プロフィール

wfmarie

Author:wfmarie
★自己紹介
始めまして!
元気な原人キッズ&父&母の4人家族で賑やかに暮らしています♪DWE(ディズニーの英語システム)で「子供と一緒に使える英語を学びたい」と奮闘中。
今まで&これからのDWE生活など綴りたいと思います。
英語成果:全国こども英語スピーチコンテスト地区大会連続出場。DWEのPR映像やTVCMに出演。

★DWE購入
2003年

★家族の紹介

娘
2000年12月生まれ。
喜怒哀楽が激しく非常にマイペースな性格。DWEで楽しく英語に触れる生活を続け、2010年度に無事卒業。

息子
息子
2003年4月生まれ。
母と姉に溺愛され甘えん坊に育つ。自立心もイマイチだが英語の興味もイマヒトツ。2013年DWEレッスン開始&終了。
2014年度に無事卒業。

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演 in 銀座&新宿 千秋楽

EC30_01

2017年6月4日は記念すべき日。

DWE子供と一緒に旅をして・・・そろそろ12年!
から早いもので2年が過ぎました。
息子がDWEを卒業したのを機に、

「DWEの記事は書かない」

と決めたにも関わらず、
今回これを破るのは先にも書いたように、
我が家にとって2017年6月4日は記念すべき日でした。

イングリッシュ・カーニバル(EC)が30年続いてきたのは、
マーク先生を始めWFクラブに携わられた先生方に加え、
歴代のDWE先輩方のご尽力あってのもの。
どれが欠けても成し得ることは出来ません。

「マーク先生と一緒に歴代のDWE先輩方が今のWFクラブを牽引し、
 現WFクラブを築き、私はその恩恵を受けていたのだ・・・。」

そう思う光景を目の当たりにする機会に、
DWEをスタートしもうすぐ14年と言う節目で出会いました。
先生方との絆の深さ、漂う温かい空気を
肌で感じる瞬間に立ち会えた幸運なDWEユーザーは、
おそらく極わずか・・・じゃなかろうか。

憧れのDWE大先輩、
大川世令奈さんのご両親にお会いするという、
長年の夢が叶いました!!

WFクラブやECでマーク先生や先生方から発信される
たくさんのメッセージをしっかりキャッチ&反映し、
また英語と言うツールに捉われず、
子供の好奇心や可能性を探求した子育て。
親子の信頼関係や家族の絆。親の心構え。

世令奈さんのお母様とは文章のやり取りで
お話を伺う機会は何度もありましたが、
実際にお会い出来たのは初めてでした!

DWEの先輩としても人生の先輩としても、
とても頼もしく素敵なお人柄で憧れのお母様です。

DWE大先輩ご夫婦から魔法をかけられ、
夢の余韻を引き連れたまま公演がスタート。

世間より大きく出遅れ30周年特別記念公演を満喫しました!

昔から週末イベントもECも登場するソングの確認をせず、
いつも実際のショーで、その場で楽しんできました。
インプットが足りていれば、敢えて知る必要はありません。

真っ白な状態で観た30周年特別記念公演は、
スタート直後から「娘がいたら良かったね!(涙)」と。
この台詞を息子、主人と共に何度呟いた事か。

娘は現在他国で学校生活を送っています。

彼女が日本を旅立つ前、

「30周年特別記念公演を代わりに見るように!」
「DVDが出るなら必ず買うように!」

の指令とマーク先生への手紙を預かっていました。

その任務を無事遂行し、
私が成した偉業の報告写真を送ったところ、

「はぁ??お母さん何やっちゃってんの???」

事情がよく呑み込めていない様子でした。
息子も何が起こったか解らぬまま、
想定外の出来事を後に振り返り、

「もの凄い1日だった」と。

マーク先生とWFクラブの歴代の先生方が繋げて下さった、
人とのご縁に感謝の尽きない記念日となりました。

千秋楽の2017年6月18日最後の最後の最終回、
これにも参加する事が出来ました。

私は30周年記念公演を実際に観る事が出来た、
これまた幸運なDWEユーザーでした。
SNS上でたくさん公演内容を拝見しますが・・・
まだDVDが発売されていない状況ですので、
その内容がどんなものであるのかは触れずにおきます。

昨今、中学2年生の息子は場違いと感じているようで、
いつもECでは恥ずかしそうにしています。
でもその息子がこの公演に限り、

「歌い、踊り、先生方と一体化」

していました。
息子の歩みと一致していたからでしょう。
本当に楽しそうにしていたので、
その様子を主人と目撃し大変嬉しく思いました。

6月4日の帰りがけ息子から、
「凄かった、観に来て良かったよ!!」の言葉まで飛び出し、
千秋楽の参加も「もう1度観たいから、いいよ」と快諾。
千秋楽が終わった後も、
「あんな凄いショーを観せてくれて、
 先生にありがとうって言いたい!!!」の言葉が。

私自身も、
あっ、これはイントロ聞いただけで娘が泣く歌、とか。
あっ、これは息子が大好きな歌でTEで何ヶ月も歌った歌だ、とか。
あっ、これはメンバーが足りないので一緒に歌い踊らされた歌だ、とか。
あっ、この曲に合わせて娘と息子が踊っていたな、とか。
あっ、これはリズム感の良い娘より、息子の方が上手だったな、とか。
それを口にする度に「同じ事を何度も言っている」と主人に笑われ。

そんな主人も踊り過ぎ先生と同じぐらい、
汗びっしょりでショーを楽しんでいました。

過ぎ去りし幼い日の子供たちの懐かしい、
数々の記憶が思い出され、遠くにいる娘を思い涙。
声変わり真っ最中の息子の成長が寂しく涙。

どうして小さい頃のままでいてくれないのでしょうね。
懐かしい思い出はずっと残り続けるけど、
子供の成長を止める事は出来ないのだろうか。

ショーを見ながら頭を過ぎりました。

ECを観て「あの歌が離れない、頭の中に何度も出てくる~」
と母息子でシンクロしたものが同じだったり。
そんな事が何度かありました、その後該当するECのDVDを見たり。

そしてまた親子で楽し懐かしむ。

2017年6月4日と千秋楽を振り返り思う事の1つ目は、
「続けてきて良かった」です。

心からそう思いました。
DWEに限らずどんな事も続ける中で別れがあり、
また出会いや再び会える喜びに感謝する事もたくさん。
もう2度とお会い出来ないだろう・・・と思っていた先生に
再びお会い出来た事に本当に感激でした。

マーク先生やWFクラブの先生方にはECを通じて、
人としてどうあるべきか、どう生きるべきか、
親子や家族の在り方を考えさせられます。

長年マーク先生が仰っている、

「子供を信じる事」「人と違っていてもいい」
「自分らしく」「子供の夢を応援する」

これらの言葉を長きに渡って耳にしてきましたが、
実際に子供の夢を応援する立場になって聞いてみると、
衝撃が違います!強く強く心揺さぶられました。

マーク先生の言葉を舞台で再び聞き、
またDWEを介しての数々の出会い、
人とのご縁は、「長く続けてきた」からこそだと言えます!

2つ目は別媒体で発言した事がありますが、

子育ての難しさを例えに上げると尽きません、
中でも取り分け難しいのは「人と比べない事」です。

我が家DWEスタートは比較的早い方だと思いますが、
SBSやTEを活用する本格的なスタートは小学生になってから。

結果を直ぐに求めず、やみくもにSBSを繰り返したり、
CAP取得の為の課題提出にこだわらず、
コミュニケーションのツールに英語を足す感覚で、
DWEを楽しんでその先にあったのが卒業・・・
そんなDWE生活を過ごしています。

大きくなった今もそれは変わっていないな、と。

3つ目は、焦らず、人と比べず、子供の持つ力を信じて、
「自分たちらしく」で良かったです。

子供のペースや生活環境は皆違う。
小さいうちにDWE効果を表す取組みもあれば、
小学生以上でもDWE効果を表す取組みもある。
どちらも同じDWE教材とWFクラブのTEやプレイタイムなどの
会員向けサービスだけで英語の土台はしっかり作れます。

「DWE教材ってそういうものだよね」

先生方と共に歌い踊りながら、そう思いました。

最後は、
「DWEやWFクラブは英語を身につけるもの・・・だけでなく、
 子育てのツールに上手く取り入れ、親子の絆を深めてくれるもの」だと。

今でも家族仲良くいられるのはDWEとWFクラブの
マーク先生、WFクラブの先生方が発信して下さる、
温かいメッセージの数々が根付いており、
その影響はとても大きいと感じてます。

子供たちが大きくなった今でも家族内で、
ビックハグは当たり前の儀式となっています。

DWE子供と一緒に旅をして・・・もうすぐ14年!

娘は日本で培ったDWEでのおうち英語力が、
他国(英語圏)の学校生活に通用する事を証明しました。
コミュニケーションもばっちり取れるので、
ホームステイ生活も良好な様子。
国が違うだけで、
「良くも悪くも変わらない生活」を送っています。

DWEは凄し!!

息子は読み書き困難の学習障害を持ちながら、
DWEの母国語方式で無理なく英語を身につけた事が、
学校生活で大いに役立っています。
「学習障害を持つ生徒は外国語では特に苦労する傾向が強いのに、
 息子さんにその傾向が見えないのはどうしてでしょうか?」
と英語科教諭の担任に質問されました。

母国語方式も凄し!!

DWEを卒業し、大きくなっても、
それぞれの夢に向かい原人キッズの旅は続いております。

イングリッシュ・カーニバル30周年特別記念公演を観て、
どうしても伝えたい想い&残したい想いに突き動かされ、
今回限りの原人キッズの英語進化録となりました。

言葉を慎重に選び、書き綴ったつもりではありますが、
不快に感じる表現があった際、申訳ございませんがご容赦下さい。

また、超長文にお付き合い下さり、最後までお読み頂き、
どうもありがとうございます。

DWEで得た全ての出会いに心から感謝致します!!

Thanks a million!!!!!

Marie(マリー)

EC30_02

スポンサーサイト

DWE子供と一緒に旅をして・・・そろそろ12年!

DWE卒業証書

いつもご訪問下さいまして、どうもありがとうございます!

スタートは、母のつぶやきから始まったこのブログ。
このブログのおかげで思いのほか、
私たち家族の人生はとても豊かなものになりました。

ネットと言う媒体を使っての一方的な発信ですが、
英語を子育ての1つと考える風変わりなブログでありながらも、
手を差し伸べて下さったブロ友さんたちとの出会い。

共に喜び、たくさんの刺激をもらい交流が広がりました(*^_^*)

また声かけを頂いていなくても、
こちらへ何度も足を運んで頂いた方々も同様です(*^_^*)

お世話になった保育園の園長先生が、
「子育ては1人では出来ないもの。みんなで子育てするのだ」
と仰っていたけれど、我が子の成長の節目の度に、
この言葉がもつ本当の意味を噛みしめる私です(T_T)

たくさんの出会い&手を差し伸べて頂いた中で、
もっとも大きな出会いを挙げるとしたら、

「大川世令奈さんのお母様から直接お話を伺えるご縁に恵まれた事」です。

WFクラブやEC(イングリッシュ・カーニバル)でマーク先生や先生方から発信されるたくさんのメッセージを、
しっかりキャッチ&反映した子育て。
また英語と言うツールに捉われず、子供の好奇心や可能性を探求した子育て。
親子の信頼関係や家族の絆。親の心構え。

DWEの先輩としても人生の先輩としても、
とても頼もしく素敵なお人柄で憧れのお母様です。

週末イベントでお嬢様の世令奈さんご本人にお会いしましたが、
自分のやるべき事をしっかり見出し、行動、実践が出来る、
自立した国際人となっていらっしゃいます。

長年励みにしてきた、
憧れのご家族に出会えた事は我が家の大きな糧となっています!!!

もう1つ、我が家のDWE生活を変えた出来事として、
DWE広報活動などにたくさん、、、参加した事でした。
これは娘が起こした奇跡としか言いようがありません(^_^;)

息子のDWE卒業を機に、
卒業感想文(これはオファーなしで掲載。選考の基準は不明)、
WFクラブwebサイトの取材記事WFマガジン卒業生のページを通じ、
今までDWEやWFクラブで学んだ事&取組みの中で伝えたかった事を
幸運な事にたくさんの方へ発信する機会に恵まれました。

そして、これらの記事それぞれが、
私たち家族がDWEやWFクラブから受けた英語の恩恵に対して、
WFやWFクラブの先生方に出来る最大限の恩返し。

今までこのブログで、

「DWE卒業後、どのように中学生が英語と付き合っているか」

「インプットを終え、小学生がどのようにDWEレッスンに取組み、
 DWE卒業までどう至るか」

「親が英語が話せなくても、
 DWE教材とWFクラブのサービスだけで英語を話せる工夫」

などの様子を、
DWE教材を使う1家庭の取組みとして書き綴ってきました。

己の信念を貫き、その時その時思う事を書いているつもりでいても、
第三者が見れば独りよがりな発言と取れる事もあったと思います。

言葉を慎重に選び、伝えたい本質を見失わないように、
そして不快な気持ちにさせないように配慮しましたが、
言葉が足りなかったり、文章の拙さで不快にさせる事もありました。

予想に反し、たくさんの方がブログを訪問して下さり、
そして幸いな事にたくさん応援して頂く事ができて、
私たち家族は幸せものです(*^_^*)

娘に続き息子も無事にDWE卒業生となった今、
2年半と短い期間ではありましたが、
原人キッズの英語進化録はこれをもって終了です。

DWEで得た全ての出会いに心から感謝致します!!

Thanks a million!!!!!

Marie(マリー)

2014年度 DWE卒業式 in 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ♪

DWE卒業式_11

2014年度DWE卒業式が行われました。

娘は東日本大震災直後で延期したため7月末の卒業式でしたが、
息子は例年通り春休みの金曜日でした。

余裕を持って会場へ着く予定が交通渋滞にはまり(さすが平日)、
早く到着して車の中で控室に待機する娘に食事を取らせよう・・・
と思っていたのが余裕なく受付、控室受付へ。

その間主人に息子のガウンと帽子の身支度を整えてもらいました。

20150330195711cc3_20150331164715df1.jpg


宴会場入り口でマーク先生と先生方にお迎えを受けるも、
参加者の皆さんほぼテーブルに着席状態。
宴会場にテーブルがいっぱいいっぱいに並べられ、
出席される人の多さに圧倒されました(^_^;)

年々卒業生が増えてはいますが、娘の時はアンバサダーホテル。
しかも延期された卒業式で少し勝手が違ったのか??
もう少し参加人数が少なかった気がします。
今回は宴会場に渦巻く熱気をヒシヒシ感じました。

マーク先生がイベントからほぼ引退されて、
久しぶりに卒業式でお姿を拝見。
卒業生に送るメッセージ&パフォーマンス。

「ああ~、マーク先生はいつまでもマーク先生だなぁ」

しみじみと思った私。

卒業課題を添削された先生方、
週末イベントやテレフォン・イングリッシュの先生方からの、
お祝いメッセージ映像。

マーク先生もWFクラブの先生も、
メッセージに込められているハートは同じです!!

我が家の子供たちはどちらも卒業してしまいましたが、
卒業してからが本当のスタートと肝に銘じ、
卒業してからも娘と英語の付き合いは変わることなく続いています。
息子も同様に続けていきます。

マーク先生とWFクラブの先生方のハートをしっかり受け止め、
英語の向こうにあるその先をしっかり見据えて、
これからも親子で精進し突き進みます!

DWE卒業式_31
↑DWE生活は長いのですが、初めてルー先生にお会いしました!

子供たちと楽しみながら続けてきたDWE生活で、
WFクラブでのイベントであれば、
「話している内容が理解出来るようになった」
これが私に身についた力。

英語を話すとか、一般会話の聞き取り、
ニュースなどのトピックスの聞き取りはまだまだ修行が必要。
幼少期から英語にたくさん触れた子供たちには、
到底太刀打ちできない私です。

息子へ卒業式に出席する事ができた感想を聞くと、
「とても嬉しい&とても緊張する」と話していました。

ミッキーのブロンズ像を実際に手にした時、
「僕、初めてトロフィーを貰ったよ!!!」
しみじみとそして嬉しそうにつぶやいたのを見て、
私も本当に嬉しかった(*^_^*)

DWE卒業式_41

親子で取組んだものが「形」になりました。

同じ様に親子で取組んだ様子があちこちで垣間見られ、
あの場所で、あの素晴らしい時間を共有できたこと。
マーク先生や先生方にお祝いして頂けたこと。

夢のような時間でした。

DWE卒業までの進度(2) -息子編-

娘のCAP課題より進むペースはタイトな息子のCAP課題。

どちらもフルタイム勤務で働いています、
娘の時は帰宅が20:00過ぎていたのに比べ、
今はもっと早くに帰宅が出来るようになりました。

土日は空手や課外活動とレッスンでくたびれていたので、
CAP課題の作成は平日の夕方にカセットテープへ録音。
その日のうちに息子と一緒にポストへ投函しました。

出来るだけ、平日の隙間時間を利用しました。

【 CAP課題 】

★開始年齢 9歳(小3)

・2013年1月提出

Pre Lesson 1
Review 1
Pre Lesson 2

・2月提出

Pre Lesson 3
Review 2
Review 3

・3月提出

Book 3 Telephone 【ブルー卒業】
Pre Sing Along! 2
Sing Along! 2

・4月提出(小4スタート)

Pre Lesson 4
Pre Lesson 5
Review 4

・5月提出  ※マリンスクール開校

Pre Lesson 6
Review 5
Review 6

・6月提出

Book 6 Telephone 【グリーン卒業】
Pre Sing Along! 3
Sing Along! 3

・7月提出

Pre Lesson 7
Review 7
Pre Lesson 9

・8月提出  ※マリンスクール4泊5日合宿

Pre Lesson 8
Review 8
Review 9

・9月提出

Book 9 Telephone 【ライム卒業】
Pre Sing Along! 4
Sing Along! 4

・10月提出

Pre Lesson 10
Review 10
Pre Lesson 11

・11月提出①

Review 11
Review 12

・11月提出②

Special Telephone 【イエロー卒業】

※12月なし

・2014年1月①

Pre Graduation 1

・2014年1月②

Pre Graduation 2

※実際にCAP課題に取組んだお話しは、
 カテゴリー内にある「ステップ・バイ・ステップ」でご覧頂けます。


★終了年齢 10歳(小4)

「英文を見て読む」

これは息子にとって大きな壁。

ステップ・バイ・ステップでのレッスンを始める前、
フォネミック・アウェアネスやフォニックスのワーク。
ORTのStage3ぐらいの音入れと簡単な読み、
読みへ繫げる土台作りに時間をかけ準備しました。

イエローまでは順調に終える事が出来た11月。
次の12月はプレグラ(Pre Graduation)への取組を開始。

お正月休みに録音を進めてプレグラ1を。
プレグラ2を2月に・・・と思って進めましたが、
思いのほか順調に進み1月中に提出&パス。

不安な山を一つ越えました。

【 卒業課題 】

・2014年9月提出

当初、プレグラ1と2は春先の提出になるだろう・・・・
と思っており、1月にこれらの課題をパスした事で、
結果的に卒業課題の準備期間を長く設ける事が出来ました。

何が足りないか、何が必要か、
考えに考えて取り組んだ約7ヶ月。

小5でDWE卒業しました(*^_^*)

DWE卒業までの進度 -息子編-

以前、娘のDWE卒業までの進度を記録したので、
今度は息子のDWE卒業までの進度を記録。

英語はあまり好きでない、歌を歌わず、踊らない息子。
どの程度DWEソングを覚えているのか解りませんでした。

加えてディスレクシアと言う読み書き困難さを持っているので、
(息子の場合は文字が動いて見え、文字の識字と内容理解に時間がかかる)
文字の形と音と文字、簡単なセンテンスの読みなどから進め、
ステップ・バイ・ステップを始める前段階を固めました。
同時にTAC(トークアロング・カード)を使って語彙力の確認もしました。

状態を詳しく表す言葉(ピンクのネズミカード系)、
これはとても重要です。

ステップ・バイ・ステップでのレッスンだけでなく、
サバイバルなTEやフリー・カンバセーション
(事前練習なしでTEのブック・レッスン、フリー・カンバセーションに臨む)、
DWE卒業課題に挑む際など・・・
とにかく、顔の見えない相手に対し詳しく説明する、
「状態を詳しく表す言葉」は役立ちます。

娘とは違い、DWEソングを全曲アカペラで歌え、
TACも全部読める状態ではありませんでしたが、

・イントロがあればDWEソングが全曲歌える
・TACの絵を見て適切な単語を言う事が出来る

娘と同様、毎日歌を練習&毎日TACを何枚練習は一切なく、
保育園への送り迎えの時間を使った、
日々のかけ流しで自然に身に付いたものです。

【 ステップ・バイ・ステップ 】 

★開始年齢 9歳(小3)

BOOK1 2013年1/5~1/6 

BOOK2 1/13~1/20 

BOOK3 1/20~2/16

BOOK4 2/24~3/10

BOOK5 3/16~3/31

BOOK6 4/6~4/21 ※小4スタート

BOOK7 5/3~5/11 ※マリンスクール開校

BOOK8 5/18~6/8

BOOK9 6/9~7/7

BOOK10 7/14~8/3

BOOK11 8/5~9/8

BOOK12 9/14~9/22

★終了年齢 10歳(小4)

ディスレクシアを持つ為に言語科で日本語の読み書き&日々の宿題に、
学校の宿題。空手の稽古が週4~6回。
課外活動のマリンスクールが月に1度(4回宿泊あり)

のんびり進めた娘とは違い非常にタイトなスケジュールでした。
親子共に疲れていても土日に必ずレッスンを進める・・・
病気で体調が悪い時以外は休まず取組んだ9ヶ月でした。

CAP課題の記録は長くなるので(2)へ続きます。

《ディズニーの英語システム》

★ 公式サイトはこちら

★ DWE(ディズニーの英語システム)口コミや評判はこちら

★ わくわく英語体験
「DWEを実際にためしてみたい!」という声にお応えして「見て・触って・遊べる」体験サービスをご用意しております。ぜひお子さまとご一緒にお試しください!

★ DWEひろば~口コミや評判をご紹介~|ディズニーの英語システム(DWE)
ディズニーの英語システム(DWE)を使って英語に取り組んでいるみなさんや卒業生のブログを集めました。
検索フォーム
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。