(小2)

・2008年12月提出

The ABC Song
Pre Sing Along! 1
Sing Along! 1

・2009年1月提出

Pre Lesson 1
Pre Lesson 2
Pre Lesson 3

・2月提出

Review 1
Review 2
Review 3

・3月提出

Book 3 Telephone 【ブルー卒業】
Pre Sing Along! 2
Sing Along! 2

・4月提出(小4)

Pre Lesson 4
Pre Lesson 5
Pre Lesson 6

・5月提出

Review 4
Review 5
Review 6

・6月提出

Book 6 Telephone 【グリーン卒業】
Pre Sing Along! 3
Sing Along! 3

・7月提出

Pre Lesson 7
Pre Lesson 8
Pre Lesson 9

・8月提出

Review 7
Review 8
Review 9

・9月提出

Book 9 Telephone 【ライム卒業】
Pre Sing Along! 4
Sing Along! 4

・10月提出

Pre Lesson 10
Review 10
Pre Lesson 11

※11月なし

・12月提出

Review 11
Review 12

・2010年1月~3月

TE(テレフォン・イングリッシュ)のリーディング・レッスン。
Book11とBooK12の各レッスンを毎週のTEで1つずつ、
2010年1月~3月まで行いました。

これらが終わってからイエローCAPにチャレンジ。

・4月提出

Special Telephone 【イエロー卒業】
Pre Graduation 1
Pre Graduation 2

・5月提出

Pre Graduation 1
Pre Graduation 2

★終了年齢 9歳(小4)

Pre Graduation 1と2ですが、何故2回あるのかと言うと、

「ある単語の発音が出来ていないくて不合格」

年齢的な完成度を求められたのかは不明ですが、
この仕上がりで落ちるなら同じように落ちるご家庭が
たくさんいたのではないかと思います。

我が家はカセットテープに録音提出しているので、
バックアップのデータは何もありません。
返却時のコメントを読んでも該当部分の良し悪しを判断するすべがなく。

コメント通り、その単語を気を付けて再提出。

翌月は滞りなく合格しました。
後にも先にも不合格&ポンポンのシールを貰ったのは
これが最初で最後の事です。

ちなみに引っかかった単語は”thieves”でした。

【 卒業課題 】

・2010年9月提出

小4でDWE卒業しました。

Bookの音読は11を選びました。
ミッキー、グーフィー、チップ、デール、
それぞれの役になりきって読んでいました。

最初、Book11を選んだ時、
thievesが頭を過りましたが・・・本人は気にする様子もなく、
楽しく取り組んでいたのを覚えています。
今とは違い声もまだ幼さが残る可愛らしい声でした(*^_^*)

娘のDWE卒業までの進度はこんな感じです♪

DWE卒業までの進度(1) -娘編-

このブログを始めたのは、
娘のDWE卒業課題が終わり随分経過してから。
だからそれまで行ってきたDWEの取組みはリアルタイムで書いてはいません。

息子のDWEが一区切りした事もあり、
娘のDWE卒業までの進度を記録を基に整理してみました。

DWEソングを全曲アカペラで歌え、
TAC(トークアロング・カード)も全部読める状態でのSBS(ステップ・バイ・ステップ)とCAP課題のスタート。

毎日歌を練習&毎日TACを何枚練習などは一切なく、
保育園への送り迎えの時間を使った、
日々のかけ流しで自然に身に付いたものです。

【 ステップ・バイ・ステップ 】 

★開始年齢 8歳(小2)

BOOK1 2008年12/14~12/20 

BOOK2 12/30~2009年1/12 

BOOK3 1/17~3/11

BOOK4 3/22~4/25

BOOK5 4/25~5/5

BOOK6 5/9~5/29

BOOK7 5/30~7/4

BOOK8 7/5~7/19

BOOK9 7/20~8/9

BOOK10 8/31~10/15

BOOK11 10/24~12/16

BOOK12 12/20~2010年2/28

★終了年齢 9歳(小3)

土日にレッスンを行い、月にBOOK1冊を終え、
1年で12冊と決めて進めたSBSですが、
こうやって書き出してみると「あら、違った(^_^;)」

空手も週1、2回の頃なのにのんびりSBSを進めていた事が判明・・・。

次回、CAP課題の記録へ続きます♪

公の英語スピーチコンテスト、予選突破!!

娘、4年振りに公の英語スピーチコンテストに応募し、
予選を突破しました!!

娘が小3、小4当時に開催された
「全国こども英語スピーチコンテスト」以来、
公のスピーチコンテストの応募です。

(全国こども英語スピーチコンテストは、
 東日本大震災後から開催されておりません)

娘が小3当時このスピーチコンテストのCMをテレビで見て、
副賞のジンベイザメが見られる事だけに惹かれ応募。

しかもこの副賞は5年生以上が対象で、
3年生は該当しないといくらこちらが説明しても、

「そんなのやってみないと解らないよ、
 ジンベイザメが見たいから応募して!」

の一点張りで親としてはまた面倒くさい事を言い出した・・・と
しぶしぶ娘に付きあったのが事の始まり。

そして、私はスピーチの評価シートを頂けるのも魅力でした。

客観的に第三者から評価して頂けるのは、
親が日々思う「発音は?聞き取れるような英語なの?」
などのモヤモヤを大いに解消してくれました。

娘の出来る事が世間一般でどの程度だったのか、
よく解っていなかった私。

その当時の娘には悪いけど、
まさか地区予選に選ばれると想像もしなかった2009年。
知名度が上がり更に選考に残るのが難しかった2010年も地区予選出場。

会場で自分たちの知らない英語の世界を堪能しました!

この当時の記事を読み返してみると、
今も昔も私の考え方は変わっていません・・・(^_^;)

あの当時から娘なりのペースで成長し、
WF(ワールド・ファミリー)やWFクラブとは違う
第三者から評価して頂けた事は、
純粋にとても嬉しい出来事です。

小学生までは選出されただけで満足でしたが、
中学生となった今は違います。

今まで取組んできたこと。
友人たちからの暖かい励ましやアドバイスを胸に、
娘と一緒に挑みます!

頑張るぞっ!!

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ